世界的パズル制作会社「ニコリ」が注目する「すごくやさしいパズルが広まるかもしれない理由」

世界的パズル制作会社「ニコリ」が注目する「すごくやさしいパズルが広まるかもしれない理由」

世界的パズル制作会社「ニコリ」が注目する「すごくやさしいパズルが広まるかもしれない理由」の画像

 パズルと言えば「ひとりで静かに楽しむ趣味」というイメージが強いと思いますが、最近のパズルに関する動きを追うと、何人かで集まって楽しんだり、解き方を教えあったりするものが増えています。今や世界的な広がりを見せているリアル型脱出ゲームは、前者を象徴するものと言えるでしょう。多くの娯楽が、個人で、そしてバーチャル空間で楽しむものになっていく中で、パズルが集団で、そしてライブで楽しむ方向に広がりを見せていることは、たいへん興味深いことだと言えます。今後も、コミュニケーションツールとしてのパズルの価値が高まっていくと思われます。

■高齢者に数独が大ブーム 岩手県大槌町で「数独認定試験」開催

「数独」は、ニコリが命名して世界中に広まったパズルで、日本でも2006年の流行語大賞にノミネートされたほどですが、その世界的流行から10年以上経った今、新しい動きが出てきています。それが、今年の9月9日に岩手県大槌町で行われた「数独認定試験」です。

 2011年の東日本大震災で津波の被害を受けた岩手県大槌町で、高齢者の自立支援活動を行っていたNPO法人「ソーシャルハーツ」が、生涯学習の教材としてなぞなぞやまちがい探しパズルなどを試していたところ、3年前から始めた数独教室が高齢者たちにウケたのがそもそものきっかけ。鉛筆を持って考えるところが認知症予防になりそうだということで、数独教室で熱心にメモを取る高齢者の姿が増えたそうです。

■『じぃじとばぁば ようこそ数独!』

 そのことを知った「日本数独協会」の監修で、今年4月に高齢者も楽しめる数独の入門書『じぃじとばぁば ようこそ数独!』をニコリが発行。東北地方のマスコミなどで取り上げられて注目度が上がり、9月に日本数独協会主催で第1回の「数独認定試験」が大槌町で開催されました。当日は100人以上が会場に集まり、6歳から99歳までの幅広い年齢層の方が参加しました。

 数独ではこの他にも、地元の愛好者が集まって数独教室を行う動きもあるようで、私安福も、今年1月から東京・町田のNHK文化センターで数独講座を行っています。数独も、みんなで楽しむ時代が来た、と言えるでしょう。

■科学技術館で「東京パズルデー」開催

 ニコリなどのパズル関係の企業・団体が集まって、パズルの普及などを行う「日本パズル協会」が主催するイベント「東京パズルデー」が、11月4・5日に北の丸公園内にある科学技術館で行われました。こちらはおもに子どもたちにパズルを楽しんでもらうイベントで、ジグソーパズルやルービックキューブの早解き大会や、知恵の輪などのパズルおもちゃで遊ぶコーナー、ニコリの「メガクロス」(後述)を展示して実際にクロスワードを解いてみるコーナーなど、いろいろなパズルを自由に楽しめるようになっています。前年まで有明のパナソニックセンターで行われていましたが、今年から科学技術館に移動。8月にも夏休みの展示に合わせてパズルデーが行われるなど、子どもがパズルに触れることができる機会が以前よりも増えています。

■1巻25万円! 66666問のクイズを解くクロスワードが登場

 ニコリは2016年に、出版部門では世界最大のクロスワードパズル「メガクロス」を発売しました。ギネス世界記録(R)にも認定されていますが、そのメガクロスを題材にしたクイズ大会が、クイズ専門誌「QUIZ JAPAN」と共同で、8月26日に紀伊國屋書店新宿本店のイベントホールで行われました。

 メガクロスには、66,666個もの言葉が入っていて、すなわち66,666問のクイズがその中にあるのと同じようなものです。クイズ作家の日高大介さんがそれらの中から問題を選び、自ら司会者として出題。参加者30名の中から、最後は早押しクイズで優勝者を決めました。

■NYタイムズのパズル作家もびっくり

 メガクロスは、クロスワードの盤面を1枚の紙に印刷して巻物状にしたもの(「巻物版」、本体25万円+税)と、盤面を地図帳のように区切って本にしたもの(「書籍版」、本体3万5千円+税)の2パターンで発売中ですので、興味を持たれた方は、ぜひ挑戦してみてください。

 アメリカ「ニューヨーク・タイムズ」のパズル面の編集長で世界的に有名なクロスワード作家、ウィル・ショルツさんにも、このメガクロスを見せに行ったのですが、絶句されていました。

■日本のパズルを世界に紹介、『PUZZLE NINJA』発刊

 日本のパズル関連本では、2017年は『東大ナゾトレ』(扶桑社BOOKS)がヒットしましたが、イギリスではそれとはまた異なり、日本のパズル、中でも鉛筆を使って論理的に解く「ペンシルパズル」を紹介する本が秋に発行されました。それが『PUZZLE NINJA』です。

 著者は、『素晴らしき数学世界』などのベストセラーを著したアレックス・ベロス氏。『PUZZLE NINJA』には、約200問のパズルが載っていて、そのうちの半分がニコリの本に載ったもの。ここで言う「ペンシルパズル」は、鉛筆で数字を書き込んだり線を引いたりして解くもので、数独が代表的。他には週刊文春の「てこずるパズル」にも載っている、カックロ、スリザーリンク、ナンスケなどがあります。日本では、ニコリを中心にすでに数百種類のペンシルパズルが考案されていて、知識や言語の壁なしで楽しめるので、海外でも一部には熱狂的なファンがいたのですが、今後は日本のサブカルの1つとして広まっていく可能性がありますね。

■すごくやさしいパズルが広まるかもしれない理由

 2018年ですが、前述の「数独認定試験」や「東京パズルデー」が引き続き行われる見込みで、それぞれ発展が期待されます。

 また、被災地の高齢者に数独が広まったことに関連して、認知症予防のための、すごくやさしいパズルが広まるのではないでしょうか。深く考えるよりも、とにかく鉛筆を動かして「わかった!」と喜ぶ瞬間を増やす。そういうことがパズルに求められると思われます。

 一方で若年層向けのパズルは、ナゾトレや脱出型ゲームのような数名で楽しめるものが引き続き流行っていくと思われますが、ネタ切れになりやすい分野でもあるので、パズルよりも演出で楽しませる方向に行くかもしれません。

■数十年に一度の大ヒットパズルは生まれるか?

 個人的に注目しているのは、ギフトとしてのパズルの可能性です。3Dプリンタの普及などで、精密な立体パズルを個人で作ることも可能になっていて、例えば結婚式の引き出物を数十個作る、といったことが手軽な予算でできるようになっています。パズルを解くと隠されたメッセージがわかる、なんてこともできるので、サプライズパーティにも使えるでしょう。

 パズルの世界では、何十年かに1回、大ヒットパズルが生まれることがありますが(ルービックキューブとか立体迷路とか)、今はむしろ少人数で楽しめて、その人たちに合うパズルが多数生まれる、という傾向が強まると考えています。

(安福 良直)

関連記事(外部サイト)