2017 国内海外 推理小説十傑――ミステリーベスト10 海外編

2017 国内海外 推理小説十傑――ミステリーベスト10 海外編

2017 国内海外 推理小説十傑――ミステリーベスト10 海外編の画像

( 国内編 から続く)

 年末恒例の大アンケート企画。41回目の今年、国内では度肝を抜く「本格推理」の新人が、海外では「華文ミステリー」の新星が栄冠に輝いた。ベテランも大活躍の強力ランキング!

◆◆◆

 投票の対象は発行日が2016年11月1日から2017年10月31日までの本です。1位は5点、以下、4点、3点、2点、1点として集計しました。海外部門の投票数は162でした。

アンケートにご回答頂いたのは全国の日本推理作家協会会員及びミステリー作家、文芸評論家、書店員、翻訳家、各大学ミステリー研究会他の皆様です。

〈国内部門〉

1.『13・67』(陳浩基 著)文藝春秋   212 

2.『フロスト始末 上下』(R・D・ウィングフィールド 著)創元推理文庫   152

3.『湖畔荘 上下』(ケイト・モートン 著)東京創元社   133

4.『東の果て、夜へ』(ビル・ビバリー 著)ハヤカワ文庫   129

5.『その犬の歩むところ』(ボストン・テラン 著)文春文庫  69

6.『晩夏の墜落』(ノア・ホーリー 著)ハヤカワ・ポケット・ミステリ   53

7.『湖の男』(アーナルデュル・インドリダソン 著)東京創元社  51 

8.『コードネーム・ヴェリティ』(エリザベス・ウェイン著)創元推理文庫   46

9.『紙片は告発する』(D・M・ディヴァイン 著)創元推理文庫   44

10.『シンパサイザー』(ヴィエト・タン・ウェン 著)早川書房   43

■1. 『13・67』 

香港社会の混乱と矛盾をありのままに活写した
緻密にして大胆な本格推理

 香港警察の伝説の名刑事クワンが活躍する事件簿で、2013年から、反英暴動が勃発した1967年へと遡る「逆年代記」の形をとる。

 愛弟子ローの助けを借りて末期癌のクワンがYESとNOの意思表示で殺人事件を解決する「黒と白のあいだの真実」、アイドルの殺人事件がやくざ組織の対立を浮き彫りにする「任侠のジレンマ」、凶悪犯の脱走と消失を追及する「クワンのいちばん長い日」、警察の監視下、多数の死者が出た銃撃戦の真相に迫る「テミスの天秤」、誘拐事件の真実を解きあかす「借りた場所に」、そしてテロ阻止に奔走する「借りた時間に」の6篇による連作である。

 台北国際ブックフェア賞など複数の文学賞を受賞。世界12カ国から翻訳のオファーを受け、ウォン・カーウァイ監督が映画化権を獲得した超話題作。

▼ここが魅力!

法月綸太郎「トリッキーな連作パズラー。2013年から1967年へ歴史をさかのぼる逆年代記形式が、最高の効果を上げている」

千街晶之「時代の激動と、普遍にして不変の警察官としての正義。社会派と本格ミステリーの稀有な融合」

大谷大学推理小説研究会「連作短編はどれも個性的で秀逸。香港産ミステリの圧倒的な存在感を見せつけた傑作」

立原透耶「社会的な問題と主人公の人生をおりまぜながら語られる骨太のミステリ」

小川誠一(マルサン書店仲見世店)「見事につながる短編の連続にシビレた。この作品でミステリー小説の進化は更に加速した」

宇田川拓也(ときわ書房本店)「本作を超える傑作には当分出会える気がしない。文句なしの1位」

■海外部門 第1位 著者に聞く――陳浩基

「ミステリー先進国」日本の諸作品から多くを学んだ

 今回の嬉しい知らせをいただいた時、私はシンガポール・ライターズ・フェスティバルに参加していました。その日はイギリスや地元シンガポールの著名なミステリー作家たちと、アジアとヨーロッパにおけるミステリーの作風の違いをテーマにディスカッションを行いました。仮に英国をヨーロッパにおけるミステリーの中心地とすれば、アジアの中心は日本ということになるでしょう。『シャーロック・ホームズの冒険』をきっかけにミステリーファンとなった私ですが、ミステリーを学ぶお手本とする対象は日本の諸作品でした。今日、私たちは翻訳を通じて様々な国の優れた作品を読み、イギリスや日本といった「先進国」の先達たちがあみだした創作技法を吸収することができます。

 拙作が日本語に翻訳され、日本の読者に読まれることは望外の喜びです。皆さん、香港発の華文ミステリーを手に取っていただき本当にありがとうございます。

■2.『フロスト始末 上下』

さよなら、フロスト警部。
超人気警察小説シリーズが作者逝去により閉幕

 慢性的に人手不足のデントン署では次々に仕事に追われる。大雨の森の中で人間の足首が見つかったというから、フロスト警部が出かけ、ビニール袋にいれて足首をもちかえると、今度は15歳の少女の強姦事件が待ちかまえている。そればかりではなく、別の少女の行方不明事件、そしてスーパー脅迫事件も起きて休む暇がなかった。

 そのうえに頭の痛い問題があった。デントン署に着任したばかりの厭味なスキナー主任警部とマレット署長が組んで、フロストをよその署に強制異動させるべく企んでいたのだ。しかも雲行き怪しく、フロストは絶体絶命の窮地にたたされてしまう。史上最大のピンチをどう切り抜ける?

 ベストテン常連の超人気警察小説シリーズ第6作。作者の逝去によりこれが最終作。

▼ここが魅力!

河内郁夫(大垣書店)「これで読みおさめ。笑えるミステリーシリーズ。今回も問題続出ですが、最終的には解決?!」

倉知淳「フロスト警部の活躍もこれで最後、というしんみりした気分など吹き飛ばす、いつもの勢いとパワーとお下品ギャグの連発」

土屋賢二「緊張感を出すには殺人の凄惨さが必要だ。暗さを逃れるにはユーモアが欲しい。絶妙のバランスを保っているこのシリーズの最終作も期待を裏切らない」

矢口誠「頭から尻尾まで、最高の面白さがぎっしりとつまっている」

森英俊「シリーズの掉尾を飾るのにふさわしい傑作。これほど絶体絶命に追い込まれたフロストも過去にはない」

郷原宏「長らく楽しませてもらった。作者のご冥福を祈る」

■3.『湖畔荘 上下』

70年前の幼児失踪事件。
迷宮入り事件が謹慎中の女性刑事を引き寄せた――

 1933年、イギリスのコーンウォール地方のエダヴェイン家の屋敷「湖畔荘」で、ミッドサマー・パーティー中に事件が起きる。1歳になる当家の男児セオドアが育児室から忽然と姿を消したのだ。警察の必死の捜索にもかかわらず子供の行方はわからず、事件は迷宮入りとなる。

 2003年、ロンドン警視庁の女性刑事セイディは、母親が子供を放置した事件の扱いをめぐって上層部と激突し、コーンウォールで謹慎の日々を過ごしていた。ランニング中に打ち捨てられた屋敷(湖畔荘)を見つけ、未解決の赤ん坊行方不明事件を知る。一体何があったのか。セイディは興味を抱き、70年前の事件をひとり探り始める。

『忘れられた花園』『秘密』など、読者を物語の迷宮に誘う稀代の語り部の最新作。

▼ここが魅力!

三津田信三「とっつき難い構成と多視点描写なのに、ぐいぐい読ませる。プロットの面白さは当代随一である」

深緑野分「抱えるものが異なる3人の女性と3つの時間軸が最後に太い1本の糸となり、高揚と美しさに満ちた光景を見せてくれる」

臼井二郎「1930年代に生きる英国一家の多幸感溢れる日常描写が素晴らしい。そこから一転、スリリングな展開は物語の楽しみに満ちている」

黄木宣夫(Vidaway)「複雑な長大作だが、最後はきっちり収めてくれる。読み応え抜群である」

川出正樹「厳しくも優しく、残酷なれどユーモアと明るさを失わない豊穣な物語であると同時に、複雑精緻な謎解きミステリ。溜息と共に巻を擱(お)く。これぞ読書の愉悦」

■4.『東の果て、夜へ』

 15歳の黒人少年イーストは、組織のボスの命令で、仲間3人と共にロサンジェルスから2千マイル離れたウィスコンシンに向かうことになる。裁判の証人を殺すためだ。

 だが、そこまで車で行かねばならず、仲間との相性も悪かった。刹那的な欲望に身をまかす元学生のマイケル(20歳)、コンピュータオタクでデブのウォルター(17歳)、そして不仲である殺し屋の弟タイ(13歳)。それぞれ互いに譲らぬものをもち、ついに激突してしまう。

 ロード・ノヴェルにして犯罪小説。デビュー作なのに英国推理作家協会賞最優秀長篇賞と同最優秀新人賞を同時受賞。全英図書賞やLAタイムズ文学賞にも輝いた傑作。

▼ここが魅力!

矢部潤子(honto書店)「暗く塞がった境遇のなか、懸命に生きる少年の孤独と潔さにうるっとくる」

間室道子(代官山 蔦屋書店)「胸のつぶれる物語なのにとてつもなく面白い仕上がり」

坂井絵里(今野書店)「邦題もしみるほど美しい」

ワセダミステリクラブ「犯罪小説とロードノベルを見事に融合させ、不思議な静けさを醸しだしている」

青崎有吾「読み終えてから慟哭したくなるような1冊」

式田ティエン「圧倒的なことは起こらないんですが、圧倒的な作品です」

■5.『その犬の歩むところ』

 暴風雨のある夜、ケンタッキーの裏道で、イラクから帰還した元アメリカ海兵隊員ディーン・ヒコックが、傷だらけの犬を見つける。ディーン自身、分隊ただひとりの生き残りで、心に深い傷をおい、目的を失っていた。そんな彼にとって犬との出会いは偶然ではなかった。それは詩のような運命のなせる業で、ヒコックが犬の命を救い、犬もまた彼の命を救ってくれた。

 犬の名前はギヴ。ギヴはアメリカ中を旅して、様々な人々に何ものかを与え、またギヴ自身も何ものかを与えられた。こうして存在そのものが生み出す奇蹟が語られる。

『神は銃弾』『音もなく少女は』の鬼才による数奇な運命の犬の物語。

▼ここが魅力!

栗木さつき「アメリカ近代史のうねりを〈犬〉を通して描く一大サーガ。渾身の1冊」

関口晴生(トーハン)「今後アメリカの、世界の悲痛な出来事を聞くたび、この本とギヴのことを思い出すでしょう」

霞流一「天国に行った飼い犬とビールの泡を分け合った思い出がよみがえり、涙してしまいました。夜空の向こうにいる飼い犬に読み聞かせたい」

松本大介(さわや書店フェザン店)「朴訥と語るような文体に、感情が揺さぶられる」

天羽沙夜「ストーリーテラーとしてのボストン・テランの実力が光る名作」

■6.『晩夏の墜落』

 晩夏の海にプライベートジェット機が墜落する。離陸からわずか18分。救難信号や警報を発した記録もなく、墜落の原因は特定できない状況だった。

 乗っていたのはニュース専門局をもつメディア王の家族以下11人で、助かったのはたまたま乗り合わせた画家のスコットとメディア王の4歳の息子のみ。飛行機には訴追直前の富豪も乗り合わせており、陰謀論がとびかい、スコットにも矛先が向かう。墜落の原因は何なのか。過熱するニュースショーとともに死者たちの人生が振り返られる。

“墜落前”(原題)の人生模様を丹念に追求する群像劇。アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作。

▼ここが魅力!

川野京輔「さすが人気テレビ脚本家。最後まで引っ張り読み続けさせるストーリーテラーぶりに感服」

穂井田直美「要人を乗せた飛行機の墜落というセンセーショナルな事件の波紋を、広く丹念に描いた作品」

安達瑶「事故の原因究明が、そのまま複数の人物の心理に分け入っていく構成がスリリング。内面の省察が凄いです」

芹澤恵「ひとつの出来事に関係した幾人ものそれまでが語られることで、真相が少しずつ見えてくるところが魅力的」

後藤均「フェイクニュースの時代を象徴する傑作」

■7.『湖の男』

 アイスランドのレイキャヴィク近郊の湖の底から白骨死体が見つかる。頭蓋骨には穴があき、体にはソ連製の盗聴器が結び付けられていた。

 レイキャヴィク警察犯罪捜査官エーレンデュルは行方不明者を洗い、30年前に消えた農業機械のセールスマンにいきあたる。だが男は偽名を用い、記録は一切なかった。

 事件の推移を見守りながら、1人の男が1950年代の社会主義国家での青春時代を振り返る。男は何者で、事件とどう関わるのか。

『湿地』『緑衣の女』『声』に続く犯罪捜査官エーレンデュルシリーズの第4弾。ヨーロッパミステリ大賞とバリー賞受賞作。

▼ここが魅力!

堂場瞬一「アイスランドの小さな事件が、戦後ヨーロッパ史の暗部に結びつく。スケールの大きさも相まって、このシリーズの最高傑作」

三浦天紗子「人の運命を翻弄したのが愛や家族といった事情ではなく、国家や時代というところにやりきれなさが」

仁賀克雄「巨匠らしい重厚な大作。東西冷戦当時の共産社会への憧れと失望が背景としてよく描かれている」

深水黎一郎「暗さや息苦しさがクセになる。事件そのものは地味だが、筆力があるので一気読み(徹夜)できました」

■8.『コードネーム・ヴェリティ』

 第2次世界大戦時の1943年11月、イギリス特殊作戦執行部の女性部員「わたし」はナチス占領下のフランスで捕虜となる。彼女は尋問をやめる代わりに、イギリスに関わる様々な秘密情報を手記にするよう命じられる。

 インクと紙と2週間という時間を与えられた彼女は、親友の女性飛行士マディことマーガレット・ブロダットの足跡や彼女との出会い、共にフランス潜入計画に加わるまでの過程を小説のような筆致で綴っていくが……。

 ヒロインたちの青春劇を清々しい筆致で描くとともに、巧緻なプロットで読者を唸らせる戦争冒険ミステリー。

▼ここが魅力!

香山二三郎「諜報部員と飛行士と、女同士の熱い絆に落涙。巧みな構成にも感動必至」

緒川怜「女性同士の友情がみずみずしいタッチで描かれる第一部の手記が秀逸。手記にちりばめられた謎は最終的にすべて鮮やかに回収される」

坂木司「戦争に巻き込まれた二人の少女の物語。飛行機乗りの少女。草原を駆ける自転車。謎の手記。今年はこれ一冊で満足です」

■9.『紙片は告発する』

 発展著しいスコットランドの町キルクラノンは新町長の選出をめぐって揺れていた。その有力候補の娘ルース・エルダーは町政庁舎で働くタイピスト。彼女は父からも馬鹿にされる不出来な娘だったが、町書記官の部屋であるメモを発見、それは誰かの不正を告発するものだと周囲に洩らす。

 ルースはそれを姉マーガレットの元カレ、警察署のヘミングス警部補に会って伝えようとするが、自宅で殺されてしまう。町書記官と不倫中の副書記官ジェニファー・エインズレイはメモによる不倫の露見を恐れていたが……。

 人物描写も光る英国屈指のフーダニット・ミステリー。

▼ここが魅力!

小島正樹「悪意と善意を持つ“どこにでもいそうな”人達。堅牢で礼儀正しいミステリー」

朱鷺野耕一「結末を読んでから、思わず伏線を確認しなおした。人を丁寧に描き、物語を堅実に展開するこの生真面目さこそ賞賛に値する」

相川司「派手さはないが、恐喝などの社会的テーマと犯人探しが見事に融合した佳作」

青山栄「濃く入れた紅茶と合う、いかにもイギリス作家らしい味の本格ミステリ」

■10.『シンパサイザー』

 ヴェトナム戦争末期の1975年、「私」こと「大尉」は南ヴェトナム秘密警察長官の「将軍」の右腕として暗躍していたが、実は北のスパイだった。程なくサイゴンが陥落、彼も将軍とともにアメリカに逃れ、難民生活が始まる。

 だが大尉は将軍のその後の動向もヴェトナムにいる管理者に密かに報告していた。彼はかつて留学していた大学の事務職となり、年上の日系人女性の恋人も出来、ヴェトナム戦争映画の製作にも関わるが、やがて将軍の反攻計画に巻き込まれていく。

 ピュリッツァー賞等、数々の賞に輝いたヴェトナム系米国人作家の驚異のデビュー作。

▼ここが魅力!

小山正「シリアスな謀略小説でありながら、随所にユーモラスな味わいも」

難波弘之「スパイ小説と呼ぶには重過ぎるテーマなのに、エンターテインメントにもなっている奇跡のような作品」

筑波大学ミステリー研究会「絶えず周囲に向けられた目が最後に自分自身に向けられるのが上手い」

加賀山卓朗「幼なじみのヴェトナム人三人が戦争に翻弄されて別々の道を歩むというそれだけで、ぐっと来る」

■こちらもぜひ 海外編

『 ファインダーズ・キーパーズ 』S・キング「アメリカ文学・少年・光と闇――これまでキングが描写してきたテーマが絡み合いながら変奏曲を歌う。ただのミステリーなら、キングが書く意味などない」(中山七里)

『 雪と毒杯 』E・ピーターズ「雪の山荘ものの本格ミステリ、かつコージーな側面もある一冊。大きなトリックが二つも使われ、設定も話の運び方も名人芸」(北海道大学推理小説研究会)

『 氷結 』B・ミニエ「冬のピレネー山脈という舞台がなかなかよい。謎そのものもよいが、主人公の造形や雰囲気づくりもうまく、今後に期待大」(田中芳樹)

『 青鉛筆の女 』G・マカルパイン「移民国家アメリカの歴史上の〈分断〉をきわめて実験的に描く。私立探偵サム・スミダらの人生に思いを致し、目頭が熱くなった」(佳多山大地)

『 月明かりの男 』H・マクロイ「冒頭から読む者を捉えて離さない緻密な描写、幾重にもつらなる物語の深み。謎解きの醍醐味を余すことなく伝える名著」(羽生田亜紀 平安堂書籍事業部)

『 ゴーストマン 消滅遊戯 』R・ホッブズ「二十代で夭折した作家に哀悼の意を込めて。ラストシーンにシビレる」(福田和代)

◆◆◆

今年の海外ミステリー

『13・67』が一位に選ばれたのはネタ(安楽椅子・密室・消失・誘拐など)がぎっしり詰まっているからだろう。トリッキーな設定と緻密なロジックだけでなく、ツイストとどんでん返しにみちた活劇小説の面白さもあるし、最後の短篇を読むと冒頭に戻りたくなる仕掛けもたまらない。年間ベストではなくオールタイム・ベストの傑作。

 複数の事件が同時進行するモジュラー型捜査小説の2、物語の迷宮ともいうべき3、社会派ミステリの7の作家はベストテンの常連であるが、1にはない深い人間ドラマがある(下品なフロスト警部ものにも)。

 逆に常連のM・コナリー(『ブラックボックス』)とJ・カーリイ(『キリング・ゲーム』)の佳作が圏外で、ディーヴァーが13位、キングが14位と低いのは、それだけ今年が豊作だったこともある。

 特にデビュー作なのにCWA賞最優秀新人賞&ゴールドダガー賞を受賞した4はロードノヴェル&犯罪小説&成長小説、暴力の詩人テランの5は箴言にみちた冒険小説で、実に懐が深く読ませる。この二作がベスト1と2でも驚かない。

海外部門11〜20位

11.『黒い睡蓮』ミシェル・ビュッシ 集英社文庫

12.『約束』ロバート・クレイス 創元推理文庫

13.『スティール・キス』ジェフリー・ディーヴァー 文藝春秋

14.『ファインダーズ・キーパーズ 上下』スティーヴン・キング 文藝春秋

15.『ゴーストマン 消滅遊戯』ロジャー・ホッブズ 文藝春秋

16.『怒り 上下』ジグムント・ミウォシェフスキ 小学館文庫

17.『ジャック・グラス伝 宇宙的殺人者』アダム・ロバーツ 早川書房

18.『雪と毒杯』エリス・ピーターズ 創元推理文庫

18.『青鉛筆の女』ゴードン・マカルパイン 創元推理文庫

20.『渇きと偽り』ジェイン・ハーパー 早川書房

 ただ近年の読者の傾向として、ミステリとしての仕掛けとひねりにみちたプロットが愛されることは1以外にも、語りを重層させる8と18(『青鉛筆の女』)、叙述トリックがさえている11をみればわかる。一方、体が痺れるような活劇小説の最高峰、M・グリーニー『暗殺者の飛躍』やL・チャイルド『ネバー・ゴー・バック』等がもう一つ人気がないのが寂しい。(池上冬樹)

(「週刊文春」編集部)

関連記事(外部サイト)