中居正広「退所報告メール」返信しなかったのはキムタクだった

中居正広がジャニーズ事務所の退所発表 木村拓哉だけ「退所報告メール」に返信せず?

記事まとめ

  • 中居正広は会見で、SMAPの元メンバー全員に、退所報告のメールを送っていたと明かした
  • 「返事が来ないメンバーも」と説明していたが、木村拓哉だけが返信していないと判明
  • 22日、「週刊文春」取材班は木村を直撃したが、記者の問いに木村は一言も発せず

中居正広「退所報告メール」返信しなかったのはキムタクだった

中居正広「退所報告メール」返信しなかったのはキムタクだった

3月末の退所を発表した中居 ©文藝春秋

 2月21日、中居正広(47)が記者会見を開き、ジャニーズ事務所を退所することを発表した。その席上、中居はSMAPの元メンバー全員に対し、退所について報告のメールを送っていたことを明かしていた。

 中居は元メンバーからの返事について、「返事が来ないメンバーもいれば、のんきな……中身も内容はいいませんけど、そんな感じかという人もそれぞれです」などと説明していたが、4人の元メンバーのうち唯一、木村拓哉(47)だけが返信していないことが「週刊文春」の取材で分かった。元メンバーの知人が明かした。

 翌22日、「週刊文春」取材班は木村を直撃したが、記者の問いに一言も発せず、憮然とした表情のまま迎えの車に乗り込んだ。

 5年前に起きた事務所独立騒動で、中居はいち早く独立を表明し、一方の木村は事務所残留を主張。2016年1月の「SMAP×SMAP」(フジ系)で行われた謝罪以降、中居とキムタクの確執は表面化し、現在まで2人は、共演はもちろん言葉を交わすこともなかった。

 2月27日(木)発売の「週刊文春」では、木村との確執のほか、中居がなぜ「新しい地図」3人と一緒に独立せず残留を選んだのか、12年前に起きた幻の独立騒動、“ダンサー彼女”との関係など、中居のジャニーズ退所の内幕を4ページにわたり詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年3月5日号)

関連記事(外部サイト)