すゑひろがりずが振り返るM-1「かまいたちさん、和牛さんの後は僕らに行かせてと思えたワケ」

すゑひろがりずが振り返るM-1「かまいたちさん、和牛さんの後は僕らに行かせてと思えたワケ」

すゑひろがりずの南條庄助さん(左、ツッコミ&小鼓担当)と三島達矢さん(右、ボケ&扇子担当)

「過去最高って言ってもいいのかもしれないですね。数年前なら誰が出ても優勝していたんじゃないか、というレベルの高さでした」

 大会の締めに審査員のダウンタウン松本人志がこう語るほど、2019年のM-1は沸いた。では何がこの“神回”を作ったのか。出場した漫才師たちのインタビューから、その答えに迫っていく。

 最初に証言してくれたのは「すゑひろがりず」。和服姿で鼓を使い、能や狂言を取り入れた漫才で大きなインパクトを残した。ただ、すゑひろがりずが登場したのは、2番手かまいたち、3番手和牛(敗者復活枠)が高得点を出した直後。

「大会のピークが過ぎた……」と他の芸人が思うなか、彼らだけが「この4番目で出させてくれ」と思っていた理由とは――? (全3回の1回目/ #2 、 #3 へ)

◆◆◆

■「かまいたちさん、和牛さんのあとは焼け野原でした」

――出番順については当初、どのように考えてたんですか?

南條 なんならトップでもいいぞ、って。

三島 準々決勝、準決勝と、比較的早い出番で、そこまでの重い空気を変えられたというイメージがあったんで、できれば序盤、僕らがドーンと火ぃつけたみたいな空気を出せればいいなと思っていました。

――ところが、その目論見は物の見事に外れてしまいました。

三島 4番手と早い出番でしたけど、直前の和牛さん、その前のかまいたちさんと死ぬほどウケていましたからね。火ぃつけるどころか、すでに焼け野原でした(笑)。

■「番組のピークちゃうか」和牛の敗者復活発表

――かまいたちが2番手で660点という高得点を出したときは、どう思いましたか?

三島 優勝やろ、って。

南條 後ろで出番を待っていた何人かが「もう、優勝やん」って言ってましたね。これ、優勝するやつ(流れ)や、みたいな。

――そして、3番手で注目の「敗者復活」のクジが出て、復活組発表では大方の予想通り、和牛が選ばれました。

南條 和牛さんって発表された瞬間、スタジオの歓声が異常やったんです。揺れるぐらい。後ろの連中は、今、番組のピークちゃうかみたいな。

――その和牛は期待に違わぬハイレベルなネタを披露し、かまいたちに次ぐ652点を叩き出したわけですよね。

三島 もう番組が終わった感がありましたね。本命、全部出てもうた、と。この後、どないすんねんって。ほとんどが初出場組だったので、誰も興味持ってくれないんじゃないかなみたいな。

南條 これ、エンディング? って感じですよ。ここでエンドロール入っても誰も怒らんやろって。裏でみんな苦笑いしてました。

――この後、出て行くコンビは大変ですよね。どうしたって比べられてしまいますからね。

三島 でも「もうここは行かしてくれ」と思ってましたね。

――「焼け野原」なのに?

■「僕らが空気を変えて、番組を盛り上げたい」

南條 たぶん、あの時、この雰囲気に唯一、食われなそうなのが僕らだと思ったんです。

三島 格好も、ネタのスタイルも、かなりの変化球なので、僕らならこの場をリセットできるんやろなと思って。ここで1発、空気を変えて、後ろの組にいいバトンを渡そうみたいな。

――番組全体のことも視野に入れていたわけですね。

南條 スタジオにいると、そういう気分になってくるんですよ。盛り上げたいって。番組として、尻上がりになって欲しいじゃないですか。

三島 もちろん、ここでウケたら、強烈なインパクトを残せるなという考えもありました。なので、次来い、次来い、って。

――「笑神籤(えみくじ)」ですゑひろがりずの名前が出たとき、お二人は「よし」という感じでしたもんね。

三島 願ってたら、ほんとに出ましたからね。ちょっと怖くもなりましたが、よしよし、行ってこうみたいな。

南條 もう、待つよりは早く行きたかったですからね。

■「前日に非常階段で登場シーンを20回練習しました」

――まず、お二人の登場シーンが話題になりました。せり上がりで、2人が小鼓と扇子を掲げながら上がってきて。それから、南條さんは、階段を降りるとき、音楽に合わせ小鼓をポンポン鳴らしていたんですよね。

南條 練習の成果が出せました。

――練習されてたんですか?

三島 前日、渋谷のヨシモト∞(無限大)ホールという劇場の非常階段で、後輩に見てもらいながら、登場の仕方の練習を20回ぐらいやりました。どんなポーズをして上がってきたら、いちばん雅やかに見えるかな、と。あと、袴なんで、階段を降りるときに裾を踏まないよう何度も練習しました。

――本番の階段って何段ぐらいあるんですか。

三島 4段ぐらいです。あそこがいちばん緊張しましたね。心臓がクッとなりました。

南條 あんな動き、人生でないですからね。下を向いて降りてって、目の前に何百人のお客さんが待ってるなんて。

■「それ、中尊寺」でイケると思った

――あの登場場面で自分たちを見失ってしまうという話を、よく聞きますもんね。

南條 舞台裏はとても暗くて、舞台に出る瞬間にパッと目の前が明るくなるんです。スタジオのセットが金色なので、むちゃくちゃ明るく見えるんです。暗闇から光の中へブワーッと出る感じで。確かに、あそこでリズムが狂っちゃう人はいるでしょうね。

――そこへ行くと、お2人は、実に堂々たるネタ披露でした。「すゑひろがりずと申します」という最初の自己紹介から、とてもよく声が出ていたように思います。

三島 一発目、いい声が出て、最初のつかみで「合コン……豪華なる金色堂の略」「それ、中尊寺」というところがあるんですけど、そこの返り(笑い)が割とあったんで、僕はそこから一気に自分の領域に飛び込めた感じがしましたね。

南條 確かにネタの出来は一番よかったと思いますわ。

――ただ、一度、南條さんは、小鼓を叩き損ねたんですよね。

南條 はい、紐が革の前に垂れていて、一緒に叩いてしまったんです。そうしたら、変な音になってしまって……。

――あれは、やっぱり調子が狂うものですか。

南條 むちゃくちゃ狂います。いちばん大事なところで“ツッコミ噛む”ぐらいの感覚ですよ。うまく鳴らないと、お客さん、ほんまに笑わないですから。あの時も変な空気になって焦りましたね。ただ、そのあとはネタに集中できたので、そこまでの大怪我にはなりませんでしたけど。

■「みなさま、よいお年を!ポンっ!」

――結果3位になって最終決戦のための「暫定ボックス」に席を確保したわけですが、直後、からし蓮根に抜かれてしまいました。スタジオを去る時の「みなさま、よいお年を! ポンっ!(小鼓の音)」が素敵でしたね。

南條 あっこだけは、5日前ぐらいから考えてたもんな。

三島 負けたとき、なんて言おうかって。

――一昨年のように大会が12月頭だとちょっと早過ぎますけど、22日と年末の空気感になっていたので見事にはまりましたね。

南條 そうそう。ちょい早ぐらいで、今田さんに「いやちょっと早いです、締めるのが(笑)」と突っ込まれて。ネタだけでなく、今田さんや審査員との絡みも込みで見られてる感じがしたんで、そこがすごい不安やったんですけど、うまいこと切り抜けられましたね。

( 【続き】 M-1神回の舞台裏 すゑひろがりずが目撃 「ミルクボーイは待ち時間もずっと練習してた」 へ)

写真=山元茂樹/文藝春秋

すゑひろがりず/三島達也(ボケ・扇子担当)と南條庄助(ツッコミ・小鼓担当)のコンビ。三島は1982年10月2日大阪府出身。南條は1982年6月3日大阪府出身。大阪NSC28期の同期生。

別々のコンビを経て2011年に結成。14年、東京に活動拠点を移す。14、15年にキングオブコントで準決勝進出。コンビ名は当初「みなみのしま」だったが、芸風に合っていなかったため、16年に和風でめでたい意味を込めた「すゑひろがりず」に改名。16年、18年にM-1準々決勝進出。19年初のM-1決勝で8位に。

M-1神回の舞台裏 すゑひろがりずが目撃 「ミルクボーイは待ち時間もずっと練習してた」 へ続く

(中村 計)

関連記事(外部サイト)