「桜を見る会」「身の丈」「上級国民」……“選民意識”で見る2019年の日本と政治

「桜を見る会」「身の丈」「上級国民」……“選民意識”で見る2019年の日本と政治

プチ鹿島さん(左)と、(K)さん

「書いてるのは誰だ?」 日刊スポーツ「政界地獄耳」の“永田町読者率”が高い理由 から続く

「桜を見る会」、「身の丈」発言、「上級国民」。2019年に政界を揺るがした問題の中には、インターネットから火が付き弾けたトピックが多かった。日刊スポーツの名物政治コラム「政界地獄耳」を執筆する地獄耳師匠こと(K)と、時事芸人・プチ鹿島が、令和に突入したこの1年を振り返る。(全2回の2回目/ 前編 から続く)

■「桜を見る会」ツイッター投稿数の多さ

鹿島 2019年の政界も色々ありました。年の瀬には“カジノ疑惑”の一報も入りましたが、下半期は「桜を見る会」に持っていかれた感じがありますよね。公私混同、公選法抵触疑惑、公文書廃棄問題……。ここ数年の論点が詰まってました。「桜を見る会」のツイッター投稿数は、閣僚の辞任や英語民間試験の導入と比べても、多かったみたいです(「 『桜を見る会』SNS投稿で突出 」、日本経済新聞11月26日)。

地獄耳 「桜を見る会」もネットが早かったですね。11月以降、「政界地獄耳」で10回は「桜を見る会」にまつわる問題に言及していると思います。このコラム、日曜以外はほとんど毎日書いているようなものだから、ネタ選びに悶々とする日も多いんですが、こういう桜とかがあれば、ネタがいっぱいあるので助かる……とはいえ、ちょっとひどいです。

鹿島 参加者のブログ発信を今さら削除したのもお粗末でした。菅(義偉)官房長官だって、ほんの2カ月くらい前までは涼しい顔で全てに答えていたのに、今では「もしハードディスクまで破棄したということであれば、なぜ、そこまで内閣府がやっているのか。いつ、どこで、誰が、なぜやったのか」と詰問されて……。時に苦笑いみたいな表情が出ちゃってます。

地獄耳 会見でも、あっぷあっぷですよね。菅官房長官は「私人である昭恵夫人が人選に関わった」ことを質問されて「最後は内閣官房が精査する」と答えましたが、それによって自分と首相の両方に責任が発生してしまうことになりました。一時期、安倍さんと菅さんの関係は菅原・河井の2閣僚辞任の時以上にギクシャクしていたようです。

鹿島 それにしても、「桜を見る会」は「小さなこと」なんでしょうか。「産経抄」は《「桜を見る会」をめぐって、小事を天下の一大事のように騒ぎ立てる野党の手法》(11月25日)とご立腹でしたが、僕は人間の本質って、小さいことにこそ表れると思うんです。むしろ天下国家を論じたがっている保守派の新聞が、「こんなことしてたらプーチンやトランプ相手にまともに戦えないぞ」と怒るべきなんじゃないかと。なんか二分されてませんか?

地獄耳 袈裟まで憎い人もいれば、袈裟まで許しちゃう人もいる。桜は論点が多すぎましたよね。「桜を見る会」に招待されたとマルチ商法の営業ツールに使っていたジャパンライフだって、政界の古株はみんなよく知ってますよ。30年以上にわたって被害者がいるんだから、そりゃあいろんな材料があるに決まっていますよね。今、野党のところには桜がらみで相当タレコミが来ているらしいです。

鹿島 僕は、桜の問題が弾ける前から「桜を見る会を見る会」が必要だと思っていました。

《令和おじさん人気が証明された形だが、しかし「桜を見る会」に招かれる人は政権側が呼びたい人でもある。ネットで影響力があるインフルエンサーたちが狙い通りに首相や菅氏の“にこやかな顔”をSNSで発信すればこれ以上ないイメージ戦略になる。》(文春オンライン6月7日)

 この好感度キャンペーンを国民の税金で行うのはおかしいんじゃないかと。

地獄耳 いわゆる前夜祭なるホテルのパーティーも焦点の一つになりました。今回、野党の攻勢はそのほとんどが公開情報に基づいていますが、前夜祭は公職選挙法や政治資金規正法に抵触するのか? 野党が立証するのも、安倍サイドが問題ないと立証するのも難しいから、何となくうやむやになってしまいました。それで私は、ウラは取れないんだけど、「機密費の運用」という可能性について書きました。

《最初から官邸機密費がホテルに支払われていれば説明がつくのではないか。金額が足りたとか足りないとかの問題より悪質だが、それも立証するすべはなく首相が別の部分の非を認めることで、機密費の運用という公金の私物化への疑惑をそらした可能性はないか。やはり検証のすべはない。》(日刊スポーツ「政界地獄耳」11月22日)

 ちょっとこれは早く書きすぎたみたいで、どこも後追いしてないですけどね(苦笑)。

■「上級国民」の都市伝説がリアルになった

鹿島 地獄耳師匠らしい、絶妙な回でした。ネットの盛り上がりで言えば、「上級国民」も2019年のパワーワードの一つ。4月に池袋の暴走事故を起こした高齢ドライバーに対して、「『上級国民』だから逮捕されないのか」という声がネットにあふれました。あれも紙ベースだけで読んでいたら、なかなか届かない言葉でしたよね。

地獄耳 本当にそう。これ、新聞に「上級国民」の解説なんかがあっても、全然乗れないです。

鹿島 あれだけ話題になったということは、多くの人に「上級国民、どうやら本当にいるんじゃないの?」と思わせる状況が確かにあった。そこが問題です。

地獄耳 そもそも上級国民なんかないし、超法規が適用されることはないはずなんですけど、池袋の男性は元通産官僚幹部で元機械メーカーの副社長、さらには叙勲まで受けていました。パッと上級国民と言うだけで、「あ、こういう人のことを言うんじゃないかな」と誰もがイメージできたんですよね。桜の首相推薦枠「60」もそうだし、オリンピックのチケットや聖火ランナー枠、あとはやっぱり萩生田(光一)文科相の「身の丈」発言ですね。これで都市伝説がリアルになった。

■安倍政権の本質は「せこさ」

鹿島 安倍政権の本質って何だろうと考えた時に、一般紙はいろいろ硬い言葉で説明するんですけれども、「やっぱり、上級国民の特権があるんじゃないの?」というスタンスがすごくスポーツ新聞に合っているし、それが本質かもしれないと思うんですよ。

地獄耳 第一次安倍内閣ができたての頃から、自分の近しい人を周りに集めた「お友達内閣」と呼ばれていましたよね。それがとうとう憲政史上最長の長期政権になると、「桜を見る会」に呼ばれる人と呼ばれない人が出てきた。「誰がこの人呼んだの?」という入っちゃいけないような人まで呼ばれていた。お友達を選ぶだけじゃなくて、まるで国民を敵と味方に分けようとする安倍政治の本質を、国民はマスコミよりもずっと明確に見抜いていたからこそ、「上級国民」という言葉が生まれたんじゃないかと思うんです。

鹿島 僕がなるほどなと思ったのは、来年度の「桜を見る会」中止が発表された3日後、地獄耳師匠は安倍政権のやり方をただ一言、「せこい」って書いたじゃないですか。

《昨年の桜を見る会からその異常性が発揮されたという指摘がある。「自民党総裁選挙で3選がかかっていた首相は桜を見る会で大盤振る舞いをすることで支持者の取り込みを図った」というのだ。地方議員や地元の後援会を連れていくことで票固めとは税金を使った一見合法的なようなせこいやり方。総裁選挙は選挙法に触れずやり放題なところを利用したのだろうが、その総裁が自動的に首相になると思うと随分とお手軽な手法で首相の座を手に入れた薄っぺらい話になってくる。自民党は首相を守り切れるのか。逃げ切る策は尽きたようにも見えるが。》(11月16日)

地獄耳 そう、巨悪じゃないんです。つまり、「権力の行使」と言うと絶対的なものすごいパワーだと感じるけど、そうじゃない。ちっちゃなところで権力を使うんです。そうすると、すごいせこい感じがしちゃって。何か困った時には「これは民主党政権でもやってました」と言い逃れに使うところも、せこさです。

鹿島 「ああ、なんて的確な表現」と思いました。安倍政権の本質は「せこさ」って、これも一般紙では書けない。

地獄耳 確かに、「上級国民」や「せこさ」なんていう言葉は、一般紙の政治面では絶対に生まれないですよね。なぜなら、我が国は三権分立の民主国家で、選別はあり得ないし、なくさなきゃいけないと大真面目に書いているから。でも実際に社会で生きていれば、いろんな権力とか、「何でこんなことがまかり通るんだろう」という壁にぶち当たるわけです。

 まだまだ「桜を見る会」問題が終わらないのは、やっぱりその直前に「身の丈」発言が飛び出したからに他ならないんですよ。全部つながっているんです。「そう簡単に子どもたちの将来を、政治家の舌先三寸で変えないで」と思う親御さんたち全員を敵に回してしまいました。経済力や地域格差をさらっと「自分の身の丈に合わせて頑張ってもらえれば」って、これはものすごい選民意識に基づいた言葉ですよ。

鹿島 そしたら、桜が弾けました。呼ばれた人、呼ばれない人。

地獄耳 選ぶか、選ばないか。あるいは安倍さん側かそうじゃないか。そういう選民意識に明け暮れた1年だったと思うんですよね。

鹿島 安倍首相が、立憲民主党の杉尾(秀哉)議員に「共産党」とヤジを飛ばして……「桜を見る会」問題はあの後に起きたんですもんね。「あれ、もしかして何か予期していた発言だったのかな」と思っちゃうくらい。

地獄耳 もしかしたら、図らずも出ちゃったのかもしれません。それはともかく、あれでスイッチは入りましたよね。でも、昔はロッキードにリクルート、東京佐川急便といった大事件では、野党の中にどこからともなくペーパーを手に入れてくる「爆弾男」が何人もいました。いろんな階層の人たちとネットワークを持っている怪しげな人がね。

鹿島 今回は“仕掛け人”の共産党・田村智子議員が目立っていて、それを野党みんなが「俺たちの手柄」みたいな感じでアピールしてますね。

地獄耳 それが野党統一の拍車になるなら結構なんですけどね。今の野党にスマートな議員はたくさんいるけれども、正直頭でっかちな印象は否めません。

鹿島 そんなとき、実際に会えば会うほど、半径5メートル以内の人を虜にしちゃう昭和自民党的な国会議員がまだいるとしたら、そちらの伝統のほうが勝っちゃいそうです。

地獄耳 私みたいにほとんどを褒めないで、噛みついてきた者からしても、自由民主党という政党自体がもっと大人の政党だったなと思いますね。五大派閥の弊害とかいろんなことを言われましたが、そこで1年生、2年生、3年生を教育し、徹底的に保守政治家として、与党政治家としての教育をやったものです。

■結婚&初入閣 進次郎節が消えた

鹿島 長らく自民党のプリンスと呼ばれ、2019年は結婚と初入閣を果たした小泉進次郎さんについてはどうですか?

地獄耳 環境大臣になって一番もったいないのは、進次郎節が消えたことですよ。小泉さんのいいところは、お父さんと同じで自民党批判をするところ。それが党内の人からも喜ばれていたわけでしょう。ところが、今では環境省の言いなりになっちゃった。

鹿島 「ネット圏外」でふわっとした民意を掴むのは抜群だった小泉さんも、環境大臣に就任して早々に「セクシー」発言や「小泉ポエム」が飛び出して、本当はどういう人か、可視化され始めてしまいましたね。

地獄耳 最初にガツンとやられて慎重になっているのかもしれませんが、もし進次郎節が封印されるなら、もう魅力はなくて普通の人になっちゃうわけです。

鹿島 進次郎さんって、2〜3日寝かせてから一番おいしいところで、今まで出ていない意見を言うところがありますよね。

地獄耳 そうなんですよ。政治家としては、ちょっとずるいところです。質問された時、瞬発的に大臣としてのコメントを出せないとやっぱりダメなんです。昔からロングインタビューを受けていないし、政策を語り切るまでの力がなかった。農政、震災復興、環境とやってきたけれど……。

鹿島 もうバレちゃったら、SNSでガンガン発信したらいいんじゃないかと思うんですけどね。いっそ妻の滝川クリステルさんのほうが政治家へ転身するということは……。

地獄耳 専門外だからよく分からないですけど、河井案里さんにならないでほしいと願うばかりですね。

■小沢一郎と中村喜四郎が知恵袋に?

鹿島 そうなってくると、自民党が大人の政党だったことを叩きこまれてよく知っている人って、政界には誰が残っているんでしょうか。

地獄耳 かつては、ベテランになればなるほど振る舞いが丁寧になってくるという自民党のすごみが確かにあったんですよ。細川政権や鳩山政権の時には自民党から飛び出した人たちがいっぱいいたので、かつての野党も「政権とは何か、与党とは何か」ということをよく知っていた。だけど今、自民党出身でそのことを分かっている人が野党全体にどれくらいいるだろうか……と考えると、結局小沢一郎さんと中村喜四郎さんかなと。

鹿島 逆に言えば、まだ小沢さんと中村喜四郎さんが知恵袋にならなくちゃいけないというのが、現状を見る思いですね。

地獄耳 ところが今ね、野党の中で中村喜四郎さんが脚光を浴びているのは、小沢さんみたいに自分を押し付けないからなんです。もちろん一度はゼネコン汚職事件で逮捕されて議員失職した人なので、政治的に特別なポジションを得ることはないかもしれないけれども、当選回数14回・無所属の中村喜四郎という男の生き方は一つのキーワードかもしれないですよ。遅咲きの昭和の政治家が平成の30年間沈黙を守って、ついに令和に目覚めたら、ひょっとして野党取りまとめの救世主になるとかね。寡黙な男が本当に怒っているというのは、説得力があるし。

鹿島 ああ、そうか。平成の間、雌伏して時を待っていたと思えばゾクゾクしますね。

地獄耳 こういう人って、なかなかいなかったんですよ。中村喜四郎は、かつて小沢一郎自民党幹事長時代の総務局長をやっていて、田中角栄の政治、田中角栄の選挙を学んだ。その後、2人は袂を分かち、接点はなくなったかに見え、今はまだちょっと距離があるようですけど、こういう政治のドロドロしたところを分かっている人たちが野党でタッグを組むと、だいぶ空気は変わるかもしれない。中村喜四郎は野党を「子ども」だと言っていましたけど、それを大人にしてくれるのは、もしかしたら彼自身なのかもしれません。

■「山本太郎現象」から、失われた自民党寄りの匂い

鹿島 中村喜四郎さんは全然メディアに出なかった人で、『 無敗の男 』と朝日新聞のインタビューくらいからでしたよね。自民党がどうやってダメになっていったか、そしていかに今の自民党に絶望しているかがものすごくよく分かる。僕は今年、「山本太郎現象」に、したたかさとフットワークの軽さ……ちょっと失われた自民党寄りの匂いを感じたんですが、地獄耳師匠はいかがですか。

地獄耳 なるほどね。タイプや時代は違うけど、田中角栄さんや竹下登さんは、とにかく一度会った人のことは忘れないんです。何でもかんでもよく覚えていて、「私のことだけでなく、娘の年や名前まで覚えていてくれた」と。それは虜になるじゃないですか。

 ネットだけじゃなくて、いろんな現場を見ていてつくづく感じたんですが、山本太郎さんはまず話術にとても長けていて、真夏の参院選で、都内の街頭演説に3000人を集めてしまう。彼はとにかく声を枯らして話しかけ、質問を投げかけることで、対話に持っていくんです。政治の世界では、対話集会や車座集会は少人数で膝をつきあわせてやるのがいいんだと言われるんですが、山本太郎は、数千人を相手に一人で立ち向かうんです。それでもみんな飽きないし、途中で帰らない。例えば小池百合子や小泉進次郎が来たといっても、対話集会にまで残っていこうと思う人はなかなかいないでしょ。今の政治家にとって、そう簡単にできることではないですよ。

鹿島 対話って、まさに半径5メートル、10メートルの人を虜にする方法なんじゃないかと思っていて。あと、山本太郎さんは政策のことを語られがちなんですが、参院選の前に、「もし安倍首相から『山本さんの政策を一部採り入れるから手を組もう』と誘われたらどうしますか」と聞かれて、「自民党が本気で減税すると言うならば、そちらに乗ります。何がなんでも野党陣営ということではない。我々の政策が実現できるなら、手をつなげるところとはつなぎますよ」(「AERA」2019年6月24日号)と言っていたのが、政局好きの僕としてはすごく面白くて。ちょっと炎上しかけてましたけど。

地獄耳 実は野党の国民も立憲も、れいわ新選組と同じようなことを言っているんです。でも、迫力と覚悟が違う。つまり、「こういう政策を持っているんです」というのと、「皆さん、話しましょうよ。あなたのSOSを受け止めますよ」という気迫の違いですね。おかしな話があります。ミカン箱の上に乗って演説するのがいいらしいと聞くと、「じゃあ、俺たちもそうしよう」といって与野党ともにミカン箱。ある大臣経験者の議員が、「それなら俺もミカン箱やろう。汚いから洗ってこい」と言ったというんです。

鹿島 マニュアル、象徴としてのミカン箱になっちゃったわけですね。それじゃあ響かない。

地獄耳 2019年が選民意識の年だったこととつながるのは、山本太郎さんは、誰からも見向きもされない、一生懸命SOSを出しているけど行政にも振り向いてもらえないという思いを持っている人に、「最後に手を差し伸べてくれるんじゃないか」と期待してもいいかもしれないと思わせる政治家なんでしょうね。

■2020年、激動の大政局 秋以降は「オリパラロス」に

鹿島 それでは、最後に2020年の展望について。地獄耳師匠は、どんな風に予測していますか?

地獄耳 2020年はオリンピックで華やかな話題も多そうですが、激動の大政局になると思っています。まず、トランプ大統領の再選があるかどうか。それによって日本の空気は大きく変わる。夏の都知事選も注目です。そして、オリンピックで世界中からインバウンドのお客さんがやってくると、日本のいいところより、どうも悪いところが目立ってくるんじゃないだろうかと。

鹿島 「日本スゴイ」が「日本スゴかった」状態に。2020年って、ずーっとオリンピックのことしか言われていないから、夢みたいなお祭り感は漂うと思うんですが、一方でどこかパッとしないまま終わったら、その後どうなるんだろうと……。安倍政権の政策も、憲法改正だけでなく、いろんなもののゴールを2020年に設定しています。おじさんたちの特徴として、一区切り、大団円を迎えたい気持ちがそうさせているのかもしれません。お祭りが終わってからの反動が心配ですね。

地獄耳 経済的な落ち込みと、精神的な「オリパラロス」が起こるかもしれません。そんなこと言っても、スポーツ新聞は日夜ありとあらゆるスポーツのことを書いているわけだし、今や日本人とスポーツは切っても切れないですけどね。

鹿島 そうですね。まずはオリンピックが始まれば、アスリートたちが素晴らしいから絶対に盛り上がる。その中で政界はどうなるか。例えば解散総選挙という可能性はありそうですか?

地獄耳 自民党の中には「今がチャンスだ」と言う人もいますけど、勝つか負けるかという意味では、与党を維持できるとは思いますよ。だけど、信頼関係がどんどん崩れていっている中で、令和という新しい時代を迎えたのに、なぜか閉塞感だけは続いている。この空気を国民自身が打破したくなるんじゃないか。つまり、安倍政権を倒せば打破できるという短絡的な話ではなくて、もっと冷静に、「この空気を変えるにはどうしたらいいか」というクールな世論が出てくる時期なのではないかと思います。

 さらに来年、もし安倍さんが辞めたとしますね。次の人はやっと総理大臣になれるわけですけど、7年間の尻ぬぐいは相当大変ですよ。

鹿島 ものすごい荷物を背負うということですよね。

地獄耳 つまり、安倍政治を継承するふりをして、安倍政治を否定していかなきゃいけない。オリンピックイヤーの2020年は、狂気とクールさが複雑に絡み合う年になりそうです。秋以降、国民とともに、総理自身も喪失感を抱えるかもしれません。これだけ長く続けていると、やる気がなくなった瞬間の「もういいや」が一瞬見えた段階で、真っ先に気が付くのは官僚でしょう。「この人についていっても、もういいことはなさそうだ」と。

鹿島 じゃあ、それぐらいの時期に捨てたはずの名簿が出てきたり。

地獄耳 過去を振り返ってみても、何でもかんでも後から出てくるんだから。

鹿島 自民党総裁任期の2021年9月末までやったとしても、そろそろ終わりが見えてくる。そんな時、誰かが何かをポッと出しちゃったりする2020年になるでしょうか。小さく見えて、実は小さくない反乱。そんなことが起きるかもしれないなと思います。

――2019年「今年の漢字」は、令和の「令」でした。早すぎる「2020年の漢字」予想をお願いします。

地獄耳 私は「乱」か「激」かな。うーん、「乱」にします。

鹿島 僕は……虚脱感と虚々実々の「虚」。なんか夢がないか(笑)。

( 【前編】「書いてるのは誰だ?」 日刊スポーツ「政界地獄耳」の“永田町読者率”が高い理由  から続く)
※この対談の『日刊スポーツ編』は、日刊スポーツのお正月紙面で掲載予定です。

写真=末永裕樹/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)