今のドラマはわかりやすくないとダメ? 『テセウスの船』と『10の秘密』、視聴率に差がついた理由

今のドラマはわかりやすくないとダメ? 『テセウスの船』と『10の秘密』、視聴率に差がついた理由

『10の秘密』主演の向井理(左)と、『テセウスの船』主演の竹内涼真(右) ©文藝春秋

 1月期の連続ドラマもそろそろ最終回が近づいてきた。

 今期のドラマは医療ものが多く、『病院の治しかた』(テレビ東京)、『恋はつづくよどこまでも』『病院で念仏を唱えないでください』(TBS)、『アライブ』(フジテレビ)、『トップナイフ』(日本テレビ)と主だったもので5本もあった。

 人気ドラマは「医療もの」か「ミステリー」と言われて久しいなか、ミステリーは『10の秘密』(フジテレビ 制作はカンテレ)と『テセウスの船』(TBS)の2本だけだ。ほかに刑事ものとして『絶対零度』(フジテレビ)があるが、ここではミステリーにカウントしない。

 2作のうち注目されたのは圧倒的に『テセウスの船』で、視聴率は2桁キープで後半順調にあがっている。『10の秘密』は6%台をうろうろ。はっきりと明暗が分かれている。人気ジャンルの「ミステリー」に挑戦したドラマがたった2本のなか、ここまでの違いが出てしまったのはなぜなのか。『10の秘密』と『テセウスの船』を徹底比較することで、いま、ドラマに何が求められているか見えてきた。

■「だましあい」のカンテレと「タイムスリップ」のTBS

『10の秘密』は、昨今、人気の「だましあい」をモチーフにしたもので、離婚した夫婦が、娘の誘拐事件を機に対峙し、彼らのみならず、関わる人々の過去の秘密が次々と明るみになっていく。出演者は向井理、仲間由紀恵、仲里依紗、渡部篤郎、佐野史郎ほか。

 オリジナル脚本で、脚本家は、草g剛主演のヒットドラマ『銭の戦争』『嘘の戦争』などを手掛けた後藤法子。演出家は『家政夫のミタゾノ』『セミオトコ』のほか、映画監督もしている宝来忠昭や『銭の戦争』『嘘の戦争』の演出などを務めた中西正茂。制作はカンテレ。

 一方の『テセウスの船』は「タイムスリップ」もの。殺人犯の息子として生きてきた主人公が過去にタイムスリップ、事件の真相を探り、未来のために過去を変えようと奮闘する。出演は、竹内涼真、鈴木亮平、榮倉奈々、上野樹里、安藤政信、麻生祐未ほか。

 漫画原作で、脚本家は『アリスの棘』などの高橋麻紀、演出は『花より男子』で大ヒットをとばした石井康晴や『グランメゾン東京』の山室大輔など。制作はTBSと大映テレビの共同制作だ。

 では2本のミステリードラマ、要素をひとつひとつ比較してみよう。

■「共感しやすいか」全く違う“キャラクターの色”

【主演】 向井理 対 竹内涼真  

 ふたりとも、事件に巻き込まれていく主人公にふさわしい透明感と、事態を見つめ考察していく目線が印象的。

 ただ『テセウスの船』では、竹内演じる主人公とともに事件の真相に迫っていく鈴木亮平の存在も大きい。バディ要素も入って、ふたりの会話の妙味がより親しみやすさを作り出している。最初は 、鈴木演じる主人公の父に犯人疑惑があったのが、信頼できる味方になるところは前半の見どころだった。

【女性キャスト】 仲間由紀恵(主人公の元妻)、仲里依紗(主人公の昔なじみ) 対 榮倉奈々(主人公の母)、上野樹里(主人公の妻) 

『10の秘密』で仲間由紀恵が演じる、向井理を翻弄する悪女的な役は、堂々たる風格と華がある。仲里依紗のどこか影のある表情とアクションのギャップも面白い。

 アクセントの強い仲間と仲の演技に対して、榮倉と上野は等身大の女性をナチュラルに演じている。主人公を包み込む榮倉のあたたかい母親役の笑顔は癒やされる。上野は、現代パートで事件の真相を調べる記者としての毅然とした姿や、主人公に接するビビッドな表情の数々が魅力的。未来、彼女が死んでしまっていることがわかっている分、主人公ともども、視聴者の心も切なくなる。

【あやしい助演】 渡部篤郎、佐野史郎 対 麻生祐未、安藤政信

 ミステリーに限ったことではないが、怪優の存在がドラマを盛り上げる。『10の秘密』の渡部篤郎、佐野史郎は安定の演技力を見せている。

『テセウスの船』では、思慮深い大人の女の印象の麻生祐未が特殊メイクであやしい老婆を演じる意外性も話題になっている。真犯人役を演じる安藤政信は映画で活躍してきて、その美しさと確かな演技力で評価を高めてきた。昨今ドラマにも出演するようになり、その新鮮さも視聴者に人気だ。その幼少期を演じる柴崎楓雅も圧倒的な不気味さでポイントが高い。子供が大人顔負けの知性によって禍々しい殺人を行う設定のスリルが、最新7話を盛り上げた。

■どちらもテーマは一つだが……

【脚本】 後藤法子(オリジナル) 対 高橋麻紀(原作もの)  

 映画もドラマも原作がある(ヒットしているとなお)と安心して見る気になる人が多い。反対にオリジナルだと率先して手を出さず、様子見する人も少なくない。

 オリジナルと原作ものでは脚本の完成度を比較することは難しいが、『10の秘密』は、ヒット作を多数手掛けるベテラン・後藤法子が込み入った展開を見事にうまく進めている。ただ夫婦の対決を軸にしているとはいえ、たくさんの人物が絡み合い過ぎていることと、場面転換が早く、じっくり見ないとわからなくなってしまう。

 対して『テセウスの船』は過去と未来が行ったり来たりするとはいえ、過去の殺人事件の真相を探り阻止するというそれ一本に集中しているので、わかりやすいうえ、主人公を応援しやすい(ナレーションも主人公のモノローグ)。

 その点、『10の秘密』は主人公ふくめ、どの人物も秘密があって行動の目的が掴みづらい(それがミステリーになっているわけだが)ため感情移入がしにくいのが難点かもしれない。

■時代のニーズは確実に「わかりやすさ」

【演出】 映画もやっているベテラン 対 TBSのヒットメーカー   

 カット割りや編集に凝っている『10の秘密』。場面がどんどん変わって、意味深な画が多く、矢継ぎ早にあやしい音楽を流し、雰囲気でカムフラージュするミュージックビデオ的手法が2000年代前後によく見られた感じで、今の時代にフィットしていない印象がある。

『テセウスの船』は時系列が行き来するからこそ、ゆっくり進行し、視聴者を振り落とさない。過去と未来も主要人物は同じで特殊メイクで老けているので、混乱することもない。音楽も、ここぞ! というとき、感情の盛り上がりポイント明示してくれるように入ってくる。

 怪しいところは徹底的に怪しく、家族のあたたかさを見せるところは徹底的に微笑ましく、メリハリがある??。これが退化か進化かはわからないが、時代のニーズは確実に「わかりやすさ」なのである。TwitterやLINE、Instagramによる手短なSNSコミュニケーションの隆盛により、いまの時代、即時性とわかりやすさが求められているのだ。

■通好みの『10の秘密』と、見る者を選ばない『テセウスの船』

【主題歌】秋山黄色「モノローグ」 対 Uru「あなたがいることで」

 クライマックス、人気ミュージシャンによる主題歌がかかってドラマ性をしっかり盛り上げてくれるのが人気ドラマの共通点だ。

『テセウスの船』は主人公が愛する者のために奮闘している感と主題歌がマッチしているうえ、音量も大きく、歌詞がシーンに合っていて、ナレーションと同じような役割を果たしている。ドラマの展開とともに、視聴者の感情を盛り上げているのだ。

『10の秘密』も同じく、クライマックスで主題歌がかかるが、音量やや控えめ。劇伴も含め、画と音楽が入り混じったつくりは、それはそれで完成度が高い。だが、「わかりやすさ」が好まれる時代では、これまた見る者を選んでしまう。一昔前はかっこいいものが好かれていたのだが……。

【時間帯】 火曜9時 対 日曜9時   

 ドラマには視聴習慣というものがあり、代表的なものにNHK・朝ドラがある。「話題になっているな」となんとなくチャンネルを合わせて見る習慣ができることはドラマの視聴率や注目度を上げるために必要だ。池井戸潤原作『半沢直樹』など、高視聴率ドラマを多く輩出した日曜劇場(日曜9時)は現在はブランド化していると言える。

 一方、火曜9時は火曜10時から時間帯を変更したりして安定しないこともあり、低迷中。作品の内容以前に、放送時間帯の違いも重要かもしれない。

 2作とも、クライマックスに向かって、あの手、この手を駆使して、実は、実は……と次々新展開を見せて、視聴者を混乱させていくのだが、簡単にシロクロつけず、淡々と進んでいく、通好みの『10の秘密』と、見る者を選ばない、家族でも楽しめる『テセウスの船』は大きく違う。

■あえて“わかりやすさを求めない”『10の秘密』

 火曜のカンテレ制作の過去作には、『僕のヤバイ妻』(火曜10時枠時代)という夫婦だましあい、殺しあうドラマなどシンプルで愉快なエンタメもある。いまの時代にはそういった、「シンプル」な作品が受け入れられやすいのではないだろうか。

 しかし、『10の秘密』のように人間のいろいろな事情や感情が入り組んだ、イヤミスの風情もあるドラマが好きだという視聴者もいるはずだ。「なんでもかんでもわかりやすさを求めてもつまらない」と、逆張りするカンテレのチャレンジ性も悪くはない。

 ただ『10の秘密』は登場人物それぞれの「秘密」をテーマにして、毎回誰かの「秘密」が明かされるコンセプトに追われ、ついつい彼らの事情を説明台詞で語らせてしまうところがある。書き込み不足な部分を刺激的な画面や音楽を使って撹乱していることも透けて見え、わけのわからなさをエンタメ化するほどの腕力には欠けているように感じる。

■ヒットの法則をそろいにそろえた『テセウスの船』

 その点『テセウスの船』はテーマが明瞭、主人公は徹底して正義、家族は善良、見せたいことが決まっていて、そこに脚本も演出も演技も集中しているので、視聴者が解釈を間違えることがない。日曜劇場はもうずっと、このやり方で視聴率をとってきた。

 なんといっても『テセウスの船』で描く「タイムスリップもの」は“もし過去が変えられたら……”という、現状を憂ういまの日本人の想いを代弁するような物語なのである。

 改めてまとめてみると、時間帯や原作というブランドの安心感、わかりやすさ、好感度の高い、極端な固定イメージのない、もしくは意外性を見せてくれる俳優の魅力。自分たちの幸福を損なう悪を退治したい願望、そのために過去を変えて未来が変わるという希望。あたたかい家族の関係、バディもの。エモーショナルな主題歌……。

 ヒットの法則をそろいにそろえた『テセウスの船』に、大衆性という一点においては軍配を上げざるを得ない。2作の違いは、純文学と大衆小説のようなものなのである。

(木俣 冬)

関連記事(外部サイト)