フジテレビに「新しい地図」はあるか? テレビっ子会議2017【バラエティ編】

フジテレビに「新しい地図」はあるか? テレビっ子会議2017【バラエティ編】

(c)榎本麻美/文藝春秋

今年もいろいろありましたテレビの世界。そこで生粋のテレビっ子4人に、2017年テレビの顔、事件、トレンドを総ざらいしていただきました。まずはバラエティ編!

■『めちゃイケ』『みなおか』終了のインパクト

てれびのスキマ(以下スキマ) 2017年のテレビバラエティの大事件といえば、まずは『めちゃイケ』『みなさんのおかげでした』の終了決定です。フジテレビの「楽しくなければテレビじゃない」というイズムでやっていた最後の2番組が、ここにきてついに終わってしまう。時代を感じざるをえません。岡室さんは大学でテレビドラマを教えているほどテレビっ子なんですよね?

スーパー・ササダンゴ・マシン(以下ササダン) えっ、そうなんすか?

岡室 ええ、そうなんですよ。私は早稲田大学でテレビドラマの授業を持ってもいて、テレビを観るのは仕事でもあり、趣味でもありまして。

エスムラルダ(以下エスム) 私、ドラマの脚本も書いているので、どんな話が聞けるか気分がアガります!

岡室 ドラマの話は後ほどたっぷりしたいのですが、このフジテレビのバラエティ2番組の終了は非常に寂しいですよね。特に『めちゃイケ』は最近また勢いが出てきたと思っていたので。岡村(隆史)さんが三浦大知さんとダンスでコラボする「ダンシングヒーローでゴイゴイスーペシャル」は、選考委員を務めている放送批評懇談会のギャラクシー賞の月間賞も受賞したばかりだったので、余計に残念。

ササダン えっ! 岡室さん、ギャラクシー賞の選考委員なんすか!

スキマ ササダンさんは『めちゃイケ』に出演もされていましたよね。

ササダン 「色とり忍者」ってコーナーに徳川綱引役として出てました。あの番組は、エンターテインメントとしての作り込み方がプロレスに似ているんですよ。だから、ディレクター含め作り手が成長する場だと感じていたんですが、そういう意味でも終了は残念です。

■フジテレビの「Viva, diversity!」と「保毛尾田保毛男問題」

エスム フジの長寿バラエティは『笑っていいとも!』が2014年に終了、『スマスマ』が2016年に終了。続きますね。2番組はどういうふうに終わるんでしょう。

ササダン 『みなさんのおかげでした』はドライに笑い飛ばして、『めちゃイケ』は泣ける方向にとか? こうなってくると「終わらせ方対決」みたいな楽しみ方もできるかもしれません。

岡室 なるほど、それは面白いかもしれない。

エスム 『みなさんのおかげでした』に関しては「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)問題」もありましたよね。同性愛をネタにしていると炎上騒動に発展しましたが、私はまず「ああ、時代は変わったんだな」と思いました。『みなさんのおかげです』が始まった約30年前には、こういう議論すら起こらなかったので。私も子どもの頃は保毛尾田保毛男ネタ、少し「嫌だな」と思っていたんですが、フジテレビ的な「悪ノリ」も嫌いではないので、複雑な気持ちです(笑)。

岡室 フジテレビは「レインボープライド2017」でお台場の社屋をレインボーカラーにライトアップして、「Viva, diversity!(多様性バンザイ!)」を打ち出していただけに残念です。

エスム ちなみに、私がよくお世話になっている『有吉ジャポン』でも、ゲイネタとかニューハーフのお店のネタとか結構多いんですけど、回を重ねるうちに制作スタッフの方から「この話はあんまりしたくないですよね?」とか、話せる部分と話せない部分について先回りして気遣ってくださることが多くなってきました。

スキマ バラエティ番組の世界でも、そういう動きが出てきているんですね。

■『陸海空』ナスDもすごいけど、バイきんぐ小峠、西村がすごい

エスム ところでいま、他局だと長寿バラエティってありますか? 『ガキの使い』ぐらい?

ササダン ドキュメント系のバラエティですが『探偵! ナイトスクープ』は長いですけどね。2018年で放送30年!

スキマ ドキュメンタリーバラエティといえば、今年は本当にいい番組が多かったです。『陸海空』『池の水ぜんぶ抜く』、それから『ハイパーハードボイルドグルメリポート』。特に『陸海空』のナスDのブレイクはすごかった。

ササダン ロケ担当のディレクターだと思ったら、製作総指揮してるエラい人なんですよね。

スキマ 『イッテQ!』だと、たとえばイモトアヤコが自ら進んで過酷なロケに行くという演出をしてるわけですけど、『陸海空』はそのさらに先に行ってスタッフ自らが巨大カタツムリを食べて、アマゾンの部族が使う染料を塗りたくって顔がナス色になっちゃう。

ササダン U字工事さんも一緒にロケに行ってたのに、完全にナスDに食われてましたもんね。ただ、スタジオMCをしてるバイきんぐの小峠(英二)さんはさすがだと思って見ています。VTR見ながらのツッコミ方とか、普段の裏回し的なポジションじゃない時の小峠さんはすごい。

スキマ ナスDの活躍で終わらず、にわかに注目を浴びつつあったバイきんぐの西村瑞樹さんを起用するフットワークの軽さも素晴らしいと思います。ドキュメンタリー系の番組では、あえてナレーションを外すというタイプのものも目立っていました。たとえば『ハードボイルドグルメリポート』もそうだし、NHKの『ノーナレ』も。わかりやすくするためのサービスが過剰な番組が多い中、わかりやすさよりも「生で伝える」ことを重視している感じがしました。それはおそらく、“テレビ的なもの”へのアレルギーが広がっている今の、テレビ的なウソに対する一つの答えかたなのかなっていう気がします。

■『水曜日』のクロちゃんは人形化されている

ササダン Eテレの『ねほりんぱほりん』もそのタイプですかね。さっき、エスムラルダさんが『有吉ジャポン』のお話をされていましたよね、聞きにくい話をスタッフが気を遣いながら上手に質問していくという。『ねほりんぱほりん』もまさに、サークルクラッシャーとか、不倫中の人とか、訳ありの一般人に根掘り葉掘り実体験を聞く番組ですが「生で伝える」ことをテーマにしてます。

スキマ それも豚の人形を通して。NHKが長年培ってきた人形劇の技術を使いながら、全くNHK的じゃない番組をやっているのが面白いですよね。

ササダン 岡室さんと同じ早稲田で人形学を研究してる菊地浩平さんが、人形を一番うまく使っている番組は『ねほりんぱほりん』だって言ってました。あの番組はMCのYOUさん、山里(亮太)さんがモグラで、それに顔出しできない一般人それぞれが豚の人形ですよね。だから、見てる方はかなりキツい内容でもソフトに受け止めて見られるんですって。「豚の言ってることだ」って。

エスム なるほど、人形化するってことですね。装置の発明って大事。

ササダン だから『水曜日のダウンタウン』のクロちゃんが「モンスタークロちゃん」ってある種の人形化されてるのは、ああいう非人道的なドッキリを仕掛けられているのを、視聴者がソフトに受け止められるようにする仕組みなんですよ(笑)。

岡室 『水曜日のダウンタウン』ほど毀誉褒貶の激しい番組もめずらしいですよね。物議を醸す内容でBPO(放送倫理・番組向上機構)で問題にされるかと思えば、今年は「先生のモノマネ、プロがやったら死ぬほど子供にウケる説」でギャラクシー賞月間賞を受賞して高く評価されました。

■ジャニーズの御法度を裏返した「新しい地図」

スキマ 今年のバラエティでもう一つ大きな出来事といえばAbemaTVの『72時間ホンネテレビ』です。ネット配信番組、出演画像をSNSで拡散させる、ジャニーズの御法度を「新しい地図」が逆手にとってどんどんやっていましたよね。

ササダン 飲んだ上でのSNS投稿とか、あらゆるタブーに挑戦してた印象です。スポーツ選手だって禁止されてますからね、飲酒したときの投稿や、夜22時以降の投稿も禁止で、なぜかというと「思考が複雑化するから」って。

エスム いい表現ですね。「思考が複雑化する」(笑)。

岡室 ちょっと感動しちゃった(笑)。

エスム 『72時間』の森くんとの再会もすごかったですけど、私は稲垣さんがMXテレビの『5時に夢中!』にゲスト出演したことが衝撃で……。岩下尚史さんと上手に絡んでました。

ササダン スキマさんは72時間全部見てたんですか?

スキマ さすがに全部は(笑)。だいたい名場面と呼ばれているところは見ましたけど、やっぱり時間の使い方がテレビと圧倒的に違いました。それこそ森くんとの再会のところは6時間くらいやっていたでしょう? テレビだと編集で切っちゃうところを全部放送する。だから、どうしてもグダグダ感が出てきてしまうところがあるんですけど、それが番組としてそのまま成立したのは、3人のこれまでのドラマをみんなが共有していたからこそだと思います。

岡室 ジャニーズでは関ジャニ∞が活躍していた印象が強いです。『関ジャニ∞クロニクル』『関ジャム』。トークができるし、仲が良さそうな感じもいいですよね。

ササダン 岡室さんはやはり、村上(信五)さんのMCとしての才能に注目しているんですか?

岡室 村上さんもいいですが、私は丸山(隆平)くんが好きなんです。『泣くな、はらちゃん』での演技が素晴らしかったから。

エスム 私も好きです。顔を含めて(笑)。

スキマ 『関ジャム』みたいなちょっとマニアックな音楽番組をポップに見せることができるのは、関ジャニ∞のタレント性あってのことだと思います。

■『今田×東野のカリギュラ』にゴマキの弟が出たという意味

岡室 話を戻すと今年は「新しい地図」以外にも、ダウンタウンの松本(人志)さん、浜田(雅功)さん、明石家さんまさんと、続々とテレビスターが動画配信番組に出演した年でもあったと思います。

スキマ 出演者もそうですけど、作り手のスターも配信の世界で活躍されています。たとえばAmazonプライムで松本さんが出演した『ドキュメンタル』は『ごっつええ感じ』の演出家・小松純也さんが演出を手がけていました。

ササダン 「地上波ではできない」って言葉があるように、テレビと動画配信は敵対的であるかのように言われてますけど、実は地続きなところにあるものなんですよね。演者も制作者もテレビの人たちなんですから。

岡室 たしかにそうかもしれないんですけど、私、たまたま『今田×東野のカリギュラ』(Amazonプライム)を見たんです。ゴマキの弟の後藤祐樹が出た回。もうね、全身刺青なんですよ。それで、すっごい転落の人生を語る。だからなんだって話でもあるんですけど、ああこれは地上波ではできないなって思いました。

エスム ええっ、それは見たい。

ササダン 『カリギュラ』は第1回目が東野さんの鹿狩りでした。狩猟して解体して食べるという。これは反道徳的なことではないけれど、誰が見てるかわからない、不意に子どもが見るかもしれないテレビではできない企画。その意味では、まさに「地上波ではできない」。

岡室 地上波、つまり放送というのは基本的に、不特定多数に広く流す「ブロードキャスト」なんですね。一方で、ネットでの配信って見たい人が選択して視聴するっていう「コミュニケーション」。だから、リテラシーのあり方も当然違ってきますし、この先も放送と配信の線引きについて、いろいろ議論がなされるところだと思います。

■千鳥、滝沢カレン、ブルゾン…… 今年の顔は誰だ?

エスム 私はみなさんに比べると、実はバラエティにそれほど強くないんですが、今年のバラエティの顔といえば誰だと思いますか?

スキマ 僕は千鳥の躍進がすごかったと思います。これまでは、まさにあのクセのすごさが足引っ張ってるところもありましたけど、ついに視聴者側がクセになってしまった。

岡室 私、昔から千鳥が好きだったんですけど、ちょっと破壊的すぎて難しいのかなって思っていたら、ここにきてね。よかったです。

スキマ あと『脱力タイムズ』での破壊的な日本語で話題になったスター、滝沢カレン。

ササダン 『THE W』でゆりやんレトリィバァが女芸人ナンバーワンに決定しましたけど、女芸人はどうですか?

岡室 CMで高畑充希が完コピするほどになった、ブルゾンちえみ。渡辺直美の活躍も続いていますね。

スキマ にゃんこスターのアンゴラ村長が「顔とか生まれとかを蔑む笑いは古い」って堂々と言ったのも、土壌が新しくなったなあって感じを持ちました。

■ひふみん、ついには紅白歌合戦の審査員ですよ

エスム 多様化しつつも、女芸人ブームはまだまだ続きそうですね。ところで先日、野村沙知代さんが亡くなりました。かつてサッチー・ミッチー・デヴィ夫人らによる熟女大活躍時代がありましたが、ああいう、厳しいことを言う少し上の女性の役目を今、マツコはじめオネエタレントが担っているような気がします。

ササダン ある種の異形がテレビで重宝される傾向はありますね。

スキマ あと、バラエティの顔として忘れちゃいけないのが、ひふみんこと加藤一二三さん。藤井聡太旋風で巻き起こった将棋ブームもあって、注目度が急上昇でした。

岡室 ひふみんは『木皿泉ショートショート』に役者として出演、ついには紅白歌合戦の審査員ですよ。

ササダン 将棋界からすれば、やっと気づいてくれたのかって人なんでしょうけど、僕たちにとっては「なんだこの人!」って新鮮でしたからね。女芸人、オネエタレント、ひふみん。やっぱりある種、人形っぽい存在がテレビでは安心して愛されるってことでしょうか(笑)。

テレビっ子会議2017【ドラマ編】は12月31日に公開します!

写真=榎本麻美/文藝春秋

エスムラルダ/1972年生まれ。ドラァグクイーン、コラムニスト、脚本家。著書に同性パートナーシップ証明、はじまりました。』(ポット出版/KIRA氏との共著)など。

?

岡室美奈子/1958年生まれ。早稲田大学文化構想学部教授。早大演劇博物館館長。専門はテレビ文化研究とベケットなどの現代演劇論。

?

スーパー・ササダンゴ・マシン/1977年生まれ。プロレスラー。マッスル坂井としても活躍。実業家として家業も営んでいる。

?

てれびのスキマ/ 1978年生まれ。ライター。著書に『1989年のテレビっ子』『笑福亭鶴瓶論』など。

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)