東京五輪延期でサッカー代表に危機、内村航平は復活? ピンチの選手、チャンスの選手

東京五輪延期でサッカー代表に危機、内村航平は復活? ピンチの選手、チャンスの選手

©getty

 世界中で加速している新型コロナウィルス感染の影響により、国際オリンピック委員会が3月24日に東京2020オリンピック・パラリンピックの1年程度の延期を発表した。延期時期の候補として考えられるとされていたのは「今秋」「1年後」「2年後」の3つ。

「今秋」ではコロナ問題の終息が見込めない。「2年後」では延期の域を超えて別の大会になってしまう。戦争による中止は夏季では過去に3度あったが、大会延期は124年の近代五輪史において初の出来事。総論で言えば影響を受けない選手は1人もいないが、その中でも確実に影響を受けるのが、原則23歳以下でチームを構成するサッカー男子だ。

■主力選手の多くが出場資格制限を超えるサッカー

 東京五輪の出場資格は「1997年1月1日以降に生まれた選手」となっている。24歳以上の「オーバーエイジ枠」も最大3枠あるが、現在のU-23日本代表では主力選手の多くが出場資格制限を超えてしまう。

 キャプテンを務めるMF中山雄太(ズヴォレ)や、マンチェスターシティーが保有権を持ち、守備のカナメであるMF板倉滉(フローニンゲン)、また、背番号10をつけるMF三好康児(アントワープ)や快足FW前田大然(マリティモ)といった主軸の多くが、来年は24歳になる。日本サッカー協会は東京五輪を見据えて多額の予算を組み、強化を進めてきたが、その中心にいたのは97年生まれだった。

 ただ、中心選手の多くが年齢制限を超えてしまうという事態は出場国すべてに当てはまるため、何らかの措置がとられる可能性も予想される。既にオーストラリアの監督は特別ルールの適用を訴えている。

■ピークをつくりあげた瀬戸大也、最高の状態をキープできるか

 気持ちの整理が難しいと想像できるのは、隙のないトレーニングで競技人生のピークをつくりあげてきた選手だろう。中でも2019年世界水泳選手権で男子200mと400mの個人メドレー2冠に輝いた瀬戸大也(ANA)は、競泳陣でただ1人、東京五輪の代表に内定している。

 五輪を目指すアスリートは目標から逆算した強化プログラムをつくっているものだが、瀬戸の場合はそれこそリオ五輪で銅メダルになった直後から東京五輪本番を見据え、1日単位で逆算しながら強化スケジュールを組んできた。今の最高の状態を1年先までキープできるか。

■「僕は困っています」コロナ禍で資金難に苦しめられる選手たち

 コロナ禍で経済の先行きが暗くなっている今、1年延期になることで活動資金の問題に苦しめられる選手も増えていきそうだ。フェンシングのロンドン五輪男子フルーレ団体で銀メダルを獲得している三宅諒は、SNS(ツイッター)で「僕は困っています。助けてください」と投稿し、約67万円の海外遠征費用の請求書画像をアップ。「人生を考える時が来たようだ」とも書いている。フェンシングは国際大会の成績で代表権を得るシステムだけに、これはつらい。


 メダリストでさえこの状況なのだから、マイナー競技の選手たちは大変だ。クラウドファンディングで遠征費用を調達して代表権を勝ち取ったのは、セーリング男子49er級の高橋稜・小泉維吹組。押し寄せるコロナ不況の下で彼らの今後はどうなるのだろうか。活動がままならないとなれば、競技力を保つことは難しい。

■心身に負担がかがっている選手、モチベーションを維持できるか

 身を削りながらギリギリの戦いを続け、心身に大きな負担の掛かっている選手もいる。厳しい減量を強いられているレスリング男子57キロ級の樋口黎は、リオ五輪の銀メダリスト。彼は延期発表の前日にSNS(ツイッター)で「1年2年延期になれば選手生命のピークを超える人がいる…俺も歳が限界…カモ…」と切実につぶやいている。


 1年延期が発表された後には「予選どうなるかだな〜」と投稿。24歳の樋口ですらこのような反応になるほどなのだから、30歳を超えた選手がもう1年、高いモチベーションを保つことはできるか。

 21年に32歳になる卓球男子の水谷隼は、自らの写真にしわ加工を施して老け顔にした写真をSNS(ツイッター)にアップした。日本卓球協会の上層部は、水谷をはじめとする男女6人(張本智和、丹羽孝希、伊藤美誠、石川佳純、平野美宇)の内定継続方針を示しているが、さすが水谷と言える強靱なメンタルの投稿だ。ただ、五輪レースや国内選考がこれからという競技のベテランたちの心中はもっともっと複雑だろう。


大会のズレがプラスに働く選手、マイナスに働く選手

 今後に発表される世界ランキングで出場資格が決まることになっている競技には、バドミントン、テニス、ゴルフなどがあるが、これらは五輪選考の対象大会をすべてこなす前に大会そのものが中止になってしまった状態だ。リオ五輪のバドミントン女子ダブルスで日本初の金メダルを獲ったタカマツこと高橋礼華&松友美佐紀組の東京五輪出場は現時点では非常に厳しいが、今後決まっていく選考システムがプラスに働くか、マイナスに働くか、という部分もある。

 テニスはケガのリスクも踏まえると1年で世界ランクが一気に下がることもありえるので、大坂なおみや錦織圭も安泰ではない。ゴルフも少しの狂いが好不調を分ける競技。女子は現在、畑岡奈紗、渋野日向子、鈴木愛の3選手が出場圏内にいるが、1年後のランキングとなればこちらも先が見えない。

 また、今年はオリンピックイヤーであるため、世界選手権クラスのビッグイベントを予定している競技団体はほとんどない。通常ならば五輪前年には多くの団体が世界選手権を開催しており、それが強化の場にもなっている。コロナ問題が一定の落ち着きを見せるまでは多くの競技で国際的なビッグイベントの開催は不可能であり、現在は練習にも影響が出ている。

 東京五輪で金メダル量産が見込まれる柔道は今年2月の時点で男女14階級中13階級の代表が内定し、レスリングも男女18階級のうち8階級に内定が出ている。柔道の大野将平、レスリングの川井梨紗子ら、抜きんでた強さのある選手でさえも、競技レベルを保つには相当な意識の高さが必要になるだろう。

■コンディションがベストでない選手に再調整のチャンスか

 1年の延期はリオ五輪金メダリストたちの動向にも影響してきそうだ。体操で金メダル通算3個の内村航平や白井健三、水泳の萩野公介は、昨年の世界選手権代表を逃しているが、1年後になれば再調整も可能だろう。今、31歳の内村の場合は年齢の壁もあるが、負傷を癒やして万全な体に戻す時間的猶予も生まれてきている。

 選考方法を巡って日本と国際組織の解釈が異なるという問題にさらされているスポーツクライミングは、代表に内定している楢崎智亜、野口啓代を除く残りの男女各1枠の争いが再び始まるようならば、活気が出てくるだろう。また、パリ五輪では除外されることになっている空手、野球、ソフトボールは、競技そのもののプロモーション期間が1年延びるという利点も生まれる。競技発展に生かすことはできそうだ。

■事故で「複視」のバドミントン桃田に、回復までの猶予

 また、バドミントン男子シングルスで世界ランク1位の座を1年半もの間、守り続けている桃田賢斗は、今年1月の交通事故により、右眼眼窩底を骨折して手術をし、3月上旬の復帰会見の際には、「複視」という、物が二重に見える症状が手術前にあったことや、眼のリハビリがまだ続いていることを明かしていた。桃田に関しては五輪が1年延びることで回復までの猶予は確実に延びる。

 東京五輪の日本代表選手団は約600人になる見込みで、これまでにおよそ100人が代表内定などの権利を持っている。残りの500人はどうなっていくか。少なくとも、20歳前後の若い選手たちにはチャンスが広がっていると考えて良さそうだが、20年を区切りと考えてきたベテランたちにとってはハードルがさらに高まることになった。

 前例のない、五輪の延期。まずは今の世界的な感染拡大が収まり、日本国内では引き続き十分に気を引き締めて感染を抑え、1年後につないでいきたい。

(矢内 由美子)

関連記事(外部サイト)