日本カーリング選手権開幕! “五輪銅”ロコ・ソラーレの復権か、“女王”中部電力の連覇か

日本カーリング選手権開幕! “五輪銅”ロコ・ソラーレの復権か、“女王”中部電力の連覇か

男女9チームずつ、計18チームが参加。今季はワイルドカード枠などが新設された

 カーリングの国内最大タイトルである「第37回全農日本カーリング選手権大会」が軽井沢アイスパークで開催中だ。

 2022年北京五輪の国内選考にも関わってくる今季の日本選手権、キーワードには「対応力」が挙げられる。

■新品のストーンにはそれぞれ顕著なクセがある

 JCA(日本カーリング協会)は昨季の終盤に、カーリングストーンを一式、新調している。ストーンに使われる素材は天然の花崗岩のため、特に新品のストーンはそれぞれのクセが顕著だ。曲がりやすい石、あるいは予想より進まない石が混在することがある。

 この新調されたストーンを日本選手権で使うのは初めてで、開幕前から軽井沢入りしているチームが多い中、石に触れることができるのは全チーム平等に開幕前の公式練習の15分間だった。

 あとは実際のゲーム中と毎晩、すべての競技が終わった後に設定される「ナイトプラクティス」と呼ばれる7分間の限られた時間のみだ。その中で石のクセを把握し、ゲーム中の状況やショットの性質によってうまく使い分けなければいけない。

■加えて海外基準のアイスに、ストーン研磨

 さらに、今季の日本選手権では、16年ぶりにアイスメーカーを海外から迎えた。これまでは会場となるカーリングホールの製氷担当者がアイスを作っていたが、今大会は平昌五輪をはじめ世界レベルの大会で製氷を担当してきたカナダのハンス・ウーリッヒ氏がチーフアイスメーカーを担っている。世界ではスタンダードである曲がり幅の大きなシートへの対応が勝負の分かれ目になりそうだ。

 そして、そのウーリッヒ氏率いるアイスメークチームは、初日の競技3試合を終え、想定よりも曲がり幅が小さかったのかストーンの研磨を決定した。サンドペーパーを使用してストーンの裏側、接氷面を削ってごく小さなエッジを生む。それによって、ストーンがアイスを噛み、カール(曲がり)しやすくする狙いだ。ウーリッヒ氏はチーフアイスメーカーであった平昌五輪でも、このストーン研磨の決定を下したことでも話題になっている。

 海外基準のアイスに新品のストーン、それに研磨が加わり、不確定な要素は例年になく多い。それらにアジャストする、情報戦といった側面もカーリングには存在するのだ。

 その情報を着実に集めながらチーム状態を上げているのが、優勝候補筆頭のロコ・ソラーレだ。大会初日を連勝スタートで飾り、ストーン研磨後の2日目にも白星を加え、3連勝の好スタートを切った。

■「相手チームにも情報が聞こえてしまっているかも」

 スキップの藤澤五月は、研磨されたストーンについて「大きな変化はなかった。どちらかといえば、大会最終日まで(急激な変化がないように、なるべく同じ状態を)保たせるためのサンド(石の研磨)だったと思うので、そこまで気にはなっていない」と冷静に分析。

 その上で、初戦を朝9時、2戦目を同日の18時、3戦目を翌日13時30分という、それぞれ異なった開始時刻での試合をこなしたことについても触れ、「それぞれアイスの状態と変化を確認でき、集中してアイスを読んでいる最中です。今後もまったく一緒ではないかもしれないけれど、引き続きチームでコミュニケーションをとっていきたい」と語り、「ただ、ちょっとコミュニケーションを大声でとりすぎて、相手チームにも情報が聞こえてしまっているかも。そこだけ気をつけます」とポジティブな悩みを打ち明けてくれた。チーム状態は良好だ。まずは予選を上位で通過し、優位な位置でプレーオフ(※)に挑みたい。

※プレーオフはまず、予選1位チームと2位のチームで戦い、勝者は決勝進出。敗者は予選3位と4位の対戦による勝者と準決勝を戦う「ページシステム」を採用している。

■連覇を目指す中部電力には頼れる参謀の存在

 ロコ・ソラーレを追って連勝スタートとなったのは、前回優勝の中部電力だ。札幌で行われた前回大会は10戦全勝で優勝しているので、2年がかりで12連勝という史上でも屈指の大型連勝中だ。2月11日はチーム軽井沢、北海道銀行フォルティウスとの連戦だが、連勝を伸ばせるのか止まるのか注目が集まる。

 スキップの中嶋星奈は、アイスや研磨した石について「曲がるのでソフトウェイトが使いやすく、プレーしていて面白いです」と無邪気に笑うが、中嶋を筆頭に中部電力の選手がショットに集中できるのは頼れる参謀の存在があるからだ。男子のTM軽井沢のスキップとしても今大会に出場している、日本カーリング史上初であろうコーチと選手の“二刀流”に挑戦中の両角友佑コーチだ。

 公式練習やナイトプラクティスを清水絵美マネージャーと共にこなし、

「外(のライン)を通っていても急に曲がり始めてくることもある。そこだけ気をつけよう」

「1つ、変な(クセのある石)のが混ざっているくらいだから、あとは心配ない」

 といった選手目線での情報をチームとシェアした。両角コーチのもたらす精度の高い情報をアドバンテージとして、各選手はショットに集中できる環境が整った格好だ。連覇に向けて昨年のハイパフォーマンスが期待される。

■カナダからトップカーラーが続々来日

 コーチにフォーカスすると、富士急も今大会は現役の、しかも世界トップクラスの選手をコーチボックスに座らせている。カーリング王国のカナダでプレーし、今季はブリティッシュ・コロンビア州の代表としてカナダ選手権にも出場予定のジム・コッターだ。中部電力の両角コーチ同様、ナイトプラクティスにも参加し、的確なストーンチェックでチームに石の情報を提供してリスクを減らす。

「石に問題がありそうでも、(この石、怪しいなという)疑惑がコーチのチェックで確信に変わるので本当にありがたい」

 スキップの小穴桃里がそう語るように、あとはチームのパフォーマンスを上げることに専念できる。

 来季以降の去就は未定だが、大会を通してトップカーラーが帯同することでチームに良質の緊張感と、戦術的にも効果的なアドバイスをもたらすはずだ。北海道銀行フォルティウスとの初戦は惜敗して黒星スタートとなったが、小穴は前向きに笑う。

「いつも初戦は良くないけれど、その割にショット1つずつは悪くなくて、後半に向けて上げていけると思う。まずはプレーオフ進出を決めたい」

■吉村率いる初戦キレッキレの北海道銀行

 その小穴に初戦のパフォーマンスについて「キレッキレだった」と言わしめた、吉村紗也香率いる北海道銀行も連勝スタートで大会に入った。富士急とのクロスゲームを制し、続く青森CAとの2戦目も危なげない展開で快勝するも、「アイスの状況が10エンドのなかでコロコロ変わったりするので、全員でコミュニケーションを取りながらもっと良くしていきたい」と反省を忘れない。

 また、今季はシーズン前から身体の使い方を意識し、他競技のトレーニングを積極的に取り入れてきた。特に現在も週1度は必ずチーム全員で行なっているヨガのストレッチの効果を実感していると吉村は言う。

「柔軟性が増した中でアップウェイト(スピードの速いショット)が力を入れなくても出るようになったので、ラインに集中できる」

■北海道銀行は5年ぶりの戴冠を狙う

 同時に無理なく身体を使えているので、「疲労も例年より感じない」とも語る。8日間で最大11試合の長丁場への準備も万端だ。石を研磨した翌10日は試合のないオフとなったが、チームはバレエストレッチなどで入念に調整。ナイトプラクティスには吉村は自ら参加し、石とアイスの感触を確かめた。2月11日の試合で札幌協会、そして昨年女王の中部電力を相手に連勝を果たせば、1位通過も現実的になってくる。

 また、ラウンドロビン(総当たりの予選リーグ)の中盤には、富士急のコッターコーチ同様、マニトバ州王者としてカナダ選手権に出場が決まったカナダのトップカーラーのひとり、コナー・ニェゴヴァンコーチも合流予定だ。これらを追い風に、5年ぶりの戴冠を狙う。

■五輪に向けて、まず笑うのはどのチームだろうか

 世界的な選手がコーチとして来日するほか、ワールドカーリングツアーのランキングでも、ロコ・ソラーレが4位(Fujisawa/2月10日現在、以下同じ)、北海道銀行(Yoshimura)が8位とトップ10に2チームがランクイン。その2チームはハイグレードタイトルである「グランドスラム」にも出場し、好成績を納めている。

 それを富士急(Koana)が13位で追い、中部電力(Nakajima)はランキングこそ32位だが、11月に中国・深?で開催されたパシフィック・アジア選手権で準優勝を果たし、世界選手権の出場枠を日本にもたらした。

 その世界選手権は、「史上最もハイレベル」と称される今大会の勝者が出場する。世界へ、そして次の五輪へ。まず笑うのはどのチームだろうか。試合の模様は NHK BS1 のほか、 Youtube でも中継される。決勝戦は2月16日(日)だ。

 写真=竹田聡一郎

(竹田 聡一郎)

関連記事(外部サイト)