「源頼朝と北条政子は日本史上最強の夫婦か」伊東潤×本郷和人 日本史対談 #2

「源頼朝と北条政子は日本史上最強の夫婦か」伊東潤×本郷和人 日本史対談 #2

『日本史のツボ』(本郷和人 著)

 戦国が主流だった歴史エンタメの世界に新しい波がおしよせている。取り上げられることの少ない南北朝がノンフィクションでヒットを飛ばす中、次のブームは「鎌倉時代」と予言するのが、作家の伊東潤さんと歴史学者の本郷和人さん。その面白さを語る対談の後編。

前編
http://bunshun.jp/articles/-/6475

◆◆◆

■秀吉のせいでおねは本気が出なかった説とは

本郷 考えてみると、日本史上で源頼朝と政子は最強の夫婦ではないでしょうか。

 たとえば「御成敗式目」には、頼朝以下三代と政子様の決めたことは絶対で、変更してはならないという一文があります。慈円が「愚管抄」で、「女人入眼の日本国」、つまりこの国は女性が動かしていると評するほど、力をふるっていた。

伊東 歴史の中で対抗できる夫婦は、豊臣秀吉と北政所(おね)でしょうか。ただ秀吉は女好きが行き過ぎた(笑)。側室をもうけすぎたので、晩年は北政所との関係がぎくしゃくしてきます。秀吉の死後、関ケ原から大坂の陣にかけて、北政所も豊臣家を残すためにできるだけのことはしましたが、本気を出せば、もう少しやれたのではないか。そこまでできなかったのは、やはり秀吉に対する愛情を失っていたからではないでしょうか。その点、政子は頼朝の作った鎌倉幕府を残すために手段を選びません。

本郷 同じ時代の源氏のなかでは、木曽義仲と巴御前、源義経と静御前も非常に魅力的ですが、歴史的な実績、目指したものの大きさという点では、やっぱり頼朝と政子のほうがはるかに格上でしょう。そういう意味でも、日本史上最強の夫婦はやはり頼朝と政子ではないか。

伊東 その通りですね。実は今回の対談で、本郷さんにぜひお伺いしたかったのは、本郷さんから見た頼朝と政子の実像です。

本郷 世間一般のイメージでは、頼朝といえば冷酷無比。それはやはり実弟であり平家滅亡の最大の功労者ともいえる義経を殺しているからでしょう。それが不人気にもつながっているのですが、だけど僕はむしろ義理堅い人だったのではないか、と考えています。

伊東?「吾妻鏡」の中にも、確か畠山重忠だったと記憶しているのですが、「かつては一緒に酒を飲んだ仲だったけど(頼朝と)距離が出来て寂しい」というエピソードが登場しています。これは頼朝が、普通の人だったことを如実に表しているものだと思います。

■頼朝は生粋の京都人だった

本郷 頼朝の冷酷さの背景にあるのはやはり功臣の粛清なのですが、これは海音寺潮五郎作品の影響が強いのかもしれません。中国の歴史に通暁していた海音寺は頼朝を中国の漢王朝の高祖(劉邦)になぞらえています。高祖はかつての功臣を次々に粛清していて、頼朝はそれを手本にしたという書き方をしている。僕も研究者になる以前はやはりそのイメージが強かった。しかし実際に研究してみると、無茶苦茶に粛清しているわけではないんですね。そもそも、義経はあまりに政治的に稚拙で、頼朝としては鎌倉幕府を維持するために排除せざるを得なかったのではないでしょうか。

 頼朝と義経の関係性についても 『修羅の都』 では非常によく描かれていて、読んでいて腑に落ちます。

伊東 恐縮です。ただ軍事面では、頼朝は腰が重いですね。ライバルである平家との戦いでは、自身は鎌倉を離れず弟たちを派遣している。源平合戦の最大の黒幕である後白河院のいる京都にも、生涯で2度しか訪れていません。のちの天下人である織田信長や豊臣秀吉は非常にフットワークが軽く、自ら討伐軍を率いていくことで威信を高めていくわけですが、頼朝はやけに腰が重い。これは、どうしてなのでしょうか。

本郷 確かに信長は非常に能動的で、それが彼の成功した大きな要因でしょう。それに対して頼朝は京都、つまり朝廷に接近し過ぎた平家を非常に意識して、あえて近づかなかったのではないか。頼朝は13歳まで京都で過ごしていますから、精神的にはむしろ生粋の京都人なんですよ。関東の人間ではない。頼朝のすごいところは京都人でありながら、京都に近づくことを律したことです。

伊東 朝廷に対して多分に迎合的というか、圧倒的な武力をちらつかせながら強硬に迫るというやり方をせずに、じわじわ権力基盤を奪っていくという頼朝のしたたかさには、京都生まれだったという背景、つまり都への憧れみたいなものもあったのでしょうか。

本郷 頼朝は非常に合理的な判断をする人ですが、晩年には娘の大姫を入内させようとしています。これは平清盛が失敗した轍ですから、合理的になればなるほど避けるはずですが抗えなかった。そこは京都人としての都への憧れは強かったのかもしれない。

 一方で後白河院をはじめとする朝廷というのは、まさに京都の闇というか、魑魅魍魎が蠢いている凄みがある。頼朝と政子は二人三脚でそこに挑んでいく。

■政子を正室にして信頼された?

伊東 なるほど。頼朝の強さも弱さも分かってきました。それでは政子像、あるいは頼朝にとっての政子というのはどういう存在だったのでしょうか。

本郷 僕が思うに政子は頼朝と関東を繋ぐ存在だったと思います。御家人のなかでも、一国を代表するような上総氏、千葉氏、三浦氏といった家の当時の動員兵力は300程度だったと考えています。ところが北条氏は、頼朝の旗揚げ時に50、60程度の兵力しかなかった、いわば小勢力です。旗揚げ時というのは失敗すれば一族皆殺しなわけですから、必死で兵隊をかき集めたはずです。にもかかわらず、有力者の6分の1程度しか動員出来ていない。そんな小さい家の娘を頼朝は生涯、正室として立てるのです。逆にいえば、関東の武士の目には、都の香りのしない田舎娘を大事にする鎌倉殿は信頼できると映ったのではないか。

伊東 自分たちの娘ともいえる政子が頼朝の傍らにいることで、関東の武士は頼朝を自分たちの代表として担げたわけですね。だからこそ公家の娘と結婚した実朝は、京都に同化しようとしたとして排除されてしまう。

本郷 そういう側面はあったと思います。頼朝は鎌倉幕府を開闢(かいびゃく)させた時点では、当時の国内有数のセレブなわけです。いくらでも京都から綺麗な女性を連れてくることが可能だったけどそうはしなかった。なぜだ、と首をひねるところですが、『修羅の都』で描かれているような政子なら理解できます。頼朝にとっては、最大にして唯一の理解者なわけですから。

伊東 頼朝にも人並みに側室がいましたが、最高権力者としては、むしろ少ない方です。頼朝と政子の関係は、現在の夫婦関係に近いものだったのではないかと思います。

本郷 燃えるような恋愛模様から始まる2人の関係ですし、政子にとって頼朝と添い遂げるというのは、平家や朝廷といった強大な敵に挑む、まさに命がけの挑戦だった。最初から命を捨てる覚悟を持っていたんじゃないかな。

伊東 現代にも通じるものですが、男女の関係や愛情というのは、夫婦になってしまうと、恋愛感情から夫婦愛へと変質していくものです。頼朝と政子も同じで、政治状況に振り回される中で、変わっていく夫婦間の感情や関係を描きたかったという執筆動機もあります。

■母の情を捨てて大局を見た傑物

本郷 もう1人、『修羅の都』で異彩を放っていたのは北条義時です。彼は、頭はキレるし、実力行使もいとわない。そしてそれは、義兄である頼朝の優れた部分をどんどん吸収して成長していったわけですね。頼朝はそれを頼もしく思いながら、自分に取って代わろうとしているのではないかと不安にも思う。一方で作中でもそうですが、彼が生涯姉である政子に頭が上がらないというところが面白い。この描き方は、僕は歴史的にも正しいと思う。

伊東 頼朝と義時は当初、お互いを補い合う関係でしたが、ある時から頼朝が、本来自分の得意分野である政治全般を義時に委ねていく。まさに秀吉と石田三成の関係に近いのですが、それは頼朝が義時の才を認め、自分の分身を作りたかったのではないかと考えています。そして政子は、最終的には、自分の子どもの頼家よりも弟である義時を実質的な後継者に選ぶ。これは母親としては考え難い判断ですが、それでもそうした大局に立った判断を下せるところに、政子という女性の強さがあると思います。まさに偉大な方です。

本郷 歴史上の女性をみると、しばしば我が子かわいさで判断を誤るケースがみられます。そういう意味では政子は、母子の情を捨ててまで、鎌倉幕府という関東武士の理想を守った。こんな傑物は日本史上唯一といっていい。

伊東 究極の女傑こそ北条政子ですね。

本郷 『修羅の都』以降の史実では、北条家が執権としての地位を確立すべく、今度は頼朝を遥かに凌駕する粛清の嵐が吹き荒れます。そこで描かれる政子もぜひ読みたいですね。

伊東 ありがとうございます。『修羅の都』は自信作であり、最高傑作だという自負があります。ぜひ1人でも多くの方に、この濃密な人間ドラマを味わってほしいですね。

(渡邉 哲平)

関連記事(外部サイト)