BBCドラマで初の日本人主人公に 俳優・平岳大が語る「欧米でアジア人が挑戦できる時代」

平岳大、BBCドラマ初の日本人主人公 『下町ロケット』大河ドラマ『真田丸』で活躍

記事まとめ

  • 平岳大が、NetflixとBBCの共同制作ドラマ 『Giri/Haji』 で、日本人として初主演する
  • 15歳のときから大学までアメリカ留学していた経験も生き、通訳なしでこなしたという
  • 平はこれまで『下町ロケット』、NHK大河『真田丸』、映画『検察側の罪人』などに出演

BBCドラマで初の日本人主人公に 俳優・平岳大が語る「欧米でアジア人が挑戦できる時代」

BBCドラマで初の日本人主人公に 俳優・平岳大が語る「欧米でアジア人が挑戦できる時代」

©深野未季/文藝春秋

「日本の俳優は危機感を持っていると思いますよ」?

 平岳大は2019年の暮れ、妻子と共にハワイに移住した。日本の事務所を辞めて、海外のエージェントと契約したわけは、日本でこのまま仕事をすることへの危機感を抱くと同時に、新天地での希望を見出したからだと言う。?

 平はこれまで、日曜劇場『下町ロケット』(15年)、大河ドラマ『真田丸』(16年)、映画『検察側の罪人』(18年)、舞台『スーパー歌舞伎 ワンピース』(16、17年)などスケールの大きい作品のバイプレイヤーとして活躍してきた。シニア層には、故・平幹二朗と佐久間良子という名優の血を引いているといえば、おぉ、と目を細めるかもしれない。?

 先天的な運にも後天的な実力にも恵まれた俳優に日本脱出を決意させたのは、NetflixとBBC?が共同制作したドラマ 『Giri/Haji』 (1月10日から配信)。このドラマの体験が、平にいったいどんな扉を開いたのか。?

BBCのドラマに日本人として初主演

――日本の芸能界への危機感とはどういうものですか。?

「日本の芸能界にいると、俳優はテレビ、映画、舞台……と同じルートをずっと回っている感じがするんです。最たるものがテレビ。あらかじめ決まったドラマ枠があり、そこを埋めるために毎クール、似たようなドラマを制作、放送しています。さらにその延長線上で、同じようなメンツで映画を作るようになって、映画とドラマの垣根がなくなってきた。

 俳優はそういった映画とドラマに出ながら、たまに実力や箔をつけるために舞台に出るみたいなルートが決められてしまっている。とりわけ若い俳優はそういう流れに乗るしかない。ところが、これまで仕事の中心にあったテレビドラマ(地上波)に徐々に配信ドラマがとって代わりはじめています」?

――BBCとNetflixが共同制作した配信ドラマ 『Giri/Haji』 がまさにそれですね。?

「地上波では不可能なクオリティーです。構想5年、スクリプト執筆に1年以上、キャスティングに4ヶ月かけて、撮影に8ヶ月、編集に6、7ヶ月もかけている。それだけ時間をかけただけあって内容が素晴らしく、僕もほんとうに演じる楽しみを経験できました。ジュリアン・ファリノ監督はナットクいくまで何度もテイクを重ねます。要するに忖度がない。テイク1とテイク2の何が違うかわからない、微妙な違いでも撮り直すので戸惑うほどでした(笑)。

 それでいて、向こうは労働組合がしっかりしているから、休みなしで撮影をし続けることはないんです。その日のスケジュールを絶対に撮りこぼさず、時間きっかりに終わる。土日は休み、撮影と撮影の間は最低何時間空けるという決まりもあってパフォーマンスに差し障りがありません。それも日本と大きな違いです」?

 内容のみならず制作体制にも平が魅了された『Giri/Haji』は、外国人が描いた日本とロンドンとを股にかけた現代の任侠もの。死んだと思っていた弟がロンドンで生きていた。平が演じる刑事・健三はヤクザの抗争に関わっているらしい弟の救済と事件の解決を目指して、ロンドンと東京を駆けずり回る。弟役に窪塚洋介、ヤクザの親分役に本木雅弘、娘役に新人・奥山葵と日本人キャストも多い。?

――BBCのドラマに日本人が主演することは快挙。どうやって主演に選ばれたのですか。?

「きっかけは、原田眞人監督の『関ヶ原』(17年)を、『ラストサムライ』(03年)などでキャスティング・ディレクターをやっている奈良橋陽子さんが観て、オーディションを勧めてくださったんです。テープオーディションのために自分で課題のシーンを演じたものを撮ってイギリスに送り、全部で4回くらいのやりとりを経て選んでもらいました」?

――決め手はなんだったと思いますか。?

「健三という役を演じるにあたり監督は『もっと疲れてほしい』としょっちゅう言っていて、僕の顔がひどく疲れた人物にピッタリだったんじゃないかと(笑)。このクマがはじめて役に立ちましたよ、というのは冗談ですが、イギリスは人間の内面を突き詰めていくようなダークな芝居が好きで、僕にそういう雰囲気を感じていただけたようです」?

――イギリスでは「繊細」と評価されていた演技も重要だったと思いますが、英語ができることも強みだったのでは??

「それもありますね。15歳のときから大学までアメリカ留学していた甲斐あって、監督とコミュニケーションをするとき、通訳を通さずに行うことができました。監督は細かいところにこだわりのある人でニュアンスを直接やりとりしたほうが良いですから。弟役の窪塚洋介さんなど日本人キャストの通訳をしたりすることもありました。

 もっと余裕があれば、台本の細かい部分も自分の分だけでなく窪塚さんの分までチェックできたんですけれど……。パート2ができたら、そこまでやってみたいです」?

――早くもパート2の可能性も??

「可能性はあると思います。続編ができそうな余韻のある終わり方なんですよ」?

今、ハリウッドでは、ブロンド、ブルーアイの俳優が売れない

――『Giri/Haji』で注目すべきは、冒頭30分、日本語の会話が続くこと。日本制作でなく、世界配信にもかかわらず、珍しいです。?

「世界配信作品にしては攻めていますよね。なぜ、そういうことが可能になったかというと、アジア及び日本が注目されているのだと思います。

 今、ハリウッドでは、ブロンド、ブルーアイの俳優が一番必要ないと思われていて、むしろ、アジア人の俳優が求められています。『クレイジー・リッチ!』(18年)はキャストの大半がアジア人ながら大ヒットしました。近年、日本で撮影する作品も増えていて、『Giri/Haji』のあと出演が決まった『G.I.ジョー』(09年)のスピンオフ『『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』』(2020年公開予定)も日本ロケがあります(この取材のときの髪型は『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』のためのもの)」?

――『Giri/Haji』も日本でロケをしていますね。?

「『Giri/Haji』の日本ロケは、いわゆるツーリストが喜ぶような場所を一切選んでいません。日本が舞台の海外作品に必ずといっていいほど出てくる渋谷のスクランブル交差点などといった場所はあえて外して、上野、八丁堀、代々木上原……日本の生活のリアリティーを感じる場所でちゃんと日本人を描こうとしているのを感じました。

 大きな事件を解決するカタルシスではなく、細かい人間関係を大事にしていて、僕が主役とはいえ、弟や娘との関係や、ゲイのロドニーとの関係などを深く描いた、スタイリッシュでありながらハートフルなドラマです」?

“義理”も“恥”も、どこの国にもあるもの

――タイトルの“義理”と“恥”とはまさに日本人のメンタリティー。外国人の作家が描く任侠的な世界には誤解はないものですか。?

「いわゆる、“ヤクザ”、“富士山”、“芸者”みたいなね(笑)。脚本家のジョー・バートンがこの物語を思いついたきっかけは、彼の昔の恋人が大学だか大学院だかに通っていたときに、かなり年をとった日本人の留学生がいて、誰ともコミュニケーションをとらず、それがすごく不思議だと。毎日、その奇妙な日本人の話を彼女がするものだから、ヤクザじゃないかと妄想が膨らんで……そこから『Giri/Haji』の構想が生まれたそうです。

 健三は“義理”と“恥”の間で揺れていて、父であり夫であり長男であり、それぞれ義務を果たそうとしますが、無理やりそれを行うことで恥の上塗りをしてしまう。そういう“義理”も“恥”も多かれ少なかれ、どこの国の方にもあるもので、ジャポニズムみたいなものにはなっていないと思います」?

――平さんは『スーパー歌舞伎 ワンピース』に出ていらっしゃいますけれど、外国の方はそういうものに興味を持ちませんか。?

「“歌舞伎”と“スーパー歌舞伎”は何が違うのか? と聞かれたことがあって、説明に困りました(笑)」?

――15歳でアメリカ留学されて、ブラウン大学、コロンビア大学大学院で理系の勉強をされていたそうですが、最初は俳優を目指していたわけではなかった??

「俳優になろうとは考えてなくて、周囲には医者か弁護士になると言っていました。そう言っておけば、みんな放っておいてくれる、それくらいの緩さでした(笑)」?

――英語はそこで実践形式で学んだ。?

「最初はちんぷんかんぷんでしたけれど、自分で選んで行ったから楽しかったですよ。アート系の学校がそばにある自由な環境も良かったです」?

――大学院を中退されて2002年、俳優として活動をはじめ、04年に、蜷川幸雄さんがイギリスでイギリス人俳優による『ハムレット』を演出したとき、唯一の日本人として参加されます。それが海外で仕事をする最初の経験になりますか。?

「まだ俳優活動を始めたばかりの頃で、蜷川さんになんでもいいからやらせてほしいと手紙を書いたら、劇中劇の王妃なら空いていると言われて飛びつきました。ロンドンのほかイギリス8ヶ所、3ヶ月かけてツアーで回りました。そのとき、劇中劇の王をやった俳優と、『Giri/Haji』のロドニー役の俳優が親友同士だったんですよ! 15年経ってつながるなんて感無量でした」?

「日本人はこうです」だなんて、僕らだって定義しきれない

――コラボレーションするにあたり、欧米人の日本に対する認識をどう思いますか。?

「特に思うことはない……んですよ。もちろん、日本には侍がいるんでしょ? と偏見で聞かれたら、いないよと言いますが(笑)。侍みたいな人ならいるじゃないですか。見た目じゃなくて精神が侍みたいな人は。それと同じで、日本人はこうですと当事者である僕らだって定義しきれない。

 忍者ものの『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』で描かれる日本はそれこそ誇張したカリカチュアライズされたものですが、エンターテインメントとして成立していれば気になりませんし。僕らが本当の織田信長を知らないのと同じですよね。

 以前、三谷幸喜さんが脚本を書いた大河ドラマ『真田丸』で僕が演じた武田勝頼は、それまではダメな人物という認識をされていましたが、三谷さんがそうじゃないふうに描いたら、喜ぶ人もたくさんいました。ちょっと誇張したりちょっと間違ったりしても対象にリスペクトがあればいいんじゃないかと思います」?

――最近、海外に出ていく日本人俳優が増えていますが、情報交換するなどの交流はありますか。?

「僕は海外志向をもった俳優たちと勉強会もしています。英語の勉強ではなく、英語で演技をする勉強です。英語がある程度話せる者たちが集まって、英語の台本で本読みをしています。そしてオーディションの話が来たらみんなで手伝い合うんです。オーディション用のテープを撮るために。相手役をやったり、芝居をお互いに見てああだこうだ意見を言い合ったりしています」?

――着実ですね。?

「生まれたばかりの子供と妻をつれて、十代の時のように漠然とした夢を追うほど馬鹿じゃないつもりで(笑)、『クレイジー・リッチ!』をはじめ、欧米で、アジア人が生きる場所が確実にできつつある今、そこに挑戦しない手はないだろうと思います。『Giri/Haji』と『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』を経て、自分が生きることのできる場所がこっちにあるんじゃないかという手応えを感じたからこそ、この運がどこまで続くか試してみたいんです」?

写真=深野未季/文藝春秋

(木俣 冬)

関連記事(外部サイト)