悪名高い外交家・タレーラン、パリ条約でフランスを救った「大胆すぎる屁理屈」とは

悪名高い外交家・タレーラン、パリ条約でフランスを救った「大胆すぎる屁理屈」とは

シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール

醜悪すぎた外交家・タレーラン「ここまでしてなぜ暗殺されなかったのか」6つの裏切り から続く

 国際政治史において重要な仕事を成し遂げた、外交家・タレーラン(1754-1838)は、スリル満点で波瀾万丈の人生を送った悪人であった。

 「悪辣な政治家」が、ナポレオン戦争後の敗戦国フランスを救うために実行した、大胆な忠国外交とは――。

※本稿は、伊藤貫著『 歴史に残る外交三賢人 』(中公新書ラクレ)の一部を、再編集したものです。(全2回の2回目/ #1 も公開中)

 1814年春のパリ条約におけるタレーランの活動は、素晴らしいものだった。常に冷静で大胆で狡猾であったタレーランは四戦勝国(英露普墺)を相手に堂々と敗戦交渉を行い、戦勝諸国にフランスの要求をほとんど呑ませてしまったのである。以下にその行動を簡潔に解説したい。

■「ナポレオンはいずれ大失敗するだろう」

 1814年4月のフランスは無政府状態であった。ナポレオン敗北とフランス政府崩壊に驚いた国民は、茫然自失の状態であった。

 当時ソルボンヌ大学の歴史学教授であったフランソワ・ギゾー(後に仏首相となった)は、「敗戦時、すべての国民が虚脱状態であった。国家危機の真っ只中で、誰も行動しようとしなかった。人々は不平不満を並べたてるだけで、何も実行できなかった。フランス政府の高官たちは自分が逃げ出すことに忙しく、祖国の運命には無関心であった。フランス国民は、『今後、自分たちがどのような国家を望んでいるのか』ということを具体的に考える能力すら失っていたのである」と回想している。

 このような全国民の虚脱状況にあって、「ナポレオン失脚後のフランス」に関して準備していた人物が一人だけいた。タレーランである。

 彼は1805年から「ナポレオンはいずれ大失敗するだろう」と冷酷に予告していたから、フランスの敗北にまったく驚かなかった。1813年からタレーランはナポレオン失脚後の政治体制をいろいろ構想していたが、14年になると、「もう一度、ブルボン王朝を復活させるしかない」という結論に達した。

 タレーラン自身は、ブルボン家が好きではなかった。しかし「現在のフランスを内乱・内戦から救うためには、もう一度、ブルボン家を利用するしかない」という苦渋の結論に達したのである。

■たった一人で「正統主義」を掲げ、賠償金をゼロに

 そしてタレーランはブルボン家を復活させるに際して、正統主義(legitimacy)原則という理屈を持ち出した。

 この正統主義とは、(1)ヨーロッパの政治と外交は、正統な王家を代表する諸政府によって運営されるべきである、(2)ヨーロッパの平和と安定に対する加害者は「王権簒奪者」であった革命派とナポレオンだったのであり、ブルボン家は被害者であった、(3)したがって被害者であるブルボン家には、革命前のフランスの領土と権力を回復する正当な権利があり、ヨーロッパ諸政府はブルボン家が再び君臨しているフランスを処罰すべきではない、という理屈である。

 実にブリリアントな屁理屈である。タレーランがこの正統主義の理屈を持ち出し、それを戦勝諸国に呑ませれば、戦勝国はフランスを処罰する根拠を失う。そして弁舌が巧みで行動力のある外交家タレーラン(革命政府とナポレオン帝政に積極的に加担したタレーラン!)は、たった一人でこの「正統主義」という屁理屈を戦勝諸国に呑ませてしまったのである。

 その結果、1814年5月にナポレオン戦争を終結させるために結ばれたパリ条約では、フランスが革命前の領土をすべて回復することが認められ、しかも賠償金はゼロであった。革命政府とナポレオンがヨーロッパ諸国にあれほど巨大な損害を与えたにもかかわらず、フランスは処罰と復讐を逃れたのである。

■鈍感なくせに強情なブルボン家を抑え込むために

 しかもタレーランは敗戦状態のドサクサを利用して(ルイ18世が実際に国王の権力を握る前に)、ブルボン復古王朝が遵守すべき新憲法までさっさと決めてしまった。

 タレーランが決めた新憲法は、イギリス的な自由主義的立憲体制であった。ブルボン家はこのリベラルな憲法案を嫌ったが、タレーランは、「ブルボン家がこの憲法を受け入れることが、王制復古の必要条件なのです」と言葉巧みに説得して、新憲法を押しつけてしまった。

 アンチ・ナショナリスト(開明的なコスモポリタン)であったタレーランは、鈍感なくせに強情なブルボン家が、以前の絶対主義的君主制をもう一度復活させようと試みることを阻止したかったのである。

 同時代の小説家バルザックは、「敗北したフランスが戦勝諸国によって分割される、という悲劇から祖国を救ったのがタレーランだ。ブルボン家を国王に復位させたのも、タレーランだ。そのタレーランに対して、フランス国民は罵詈雑言を浴びせたのである」と記している。

(伊藤 貫)

関連記事(外部サイト)