“隠し子母”を無視 宮根誠司に元上司が「逃げるな!」

【宮根誠司に隠し子報道】朝日放送の元プロデューサーがダンマリを決め込む宮根を批判

記事まとめ

  • フリーアナウンサー・宮根誠司は週刊文春の"隠し子"騒動にダンマリを決め込んでいる
  • 朝日放送の元プロデューサー・吉村誠氏は「きちんとコメントするべきです」と批判
  • 吉村氏はやしきたかじんさんや島田紳助さんらと数々の名物番組をつくってきた

“隠し子母”を無視 宮根誠司に元上司が「逃げるな!」

“隠し子母”を無視 宮根誠司に元上司が「逃げるな!」

©文藝春秋

 朝日放送の元プロデューサー・吉村誠氏(67)が「週刊文春」のインタビューに答え、“隠し子”騒動にダンマリを決め込むフリーアナウンサー・宮根誠司(54)を批判した。

「今からでも遅くない。宮根君は今回の問題にきちんとコメントするべきです。本来、男女関係はあくまでも当事者間の問題で立ち入ることはできない。ただ、ベッキーや山尾議員の不倫など他人のスキャンダルを番組で散々弄ってきた彼が、自分のことになると口を閉ざすなんて許されません」

「週刊文春」11月30日発売号で、宮根の“隠し子”を生んだA子さんは、宮根が独身を装い交際していたことや、宮根夫妻が密かにA子さんの親族を責め立てたことを明らかにしていた。

 吉村氏はテレビマンとして35年以上のキャリアがあり、やしきたかじんや島田紳助らと共に、「M-1グランプリ」「新婚さんいらっしゃい!」など数々の名物番組をつくってきた。朝日放送で社員アナウンサーだった宮根を、元上司としてよく知る人物でもある。

「2人の問題は、話し合いで解決できず、宮根君はA子さんを文春というメディアで告白させるまでに追い込んだわけです。いわば社会問題化させてしまった。ならば、宮根君は一刻も早く『申し訳ない。責任をもって彼女と話す』と番組で説明し、騒動を再び当事者間のレベルに収束させるべきです。このままだと一番可哀そうなのはお子さんです」

 12月27日発売の「週刊文春」では、吉村氏へのインタビューを詳報している。

(「週刊文春」編集部)

関連記事(外部サイト)