トリの嵐、MISIAを“限界突破”氷川きよしが猛追! 紅白「一番良かった歌手」緊急アンケート結果発表

トリの嵐、MISIAを“限界突破”氷川きよしが猛追! 紅白「一番良かった歌手」緊急アンケート結果発表

氷川きよし ©文藝春秋

 令和初となった第70回NHK紅白歌合戦。52組のアーティストたちによる年末恒例の祭典は、3年続けて白組の勝利で幕を閉じました。

 トリを含む見せ場の多い第2部(21時〜)の平均視聴率(関東地区)は37.3%と、1989年の2部制開始以降最低になったものの、Foorinの「パプリカ」にはじまり、AKB48の多国籍出演、初出場の竹内まりやと賑やかなステージが続きました。その後も、ラグビー日本代表に送った松任谷由実の「ノーサイド」、ド派手な「限界突破」パフォーマンスの氷川きよしと、紅白トリのMISIA、嵐に至るまで、まさに2019年の総決算となりました。

 そんな今回の紅白歌合戦、読者が「一番よかったと思う歌手」は誰なのでしょうか。今回のアンケートは、2019年12月31日から2020年1月5日までという短い投票期間にもかかわらず、17歳から88歳までの幅広い年齢層から総投票数3335票(男性約58%、女性約42%)が集まりました。さっそく上位20組の順位を見ていきましょう。

■朝ドラ主題歌から「AIひばり」までランクイン

 朝ドラ主題歌を見事に歌い上げた実力派から、ベテラン演歌勢、さらにはAI歌手まで、上位20組をカウントダウンしていきましょう。

19位 坂本冬美

「『祝い酒』が令和の幕開けの掉尾を飾るのにふさわしい曲でした」(男・66)

「キンプリとのコラボが良かったです」(女・33)

19位 AI美空ひばり

「まるで美空ひばりが今に蘇った様でとても感激しました。歌声は美空ひばりそのものでした。日本のAI技術の高さに誇りを持ちました」(男・75)

「SFファンにはたまらないディストピア感が良かった」(男・26)

18位 椎名林檎

「ほんもののアーティスト! 独創的でエンターテイメントの魅力もメッセージも素晴らしい」(男・57)

「衣装、演出ともに凝っていて一年の締め括りに相応しい」(女・28)

17位 島津亜矢

「中島みゆきさんの『糸』を素晴らしい歌声で、私の心に、どんどん入ってきて、とても沁み入りました」(女・73)

「圧倒的な歌唱力。次は、持ち歌を歌ってもらいたいです」(男・52)

16位 Superfly

「朝ドラで流れている曲の軽さとは違った本来のドラマティックな曲調を圧倒的歌唱力で歌い上げ、酔いしれた」(女・59)

「アカペラを交えて唄われ、胸の奥まで突き刺さる歌声で、とても痺れました」(男・43)

■アニソンクイーンも、俳優として活躍するあの人も

15位 Official髭男dism

 今年ヒットを連発した"ヒゲダン"ことOfficial髭男dismには、地元・島根からの熱い応援も。

「臆する事も無く、堂々と演奏している姿が格好良かった。曲も凄く良いし、ボーカルの声が希有。益々活躍して欲しい」(女・59)

「我が郷里山陰の星です。島根県民会館大ホールで歌うのが夢だったそうですが、ここまでになって……と我が事のように嬉しかったです」(女・49)

14位 YOSHIKI feat. KISS 

「X JAPAN」 のYOSHIKIと伝説のロックバンドKISSとの共演で話題となったYOSHIKI feat. KISSもランクイン。

「KISSというバンドはCMでしか見たことがないが、そんな世界的なバンドが紅白でパフォーマンスしてくれたことに敬意を表したい」(男・45)

「KISSの登場に驚くとともにその友情に感動しました。素晴らしいステージだった」(女・59)

13位 LiSA

 シリーズ累計2500万部超のヒット漫画『鬼滅の刃』のアニメ映像をバックに主題歌「紅蓮華」を熱唱したLiSA。多くのアニメソングを歌ってきた人気シンガーには、初出場ながらその堂々とした歌いぶりに票が集まりました。

「私を含めた大人はLiSAさんを知りませんでしたが、チビ達がほぼ歌えていたのが印象的でした」(男・42)

「初出場で堂々たる歌いっぷりが素敵だった」(女・28)

「バックスクリーンの『鬼滅の刃』とLiSAさんの圧倒的な歌唱力、歌詞の素晴らしさが相乗効果で震えるほどよかった」(女・63)

12位 石川さゆり

 2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』では明智光秀の母・牧役で出演するなど、いまだに新境地を探るベテランが12位にランクイン。時代を超えて歌われる「津軽海峡・冬景色」には、審査員を務めたノーベル化学賞受賞者の吉野彰さんのみならず、「この声を聞かないと年を越せない」というファンは多かったようです。

「紅白歌合戦にはばたばた騒ぐのではなく、じっくり聞きたい歌もある」(男・78)

「歌も上手いし綺麗だし、これぞ紅白といった感じ」(男・37)

「世代を超えて愛されている。石川さゆりを聞かないと年を越せないとしみじみ感じられる」(男・45)

11位 菅田将暉

 多くのCMにも出演し、2019年もドラマ『3年A組』(日テレ系)、映画『アルキメデスの大戦』(東宝)の主演など、幅広く活躍した菅田。その勢いそのままに、金髪に染め上げて米津玄師プロデュースの「まちがいさがし」を熱唱。その姿に、多くの読者も引きつけられたようです。

「80を過ぎた母も私も素直に歌っている彼に感動しました」(女・60)

「金髪の菅田将暉がやっぱりかっこいい! 釘付けになった」(女・38)

「こんなに米津玄師の曲がよいとは思わなかった」(男・69)

■初出場の竹内まりや、松田聖子もベストテン入り

10位 郷ひろみ

 出場回数32回の大ベテランは、オープニングから東京オリンピックを意識したド派手なパフォーマンスを披露。タイトなパンツを穿きこなして縦横無尽に、NHKホールを疾走する若々しさに票が集まりました。

「盛り上がる曲で大晦日にふさわしかった」(女・29)

「2020年のオリンピックを意識したオープニングにふさわしい演出の中で、躍動的に歌い踊りとても盛り上がりました。見ていてとても楽しかった」(女・68)

「いくつになってもパワフルで若々しくて素敵! と思える風貌。歌唱力も高いままキープしていて素敵」(女・25)

「高齢エンターテイナーとして、ちゃんとしている。若いヤツらの手本」(男・50)

9位 欅坂46

 2017年の紅白以来、2年ぶりのテレビ披露となった「不協和音」。2017年の紅白ではメンバー数人が過呼吸で倒れた「因縁」がありましたが、今回の圧巻のパフォーマンスに引き込まれた読者も多かった様子。本番後に倒れ込んだ平手友梨奈は抱えられて退場したものの、体調に問題はないと報じられています。

「素晴らしいパフォーマンスだった。特に平手友梨奈さんの『僕は嫌だ!』には鳥肌が立った」(男・55)

「毎回ドキドキ。終わった後の司会のウッチャンの顔も凄かった」(男・46)

「鬼気迫る感じでグッときた」(女・39)

「乃木坂とはいつのまにか全く違う路線でいつも圧倒される」(女・20)

8位 松任谷由実

 日本中が興奮した2019年のラグビーW杯の名場面を背景に、1984年発表の名曲「ノーサイド」を静かに歌ったユーミン。歌唱後に「トップリーグ見に行きます」と選手に語ったやりとりや、ゆずの「栄光の架橋」などのメドレーでも演奏を披露した夫・松任谷正隆との共演も印象的でした。

「ラグビーが盛り上がった年で年末にふさわしかった」(男・32)

「この曲が入ったアルバムをリアルタイムで聞いてた頃は、こんなにラグビーがメジャーになるとは……と当時を思い出しながらしんみりと感慨深かった」(女・58)

「日本ラグビーが活躍して、この曲が注目されてホントによかった」(女・64)

「驚きました。紅白の舞台で歌うなんて。『ノーサイド』、古い歌ながらとてもよかった」(男・78)

7位 松田聖子

 ハートのマークにデザインされた「Seiko」の文字をバックに、客席からの聖子コールにこたえながら往年の姿そのままにピンクのフリルを着こなすステージ。総合司会の内村光良も大絶賛しました。永遠のアイドルぶりに感動した声が多く寄せられています。

「懐かしのメドレーに感激。当時は聖子ちゃん派ではなかったけど、今ようやく聖子ちゃんの良さが分かります。本当に可愛い」(女・49)

「可愛いかったし懐かしくてとても癒されました。聖子さんは私の青春そのものなのでやはり見ていてとても幸せな気持ちになります」(女・52)

「往年のヒット曲をメドレーで聴けて満足感がある」(女・28)

「永遠のアイドルに癒されました」(男・56)

6位 竹内まりや

 昭和・平成・令和と、それぞれの時代でアルバムセールス1位を記録した竹内まりやだが、実は今回が紅白初出場。卒業式などで歌われる「いのちの歌」を披露しました。緑の森林から光の中へと大きく転換していく背景には、夫・山下達郎の写真が流れる場面も。今後は紅白の舞台で松任谷由実&正隆夫婦のような夫婦共演も見られるのでしょうか。

「今もヒットを飛ばす現役感がある堂々の歌声」(男・54)

「紅白には出ないものと思っていたので、凄く貴重な感じがしました。おめでたい気持ちも倍増です」(女・39)

「長年活躍してきて初登場。底力を感じた」(女・49)

「最近訃報が多く、亡くなった方のことをしみじみ思い出した」(男・55)

■ベテラン芸人もベスト5入り! 紅白トリ対決の勝敗は?

5位 ビートたけし

 ステージの上でぽつんとライトを背にして、何気ない衣装で涙をためながら歌う様子には、多くの読者から感動の声が寄せられました。かつての浅草の仲間に向けられたメッセージに、総合司会の内村光良も声を詰まらせながら「やばいです、この歌は」。芸人のみならず多くの人にとって、一年の最後を締めくくるのにふさわしい一曲となったようです。

「歌は上手さだけが大事なのではない、と改めて感じました。自分も夢を追っていた時期があったなぁ……と本当に沁みました」(女・49)

「たけしの原点を見た気がした」(男・57)

「そのへんのコンビニに出かけるようなラフな服装で、サラッと歌い上げていた。でも熱い想いが伝わって感動した。司会のウッチャンが、自分たちの経験に重ねて堪えていたのにも重ねて感動した」(女・29)

「歌手ではないけど、ビートたけしさんの歌声は惹き付けられるものを感じた。曲も自分の昔の仲間や浅草の街並みなどの思いが詰まっていて、新しい年が迫るのを感じながら、過ぎ去った昔を考える、大晦日らしいものだった」(女・34)

4位 Foorin

 史上最年少でレコード大賞を受賞したFoorinはトップバッターをつとめ、全身を使ったダンスで会場を引き付けて「パプリカ」を披露。英語版を歌うFoorin team Eとのコラボもあって、幅広い年齢層から支持を得ました。「親子で見た」という声も多く寄せられています。

「久しぶりにすべての世代の人が聞ける音楽だと思いました」(女・28)

「トップバッターでまだ子供が見る時間だったので、一緒に踊れてよかった」(女・35)

「テレビの前でチビ達が一緒に歌って踊っているのがとても可愛かったから。家族みんなで楽しめた」(男・42)

「パプリカのダンスが踊りたくなり、最高だった」(男・40)

3位 嵐

 2020年末での活動休止を発表している嵐。「NHK2020ソング」に決まった、米津玄師が手掛けた新曲「カイト」から、デビュー曲「A・RA・SHI」まで大トリにふさわしい活躍。櫻井翔の安定した司会ぶりに加え、他のメンバーも番組の随所に登場して盛り上げるなど、その存在感は際立っていました。

「誰でも知っている歌や歌手というのは、やはり力があるものだと改めて感じた」(女・55)

「ステージも豪華で米津玄師さんとのコラボも新鮮で良かった」(女・25)

「ダンスも歌も素晴らしい」(女・62)

「デビュー曲と最新の曲で勝負できるのがすごい」(女・29)

「ラストにふさわしかった」(男・40)

2位 MISIA

 紅組のトリとして、真っ赤なドレスで登場したのはMISIA。ステージの暗転をうけて一気に純白のドレスとレインボーフラッグの背景に変化。まばゆいばかりの光の中で「INTO THE LIGHT」を披露し、演出でも歌声でも魅了する圧倒的なパフォーマンスで多くの読者から票を集めました。

「歌唱力、パフォーマンス、すべて最高でした。レインボーフラッグも今のこの時代にあっている」(女・48)

「フィナーレにふさわしい演出や衣装だったし、歌声はいつもながらパワフルでNHKホールから飛び出るような伸びやかさ。キラキラしていた」(女・34)

「素晴らしい曲とコンサートを見ている様なステージ演出。感動的な歌詞と歌声が胸に響いた」(男・55)

「『歌』自体の素晴らしさを表現して聞かせてくれたことが嬉しかった」(女・29)

1位 氷川きよし

 紅白の着物姿で、2019年発表したデビュー20周年記念シングル「大丈夫」を披露したかと思えば、一転、タイトな黒一色のコスチュームに身を包み、金の竜に乗ってロック歌手さながらのヘッドバンギングを披露した氷川きよし。これまでの演歌のプリンスから「限界突破」したステージに、圧倒的な支持が寄せられました。

「新しい紅白のラスボスの誕生を感じたし、一皮むけたような表情だった。紅白らしい演芸っぽい演出も良かった」(女・44)

「演出が凄いにもかかわらず、またそれに負けない歌声だった。新しい氷川きよしを見れた気がした」(女・47)

「紅白の着物姿で、『大丈夫』を歌った後、ロック歌手の様な派手な衣装に早着替えされて、『限界突破×サバイバー』を激しくシャウト、ヘッドバンギングしながら歌い、演歌からロックまで上手で、演出の部分でも、真のエンターテイナーだと思った」(男・43)

「人間は何歳になっても自分の思う方向に進むことができると体現していて、勇気をもらった」(男・26)

「演歌の氷川くんは好きではありませんでしたが、イメージチェンジしたビジュアル系の彼はかっこよかった。ドラゴンに乗る姿は迫力がありました」(女・60)

「吹っ切れた様に見え、勢いのある歌と中性的なビジュアルが良かった」(女・37)

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

関連記事(外部サイト)