箱根駅伝の優勝を決める鍵は1区か 07年の佐藤悠基が「1区はスローペース」の常識覆す

記事まとめ

  • 5区(小田原−箱根)の"天下の険"を駆け上るランナーは平地と違う走りを要求される
  • 最近では「2区や5区も大事ですけど、ウチの課題はスタート」と語る指導者も
  • 2007年の佐藤悠基は「1区はスローペース」という常識を覆して序盤から独走した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております