精読『吉本興業百五年史』 「わろてんか」には描かれない“お笑い王朝史”

精読『吉本興業百五年史』 「わろてんか」には描かれない“お笑い王朝史”

(c)時事通信社/文藝春秋

NHK連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインは、お笑い王国「吉本興業」の祖がモデル。そんな「よしもと」のドラマでは描かれない歴史とは? 昨秋刊行された、800ページにも及ぶ『吉本興業百五年史』を読破した芸能史研究者・笹山敬輔さんが、知られざる吉本王朝の姿を読み解きます。

■『百五年史』は、吉本共和国による初めての「正史」である

 歴史は勝者によって書かれる――中国では、新しい王朝が成立するたびに、前王朝の「正史」が編纂されてきた。それは、正確な歴史叙述をするというよりも、現王朝の正統性をアピールするために書かれるのが常である。国家の歴史ほど大きな話ではないが、会社が自らの歴史を編纂する「社史」もまた、そのミニチュア版と言えるだろう。

 2017年、吉本興業は、創業者をモデルにしたNHK連続テレビ小説『わろてんか』の放送開始に合わせるかのように、『吉本興業百五年史』を出版した。1冊10500円。「社史」を一般販売するのは珍しいが、少しでも売って儲けたいというところだろうか。吉本は、創業80年を迎えたときも、『吉本八十年の歩み』を1冊20000円で販売している。商魂たくましい吉本らしさは、いつの時代も変わらない。

 だが、2冊を比較してみると、この25年の間に吉本は大きな変化を遂げたことが分かる。その変化とは、例えるなら、専制王朝が民主化して共和国になったことだ。『百五年史』は、吉本共和国による初めての「正史」なのである。

■創業家当主の死 『八十年史』が編まれた理由

 1991年4月24日、吉本興業会長の林正之助が92歳で死んだ。翌月に行われた社葬は、なんばグランド花月を会場にし、献花の列には政財界の大物、タレントから一般の参列者まで、約2000人が並んだ。興行界のドンであり、吉本の絶大なるカリスマは、栄華に包まれて生涯を閉じた。

 吉本興業は、吉本泰三と妻せいが創業し、大阪の寄席をチェーン化して大きくなった会社である。その吉本を正之助が手伝うようになったのは、大正6年、18歳のときだ。まもなく泰三が早逝したため、早くから正之助が実質的な経営を担うようになる。戦後になると、せいの息子や、ともに経営を担った弟の林弘高が次々と世を去るなかで、一人正之助のみが長命を保った。自らの地位を脅かす存在のいない中で、彼は「創業家当主」として君臨し続けたのだ。

 正之助の死の翌年、まだ威光が残る中で編纂された『八十年の歩み』は、彼を顕彰するという側面が大きい。そのため、吉本にとって重要な出来事の多くが、正之助の功績に結び付けられている。例えば、『八十年の歩み』では、吉本が寄席「蓬莱館」を買収して「花月」の名を初めて使用したのを大正7年としている。しかし、実際は大正4年のことだ。両方の社史の執筆者でもある竹本浩三は、正之助が自らの入社後の出来事にするために、大正7年説を語るようになったのではないかと書く(『笑売人・林正之助伝』)。『八十年の歩み』は、「林正之助史観」に基づいた「正史」だった。

■「お家騒動」と吉本興業の「民主化」

 しかし、時は流れ、歴史が動いた。2007年、突如として、吉本内部で「お家騒動」が巻き起こった。正之助の娘である林マサと当時の経営陣が、週刊誌を舞台に激しく対立したのである。創業家vs経営陣の争いは、数々の芸人を巻き込んだ刑事事件にまで発展し、泥沼化していった。最終的には、2009年に林マサが亡くなり、翌年には吉本が仕掛けたTOBによる上場廃止が成功して、騒動は収束した。マサの息子であり正之助の孫の林正樹も、同年5月に吉本を退社している。創業家の影響力は完全に排除された。これ以後、創業家が再び実権を握ることはまず無いだろう。

 2015年、現社長である大ア洋は、一連の騒動に関して、次のように語っている。

「先に手をあげてきたんは、あっちでしたからね。僕らは吉本のために守りに守ったということです。そしたら、いつの間にかあっちが自滅してしまはったんです」(増田晶文『吉本興業の正体』)

 数々の犠牲を払って、吉本興業の「民主化」が達成されたのである。そして、新しい「正史」の編纂が始まった。

■なぜ「セニョール東野」の写真なのか?

『百五年史』は、創業から現在に至るまでの「通史」の部分と、多彩な執筆陣からなる62本の「特別寄稿」などから構成されている。貴重な写真もふんだんに掲載されており、資料的な価値も高い。何より、当時のチラシや名簿にあたりながらの歴史叙述からは、執筆陣の正確を期す意気込みが伝わってくる。学術的な観点では、創業からしばらくの間、「吉本興業」ではなく「芦辺合名社」などを名乗っていたと明らかにしたことが大きい。もちろん、「花月」初登場の時期も修正されている。

 全体を通して言えば、創業家中心ではなく、多くの社員の協力があって発展してきたという書き方をしていることが印象的だ。特に、創業家以外から社長になった人物がどのような貢献をしたのかについて、しっかり書き込まれている。所属タレントの写真も人気者だけを掲載するのではなく、網羅的だ。特に昔の写真を眺めるのは楽しく、漫才コンビ時代の辻本茂雄、なるみ、小籔千豊らが、さらりと掲載されている。あと、若い頃の東野幸治の写真が、なぜか「セニョール東野」になっていることなど、興味がつきない。巻頭の挨拶の中に、「陰の功労者」を称える言葉があるように、多くの人に光を当てる「正史」だと言えるだろう。

■山口組との関係も歴史として記されている

 また、創業家に関する記述においても、「民主化」の痕跡が見て取れる。それは、正之助の負の部分についても触れられていることだ。さすがに「通史」の部分には書かれていないが、「特別寄稿」として西岡研介が「興行とアンダーグラウンド」という一文を寄せている。西岡は、吉本の「お家騒動」を取材した『襲撃 中田カウスの1000日戦争』を著したジャーナリストだ。著書によると、兵庫県警の内部資料の中には、正之助のことが「山口組準構成員」と記されているという。さすがに『百五年史』にそこまでの記述はないが、せいの時代から山口組との付き合いがあったことや、戦後も正之助と山口組三代目の関係が続いていたことが記されている。

 なお、「ヤクザ」と興行の関係については、吉本のことばかりが話題になるが、過去を振り返ると、松竹や東宝も何らかの関係があったことを指摘しなければフェアではない。ある時代まで、「ヤクザ」と興行が密接な関係にあったことは、歴史的な事実である。だが、昨今の「反社会的勢力」に関するコンプライアンス事情から考えると、社史にその関係を記すというのは、そうそうできることではない。もちろん、「民主化」したからこそ書けたという側面もあるが、過去と向き合う姿勢は素直に讃えるべきだろう。

■『八十年の歩み』に何度も出てきて、『百五年史』に出てこない人物

 しかし、全体的にバランスの取れた記述になっている一方で、一つ気になることがある。『八十年の歩み』では何度も名前の出てくる人物が、『百五年史』の「通史」から消えているのである。その人物の名は、木村政雄。横山やすし・西川きよしのマネージャーを務め、1997年に常務に就任、次期社長候補と言われたこともある人物だ。一時期は「ミスター吉本」としてメディアにも頻繁に露出していたが、2002年に退社している。

 木村は、吉本の東京進出を成功に導いた功労者の一人である。1980年、吉本は、漫才ブームに合わせて東京に連絡所を開設している。反対する経営陣も多い中で東京へ進出したことは、その後の吉本発展につながった。間違いなく、吉本の歴史の中でエポックメーキングな出来事だ。

 その東京進出について、『八十年の歩み』では、正之助の娘婿である林裕章が言い出し、木村と大ア洋を連れて上京したと書かれている。しかし、『百五年史』には、裕章の名前しかない。上京時の記述は、「派遣されることになった社員は、身の回りのものや寝具を車に積んで、東名高速道路で東京に向かった」とあるだけである。この「派遣されることになった社員」が、木村と現社長のことだ。普通なら、ここで現社長の名前を出すのが自然に思えるため、違和感のある書き方である。

 800頁を超える浩瀚な吉本共和国正史には、まだまだ隠された裏面史がありそうだ。

(笹山 敬輔)

関連記事(外部サイト)