スカーレット胸キュンの神回 林遣都に大胆告白の女優・福田麻由子「舞台袖の涙」

スカーレット胸キュンの神回 林遣都に大胆告白の女優・福田麻由子「舞台袖の涙」

福田麻由子 ©時事通信社

 戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説「スカーレット」が後半に入り、新たな盛り上がりをみせている。
?
 滋賀県の信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとなる川原喜美子(戸田)の人生を描く本作。喜美子の妹で三女・百合子を演じている若手女優・福田麻由子(25)の素朴で大胆な演技が話題となっているのだ。

■「ウチ人口増大に貢献してもええよ。家庭を築いてもええよ」

 福田の“神回”は1月11日放送の第84回。喜美子の同級生で町役場に勤める林遣都演じる大野信作と百合子は、煮え切らない関係が続いていた。2人が信作の上司と居酒屋で飲んでいるときに、上司が「(過疎で町が合併したら)役場のおまえの椅子もなくなるで。もっと若いお前が危機感持て」と町の人口減少の危機的状況を話す。

 直後、百合子と2人きりになった信作は少し投げやりに「どないせいっちゅうねん」「(解決策は)人口増やす。家庭を築くんや。一緒に築くか?」と冗談交じりに百合子に聞く。すると百合子は「ウチ人口増大に貢献してもええよ。家庭を築いてもええよ。結婚前提にお付き合いする?」と、驚く信作にほほ笑みながら逆プロポーズ。百合子の逆プロポーズは成功し、信作と百合子の交際が始まったのだった。

「福田さんは、朝ドラは今回が初出演。百合子役はオーディションなしで決まったそうです。勉強熱心でまだ子役が百合子を演じている時期にもスタジオに見学に来て、家族のシーンを見ていました。同じ事務所の先輩にあたる戸田とは、ほぼ初共演で緊張していましたが、戸田は実の妹と福田が同い年ということもあり、演技や関西弁のアドバイスをするなど、本当の妹のように可愛がっています」(NHK関係者)

■4歳のときCMで芸能界デビュー

 あどけない雰囲気の福田だが、実は20年前から子役として活躍する“ベテラン女優”。芸能界デビューは東京児童劇団に所属していた4歳のとき。「ケンタッキーフライドチキン」のCM出演がきっかけだった。2000年に広末涼子・堂本剛の主演ドラマ「Summer Snow」(TBS系)でドラマ初出演。04年の映画「下妻物語」、05年のドラマ「女王の教室」(日本テレビ系)にも出演している。

?

 福田は11歳にして初舞台を踏んでいる(2006年7〜8月)。しかも初主演。その舞台「雨と夢のあとに」の演出と脚本を務めた劇作家の成井豊氏(元「演劇集団キャラメルボックス」代表)は当時をこう振り返る。

■子役だからこその“悔し涙”

「麻由子ちゃんは誰よりも負けず嫌いでした。彼女は、体の心配をするお母さんの反対を押し切って出演してくれました。劇団の舞台は役者同士で話し合いながら脚本を作るんですけど、11歳なのに彼女は臆することなく意見を言うんです。それも自分の役だけではなく脚本全体を見て、『このシーンのセリフはこうしたほうがいいんじゃないですか』と言う。当時から役を俯瞰で見られる子でした。初舞台だったので、最初は声が出なくて心配しましたが、彼女は稽古前に30分早く来て発声練習をして、たった4週間の稽古で舞台の隅々まで届く大きな声を出せるようになりました」

 本来、3週間に及ぶ舞台であれば、子役の体力を考慮してダブルキャストにするケースが多いというが、福田は一人で全43ステージをやり遂げた。一方で、悔し涙を見せるこんな一幕もあった。

「僕は、彼女には子役ではなく大人の役者として接していましたが、小学生は午後9時以降の仕事はできません。昼の部は大丈夫だったのですが、夜の部は終演時間が午後9時直前になるので、彼女はヒロインなのにカーテンコールに出られなかった。可哀想でした。本人もとても悔しがっていて、舞台袖で泣いていたそうです」(同前)

■女優魂を見せた、セミヌードと肉体労働

 子役時代を支えた母親について、福田の実家の近隣住民がこう話す。

「子供の頃からお母さんが仕事場へ付き添って二人三脚で頑張っていました。麻由子ちゃんはお母さん似。美人親子なんですよ」

 中高時代も女優と学業の二足のわらじを続けた福田だが、立教大学への進学を機に一人暮らしを始めた。


?「『映画やドラマの現場だけではなく、日常の世界も見たい』と、学生時代は冷凍荷物の仕分け、倉庫の検品作業など肉体労働のアルバイトで貴重な経験を積み、『やはり自分には芝居しかない』と再認識したそうです。女優業への覚悟は相当なもので、18歳のときに出演した日仏合作映画『FLARE〜フレア〜』(2014年)では髪でバストを隠したセミヌードにも挑戦していました。

 “子役は大成しない”などとよく言われますが、彼女は10代の役なら10代の演技、20代の役なら20代の演技ができる実力がある。現在、福田が契約している大型CMはなく、朝ドラ出演で評判と知名度も上がり、今後は争奪戦となる可能性が高いでしょう」(芸能プロ関係者)

 娘の活躍について、実家の母親にも話を聞いたが、

「うちは(娘が)子役の頃から、両親は一切前に出ないと決めております。(元ミュージシャンだった)父親ももう一般人ですので」

 福田とよく似た和風美人の母親は、感じの良い笑顔でそう話してくれた。

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

関連記事(外部サイト)