吉本受難の1年 大御所・オール巨人に聞く「吉本を変えるには師弟制度復活が必要?」

吉本受難の1年 大御所・オール巨人に聞く「吉本を変えるには師弟制度復活が必要?」

来年デビュー45周年を迎えるオール巨人さん

 闇営業に税金の申告漏れ……日本最強のお笑い系芸能事務所・吉本興業が揺れた1年だった。

 結成から45年目、令和元年春の紫綬褒章を受章したオール阪神・巨人。伝統のしゃべくり漫才で上方のお笑い界を牽引してきた巨人さんに「吉本を変えるために必要なこと」そして「NSCの功罪」について聞きました。(全3回の1回目/ #2 、 #3 へ)

◆ ◆ ◆

■いちばんでかかったのは「吉本興業の問題」

――今年は、師匠にとっても、本当にいろいろなことがあった1年でした。

巨人 いちばん大きかったのは紫綬褒章を受章したことですね。3月に相方の阪神君が軽い脳梗塞で倒れ、4月に復帰し、5月に受章の知らせをちょうだいしまして。いろいろ大変やったときなので、とてもありがたかった。あ、阪神君が倒れる前に、人生初の金髪にしたなんてこともありましたね。番組の企画やったんです。最初はすぐに黒に戻すつもりやったんですけど、皆が似合うって言うし、薄毛を隠すのにちょうどいいので、今も金髪のままです。手入れが楽なんで、やめられなくなってしまいました。

――紫綬褒章、阪神師匠の病、金髪が、今年の3大ニュースですか。

巨人 いや、いちばんでかかったのは、僕がしでかしたわけではありませんが、やっぱり吉本興業のいろいろな問題でしょう。宮迫(博之)君や(田村)亮君の闇営業に始まって、徳井(義実)君の税金の申告漏れもあったでしょ。

■師匠のお孫さんを殴った島田紳助

――今年、芸人のモラルの低下が指摘されたことで、師弟制度を復活すべきではといった声も上がっていましたが、そのあたりはどう思われますか。

巨人 それは、もう、出来れば絶対いいと思いますよ。今、僕のところに弟子にしてくれと来たら、取らんこともない。弟子入りするには、最初に3つのハードルがあるんです。まず弟子に行く勇気が要るし、誰を師匠にするか決めなければならない。次に、その師匠にお願いをしてOKをもらわなければならない。3つ目は弟子時代の修行に耐えなければならない。そこから、さらにデビューして売れないといけない。

 デビューまでの3つをクリアしただけでも、人間としてかなり成長しますから。もちろん、修行時代は、先輩のスーツをハンガーにかけたり、おしぼり出したりと、何の役に立つんやろうということも多いですけどね。そういう中で、自然と目上の方に対する接し方を覚えていく。同じ実力やったら、行儀ええ方が、絶対売れますから。気持ちのええ子を使いたくなりますもん。それが人情というものです。まあ、突き抜けてしまえば人間性なんて関係ないかもしれないですけどね。昔だったら、紳ちゃん(島田紳助)とかね。あ、紳ちゃんが人間性が悪いと言ってるんやないですよ。

――そうは言っても、島田紳助さんも、かつては厳しい弟子時代を過ごしているわけですよね。

巨人 そうです。でもね、師匠の島田洋之介・今喜多代師匠に「あんた、うちの孫とかに、師匠の孫やからと優しくしようとせんでもええよ」と言われて、3日もせんうちにお孫さんを殴って「何してるの、紳助!」って怒られたって言っとったな。「師匠が特別扱いせんでええ言うたから、腹立って殴りました」と。弟子は弟子でも相当、型破りな弟子で、やんちゃでしたから。

■NSC(吉本の養成所)の功罪とは?

――実際のところ、近年、弟子入りを志願してきた人というのは、いるものなんですか。

巨人 おるよ。でも、断った。あまりにも頼み方がなってなかったんで。師弟制度というのは、そういう意味では、いちばん最初の入門のお願いは採用面接みたいなもんやからな。とんでもないやつは、そこで弾かれる。ただ、今の時代は、漫才の世界で弟子を取ったという話は、ほとんど聞きませんね。他の会社のことはわからんけど、吉本では聞いたことないな。

――NSC(吉本の養成所)がありますからね。

巨人 そうなんですよ。先ほどあげた勇気が要る3つのハードルは無いし、ただNSCの授業料を払えるかどうか。お金さえあれば、入れるハードルはずいぶんと低くなった。もちろん、今の漫才界の盛り上がりは、NSCのお陰でもありますからね。今年のM-1のエントリー数は5000を超えたと聞きましたが、おそらくNSC出身者がその多くを占めるでしょう。吉本興業としても、弟子から上がってくる芸人を待つよりも、効率はいいですからね。競争も昔よりはるかに激しいでしょうし、その中で生き残る芸人のレベルも上がったと思います。それを考えると、師弟制度の復活は賛成ですが現実的ではないですよね。

■「芸人が増えすぎて困っている?」

――芸を磨くのに師弟制度は、あまりいい制度ではないと。

巨人 いや、そんなことはないですよ。ただ、効率の問題を言っただけで。師弟制度でもっともいいのは、師匠の舞台についていって、そのときに漫才を間近で見れるということです。これがいちばん勉強になる。今だったら、和牛とか、アインシュタインとか、銀シャリの舞台を舞台の袖で見れる。それが弟子の最大の特権。一時期、NSCの生徒はNGK(なんばグランド花月)に観に来たらいかんという時代もあったんです。今はそんなことなくなったみたいですけど、それでも簡単にフリーでは入られへんと思います。でも弟子は師匠の立つ舞台には当然のように付いていけますから。だから、あまりにも売れてない芸人の弟子になるのは、やめた方がええやろな。仕事のない師匠を持ったら、先輩芸人の芸は観られませんから。まあでも、やる気のある弟子やったら勝手に劇場に来て、袖で観て勉強できますけどね。

――NSCができて、芸人が増えすぎて困っているという話も聞きます。とにかく出番が回ってこなくなった、と。

巨人 それはあるでしょうね。師弟制度のある落語家さんの数は、増えても限度がありますからね。落語家の世界は、昔から受け継がれてきている古典と呼ばれる演目を、師匠から口移し(口伝)で教えてもらうという伝統があります。そこは絶対的なものですから、たとえば、落語の学校をつくって、そこで先生がみんなに教えるみたいなことは成立し得ない。その点、漫才は何をやろうと自由やから。

宮迫君も、亮君も、まだ帰ってきてないもんね

――NSC1期生のダウンタウンからはじまるお笑いブームにおいては、その自由の強さを、そして、今回の吉本の騒動においてはその自由の脆さを垣間見た気がしました。もちろん、世間の見方が変わったというのも大きかったと思いますが。

巨人 特に反社に対する目は厳しくなりましたよね。ただ、今の時代そこはやむを得ない。

――巨人師匠も含め、いろいろな方が陰に陽に動いて、会社自体もようやくいい方向に動き出したという実感はあるのでしょうか。

巨人 雨降って地固まる……とは言うけど、宮迫君も、亮君も、まだ帰ってきてないもんね。今はまだ失ったものの方が大きいやろな。自業自得とはいえ、闇営業に関わった若手芸人たちは、何カ月か仕事ができなかったわけやから。若手にしたら大きいですよ。この前、ようやく復帰した若手に「メシ代にでもしてくれ」って皆に1万円ずつ渡したけど、喜んどったからな。いらんことかなと思いつつも、なんかしてやりたくなるよな。

(【続き】オール巨人が明かす“M-1審査員の苦悩”「来年はM-1を休むつもりです」)

プロフィール

オール巨人/1951年生まれ。大阪府出身。1975年4月に「オール阪神・巨人」結成。コンビで令和元年春の紫綬褒章を受章。伝統のしゃべくり漫才で上方のお笑い界を牽引。M-1の審査員は2007年(第7回大会)以降、今年で7度目となる。阪神タイガースファン、身長184cm

写真=釜谷洋史/文藝春秋

7年目のM-1 オール巨人が明かす“審査員の苦悩”「来年はM-1を休むつもりです」 へ続く

(中村 計)

関連記事(外部サイト)