小平の抱擁とボルムの土下座 韓国で話題の平昌五輪プレイバック

小平の抱擁とボルムの土下座 韓国で話題の平昌五輪プレイバック

©JMPA

 平昌冬季オリンピックが閉幕した。

 開催前には施設などの工事の遅れや現地の極寒などが取り沙汰されたが、大きな事故もなく成功裏に終わったと、韓国では安堵とオリンピックの余韻が広がっている。

■シベリアよりも寒かった

 実際、もっとも懸念されていた開会式はなんとか無事に終わった。現地で取材した全国紙の記者が苦笑する。

「現地で詰めている間には、あまりの寒さに携帯のバッテリーが突然切れたり、コンピューターが故障したりと大変なこともありました。ただ、開会式は風もあまりなく、いい天気で、大会関係者はみんなほっとしている感じでした。事前の記者会見で悪天候の対策についての質問が出た時に、『祈るしかない』という、もう笑うしかないような答えが返ってきましたから、まさに天が味方したというほかありません」

 大会に参加した選手の中で、バイアスロンの韓国代表として出場したティモフェイ・ラプシン選手(ロシアから韓国に帰化)は自身の故郷、シベリアよりも寒いとこぼしていたという。日本人観光客もこんなことを言っていた。

「気温が低いのはまだ我慢できるんですけど、こんなに風が吹いたら、耐えられない」

 そう、平昌で強敵は氷点下の気温に風が加わった時だ。風速1メートルで体感温度は1度下がるといわれ、平昌は強風を生かした干し鱈の名産地だけに当初から不安視されていた。

「大会では強風でアルペンスキーなど延期される種目も出たし、選手らの体調管理も大変だったかと思います。また、実際、スノーボードの豪州代表のテス・コーディ選手は練習中に強風で転んで前方十字靱帯を損傷して欠場せざるを得なかった。もう少し対策が練れなかったのか反省すべき点でしょう」(同前)

 工事が遅れていた施設も開催前にはすべて完成し、リオ夏季オリンピックに行った人からは、「リオはオリンピックが始まった後でもパラリンピックの施設を工事していましたから、それに比べれば上出来です」という声も聞かれた。

 問題点としては、施設でのノロウィルスの感染や、時間通りに運行されないシャトルバスなどの輸送面、そして温水やネット使用の制限をつけた施設問題、そしてボランティアの処遇などがあげられたが、おおむね成功という雰囲気が圧倒的だ。

■韓国でもカーリングがブームに

 冬季オリンピック史上最多の92カ国・地域が参加した大規模な大会において、韓国は成績面でも史上最多となる17個のメダルを獲得した。なかでも、これまであまり日の目を見なかったカーリング(女子・銀)やスケルトン(金)、ボブスレー(銀)でメダルをとり、競技種目の幅が広がったという声が上がっている。

「開催国のメンツを保つ意味合いもあり、スケルトンやボブスレーなどにスポンサーがついたことが躍進につながったといわれています。カーリング女子は、もともと世界的にはスキップのキム・ウンジョン選手の実力は知られていたそうですが、韓国の国内ではそこまで知られていなかった。今回のカーリング女子の活躍から、全国的にカーリングブームに火がつきそうです」(スポーツ紙記者)

■韓国人の心を打った小平奈緒

 忘れられない、記憶に残る名場面などの特集も続々、組まれているが、そこに必ず登場するのは、スピードスケート500mの小平奈緒選手とライバル・李相花選手の抱擁シーンだ。

 日本人選手の中では、韓国で「美女鳥」と呼ばれたジャンプの高梨沙羅選手、「浅田真央選手と韓国の女優パク・ボヨンに似ていてかわいい」と言われたカーリング女子のスキップ・藤沢五月選手らの人気が高かったが、小平選手は別格のようだ。同選手への感嘆は韓国の人々の心の奥深いところから湧き出ているかのようで、競技後もしばらく賛辞が止まず、李選手のライバルということもあるが、大会が終わってからも断トツで名前があがる。

 50代の会社員がしみじみと語る。

「ひとりの人間としてすばらしい。勝った後の振る舞いが、こんな人がいるのかと、今思い出しても胸がじいんとします。大会前は李選手のライバルくらいにしか知らなかったので、李選手と親しかったと聞いて驚いたし、検索した記事から、後援している病院との関係や、スポーツ選手にとって還暦とも言われる30歳目前でオランダに留学したことなどを知って、衝撃を受けました。『すごい』のひと言です。李選手も全力を尽くしたし、ふたりが抱き合うシーンは忘れられないものとなりました」

■擁護派も増えたパシュート女子のキム・ボルム選手

 また、名場面と言っていいのか分からないが、パシュート女子の「いじめ」騒ぎで炎上した、キム・ボルム選手の観客への土下座シーンも印象深い場面として登場している。

 キム・ボルム選手は2月19日のパシュート戦に出場したが、最終ラップで最後尾となったノ・ソンヨン選手を置き去りにしたままゴール。これだけでも衝撃だったが、競技後に受けたインタビューでは、ノ選手を責めるような口ぶりと、笑顔が「嘲笑している」とみなされ、SNSなどで猛バッシングを受けた。

 青瓦台(大統領府)のホームページの掲示板(国民請願掲示板)には、「(パシュートに出場した)キム・ボルム、パク・ジウ選手の資格剥奪と積弊氷上連盟(※筆者注:正式名称は『大韓氷上競技連盟』だが、氷上連盟も清算されるべき積弊の対象という意味で使われている模様)の厳重処分を請願します」という請願が60万件を超えて、ネットには「スポーツマンシップにもとる恥ずかしい行為」などと責める書き込みや、逆に「魔女狩り」といき過ぎをたしなめるような声も見られた。

 キム・ボルム選手はパシュートの試合翌日に監督とふたりで記者会見を開いて謝罪したが、個人的には、帽子をぞんざいに被ったまま記者会見に臨み、「コーチ陣の責任」と話した監督のほうに違和感を覚えた。

 そんなキム・ボルム選手は、2月24日には、スピードスケートのマススタートに出場し、高木菜那選手に次いで銀メダルを獲得したが、問題のシーンはその後に起きた。メダルを獲った喜びよりも許してほしいという思いが強かったのか、観客に向かって土下座したのだ。

「あれほどの非難にさらされてもなお出場してメダルを獲ったボルム選手の精神力に舌を巻きました。実は、試合前には、相当参っていたと伝えられています。彼女は仏教徒なので、僧侶から『選手は結果で勝負するもの』といわれ、一念発起したといいます。パシュートのいじめ問題は、スケート連盟にも問題があるとされていて、3人で練習したのも数えるほどだったそうですから、一概にボルム選手だけを責められません。最近では、ボルム選手を擁護する声も増えてきています」(前出・スポーツ紙記者)

 ネットの書き込みを見ると、「このままうやむやにするのか」や「永久除名しろ」と非難する声も相変わらずあるが、「請願60万なんて正気?」、「しんどかったでしょう。今回のことをきっかけにさらに成長してすばらしい選手になってほしい」、「(大韓氷上競技)連盟などのせいで花のように選手たちが死んでいく」、「笑うともっとかわいい……かわいいから許す」と擁護する声も増えている。

 大統領府の掲示板は、文在寅大統領になって作られたもので、国民と疎通できなかった朴槿恵前大統領の「不通(プルトン)」との差別化を図る象徴とも言われた。誰でもどんな内容でも請願でき、請願数が20万を超えた場合は、大統領府がその請願に対して回答するシステムになっている。 

 キム・ボルム選手らへの請願は3月21日までとなっているが、その後、大統領府はどんな回答をするのだろうか。

 振り返れば、悲喜こもごものシーンが次々と思い出され、今でも胸にこみあげてくるものがある。

 そういえば、今回の大会で影が薄かった北朝鮮の芸術団と応援団は、3月9日から始まるパラリンピックには派遣しないという通達が北朝鮮からあったそうだ。

(菅野 朋子)

関連記事(外部サイト)