「大邱市の生家跡の復元を!」アカデミー賞4冠で韓国で加熱する「ポン・ジュノ」ブーム

「大邱市の生家跡の復元を!」アカデミー賞4冠で韓国で加熱する「ポン・ジュノ」ブーム

アカデミー賞授賞式での『パラサイト 半地下の家族』キャストとポン・ジュノ監督 ©getty

 韓国ではどのメディアも映画『パラサイト 半地下の家族』祭り。アカデミー賞4冠の興奮はいまだ冷めやらない。

 非英語作品として初のアカデミー賞最高の作品賞受賞という快挙にして、さらには、脚本賞や国際長編映画賞、監督賞まで総なめした『パラサイト 半地下の家族』。昨年、カンヌでパルムドール賞を、今年1月のゴールデングローブ賞では外国語映画賞を受賞しており、韓国ではアカデミー賞への期待も高まってはいたが、「まさか、という気持ちでした」と韓国紙文化部記者は驚きを隠さない。

「アカデミー賞でも国際長編映画賞はとれるのではないかという淡い期待はありました。ただ、アカデミーはよく言われるとおり、“米国の賞”という趣きが強い。ですから、まさか作品賞をとれるなんて、監督自身も思ってはいなかったのではないでしょうか」

 ポン・ジュノ監督は昨年10月の米誌『Vulture』のインタビューで、影響力が増している韓国映画がアカデミー賞候補にならないことについて聞かれると、「たいしたことではありません。オスカー賞は国際映画祭ではなく、“ローカル(な祭り)”にすぎないですから」(聯合ニュース)と一蹴。アカデミー作品賞受賞後のインタビューでも、「めったには起こらないことが起きたというのは事実でしょう」(韓国KBS)と信じられないといった気色だった。

■韓国ではテレビで特集が組まれ「ポン・ジュノ」ブーム

 韓国では全国で映画の再上映が始まり、出演者の他作品がテレビで続々と放映されているが、なんといっても一躍、時の人となっているのはポン・ジュノ監督だ。過去のインタビューが掘り起こされ、大邱市の生家跡の復元話も浮上するなどポン・ジュノ本人にスポットライトが当たっている。

 ポン・ジュノ監督が映画監督を夢見たのは12歳の時、中学生の頃だったという。『スクリーン』などの映画雑誌を読みふけり、「小心者で、愚かな映画狂」(ソウル新聞、2月11日)で、「テレビで放映された映画を病的なほど執着して見た」(MBC「監督 ポン・ジュノ」)と語っている。

■知人は「天才という人もいますが、努力の人」と評す

 名門の延世大学在学中に映画サークルを作り、「カメラが欲しくて半年くらい学校の売店でドーナッツを売った」(MBC「監督ポン・ジュノ」)と明かしている。大学卒業後は映画専門学校「韓国映画アカデミー」に入学。卒業作品の『支離滅裂』は検事や教授など社会の主流といわれる人々の裏面に隠された“陰”をユーモラスに描き、1994年、バンクーバーや香港での映画祭の招待作品となった。

 長編映画のデビュー作として知られる2000年の『ほえる犬は噛まない』(原題『フランダースの犬』)から『パラサイト 半地下の家族』まで、どこかコミカルだけれども、社会のブラックな部分を恐ろしいほどにあぶり出す作品制作から天才という異名もとるが、『パラサイト 半地下の家族』で撮影監督を務めた人物は「これほど勤勉な人はみたことがない。天才という人もいますが、努力派だと思います」(KBS)と評している。

 そして、あらためて関心を集めているのが「ポンテール(ポン・ジュノとディテールを合わせた造語)」だ。これは映画制作の過程でポン・ジュノ監督が見せる繊細さをいうが、驚くほど実際の映像と重なる絵コンテは米国でも話題になっている。

■名を知らしめたのは、現実の事件を下敷きにした『殺人の追憶』

 ポン・ジュノ監督の名を広く知らしめたのは、2003年の映画『殺人の追憶』だ。80年代から90年代にかけて、ソウル郊外にある京畿道華城市で起きた連続殺人事件をモチーフにした作品で、実際の事件では10人の女性が強姦され殺害された。未解決事件とされていたが、昨年、現場で見つかったDNAとすでに別件で収監中の人物のDNAが最新のDNA鑑定で一致し、韓国では再び注目を浴びた。ちなみに同作の主人公の刑事役はソン・ガンホ氏が演じている。

 実は、この作品も含めた3作品により、李明博元大統領と朴槿恵前大統領時代、ポン・ジュノ監督が文化・芸術分野でブラックリストの対象者となっていたこともあらためて俎上に上っている。

■「反米、政府の無能を浮き彫りにした」とブラックリスト入り

 問題視されたのは、『殺人の追憶』、『グエムル 漢江の怪物』(原題『怪物』、2006年)、『スノーピアサー』(原題『雪国列車』、2013年)の3作品。

『殺人の追憶』では、「公務員と警察を不正集団として描写し国民に誤ったイメージを与えた」とされた。米軍基地から流れた汚染水により漢江から怪物が現われ人間を攻撃するというストーリーでおよそ1300万人の観客を動員した『グエムル 漢江の怪物』は、「反米、政府の無能を浮き彫りにし、国民の意識を左傾化させた」とされ、列車の車両を階級になぞらえ描写した『スノーピアサー』は「市場経済を否定し、社会抵抗運動を扇動している」とされたという。

 当時、ブラックリストに挙がった対象者は支援を打ち切られたり、創作活動に支障がでるよう妨害措置がとられたといわれている。ポン・ジュノ監督は「ブラックリストにあがっていることは後で知りました」(JTBC、2019年5月28日)と言いながらも、「創作者にとっては消せない傷です。二度とこんなことがあってはいけない」(同)と話しており、ちょうどブラックリストに挙がっていた時期にあたる2013年に『パラサイト 半地下の家族』の構想を練っていたことも明かしている。

■半地下は本当に貧困層のもの? 国内の声

 様々な観点から注目を集める『パラサイト 半地下の家族』だが、韓国国内では他国で半地下を貧困層の象徴としていることに疑問の声もあがっている。

 半地下ができた説には諸説ある。1968年の北朝鮮が起こした青瓦台奇襲事件により、対北戦争に備え、防空壕として朴正煕元大統領時代に作られた空間だったというものや、高度成長期にソウルに人が集中し、住宅が不足してできた産物というものもあり、正確なところは分からない。

 半地下は安価な物件として今でも存在し、経済的困窮の象徴ではなく、若年層が一時的に夢を抱いて住む場所と捉える人もいる。また、再開発の進むソウルでは年々、減少傾向にある。

『パラサイト 半地下の家族』が世界で熱狂的に受け入れられた背景については、世界で格差社会が普遍的な問題として実感されているからという見方が大勢だ。

 映画では、半地下家族の父親がこんな台詞を言う。

「いちばん完璧な計画が何か知ってるか? それは無計画だよ」

 けれども、ポン・ジュノ監督はすでに次作についての計画があるそうだ。ひとつはロンドンで実際に起きた事件をモチーフにしたもので、もうひとつはソウルを舞台にした作品だと報じられている。

(菅野 朋子)

関連記事(外部サイト)