渡辺明三冠が棋王戦挑戦者争いよりも気にしていた(?)「すみっコぐらし」とは

渡辺明三冠が棋王戦挑戦者争いよりも気にしていた(?)「すみっコぐらし」とは

©文藝春秋

 過日、文春オンラインの「観る将棋、読む将棋」で何か書いてほしいと依頼をいただいた。最初はインタビューや対談ものの新企画を考えたりもしたのだが、その線はすでに優秀なライター陣が見事な仕事をなさっている。そもそも私は生来からの隙間産業というか、他の人と違うことを率先してやりたがるタイプである。

 インタビュー以外で、さらに図面を使わずに有意義なものは何かないか。そこで思いついたのが、1週間の棋戦の動きをなんとなく把握できる、この週報とコラム形式の読み物だった。

■現場にいなければ見ることができないシーンを知りたい

 私自身、2016年3月に週刊将棋が休刊になってから、継続的に棋界情報を得るツールに飢えていた。長年にわたって、なんとなく眺めていた週刊将棋。それとなく棋界の流れを把握した気になれる素敵な週刊将棋。日刊でもない、月刊でもない週刊将棋。失ってその存在の大きさに気づかされたよ、週刊将棋。

 インターネット全盛の昨今、欲しい情報を取りに行くのは難しいことではない。SNSやまとめサイトは便利であるし、うまく活用している人もたくさんいるだろう。ところが私のような不精者は、情報の多さや便利さが逆に不便に感じられてしまうのである。

 クリック数を必要最低限に押さえながらも、棋界情報に精通した気になりたい。業界に携わっている人がこっそり教えてくれる棋士のちょっといい話や、現場にいなければ見ることができないシーンを知りたい。

 しかし、見渡してみてもそういう都合のよいものは見当たらない。ならば自分でやってみようか、というのがこの週報とコラムの骨子だった。

 書き始めてまず思ったのは、改めて棋戦情報を追っていくと、新たな発見がいくつもあるということ。そして正確な情報を伝えようとするのは想像以上に面倒くさい作業だということもわかった。それに比べると、コラムを書くことのなんと楽なことよ。

 なんやかんや、始めてしまったものは仕方ない。いろいろと微調整をしながらやってみようと思う。間違いなどもあるかもしれないが、やさしく指摘していただけると幸いである。

 なお棋戦情報や結果、各種のデータは公益社団法人であるところの日本将棋連盟公式サイト( https://www.shogi.or.jp/ )を参考にさせていただいている。かのサイトに何かあった場合は当方も沈黙するはずなので、あらかじめご了承いただきたい。なお当方、大手からクレームが来たら即座に店じまいする決意を固めている。

 さて、退屈な前口上はこのくらいにして本題に入ろう。まあ本題といっても日々のなかで見た将棋や棋士などのことをつづっていくだけなので、目の端で流し読みするくらいの内容になると思う。

■12月16日、月曜日。棋王戦の挑戦者決定戦へ

 午後3時頃に家を出て千駄ヶ谷の将棋会館に行く。この日は棋王戦の挑戦者決定戦があり、年末でもあるため終了後に打ち上げがてらの忘年会があるのだ。終局間近に来る剛の者もいるが、私はそれほど肝が据わっていない。さらに言えば将棋が見たい。

 控室になっている銀沙・飛燕の間に入ると、現棋王の渡辺明三冠が継ぎ盤の前に陣取っている。三冠の貫禄を消して余りあるのは、脇の袋から顔を出したぬいぐるみたち。この日に受けたスポニチの取材の際にプレゼントされた、「すみっコぐらし」のとんかつとえびふらいのしっぽだそうだ。

■渡辺三冠が急ぎ足で戻ってきた理由は……

 渡辺三冠の相手をしているのは、共同通信社の将棋チームを引っ張る津江章二さん。いつも明るくときどき熱い感じは、かの田辺忠幸さんを思い出させるものがある。

 盤面は57手目▲8三歩のあたり(盤面は 将棋連盟モバイル や 棋王戦中継サイト で確認してください)。

 渡辺三冠が「△8三同飛に▲7五歩くらいだけど、これで手ができるとは思えない」とつぶやきながら駒を進めると、津江さんが▲7五歩にサッと△5二玉と寄る。

「そう、それがいい手なんですよ」と渡辺三冠。△5二玉は▲4一角の筋を消しながら戦場から離れる一石二鳥の好手。ほめられた津江さんは相当にうれしそうだ。

 渡辺三冠は用事があったのか席を離れて、しばらくして急ぎ足で戻ってきた。

「おれのとんかつとえびふらいのしっぽは?」。いや、そこにありますけど。

■「勝者組で2連敗して挑戦を逃した人は過去にいるんですかねぇ」

 将棋のほうは佐々木大五段がそのまま押し切り、挑戦権の行方は12月27日の第2局で決まることになった。余談ながら、少し早く会館に行ったおかげで、その第2局の観戦記を依頼してもらえた。こんなこともあるんですね。現場万歳。

 打ち上げ兼忘年会では対面に本田奎四段、隣に中村真梨花女流三段という席。本田さんが「勝者組で2連敗して挑戦を逃した人は過去にいるんですかねぇ」と言うので、歴戦の勇者を何人か紹介して差し上げた。挑戦者決定戦という場に立つだけで立派。もちろん勝てばもっと立派になれるし、その先もある。

 二次会は共同通信の池松達郎さん、スポニチの伊藤靖子さん、終局ギリギリで登場した観戦記者の相崎修司さんと。伊藤さんは最近いくつもの ナイスインタビュー記事 をモノにしている気鋭の記者。将棋や棋士を大事にしてくれていることが伝わってきて、話を聞いているとこちらもうれしくなる。

 三次会は相崎さんとサシで。意味のあることを話した記憶はまったくない。

■12月19日、木曜日。

 恵比寿に「MONO NO AWARE」のライブを見に行く。将棋だけ見ていては幅が狭くなると思い、週に1度くらいはいろいろなジャンルのクオリティの高いものに触れるようにしているのだ。

 ほぼ20代前半と思われる客層の中で、立派に平均年齢底上げ大臣を務めあげてきた。とてもすばらしいライブだった。

■12月21日、土曜日。木村一基王位の祝賀会へ

 椿山荘で行われた木村一基王位の祝賀会へ。500人も集まる大盛会で、木村さんの愛し愛されぶりにあふれかえっていた。久しぶりに会う人も、まったく見たことのない人も、たくさんいた。将棋の幅は広がっているのだな。

 木村さんとお話ししたい人の列が途切れず、進行が心配になる場面もあったが、それもご愛嬌。羽生さん、佐藤天彦さんなどにも行列ができていて、それぞれとても丁寧に応対していた。替わってあげたいけれど、そういうわけにもいかない。

 恒例の木村−行方尚史、目隠し将棋の余興は飛車をうまく召し取った行方さんの勝ち。5月には青森で行方さんの九段昇段祝賀会が行われるそうで、そこでもバチバチのライバル対決が実現しそうだ。

 気づけば3時間。目白の超一流ホテルにいるはずなのに、なぜか下町かどこかの宴会場にいるような、そんな気になる素敵な会だった。

 終了後、何も食べられずお腹が空いたという天彦さんを誘って、何人かで中華料理店へ。欧州サッカー、ゲーム・オブ・スローンズの話で大いに盛り上がった。

■1週間の各棋戦を振り返る

 ここからは12月16日(月)から12月22日(日)までの各棋戦を振り返る。詳しくは日本将棋連盟サイト棋戦一覧( https://www.shogi.or.jp/match/ )を参照。

 第33期竜王戦はランキング戦が始まったばかり。12月20日の1組、渡辺明三冠−佐藤和俊七段戦は佐藤和七段の勝ち。ここまで27勝4敗(0.871)と過去の年度最高勝率(0.855 中原誠)を超えるペースで勝っていた渡辺明にブレーキ。

 同じく20日には6組の池永天志四段−石川優太四段戦、青野照市九段−渡辺和史四段戦が行われた。竜王戦初参加の石川優、渡辺和は最終盤までギリギリの戦いをしたが、いずれも惜敗となった。

 第78期名人戦・順位戦。12月19日のA級、木村一基王位−佐藤天彦九段戦は、相掛かりで佐藤天九段の勝ち。両者2勝4敗となった。

 同日のB級1組10回戦は首位の菅井竜也七段が9勝1敗と順調。2番手に7勝2敗の斎藤慎太郎七段。

 十七世名人資格を保持する谷川浩司九段は2勝8敗で危地に立たされている。A級への昇級、B級2組への降級はともに2名。

 12月18日のB級2組8回戦は、丸山忠久九段が連勝をのばし7戦全勝で首位。1敗に横山泰明七段、近藤誠也六段、鈴木大介九段が続く。9回戦には横山−近藤誠の直接対決がある。なお鈴木九段は勝ち越しを決め、規定により降級点を消している。

■王位戦では、藤井聡太七段がリーグ入りまであと1勝

 第5期叡王戦は本戦トーナメントの2回戦が進行中。12月16日に真田圭一八段−斎藤慎太郎七段戦、20日に久保利明九段−佐々木大地五段戦、22日に佐藤康光九段−青嶋未来五段戦が行われ、斎藤、佐々木大、青嶋が勝ち進んだ。

 第61期王位戦は予選が進行中。高橋道雄九段、鈴木大九段、藤井聡太七段、阿部健治郎七段らがリーグ入りまであと1勝に迫った。

 第68期王座戦は一次予選が進行している。今期11勝6敗とフリークラス脱出に向けて好調だった伊奈祐介七段は、高野智史五段に敗れて足踏みとなった。

 第45期棋王戦は12月16日に佐々木大五段−本田奎四段による挑戦者決定二番勝負第1局があり、敗者復活戦から勝ち上がった佐々木大が勝利。12月27日に行われる第2局の勝者が、渡辺棋王への挑戦権を得る。第46期の予選も始まっており、井出隼平四段が第31期棋王の森内俊之九段を破る殊勲の星を挙げている。

■年明けの1月12、13日に王将戦七番勝負が始まる

 第69期大阪王将杯王将戦は、渡辺明王将と広瀬章人八段による七番勝負が迫ってきた。第1局は年明けの1月12、13日に静岡県掛川市「掛川城 二の丸茶室」で行われる。立ち会いの中村修九段、副立ち会いの神谷広志八段による昭和55年組コンビの活躍にも注目したい。

 第91期ヒューリック杯棋聖戦は一次、二次予選が進行中。二次予選決勝まで勝ち進んでいる藤井聡七段は、澤田真吾六段と決勝トーナメント進出を懸けて戦うことになっている。

 第13回朝日杯将棋オープン戦は12月19日の二次予選に羽生善治九段が登場。三枚堂達也七段には勝利したものの、屋敷伸之九段に負けて予選敗退。残る本戦出場者は、12月26日に行われる木村王位−千葉幸生七段戦、阿久津主税八段−村中秀史七段戦の勝者同士の対決により決まる。

 第28期銀河戦は本戦トーナメントの3回戦が進んでいる。最多勝ち抜き者と最終勝ち抜き者が決勝トーナメントに進出する本棋戦。Cブロックの出口若武四段3人抜きが目につくところ。CSの囲碁・将棋チャンネルにて毎週火曜と木曜に20時から放映している。

■振り飛車から軽快な指し回しを見せた野月八段

 第69回NHK杯将棋トーナメントはベスト8を決める戦いが続いている。12月22日の屋敷九段−野月浩貴八段戦は振り飛車から軽快な指し回しを見せた野月八段が快勝。準々決勝では深浦康市九段−増田康宏六段戦の勝者と戦う。

 NHK杯は毎週日曜10時30分からEテレ(NHK教育)で放映。対局の棋譜は「NHK将棋( https://www4.nhk.or.jp/shogi/ )」内で見ることができる。

 詳しい内容は「将棋講座テキスト」の3月号に掲載予定。本局は野月八段が自戦記を担当。北海道の先輩である屋敷九段のことや自身の将棋の変遷についてつづっている。

 第40回将棋日本シリーズは渡辺明三冠が優勝。例年は6〜7月に新しいトーナメントが始まる。

 第50期新人王戦は高野智史四段の優勝で幕を閉じ、新たに第51回が開幕している。優勝2回、前回準優勝の増田康宏六段と16歳の伊藤匠三段の一戦は興味深いところ。

■西山女王への挑戦者争いの行方は……

 第2期ヒューリック杯清麗戦は予選トーナメント、再挑戦トーナメントが行われている。18日の対局では中井広恵女流六段、伊藤沙恵女流三段が勝ち上がった。タイトル保持者は里見香奈女流四冠(清麗・女流名人・女流王位・倉敷藤花)。

 第13期マイナビ女子オープンは本戦トーナメントが煮詰まってきた。12月25日の清水市代女流六段−香川愛生女流三段戦でベスト4が出そろう。すでに準決勝に進んでいるのは、加藤桃子女流三段、塚田恵梨花女流初段、伊藤沙女流三段。タイトルは西山朋佳女流三冠(女王・女流王座・女流王将)が保持している。

 第9期リコー杯女流王座戦は五番勝負が終了し、西山新女流王座が誕生した。アマ予選は例年4月に行われている。

 第46期岡田美術館杯女流名人戦は1月19日から、里見女流名人と谷口由紀女流二段による五番勝負が開幕。

 第47期の予選も始まっており、元女流名人の矢内理絵子女流五段らが勝ち上がっている。

 第31期女流王位戦は挑戦者決定リーグが始まっている。12月19日に白組の加藤桃女流三段−石本さくら女流初段戦。20日に白組の本田小百合女流三段−谷口女流二段戦、紅組の香川女流三段−室田伊緒女流二段戦が行われ、加藤、本田、室田が勝利を収めた。加藤桃は2連勝。

 第42期霧島酒造杯女流王将戦は予選が始まっており、上田初美女流四段、頼本奈菜女流初段が突破を果たしている。頼本は清水女流六段、鈴木環那女流二段と手強いところを破った。

 第27期大山名人杯倉敷藤花戦は三番勝負が終了。例年は3月から、新しいトーナメントが開始されている。

■【メモ】昇段情報、各種ランキングは?

 村田智弘六段が昇段後150勝で七段に昇段。村田新七段は1981年兵庫県出身、淡路仁茂九段門下。村田智穂女流二段の兄。

 対局数ランキング1位は佐々木大地五段の48局。2位は豊島将之竜王・名人の47局。3位は藤井聡太七段の43局。

 勝ち数ランキング1位は佐々木大五段の34勝。2位は藤井七段の33勝。3位は豊島竜王・名人の32勝。

 勝率ランキング1位は渡辺明三冠の27−5(0.844)。2位は佐藤和俊七段の17−5(0.773)。3位は藤井七段の33−10(0.767)。

 今期最多連勝は永瀬拓矢二冠の15連勝。継続中の連勝は菅井竜也七段の9連勝。

 女流対局数ランキング1位は伊藤沙恵女流三段の37局。勝ち数1位は伊藤女流三段の30勝。勝率1位は加藤桃子女流三段13−3(0.812)。2位に伊藤女流三段30−7(0.811)。

 各種ランキング情報は、将棋連盟公式サイトの「今年度棋士成績・ランキング」( https://www.shogi.or.jp/game/record/year_ranking.html )を参照。ランキング上位争いは2020年3月末日まで続く。

(後藤 元気)

関連記事(外部サイト)