『あっぱれさんま大先生』出身・加藤諒が語る“生き残る”ということ

『あっぱれさんま大先生』出身・加藤諒が語る“生き残る”ということ

(c)松本輝一/文藝春秋

てれびのスキマさんによる各界「テレビっ子」インタビュー、12人目のゲストは一度見たら忘れられない個性派俳優・加藤諒さん。『あっぱれさんま大先生』にも出演していた元子役の知られざる“人生”をたっぷりと! (全3回  #2 、 #3 に続く)

■最初のテレビの記憶は……

加藤 お久しぶりです!

―― おお、覚えていていただいて。2016年の年末にある雑誌で「来年のカルチャー予想」みたいな対談させていただいて以来ですね。

加藤 その時に「『僕たちがやりました』っていう漫画が実写化すると思う」って言ったら、実現して自分がそのドラマに出たんですよ!

―― ああ、そうでした!

加藤 あと、「昭和ブームが来る」みたいな話もしたら、平野ノラさんのブームが来たり。

―― 予想、ズバズバ当たってましたね! そんな加藤さんの一番最初のテレビの記憶ってどんなものですか?

加藤 やっぱり『おかあさんといっしょ』ですかねー。小っちゃい時の写真とか見ると、じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりの着ぐるみと写真撮ってるやつが出てきますから。あとは『ウルトラマン』。戦隊シリーズや『仮面ライダー』よりも、『ウルトラマン』をビデオで見てたっていうイメージがありますね。戦隊ものだと、『(忍者戦隊)カクレンジャー』と『(五星戦隊)ダイレンジャー』は見てました。なので、伸びる如意棒みたいなおもちゃとか持ってましたね。

―― ダイレンロッドですかね。

加藤 あと『(美少女戦士)セーラームーン』も見てました! 100パー姉の影響。この間、ホームビデオを掘り起こしてたら、自分で作ったセーラームーンのかつらをかぶってる映像が出てきました(笑)。

―― 誰が好きだったんですか?

加藤 その時かぶってたのは、色的に見てちびうさでしたね(笑)。今はマーキュリー。清純派ですべてが透き通ってる感じが好きですね。勉強もできるし。小学校になると、堂本剛さん主演の『金田一少年の事件簿』とか、『銀郎怪奇ファイル』とか。『ほんとにあった怖い話』とか『木曜の怪談』とかの怪談系は学校でも流行ってて見てましたね。オーディションも受けてました。

■変声期前の僕が歌ってる、静岡のローカルCM

―― ダンスを始めたのは5歳。その時にはもう事務所に入っていたんですか? 

加藤 事務所ではなかったんですけど、通っていたダンススタジオ自体がローカルCMのキャスティングをしたり、ショッピングモールのイベント出演をするようなところだったんです。だから地元・静岡のローカルCMには出てました。伊豆修善寺サイクルスポーツセンターのCMの歌を、変声期前の僕が歌ってます(笑)。静岡では今でも流れてるんじゃないかな。

―― CMを実際にテレビで見てどう感じましたか?

加藤 恥ずかしかったです。自分の声って自分で聞いてる時とテレビを通して聞く声とで違うじゃないですか。それが慣れないのもあって。あと、周りから「調子乗ってる」とか言われたりして、目を付けられやすかったです。『あっぱれ(さんま大先生)』に出てたのは小4から小6くらいの時ですけど、「さんまさん、連れてこい」とか言われて。いや、無理でしょ、って(笑)。

―― バラエティー番組は何を見てましたか?

加藤 『天才てれびくん』が好きで高校ぐらいまで見てましたね。テレビ戦士になってレギュラー出演したかった! でも、『あっぱれ』に出てるからダメかあ……みたいな、そういうジレンマはありました(笑)。あと楽しみだったのが『8時だJ』。ジャニーズの皆さんが怪奇現象を検証したりする『USO』も好きでした。ちょうどその頃『ガッコの先生』っていうドラマに出ていて、緑山スタジオで撮影してたんですけど、『USO』にちょいちょい緑山スタジオが映るんですよ。で、「あ〜、あそこ!」みたいに興奮しちゃって。まだ素人半分ってところがありましたね。

■『あっぱれさんま大先生』でオネエキャラに開眼

―― 先ほどお話に出た『あっぱれ』ですけど、オーディションはどんな感じでしたか?

加藤 そもそもは、今所属してる事務所から「オーディション受けませんか?」っていう話が静岡のダンススタジオに来て、「受けたい」って手を挙げたんです。で、実は最初はオーディション落ちちゃったんですよ。落ちちゃった後に、当時の『あっぱれ』は、2人ぐらいゲスト枠があって、その枠で呼んでいただいて、そのまま準レギュラーに。そしてレギュラーになりました。

―― もともとは役者志望だったんですか?

加藤 吉本新喜劇が好きで、どちらかというとお笑い芸人になりたかったんです。当時、『超コメディ60!』っていうのが放送されていたんですよ。それで藤井隆さんを見て、「ヤッバい、この人!」「この人すごい!」って大ファンになったんです。笑いのツボが自分に合って面白いし、それでいて、お芝居しても素晴らしいし、歌ってもかっこいいし、ダンスもできるし……。あこがれてました。

―― お笑いへのあこがれがやっぱりあったんですね。

加藤 ありました! でも、学校ではホントに地味っ子で、笑わせるとかそういう意識は全然なかったですね。僕の学校、結構ドロドロしてたんですよ。だから、どう仲良くやっていくかみたいなのはすごく考えてました(笑)。少しでも目立つと叩かれる感じ。僕は男子よりも女子と一緒につるんでることが多かったので、なおさらドロドロの世界に生きていました。交換日記に悪口いっぱい書いてあったり(笑)。

―― 『あっぱれ』では途中から「くるみちゃん」という、今でいうオネエキャラに“変身”したじゃないですか。自分の中で葛藤はありませんでしたか?

加藤 全然なかったです。事務所からは、オカマキャラで出ちゃうと学校でいじめられないかって心配されたんですけど、ちょうど僕が出て少し経ったタイミングで『あっぱれ』は静岡で放送されなくなったんですよ。だから、自分も開き直っちゃって。

―― ああ、なるほど!

加藤 子どもながらにも、芸能界でどうやったら生き残れるかを常に考えていて、「売り出すなら今だ!」と思ってたんですよね。

■この子はやめていく、この子は残るとか、見えてくるんです

――『あっぱれ』に出られていたのは10歳からの約3年間。ちょうど思春期真っ盛りじゃないですか。その時期にああいうキャラをこなせたというのはすごいですね。

加藤 藤井隆さんへのあこがれが強かったですから。あと、女の子と遊ぶことの方が多かったから、なんとなく立ち居振る舞いが女子的だったんです。さんまさんもそこをツッコんでくるから、そうか、これが面白いんだと思って。さんまさんの番組の中でも、この子はやめていく、この子は残るとか、見えてくるんです。それで「残るぞ、残るぞ」っていう気持ちは強かったかもしれない。

―― 子ども時代とはいえ、シビアな世界ですよね。

加藤 お母さんたちもすごく必死。この時にこう返す、この時にはこう返すとか、そういうのをシミュレーションして楽屋で母子練習したりしてて。そういうのを見ると、「うわ〜、何この世界?」ってちょっと思いましたね。

―― 加藤さんの親御さんはそういうところはなかったんですか?

加藤 一瞬あったんです。『あっぱれ』の収録で、歌をアカペラで歌ってくださいって言われてたのに、僕は歌わなかったんです。そうしたら、親が「なんで歌わないの!」みたいに激怒。頭に来たので「周りに影響されてる!」って親を叱りました。

■さんまさんが乳首を見せてくれた

―― 『あっぱれ』では当然さんまさんと絡むわけですけれども、どんな印象でしたか?

加藤 さんまさんはプロ! こういう人がプロって言うんだ、みたいな感じですね。僕たちと顔をあわせるのはスタジオだけでした。だから、「さんまさんとのエピソードって何かないですか?」ってよく聞かれるんですけど、スタジオで起きてることがすべてなんです。唯一あるエピソードっていったら、暑い日にキャンプロケに行った時のことくらいかな。さんまさんに「ちょっとくるみちゃん、1本取ってよ」って言われて、氷水で冷やされてる飲み物を「はい」って渡したら、「サービス」って乳首見せてくれた。そのくらいです(笑)。

―― 『あっぱれ』の同じ時期にやっていたメンバーとは、今も交流があったりするんですか?

加藤 ぽっちゃりの海くんとか零治(OKAMOTO’Sのオカモトレイジ)とかは今でもLINEを時々したりしますね。

―― 集まることはあんまりもうないですか?

加藤 今、USJで働いてる子もいるし、保母さんになってる子もいるし、それぞれですから集まるのはちょっと難しいかなっていう感じです。でも、海くんとは、この間『ナイナイアンサー』の企画で久しぶりに再会して、そのあと焼肉一緒に行きました。

―― 『とと姉ちゃん』では、場面は全然違ったんですけれども、森絵梨佳さんと間接的に共演されてましたね。

加藤 絵梨佳ちゃん、すっごいかわいくて! 『あっぱれ』の時に一番親身に話ししてくれたのが絵梨佳ちゃんだったんです。それで、加藤が恋をして告白したらフラれちゃって、『あっぱれ』の中では加藤をオネエにしたのは絵梨佳ちゃんだっていう感じになっちゃったんですけど(笑)。今ではあんなトップモデルさんになって、ご結婚もされてね。

■「次お前行くからな」っていうさんまさんの目

―― さんまさんとは卒業後、共演されましたか? 

加藤 『踊る!さんま御殿!!』とか『ホンマでっか!?TV』とか、関西ローカルの『明石家電視台』でご一緒させていただきました。すっごい久しぶりにお会いしたのは、さんまさんの還暦特番でした。

―― さんまさんから加藤さんへの接し方というのは変わりました?

加藤 やっぱり子供じゃないので変わったと思います。バラエティーにも出るんだったらちゃんとやれよ的な感じはありますね(笑)。よく芸人の皆さんが言われている、「次お前行くからな」っていうさんまさんの目とか、トークの時にオチがないと「で? で? で?」ってプレッシャーをかけられる感じ、だんだん分かってきました(笑)。

―― 『あっぱれ』の時はどうだったんですか?

加藤 子供だったからなのか、そこまでは感じなかったです。でも、さんまさんは瞬発的にバンッてパスを回してくるから、がっかりさせないように心がけてました。返しが長いと、さんまさんは見るからに「ああ……」ってなっちゃうから(笑)。でも、さんまさんってホントに僕たちのことを思ってくれる方なんです。『ワオ』というコント番組に出演が決まった時、プロデューサーの亀高(美智子)さんに「あいつは役者やってて芝居できるから大丈夫や」って言ってくださったそうで。

―― いい話! 支えてくれてるんですね。

加藤 そうなんです。僕が出演した『クレイジーハニー』という舞台もさんまさん、見に来てくれてたんですよ。まあ、長澤まさみさんが出てたからなんですけど(笑)。ある時、お会いした時に「あ、お前、『クレイジーハニー』出てたな」って、僕が出てたっていうのをちゃんと覚えててくれたんです。

―― 細やかですねえ。そんな「さんま大先生」から学んだことって何でしょうか。

加藤 “芸能界”というものを学んだなとは思います。当然ですけど、これは仕事なんだっていうことを強く思いましたし、こういうことをやったら盛り上がる、こういうことをやらなかったらカットされちゃうとか……まさに「生き残る」ということですよね。その学びの現場だったと思っています。

#2 元子役・加藤諒が振り返る「仕事なかった時代」
http://bunshun.jp/articles/-/6323

#3 “超個性派俳優”加藤諒が語る「なぜ、こんなにブレイクできたのか?」
http://bunshun.jp/articles/-/6324

写真=松本輝一/文藝春秋

かとう・りょう/1990年、静岡県生まれ。『あっぱれさんま大先生』では「くるみちゃん」のキャラクターで人気者になった。多摩美術大学で野田秀樹の授業を受け、「NODA MAP」作品『ザ・キャラクター』で初舞台。ドラマ出演作品に『主に泣いてます』『とと姉ちゃん』『真田丸』『ゆとりですがなにか』など多数。3月15日より舞台『パタリロ スターダスト計画』に主演。 https://www.nelke.co.jp/stage/patalliro2018/

(てれびのスキマ)

関連記事(外部サイト)