年間250泊する私が選んだ「本当によかったホテル&旅館50」(2019年5月〜8月編)

年間250泊する私が選んだ「本当によかったホテル&旅館50」(2019年5月〜8月編)

ホテル ブリランテ武蔵野(埼玉県さいたま市)

年間250泊する私が選んだ「本当によかったホテル&旅館50」(2019年1月〜4月編) から続く

 ホテル評論家として2019年の1年間でホテルに宿泊したのは約260泊。そのなかで本当に泊まってよかったといえるのはどこなのか――。

「 1月〜4月編 」、「5月〜8月編」、「 9月〜12月編 」と3回に分けてお届けするこの企画。5月〜8月編の今回、さっそく5月から始めよう。

■■05月01日(水) ホテル ブリランテ武蔵野(埼玉県さいたま市)

 東京近郊でホテルを探す場合、埼玉の京浜東北線沿線は注目だ。中でも浦和から大宮にはデラックスからビジネスまで多様なホテルがある。特にビルが林立するさいたま新都心は都市型眺望という点でも優れている。地下駐車場からエレベーターで直行できるロビーは広々と開放的で高級シティホテル然としている。

 質感の高い客室は落ち着いたインテリアも好印象。連動型コンセントの表示など細かい気遣いも光る。何より利用しやすい料金が嬉しい。

■■05月08日(水)大江戸温泉物語TAOYA志摩(三重県鳥羽市)

 旧タラサ志摩ホテル&リゾートが「大江戸温泉物語TAOYA志摩」へリブランド。大江戸温泉物語初のリゾートホテルタイプの施設、かつ新たに温泉施設も誕生したということで出向いてみた。隅々まで本当に工夫が光る。客室の大型エアコンや冷凍室もある冷蔵庫にウォーターサーバーは嬉しいアイテム。

 大浴場の前には無料の生ビールサーバーが。朝食にはフリーフローのスパークリングワインも。なんと夜食まで無料。これで1泊2食1万円台前半とは驚き。

■■05月09日(木)インフィニートホテル&スパ南紀白浜(和歌山県白浜町)

 南紀白浜の高台に位置し白浜を一望。オーシャンビュー・ラナイスイートにはプライベート露天風呂、大浴場はインフィニティ、いずれも上質な温泉の源泉掛け流しという贅沢さ。

 中でも源泉かけ流し展望風呂「昴」は、奥に海原の絵画が飾られているような荘厳かつ幻想的な雰囲気。レストランも多彩。特にオススメはプールサイドのガーデンレストラン ジョヴァンニ。小粋なイタリアンで南紀白浜ならではの旬のシーフードが満喫できる。

■■05月13日(月)ドーミーレジデンス市ヶ谷(東京都千代田区)

 ドーミーインなどを運営する「共立メンテナンス」初のサービスアパートメントが誕生したということで出向いてみた。家賃は1ヶ月35万円(初期費用なし管理費込み/1ヶ月〜(法令の関係で1ヶ月以内は不可))。

 約30uで賃貸マンションと考えれば高いが、朝食、家具家電付きルームクリーニング、光熱費込み、毎日ホテルに泊まる発想ならば1泊1万円ちょっと。朝食は1ヶ月のルーティンで、毎日別メニューとのこと。ただドーミーブランドにして大浴場やサウナがないのはちょっと残念。

■■05月24日(金)i+Land nagasaki(長崎県長崎市)

 長崎市街から近い伊王島の「i+Land nagasaki」(アイランドナガサキ)は2018年7月にリブランドオープン。GARDEN AREAの「NAGI HOTEL」へ。大きなデイベッドから海の眺望に癒やされる。ベッドリネン類も秀逸。

 海好き、温泉好きにたまらないリゾートホテル。島風の湯で夕陽色に染められた海原を愛で、宿泊棟のYUYU SPAではプライベート感高い温浴と欲張りなほっこりステイが実現できる。いずれも海を感じる少し濁った泉質がリアリティあり。

■■05月31日(金)TSUKI(東京都中央区)

 ホテルのテーマは「日本の美意識を知る滞在、日本通になれる体験。」。客室のミニバー無料に加え、今治産のタオルなどアメニティの質感が高く嬉しい。オーダーメイドのベッドは適度なホールド感が心地よい。

 青森檜葉浴槽の貸切風呂「Kasumi」と「Oboro」は風呂好きにはたまらない設備。「Sake-Bar TABLE TSUKI」では各地の日本酒と肴が楽しめる。築地といえば食文化の集積地ともいわれるが「刷毛じょうゆ 海苔弁 山登り」の朝食も印象的。

■■06月10日(月)アンダの森 伊豆いっぺき湖(静岡県伊東市)

 何度か訪問したことのあるリゾートホテルだったが、ブッフェレストランが進化したというので念のため再訪。以前と同じスペースに同じ什器でも、見せ方・照明・スタッフ動線などきちっと整えると、その変化はストレートにゲストへ伝わる。

 ただ料理や飲み物をピックアップし続けるのもブッフェだが、居心地よく演出された起承転結は、ホテルのアイディアと努力、現場スタッフのモチベーションが重なりなせる技だと改めて思う。進化を感じた一夜だった。

■■06月13日(木)新横浜プリンスホテル(神奈川県横浜市)

 首都圏にも多くの施設があるプリンスホテル。芝公園のパークタワーや高輪のさくらタワーのような“ザ・プリンス”や、新高輪や高輪のような“グランドプリンス”のハイクラスブランドをイメージするが、新宿、サンシャインシティ、川越そして新横浜といったいぶし銀のような存在感のプリンスホテルも好きだ。

 自身にとって書斎代わりでもあるホテル客室であるが、スカイビューダブルルームのL字型デスクに小躍り、チェアはアーム上下大幅可動であぐらもかけて素晴らしかった。

■■06月30日(日) ホテル ココ・グラン北千住(東京都足立区)

 ココ・グランブランド第1号の快適ホテル。ホテル ココ・グランの朝食は高崎が有料、上野・北千住は無料だが、ビジネスホテル界に無料朝食が数多ある中で、“無料とは思えない朝食ランキング”常に上位だ。

 麻婆豆腐、回鍋肉といった中華メニューから、揚げ物焼き物煮物定番メニュー、無料朝食ではなかなかお目にかかれない生卵(半熟卵もあり)にミニトマトもあるサラダ、極めつけは併設されているドンレミーのプリンまで。来る度にちょっとずつ進化が見られるのも嬉しい。

■■07月17日(水)グランディスタイル 沖縄読谷 ホテル&リゾート(沖縄県読谷村)

 沖縄に誕生した大人のリゾートホテル。“ナチュラル”“繊細”というワードを想起する。特色として挙げられるのが滞在スタイルの自由度。リゾートホテルはとかく決まりきった滞在になりがちだが、旅慣れた大人であれば自分流にアレンジしたいもの。

 男女それぞれが自分時間を過ごせるよう、書斎デスクやドレッサーが用意されている。書斎デスクはかなり本格的なもの、ドレッサーもデスクに使えそうなくらい余裕あるスペースだ。

■■07月29日(月)ホテルパセラリビング(東京都新宿区)

 以前から噂に聞いていた新しい宿泊特化型ホテルが開業ということで早速ゴー。東新宿駅エレベーター利用、出口から徒歩2分。明治通り沿い角地という立地にして1フロア1ルームというのは常識では考えられない。

 パセラを冠することからもわかるようにカラオケパセラの運営会社によるホテル。自宅のようなリビングがテーマ。キッチンで本格的な料理も楽しめる。広いテーブルに大座面チェア、65インチテレビ、100インチプロジェクター、冷蔵庫のドリンクは全て無料で安心感あり。

■■08月02日(金)ススキの原 一の湯の別館(神奈川県箱根町)

 外観、色使いなど、これまでの一の湯にはないポイントがたくさん。客室もこれまでの一の湯スタンダードからすると驚きだ。ソファとしての機能がうれしい大振りローベッドが設置され快適性向上、コンセントのポジションもよい。

 水回りが1箇所に集約され脱衣スペースにも余裕が。物を置きたいと思う場所にちゃんと棚があるというあたりにも、利用者目線の追求が光る。飲み放題付きはこちらの夕食でも実現。

■■08月05日(月)ホテルバリアンリゾート 新宿フォレスト店(東京都新宿区)

 JR新宿駅から徒歩約10分のレジャーホテル街に開業したバリリゾート風のホテルへ。コンセプトはズバリ“グランピング”。カップルズユースはもちろんだが、客室のダイニングテーブルなどを見るに、誕生日や記念日のパーティー、女子会等様々なシーンの利用ができそう。

 自然の雰囲気が演出された屋上ラウンジでは無料利用できる貸切露天風呂もある。大都会にいることを忘れさせてくれる空間演出は“アーバングランピングホテル”とも言えよう。

■■08月06日(火)羽田エクセルホテル東急(東京都大田区)

 第2ターミナルの羽田エクセルホテル東急へ。スーペリアコックピットルームが誕生したということで出向いてみた。4227号室のスーペリアコックピットルームには、ボーイング737-800型機を模したシミュレーターを設置。元機長をはじめインストラクターの指導による操縦体験が可能とのこと。5234号室のプレミアフライヤーズルームには、国際線で使用していたファーストクラスシートも設置。

 ランディングしてゆっくりボーディングブリッジに近づく機体や、次々とテイクオフしていく光跡は最高の夜景。

■■08月09日(金)ザ ブラッサム日比谷(東京都港区)

 JR九州ホテルズの新アッパーブランド“THE BLOSSOM”初となる「THE BLOSSOM HIBIYA」へ。那覇も博多も新宿も好印象のブラッサムブランドなだけに出向くことに。各所に九州が鏤められたホテル。

 九州フィーチャーはブラッサムホテルの十八番だ。客室の快適性はかなり高い。メインダイニングは「十十六(SOTOROKU)」。朝食もこちらで供される。これまた九州フィーチャーの大満足朝食だ。ホテルに囲まれた立地でどのような勝負になるのか興味深い。

■■08月20日(火)スターホテル横浜(神奈川県横浜市)

 横浜ステイで利用率の高いホテルへ。何よりリーズナブルな料金設定で気軽に利用できるのが嬉しい。山下公園前の一等地にして潮風感じる客室バルコニーからは、氷川丸にベイブリッジ、みなとみらいと圧巻の眺望。

 リニューアルされた客室はすこぶる快適だ。肘のないデスクチェアも個人的なツボ。ロケーションも秀逸で、隣にマクドナルドがあり、さらに隣はコンビニエンスストア。“自分に合うホテル”は大切だと改めて思う。

■■08月26日(月)ロッテシティホテル錦糸町(東京都墨田区)

 錦糸町駅至近の好立地ホテルは、東京スカイツリーの開業でも利用価値が高まった。客室ステイが長いと意外なストレス要因となるのが腰をかがめての冷蔵庫開閉。私独自の“ホテル評論家的チェックリスト”にもある冷蔵庫ポジション項目である。

 腰をかがめず取り出しできる位置を見たのは確かプリンスギャラリー以来だったか。ホテルのあるビルにはセブンイレブンにTSUTAYAにブックオフ。“揃った”ホテルステイにも嬉しいショップの数々。

写真=瀧澤信秋

【2019年9月〜12月編】「本当によかったホテル&旅館 ベスト50」 へ続く

※記載の情報は滞在時点でのものであり、最新情報等についてのアップデートは反映されていない。実際の利用等に際しては施設の公式サイトなどで情報を確認いただきたい。

年間250泊する私が選んだ「本当によかったホテル&旅館50」(2019年9月〜12月編) へ続く

(瀧澤 信秋)

関連記事(外部サイト)