オープン参加の関東学生連合チーム。彼らが箱根駅伝を走る理由は?

オープン参加の関東学生連合チーム。彼らが箱根駅伝を走る理由は?

©文藝春秋

 記録よりも、記憶に残る――。

 そんな走りを期待したいのが、年始の1月2日、3日の箱根駅伝に21番目のチームとして出場する関東学生連合の選手たちだ。

 連合チームは10月に東京・立川で行われた予選会で敗退した大学の中から、予選会の20kmの成績と、その後に行われた10000m記録会の合計記録で選出されている。

 チームとしてはオープン参加、個人の記録も参考記録ではあるが、2017年には10区を走った東京国際大の照井明人(現NDソフト)が「幻の区間賞」を獲得するなど、隠れた実力者も多い。また、なかなか普段の箱根路ではユニフォームを見ることができない大学のランナーも多く、判官贔屓のファンには実に楽しみなチームなのだ。

■浪人生活をしながら1日20km近くを走った

 今大会の注目は、まずは何と言っても1区を走る東大の近藤秀一だろう。

 前出の予選会では箱根出場校の選手以外ではトップとなる59分54秒の記録で20位。一流ランナーの証でもある20km60分切りも達成し、本人も本戦へ気合は十分。

「まずはメンバー入りできて安堵の気持ちが強いです。本番も1区が上手くいけば2区以降の選手の安心感も違うと思うので、東大の存在感を示したいですね」

 近藤の前に箱根路を駆けた東大生は、2005年の松本翔(現日税ビジネスサービス)まで遡る。その松本は、現在の近藤の力についてこう分析する。

「近年の大学駅伝のレベルは僕らの頃より大きく上がってきています。注目度も上がり、有力選手を集める大学も増えた。僕は予選会の記録が61分20秒でしたから、単純に近藤選手はそれよりも大きく力が上でしょう」

 高校時代から強豪校で活躍していた松本のケースとは違い、近藤は静岡の県立高校出身だ。現役で東大を受験した際には不合格となり、浪人生活をしながら1日20km近くを走り込んでいたという。

「自分にもある程度の力があるとは思っていましたけど、上に行くとその分本当に強い人の力も見えてくる。だからこそ、『自分にしかできない道を』という想いが強くありました。強豪校からも声をかけてもらいましたけど、やっぱり陸上も勉強も妥協せずにやりたいことをやりきろうと思ったんです」

 そうして東大の理科二類に合格し、進学。現在は工学部で化学生命工学を専攻中だ。

 文武両道という面が注目されがちな近藤だが、特筆すべきはその走力の高さだ。2月には東京マラソンに挑戦し、2時間14分13秒の記録をマーク。トラックの記録も各校のエース級と遜色なく、本戦ではチームに勢いをつける走りを期待されている。

 もちろん一般的な強豪校とは違い、ひとり暮らしで食事も自炊、家庭教師のアルバイトもしている。競技面から見れば決して恵まれた環境ではないが、そんな中でも近藤は自分の道を模索し続けている。

「自分で考えて練習メニューを作るとか、固定観念にとらわれないことができるのは東大の良さだと思います。箱根を見るファンのみなさんも、みんながトップの選手から影響を受けるわけではないと思うんですよ。強豪校とは違う環境でもこれだけやれるんだというのを見て、少しでも陸上競技や箱根駅伝に憧れをもってもらえたら嬉しいです」

 また、今年の学連チームは箱根駅伝の“華”でもある5区の山登りにも注目だ。

 1年生で5区を走る筑波大・相馬崇史は、高校駅伝の超名門である長野の佐久長聖高校の出身。3年時には主将も務め、全国高校駅伝で準優勝も経験している。当然、進学に際しても多くの強豪私立校から声がかかった。だが、相馬が選んだのは箱根駅伝からは遠ざかっている国立の筑波大だった。

「将来的にマラソンに挑戦したかったんです。そういう軸で考えて、いろいろ話を聞いてみた中で、『自分で考えて競技をする』という要素を大事にしている筑波大が一番、自分に合っていると感じました」

 相馬は高校時代も進学コースに籍を置きながら、他の選手とは違う時間でメニューを組むなど練習を工夫していたという。3年生の12月の全国高校駅伝まで参加した上で、一般入試で筑波大に合格した。だが、文武両道という言葉に水を向けると、本人は苦笑する。

「僕の中ではあくまで陸上競技をやる上で一番伸びるチームがココだと思ったからというのが大きかったんです。だからそこまで文武のバランスを考えたというわけではなくて……(笑)。ただ、国立大の陸上部ということもあって、医学部も含めて色んな学部の人が来ます。いろんな立場で陸上競技に取り組む人と話す機会があるし、多様な価値観や考え方に触れることができる。それは競技をやる上でもとても勉強になっています」

 筑波大の山登りといえば、箱根ファンの記憶に残るのが80回大会の鐘ヶ江幸治だ。記念大会のため特別に構成された日本学連選抜チームの一員として5区を務め、並みいる強豪チームのランナーたちを押さえて区間賞を獲得。実は箱根駅伝の初代MVP(金栗杯)を獲得したのは、筑波大所属の鐘ヶ江なのだ。

「抜かして次、抜かして次という感じで、陸上人生で一番楽しいレースでした」

 そう本人が振り返るように、振り子のように腕を振る機械的なフォームと相まって、全国に大きなインパクトを残した走りだった。相馬はそんな先輩からの助言も得て、新たな“山の神”になるべく、天下の険へと挑む。

■高校では県大会にすら出られなかった

 2日の往路を終えると、復路の注目は8区を走る慶應義塾大学・根岸祐太だ。おそらく根岸は今回の箱根駅伝に出場する選手の中で、最も高校時代の実績に乏しい選手だからだ。

「3年生の夏は5000mで17分近くかかって、県大会にすら出られませんでした。練習自体は北海道に合宿に行ったり、結構しっかりやっていたんですけど……。その悔しさもあって、大学でも競技を続けようかと思ったんです。当初は箱根駅伝なんてレベルが高すぎて目標にすらなりませんでした」

 高校時代から故障があったわけでも、練習をしていなかったわけでもないという。それでもなかなか結果はついてこなかった。そんな根岸はなぜ、突然学連チームに選ばれるほどに覚醒したのか。

「大学に入って一番変わったのは“意識”の部分です。練習がガラッと変わったとか、そういうことはなくて。例えば今年の夏合宿なんかも初日から『こんな練習できるわけないだろ!』と思うような練習だった。でも、『絶対無理だ』と思わずに、何とかやってみると、意外と最後までできるものなんです。そうやって自分の意識から壁を無くしていったことが大きかったと思います」

 箱根駅伝が人気コンテンツになるにつれ、そのレベルは非常に高いものになっている。各大学ともスカウトに力を入れ、才能のある選手の奪いあいともいえる現状もある。

 そんな中で、コツコツと努力を重ねて、考え方を変えることで大舞台までたどりついた遅咲きのランナーの姿は、多くのファンを勇気づけるのではないだろうか。

「周りの人からもよく『なんで慶應はいつも箱根に出ていないの?』って聞かれるんです。今年こそは慶應もいるんだぞというアピールができる走りをしたいですね」

 伝統の「K」を胸に走る根岸には、まだまだ自分の限界は見えていないという。

■初めて走る箱根路での目標は?

 さて、ここまで至った背景も箱根路へのたどりつき方も全く違う3人だが、ひとつだけ同じ答えを返した質問があった。

――初めて走る箱根路での目標は?

「まずは自分が走ってその経験をチームに持ち帰りたいんです。そして次は――自分のチームみんなで箱根に帰ってきたいんです」

 彼らが肩から掛ける色のないタスキにも、多くの仲間の想いが詰まっている。優勝争いやシード争いとは違う、記録に残らない熱戦にも、ぜひ注目してみてほしい。

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)