箱根駅伝「日テレ解説陣を見ればレース展開がわかってしまう説」とは?

箱根駅伝「日テレ解説陣を見ればレース展開がわかってしまう説」とは?

富士通の中村匠吾選手

 年の瀬が近づき、まもなく箱根駅伝の季節がやってくる。今回は混戦が予想される。前回の王者であり、今季の全日本大学駅伝を制した東海大学、出雲駅伝で三大駅伝初優勝を果たし、勢いに乗る國學院大學……。そんななかレース展開を占う上でもっとも重要なポイントがある、と言うのは「あまりに細かすぎる箱根駅伝ガイド2020」を上梓したEKIDEN News主宰の西本武司氏だ。彼はこう断言する。「日本テレビのゲスト解説陣の人選を見れば、その年の箱根駅伝が分かるんです」。本当だろうか……。その超マニアックなレース展望を、説明してもらった。

◆ ◆

■日テレは今回の箱根駅伝をどんなアングルで捉えているのか

 僕が毎年12月10日頃に行われる箱根駅伝の記者会見に行くのには、理由があるんです。

 大半の記者たちは注目校の監督や主務の発言、今回であれば26年ぶりに出場を決めた筑波大学のコメントを取りにいく。でも僕が注目しているのは、箱根駅伝を生中継する日本テレビのゲスト解説陣が今回誰になるか、なんです。ここで誰を起用するかによって、日本テレビが今年の箱根駅伝をどういうアングルで捉えているか、往路復路それぞれどの大学に注目しているかが分かるからです。

 なぜ日テレの見方が重要なのか。それは日テレがどのメディアよりも大会や合宿に記者を派遣して、1年間を通して選手を追っているからです。しかもディレクターの中には、箱根駅伝に出場したことがある元陸上部員も隠れていたりするので、その情報網は侮れません。先日はあるディレクターから僕の元に「日体大の寮長、 ?谷賢のnote が抜群に面白いんです」というマニアックすぎる情報がもたらされました。Twitterでもインスタでもなく、noteですよ。しかも実際に見たら、確かに面白かった(笑)。

 それぐらい情報通の日テレが選んだ、今年のゲスト解説陣がこちらです。

【1月2日 往路】中村匠吾(駒澤大学→富士通)、森田歩希(青山学院大学→GMO)

【1月3日 復路】設楽悠太(東洋大学→HONDA)、湊谷春紀(東海大学→DeNA)

 さて、これを読み解くと、こういうことになります。

 まず今回の往路は混戦必至で、目まぐるしく順位が変わる展開となるでしょう。拓殖大学、東京国際大学、国士舘大学あたりも、1度は首位に立つ可能性がある。けれども日テレが選んだ解説陣を見ると、やっぱり最後は駒澤大と青学大が強いのではないかと見ていることがわかります。特に青学大は5区の山登りを制する展開も期待できるだけに、往路の解説には外せないと思ったわけです。

 ではたくさんいる駒沢大OB、青学大OBから誰を選ぶか。

■駒沢大OBは中村選手しかありえない

 駒澤大OBは今年のMGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)で1位となり、東京オリンピックマラソン男子日本代表を勝ち取った中村選手しかありえません。中村選手が所属する富士通は、1月1日のニューイヤー駅伝には出場しませんから、コンディションもバッチリです。中村選手は卒業して約5年が経ちますが、彼の練習拠点は今でも駒澤大のため、全ての選手の個性も把握していて、親交もある。放送では走り終わった選手と中継をつなぎ、声がけすることも期待されますが、中村選手なら深いトークができるでしょう。

 ちなみに今大会の駒澤大の注目は、スーパールーキーの 田澤廉選手。レジェンドクラスのルーキーをどこで使うのか、これには各大学も注目をしています。田澤選手は長距離選手にしては珍しく、のびのびとした発言をすることでも知られているため、先輩の中村選手とどんな会話を繰り広げるか、駅伝ファンなら押さえておきたいポイントです。

 押さえておきたいのは青山学院大学も同じ。青学OBの森田選手は、2019年大会で3区を走り、区間記録を更新しました。今の部員とも当然面識があるため、選手とのクロストークが楽しみです。ただひとつ誤算があるとすれば、2年連続5区を走り、圧倒的な人気を誇る竹石尚人選手が、怪我のため今回エントリーから外れたこと。おそらく日テレのプロデューサーは、山を制した竹石選手と森田選手の感動のクロストークを思い描いていたことでしょう。でも実現せず、森田選手の解説は復路にすればよかった……今ごろそんなふうに悔しがっているかもしれません(笑)

■復路の解説にはひとつ心配が……

 さて、その復路です。

 実は僕の事前予想では、「MGCおめでとう枠」として、MGC2位で東京五輪出場を決めた東洋大学OBの服部勇馬選手が呼ばれるのではないかと思っていました。でも、ここにマラソン前日本記録保持者の設楽悠太選手を持ってきた。おそらくニューイヤー駅伝終わりで、なかなか帰ることのできない新潟県十日町市に帰省。心とカラダをフル充電して、ここからオリンピックモードに一気に突入していくのではないか、逆に設楽悠太選手は、地元も本拠地も同じ埼玉。頼みやすかったのではないか?と想像することもできます。前回も復路のゲスト解説に設楽選手が呼ばれていたのですが、体調不良で急遽キャンセルしていたので、今年はどうなるか。万全の態勢で解説に臨んでほしいものです。

 そして復路のもう1人は東海大前主将の湊谷選手。ここから日テレは、やはり東海大の総合優勝があるのではないかと読んでいることが感じられるわけです。

 ただ、僕が心配しているのは優勝がどこか、ではありません。2人が果たして、どれくらいしゃべるのか?ということです(笑)。設楽選手は聞かれたことには答えますが、積極的に発言するタイプではない。湊谷選手も秋田生まれで、東北らしい寡黙な青年です。ということで、会話が途切れて、放送事故みたいになってしまうのではないか……そう心配していたところ、なんと湊谷選手、前日にラジオ日本の往路のゲスト解説を務めることが判明しました。まさかの湊谷2デイズ。音楽でいえばフジロックとサマーソニックに出演するようなものですよ。往路で暖機運転をして、復路でレベルアップしている可能性もありますので、彼の成長ぶりは要チェックです。

■NHKラジオは金哲彦さん解説でTwitter大盛り上がり

 さて日テレのアングルが分かったところで、ラジオの解説陣も見てみましょう。

 ラジオ日本の特徴はその年の箱根に出られなかった監督が解説をすることです。往路の解説は大東文化大学の只隈伸也総監督で、ゲストは先ほどの東海大OB湊谷選手。復路の解説は城西大学の櫛部静二監督、ゲストには青学大OBの下田裕太選手をブッキング。やはり今回の注目は湊谷選手のDAY1でしょうね。

 NHKラジオは王道ですが、注目すべきは毎年、金哲彦さんが解説を務めていること。ガジェット好きの金さんは、Twitterのハッシュタグを随時チェックして、それをアナウンサーよりも早く拾って発言するため、毎回Twitterは大盛り上がりです。前回は往路ゲストだった元日本大OBで俳優の和田正人さんが、出演していない復路でもツイッター越しに、思わず放送に参加してしまうという事態も起きました(笑)。Twitterを見ながら観戦したいファンにはぴったりでしょう。

■文化放送はマニア向け


 王道がNHKラジオだとしたら、文化放送はマニア向けです。とにかくアナウンサーの個性が強い。各区に配置されたアナウンサーが「え〜3番が4番へ、5番が4番へ〜」と、まるでパチンコ屋のアナウンスのように声を張り、節をつけて実況する。解説は、往路が東洋大学OBの柏原竜二さんと駒澤大OBの宇賀地強選手。復路は中央大OBで立教大学の監督を務める上野裕一郎選手と、青学大OBの神野大地選手。先日Numberの取材で上野さんにお会いしたのですが、彼は嘘みたいに喋ります(笑)。今年は例年以上にマニア色が強くなりそうで、これは聞き逃すことはできません。

 現地観戦組は全体の状況が把握できるし、スマホのバッテリーも消耗しづらいのでラジオがおすすめです。自宅でテレビ観戦という人も、テレビとラジオの併用に挑戦してほしい。テレビ、ラジオ、ネットを駆使してマニアックな情報を逃さないのが今のスタイル。いつも以上に箱根の面白さを味わうことができるはずです。

構成/林田順子(モオ) 写真/EKIDEN News

(EKIDEN News)

関連記事(外部サイト)