試合中に帰宅したことも……“激情の人”高木守道の「頑固もの」伝説

試合中に帰宅したことも……“激情の人”高木守道の「頑固もの」伝説

中日で通算2度のリーグ優勝を経験 ©文藝春秋

 元中日監督の高木守道さん(享年78)が1月17日、急性心不全で亡くなった。

 高木さんで印象に残るのは、やはり1994年に巨人と最終戦で優勝を争った「10・8決戦」の話だ。

 高木さんはこの年の8月に、シーズン後の監督解任を通告されている。

「そりゃあカッとしました。まだ巻き返すチャンスはあったのに、何でこんな時期にってね」

 後任に故星野仙一さんが内定したのが理由だった。それまで神頼み、仏頼みなどしたことなかったのに、その日から本拠地の試合では、自宅を出る前に仏壇に手を合わせるのが日課になったという話をしていた。

「今日も一日、いい加減なことをしないように親父、お袋、見守っていてくれ!」

 手を合わせた高木さんは、毎日そう念じていたという。

「むっつり右門」と呼ばれた無口で地味な印象とは裏腹に、実は激情の人である。

 現役時代には理不尽に監督に詰(なじ)られたことに激怒し、試合中に家に帰ってしまったことがある。ヘッドコーチを務めた徳武定祐さんによると、コーチ会議で何が気に入らなかったのか、「今日は何もせん」と宣言。ベンチに座るとサインも出さず、選手交代も一切しないこともあったという。

 ただ94年だけは、毎日、仏壇に手を合わせて感情を押し殺し、チームをV字回復させて「決戦」へと導いた。結果的に優勝は逃したが、シーズン後には球団が頭を下げて続投が決まった。しかし翌年に再び成績が急降下すると、今度はシーズン途中に高木さんの方から辞任している。

■「10・8決戦」で守道さんが見せた“普段通り”

 このときは大阪遠征の最中に、大恩のあった故加藤巳一郎オーナーの訃報に接し、すぐに名古屋に帰ることを希望した。球団が認めないと、ナイターで退場(おそらく故意だった)になり、球場を出て新幹線に飛び乗ってしまった。

 沸点も低かったが、義理人情に厚く、強い信念を持った人だった。

 遊撃手だった県立岐阜商業時代に、コーチに訪れた立教大の長嶋茂雄さんが「センスはあるが肩が弱い。セカンドならプロになれる」と推薦して、名手への道を歩み始めた。

「長嶋さんに憧れ、ああいうプレーをしたいと思った。でもプロに入ってすぐにあれは長嶋さんだからできると悟った」

 その後は、他の選手が打撃練習をしている間、1人で壁に向かってバックトスの練習に励み“職人”の道を歩み続けた。

 その長嶋さんと激突した「10・8決戦」。三本柱を惜しみなく投入したミスターの劇場型采配と対照的に、普段通りの継投、野球に徹した采配が頑固な守道さんの真骨頂だった。

(鷲田 康/週刊文春 2020年1月30日号)

関連記事(外部サイト)