楽天ルーキー西巻賢二 ダジャレで梨田イズムを継承

楽天ルーキー西巻賢二 ダジャレで梨田イズムを継承

©かみじょうたけし

 先日、沖縄の金武町(きんちょう)で行われている楽天イーグルスのキャンプに行ってきた。今月2回目の沖縄だったのだが、2週間前に行った時はまさかの気温6度。沖縄やと思って行ってるだけに余計に寒さが身にしみる。それならばと前回の教訓を活かし厚手のジャンパーを持参したが、そんな僕を嘲笑うかのように気温21度。気づけば4LのウィーラーTシャツ一枚で内野スタンドに腰掛け沖縄そばをズルズル。

 練習が始まると球場に選手達の叫び声がこだまする。その中でもひときわ大声で叫び続ける選手の姿が、新選手会長の岡島豪郎選手だ。

 11日の紅白戦、14日のKIAとの練習試合では久しぶりのマスクをかぶっての出場に僕は驚いた。きっと捕手登録を二人で行きたいとのチームの方針だろうが、選手会長にプラスしてスーパーサブにせよ再び捕手を兼任となると岡島選手への負担は物凄い事になる。打てるキャッチャーと喜ぶファンもいるが、トレードで入団してきた山下斐紹捕手の加入によりレベルの高い競争の末、岡島選手が外野手に専念できる事を期待しているし、本人もそう願っているのではないだろうか。

 1月に京都で行われていた自主トレの見学に行った際、岡島選手が一緒にトレーニングしていた石原彪捕手のキャッチャーフライの捕り方を見て「その捕り方ではナイターだったらやってまうぞ」と熱心に何度も何度も指導していたのを思い出した。きっと俺にマスク被られてるようではダメ、這い上がってこいのメッセージだったのかもしれない。

 さて、その日は韓国の三星ライオンズとの練習試合だったのだが、試合前のボールまわし守備練習で、ある選手の動きに目を奪われた。ドラフト6位ルーキーの西巻賢二選手だ。

 仙台育英高校の卒業式もまだ終えていない高校生の彼が一軍キャンプで昨シーズンゴールデングラブの銀次や、チームに帰ってきてくれた渡辺直人、三好匠などに混じってなんら遜色ないプレーを見せてくれる。ボールを処理するまでの動きはもちろん、一番驚いたのがスローイングだ。

 身長167センチとプロ野球選手としてはかなり小柄だが、異常に肩が強い。ショートからファーストへ何度も何度も正確で伸びのある球が送られる。高校時代にピッチャーとしても140キロ前後の直球を投げていたのはだてではない。そして練習試合では途中出場で2打数2安打2打点、9回のタイムリースリーベースでは脚もある所までアピール出来たのではないだろうか。

■思い出される15年夏の甲子園

 ふと2015年夏の甲子園、東海大相模vs仙台育英の決勝戦を思い出した。3点ビハインドで迎えた6回裏仙台育英の攻撃、1死1塁で佐々木柊野キャプテンの代打で出場したのが当時1年生の西巻選手だった。6回表に大ファインプレーでチームを救っていたキャプテンを代えてまで出てきた小さな1年生は小笠原慎之介投手(現中日ドラゴンズ)から見事にレフト前ヒットを放ち、同点に追いつく足がかりを作った。決勝戦のあの場面で、このあいだまで中学生だった少年が堂々と結果を残す。やはりあの頃から只者ではなかったのだ。

 そんな西巻選手に試合後話を聞けた。

かみじょう「お疲れ様でした。初の対外試合緊張は?」

西巻「まぁ少しは……ここ金武町(キンチョウ)なんで」

か「あれ、すでに梨田イズム?」

西「すみません(笑)」

か「ナイスバッティングでしたね」

西「はい、打ててよかったです。ただ僕の売りは守備なので、そっちを確実にやるだけです」

か「スローイングが素晴らしいと思いました」

西「そこを観てくれるのは嬉しいです」

か「身体は小さいけどバット長く持つよね?」

西「昔からそうなんで」

か「渡辺直人さんの様な短く持ってミートするいい手本もあると思いますが、その辺りは考えたりしますか?」

西「このスタイルでプロ野球選手になったので、今は変える段階ではないと思ってて、色んな壁にあたった時に色々試していければと」

か「高校野球との一番の違いは?」

西「やっぱりピッチャーの球のキレです。同じ140キロでも高校野球とは全く違います」

か「でも今日は2安打やね」

西「たまたまです(笑)」

か「この調子でケガせず頑張ってください!」

西「ありがとうございます!」

 とても18歳とは思えないしっかりした受け答えだった。プロ野球選手として自分がこれからやるべき事がしっかり見えている、自分の立ち位置が明確にわかっているのだろうなぁと強く感じた。塩川達也コーチは自分が入団した時を考えると信じられないほどの落ち着きとしっかり自分の実力を一軍でもアピールできる所が凄い、そしてできなかった事が出来るようになるまでのスピードが尋常じゃなく早い、とも。たしかに既に梨田監督ばりのダジャレまで会得していた事にもちょっと驚いた。今シーズン、西巻賢二の活躍に期待したい。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム オープン戦2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/6369 でHITボタンを押してください。

(かみじょう たけし)

関連記事(外部サイト)