描かれた樹、写された樹……様々な樹木に囲まれてわかった「いいアートとは」

描かれた樹、写された樹……様々な樹木に囲まれてわかった「いいアートとは」

米田知子の展示風景

 意図したわけでもなさそうだけど、樹木の姿があちらこちらでよく目立つ。その様子はいかにも瑞々しくて、冬の乾燥した空気や気分を潤してくれる。

 国立新美術館で開催中の現代アート展「DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに」会場でのこと。10組11人のアーティストによるグループ展の出品作に、樹の幹、枝ぶり、葉っぱなどのモチーフが多々見られるのだ。

■樹を見上げるとは、空を見ること

 たとえば、記憶や歴史をテーマにした写真作品をつくる米田知子の、《「コレスポンデンス−友への手紙」シリーズより 池の彫刻と椰子の木越しに空を覗く、ハマ植物公園(アルジェ・アルジェリア)》。20世紀のフランスを生きた文学者アルベール・カミュの生涯に取材したシリーズで、写真にはフランス統治下アルジェリアに造られた公園が写っている。

 椰子の木が鬱蒼と茂るさまを捉えたモノクロ写真は、不思議と強い郷愁を呼び起こす。

 日高理恵子が作品を展開する室では、文字通り四方を樹木に囲まれてしまう。いずれの壁面にも、岩絵具で樹の枝葉が描かれた巨大絵画が掛けられているのだ。

 日高の作品はいつも、大きな樹を見上げた構図をとる。きっとだれしも一度くらい、公園や森の中で上を向いて、樹々の枝ぶりに見惚れたことがあるのでは? そのとき感じた清々しさが、日高の絵の中で再現されている。

 ただし日高はこの「見上げる構図」で、樹木というよりは空を見ようとしているのだとか。空という計りしれない存在にピントを合わせようとする視線が、ただでさえ大きい絵画を、いっそう広がりあるものに見せている。

■被災地に佇む樹木の強さと優しさ

 日高理恵子の室から歩を進めると、こんどは宮永愛子の展示空間となる。ここにあるのはたったひとつの作品のみ。《景色のはじまり》だ。

 日高は金木犀の葉をたくさん集めて、それらを葉脈だけのかたちにしてから、一枚ずつをつないでいった。何万枚もを費やして、高い天井からフロアへと垂れかかるほどの金色の大きなベールが紡がれた。こんなにも繊細で、しなやかで、香気に満ちた布なんて、見たことがない。布状のもの全体が、静かにゆっくり呼吸しているのが感じられるようでもあった。

 次なる室へ行くと、畠山直哉による写真作品「untitled(tsunami trees)」シリーズが並んでいた。どこか寂しげに立つ一本、もしくは数本の樹木が、写真に収められている。

 樹々の姿にどこか傷ついたかのような、それでいて傷を跳ね返す生命力を感じたとしたら、それもそのはず。キャプションに撮影地が明記されていて、その地名を読んでいくと「宮城県亘理町」「福島県南相馬市」「宮城県石巻市」「宮城県気仙沼市」……。

 そう、いずれも東日本大震災の被災地である。

 自然の猛威の凄まじさと、被ったダメージ、またそれらを耐え抜きなんとか復しようというエネルギーなど、土地に渦巻く複雑な感情や力学が、樹木に象徴して表されているように思える。

 各アーティストがつくり上げた空間は、彼ら彼女たちが創造した樹木によって、なんとも瑞々しくて清々しい空気が生まれていた。ただしどの室の空気も、湿り気や匂いはバラバラで興味深い。ああ視覚だけじゃない、いいアートはたしかに五感のすべてに訴えかけてくる。アートとは全身全霊で体感するものということを、教えてくれる展示だ。

(山内 宏泰)

関連記事(外部サイト)