カーリング女子に刺激 北見市出身・元ロッテ古谷拓哉の営業マン人生

カーリング女子に刺激 北見市出身・元ロッテ古谷拓哉の営業マン人生

©梶原紀章

 2月24日夜。古谷拓哉氏は自宅のリビングでテレビにくぎ付けになっていた。イギリスとの3位決定戦に臨んだカーリング女子日本代表が5-3で勝利をおさめ、銅メダルを獲得すると我が事のように喜んだ。昨年オフに現役を引退し球団の営業マンに転身した同氏は北海道の北見市出身。女子日本代表メンバーが所属するLS北見の拠点でありカーリングのメッカであるだけに人一倍応援に力が入った。

「めちゃくちゃ誇らしいですね。ハーフタイムでのモグモグタイムが話題となっていましたが、あの時、皆さんが食べていた赤いサイロというチーズケーキは地元では有名で、自分もよく食べていた。ああいうのがテレビで紹介されているだけでも感動しました」

 地元の女子たちの活躍に勇気をもらった気がした。今年から始めた慣れない営業マンとしての日々。1週間はあっという間に過ぎ、土日は唯一、心を休められるときだ。「日曜になると、ああもう休みが終わってしまうのかと思ってしまいますよね」と苦笑いする。そんな土曜の夜に観戦したカーリング女子日本代表の快挙に、同じ北海道北見出身として勇気をもらった気がした。月曜日からまた営業マンとしてアポをとり、商談に向かうエネルギーが湧いてきた。

 時を同じくして嬉しい事もあった。週明け月曜日に球団事務所に顔を出すと商談成立の申込書が届いた。公式戦の冠協賛社となるマッチデースポンサーを探していたところ、現役時代の知人を通して紹介された企業が手を上げてくれたのだ。人生で初めて成立した大型案件。申込書を目にすると、手が震えた。そして周囲への感謝の気持ちが湧いてきた。

「嬉しかったです。でも一人の力ではない。現役時代にお世話になった方に紹介いただいて、話が進んだ。4月と9月の2試合でマッチデーを開催していただけるということになりました。本当に自分の力ではなく周りの支えと営業の先輩や上司のアドバイスがあってのこと。カーリングと一緒でチームプレーです」

■元選手ではなく、一人の営業マンとして

 年間シートも10席ほど売れた。これもコーチや選手、OBから紹介してもらうなど、周りの配慮と人脈をたどり、地道な努力の結果、成立に行きついた。現役時代はなかなか分からなかった球団事務所内でのフロントの仕事。球団のためにと色々な人が連携を取りながら、一つの仕事を行っていることを痛感した。そしてその一人として自身も地道に頑張ることを誓う。

「まずは挨拶。あと電話で企業の方とアポをとることもやっています。アポの約束に行きつくまでは正直、なかなか難しい。企業の方は自分が元選手だからどう、ということではなく一人の営業マンとして見ているわけですから。しっかりと熱意を伝えてプレゼンをしないといけない。そういう意味ではまだまだ未熟さを感じます。早く一人前になりたい」

 今まで2月といえば春季キャンプ。この時期に千葉にいたことはなかった。キャンプ地である石垣島にいけない寂しさと切なさを感じる時はある。ただ、そんな想いは心の奥底へと押し込み日々、足を使っての営業を続けている。

「2月ってこんなに寒いのかと初めて知りましたよ」

 古谷氏はそう言って笑った。4年に1回の冬季五輪。そしてこの時期になると決まってカーリングの話題を周囲からされてきた。今年は営業マンとして自身が北海道北見市出身であることを話題の一つにしている。現役通算148試合に登板をして23勝。13年には9勝1敗の好成績を挙げ、6月26日のバファローズ戦(京セラドーム)では九回二死まで無安打投球を続けたこともある。それでもユニフォームへの未練を自ら断ち切り、進んで入った営業の世界。まだまだ駆け出しの営業マン。でも毎日、一歩ずつ確実に成長している。

梶原紀章(千葉ロッテマリーンズ広報)

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム オープン戦2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/-/6400 でHITボタンを押してください。

(梶原 紀章)

関連記事(外部サイト)