伊藤真吾五段と嫁Pが語る、『イトシンTV』の「イェイイェイ!」が生まれるまで

伊藤真吾五段と嫁Pが語る、『イトシンTV』の「イェイイェイ!」が生まれるまで

『イトシンTV』の収録セットに陣取る伊藤真吾五段

「どうも。イトシンTV。伊藤真吾です。イェイイェイ」

 このフレーズから始まるYouTube番組『 イトシンTV 』が人気だ。出演は「イトシン」こと伊藤真吾五段。2019年3月に開局して、現在、2万5千のチャンネル登録者を数える。(全2回の1回目/ #2 へ)

■ご自宅のスタジオを訪問すると……

 プロ棋士が出演する将棋番組といえば、重厚で落ち着いた雰囲気のものが多いなか、お決まりのフレーズ「イェイイェイ」に象徴されるように『イトシンTV』は、なんとも自由だ。その番組作りの秘密を知りたく、今回は、普段撮影を行なっているという、伊藤さんのご自宅に伺ってインタビューを行なった。

「ここでやってるんですよ」と笑う伊藤五段が案内してくれたのは、四畳半ほどの洋室。そこはテーブルと将棋解説用の大盤、そしてカメラや音響設備だけがある小さなお手製のスタジオだ。「こんにちは」と同席してくださったのが、「嫁P(「嫁プロデューサー」の略)」こと、撮影や編集を行なっているという奥様。

 たった2人、この小さなスタジオで、どのように番組は作られてきたのか。まずは開設のきっかけからお聞きしていこう。

■妻が「撮影や編集はやるよ」と言ってくれて

――『イトシンTV』が始まった経緯から教えてください。

伊藤 もともとは、ユーチューバーへの興味だけだったんです。娘が毎日見ていて「ユーチューバーになりたい。なりたい」って言うものですから、僕も横目で見るうちに「こういう感じなのか」と漠然と知り、興味を持つようになりました。ただ自分がやるとはまったく思っていなかったんですよ。

――では、なぜやることに?

伊藤 今年の3月頃、友達と家飲みをしていたとき「イトシンやってみればいいじゃん」って勧められたんですよね。でも僕、恥ずかしがり屋で、引っ込み思案な性格だし、人前に出てグイグイいくのは無理だと。でも妻が「撮影や編集はやるよ」と言ってくれて、友達も「嫌ならやめればいいんだし気軽に始めてみたら」と後押ししてくれて……。じゃあ、やってみようかなと始めました。

――嫁Pさんは、カメラやパソコンを使うのには慣れていたんですか?

嫁P 以前、漫画のアシスタントをやっていたので、パソコン操作などは、わりとできたんです。

伊藤 僕は、パソコン関係のことは全然ダメなんですよ。だから妻と力を合わせればできるかなと。

■娘がユーチューバーになりたがっていた

――嫁Pさんは、伊藤さんがYouTubeをやるといったとき、どんな気持ちでした?

嫁P 実はあの家飲みの前からYouTubeやってみたらいいんじゃないかなと思っていたんです。

伊藤 えっ!?

嫁P その前にも「YouTubeやっている将棋の棋士はいないの?」と聞いたら「もういるんだよ」と言われて……。

伊藤 やりたかったんすか?

嫁P やりたかったというか、今、なにかやれることは……と考えたとき、YouTubeはいいかなと思っていました。

伊藤 ああ……。『イトシンTV』を始めたきっかけには、娘がユーチューバーになりたがっていたというのもありますが、自分がここ3年くらい何にもしていないという想いもあったんです。子供が生まれたので土日の時間を作りたくて、それまでやっていたレディスセミナーや子供教室をやめてしまった。それで普及の仕事を3年ほどしてなくて、なんかないかな……とは思っていたんです。

――では、何か機会がくるのを待っていた?

伊藤 そうかもしれませんね。

嫁P だからYouTubeを「やる」といったときから「よしよし頑張ろう」と思っていました。

伊藤 そういう感じだったんすね。あったまってたんすね。

嫁P まあ、本人のやる気だけは、私にはどうしようもないですから……。

――『イトシンTV』を二人三脚でやるのは、どういった感じですか?

嫁P 棋士の仕事には、協力できることがあまりなかったんです。YouTubeなら協力できますからね。

■「イェイイェイ!」は「否」が多い賛否両論

 そういって嫁Pさんが微笑んだのが印象的だった。

 こうして始まった『イトシンTV』だが、番組名などの基本的なことはどうやって決めたのだろうか。

伊藤 例の家飲みのとき『イトシンTV』という番組の名前だけは決めていました。ヒカキンさんは『ヒカキンTV』なので、「イトシン」というあだ名の僕がやるなら『イトシンTV』だなと。

――あの「イェイイェイ」も、最初からやろうと決めていたんですか?

伊藤 『ヒカキンTV』も「ブンブンハローYouTube どうもヒカキンです」で始まるんですよ。そういうお決まりのフレーズがあるといいかなと「イェイイェイ」を始めてみたんですが、最初はすごい賛否両論あったんですよ。

――ははは(笑)。

伊藤 どっちかというと「否」が多い賛否両論が(笑)。「なんだあのイェイイェイは」とか「あれだけはやめてくれ」といった否定的な意見が多かった。でも、ある女流棋士の方が「あのイェイイェイがいい」と言ってくれたり、数少ない賛成意見に押される形で続けているうちに、みんな慣れてきたというか麻痺してきた感じですね。

 否定的な意見も多かったという「イェイイェイ」だが、今ではすっかり浸透して、ファンに「イェイイェイやってください」と言われたり、色紙に「イェイイェイ」と書くよう頼まれることもあるという。番組名といい、キャッチフレーズといい、なかなか今のYouTubeカルチャーを巧みに取り込んでいるのだ。

――番組で何をやるのかというのは、どのように決めていったんですか?

伊藤 当初は娘が見ている『まいぜんシスターズ』や『ヒカキンTV』のように、僕が好きなもの――たとえばマリオや人狼やカラオケなどを実況する多方面エンターテイメントも考えたのですが、やはりどう考えても将棋しかニーズがないですからね(笑)。最初の放送では単に色紙を書いているところを映像で流したんですが、やがて自然と『将棋ウォーズ』の実況が柱になっていきました。

■現局面から3手くらい先を説明するように

『将棋ウォーズ』は同じような棋力の人と気軽に対戦できる大人気アプリ。伊藤さんが誰かと対戦しながらその模様を実況する番組だが、心がけているのは、プロが何を考えているのかを伝えることだという。

伊藤 いろんな局面で、こういうときプロは何を考えているのかを伝えたいと思っています。読み筋でいえば、わかりやすいように、現局面から3手くらい先を説明するよう意識しています。あとは「玉は飛車と反対側に囲ったほうがいいですよ」といった基本的な考え方や、「駒得していますよね」といった形勢判断のバロメーターですね。居飛車、中飛車、四間飛車など、作戦も意識していろいろやっています。「嬉野流」などのマイナー戦法をやって欲しいという声もあるので、普段の対局ではあまりしないようなことにも挑戦するようにしています。

――負けることもあるかと思いますが、そこに抵抗はありませんでした?

伊藤 たしかに負けることもあるんですよ。ただ勝ち負けよりも、プロが何を考えて将棋を指しているかを伝えられればいいかなと。でも見ている人は、やはり僕に勝って欲しいみたいで「負けないで!」という声はありますね。

■対局が50に到達したときは感慨深かった

――『イトシンTV』のメインコンテンツともいえる『将棋ウォーズ』の実況は、現在130回を超えています。そのなかでも、印象に残っている回はありますか。

伊藤 50局目ですかね。なんとなく始めたので、ひとつの節目である50に到達したので感慨深かったです。あと、初めてロケとして妻の実家がある新潟で将棋ウォーズをやった回。こういった「旅指し」は、各地域の宣伝にもなりますし、海外も含めていろんなところでやってみたいですね。

――リアルタイム配信もされていますよね?

伊藤 『将棋ウォーズ』が「イトシン」アバターを作ってくれたんですが「自分の力でゲットして欲しい」と言われまして。

――もっと対局しなくてはいけないと(笑)。

伊藤 そうなんです。いつものように対局して動画作っていると時間もかかるので、ライブ配信して1日に10局とか指したんですよね。それでランキングを上げてアバターをゲットしました(笑)。

■チャンネル登録10万人の盾を娘にあげたい

 このようにいろんなコンテンツを作って、徐々に人気を上げていった『イトシンTV』には、今、2万5千人ほどのチャンネル登録者がいる。こうした広がりは、どのように生まれていったのだろうか。

伊藤 将棋ファンの口コミとSNS。あと、それまでに将棋の実況をしているユーチューバーの方達も、宣伝してくれて広がりましたね。YouTubeの登録者は『東海オンエア』に出てずいぶん増えたよね。

嫁P 愛知県の岡崎市から「岡崎観光伝道師」にも任命されている6人組の人気ユーチューバーなんですよ。

伊藤 この「東海オンエア」の方達と真剣に将棋を指すという企画で、岡崎まで行って撮影したのですが、これが放送されて登録者数が、すごく増えました。

――登録者数の目標はありますか?

伊藤 一応目標は10万人です。将棋関係のユーチューバーで10万に到達している人がいないので目指したいですね。10万人いくとYouTubeから盾がもらえるんですよ。それを娘にあげたいですね(笑)。

■初めて会った人とも、会話のキャッチボールがしやすい

――そういえば娘さんは『イトシンTV』を見ているんですか?

嫁P はじめはすごく喜んでいたんですよ。YouTubeの画面で『ヒカキンTV』のサムネと『イトシンTV』のサムネが並んでいたりするので大喜びしていました。

伊藤 でも最近は、飽きたみたいで、からきしですね(笑)。

――ははは(笑)。『イトシンTV』をやってよかったなと思うことって何ですか?

伊藤 ファンの方との距離が近くなったことですかね。「伊藤さん、いつも見ていますよ」と言ってもらえると、僕の人となりを知ってくれているんだと、心許せるというか楽ですよね。初めて会った人とも、会話のキャッチボールがしやすいというか。

――我々も『イトシンTV』をたくさん見てきたので、今日、初めてお会いした気がしません(笑)。

伊藤 そういうのがいいですよね(笑)。

 初めて会う人にも、旧知の友人のように感じてもらえる。これがわかりやすいユーチューバーの利点なのかもしれない。

 取材を終えた後、『イトシンTV』の撮影風景を見学させてもらった。カメラやパソコン、音響機器などをさっと配置して、『将棋ウォーズ』の対戦スタート。見事勝利で終えると、別撮りでオープニングの「どうも。イトシンTV。伊藤真吾です。イェイイェイ」も収録。ここまで流れるように撮影が終わったが「これから編集に時間かかるんですよ」という嫁Pさんの仕事は大変だ。このように『イトシンTV』は、夫婦二人三脚、伊藤家の生活のなかで日々作られている。

写真=深野未季/文藝春秋

【続き】『イトシンTV』伊藤真吾五段インタビュー #2へ

「八王子将棋クラブで35連敗しました」伊藤真吾五段がプロになるまでの過酷すぎた道のり へ続く

(岡部 敬史)

関連記事(外部サイト)