【CEO退任へ】「舐めてみろ」エイベックス松浦会長がフェスのVVIP席で手渡してきた“茶色い大麻凝縮シート”

【CEO退任へ】「舐めてみろ」エイベックス松浦会長がフェスのVVIP席で手渡してきた“茶色い大麻凝縮シート”

エイベックスが所有するクラブ「X」でのA子さんと松浦氏

【CEO退任へ】エイベックス会長・松浦勝人氏の大麻使用を元社員が告発「毎週末のように一緒に吸っていた」《証拠音声・LINE公開》 から続く

 エイベックスの松浦勝人会長(55)が、CEO(最高経営責任者)を退任することとなった。5月14日に同社が公表。6月に開催予定の株主総会でCEOから退く松浦会長は、15日に自身のツイッターで思いを綴った。

「文春オンライン」が4月18日に報じた松浦会長の“大麻疑惑”を再公開する。肩書き、日付、年齢などは当時のまま。(全4本中の2本目)

◆ ◆ ◆

「2016年9月から12月頃までは、松浦さんと取り巻きの人達と毎日のように一緒にいました。松浦さんの自宅でVR(バーチャルリアリティ)ゲームをしたり、夜中にラーメンを食べたり。そして、週末になると決まって、松浦さんと一緒に大麻を吸っていました」

 そう告発するのは元エイベックス社員の女性A子さん(30代)だ。有名私大を卒業した後、エイベックスに入社。しかし数年勤めた末に、人間関係に悩み退社した。その後はライターとして雑誌やウェブサイトに寄稿している。

「文春オンライン」編集部は、40時間に及ぶ松浦氏とA子さんの肉声がおさめられた音声データや、松浦氏とA子さんによるLINEのやりとり、膨大な数の画像データなどを入手した。そこには松浦氏にこれまでつきまとっていた”薬物使用”をほのめかす記録が残されていた。

( 第1部 はこちら)

※音声動画は【 第3部 】最後のページで公開

■欲望にまみれた音楽フェス「ウルトラジャパン」のVVIP席で……

 A子さんが松浦氏の誘いで初めて違法薬物らしきものを摂取したのは、2016年9月17日、お台場の特設会場で開催された音楽フェス「ULTRA JAPAN(ウルトラ ジャパン)」でのことだ。「松浦さんから突然『お前のウルトラのチケット、VVIPで3日分とっておいたから』と言われたんです」とA子さんは回想する。

「当時はすでにエイベックスを退社して、ライターとして働いていました。ただ自伝の執筆依頼前だったので、松浦さんとはプライベートのみでの関係です。『ULTRA JAPAN』には行きたいとは思っていましたが、一般席のチケットを自分で買うつもりでした。だから招待されてとても嬉しかった。VVIP席なんて恐れ多かったのですが、こんな機会も滅多にないだろうと思ったので、甘えることにしました」

 ウルトラのVVIP席について、「一般人ではまず行くことのない超高級席」と語るのは業界関係者だ。

「VVIPは『Very Very Important Person(超重要人物)』という意味。ウルトラのVVIP席は通常、イベント関係者やスポンサーしか入れないブースです。毎年芸能人や経営者などのセレブも参加していますが、チケットはおよそ数百万とも言われています。ドンペリをまとめて注文すると美女が盛り上げてくれる約500万円のサービスもある。金と欲望が渦巻く、成功者だけしか足を踏み入れることが出来ないスペースなんですよ」

■【画像】ウルトラVVIP席で大はしゃぎの松浦氏

 当日、A子さんが案内されたのはVVIP席の中でも最前列のソファ席だ。

「社員だった頃でさえ一般席だったのに、VVIPに入れるなんて夢のようでした。しかも社長専用の特等席です。近くには芸能人や会社社長などもいて、みなさん挨拶まわりをしていました。私はただの一般人なので、おとなしく席で鑑賞していました」

?「ULTRA JAPAN 2016」には、同年8月のリオ五輪閉会式に出演して世界中の注目を浴びたノルウェー出身のDJ・Kygoや、当時20歳という若さながら業界で最も有名なDJ世界番付「DJ MAG TOP 100 DJs」で1位となったマーティン・ギャリックスなどが出演。国内外含め総勢72組のアーティストがステージに立った。

 爆音で演奏される音楽や観客の声の中、A子さんは音の洪水の只中にいた。そんな時、対面に座る松浦氏がA子さんの方に腕を伸ばしてきたのだという。

■松浦氏に「舐めてみろ」と言われて……

「まだ空が明るい時間帯だったと思います。松浦さんは突然『これ、LAで流行ってるらしいよ』と、2センチ四方くらいの茶色い、薄いシートを渡してきました」

 VVIP席には松浦氏とA子さん以外にも参加者がいたが、松浦氏が周囲を気にする様子はなかった。

「松浦さんは一言『舐めてみろ』と言いました。松浦さんには違法薬物の噂がずっとあったから、正直怖かったです。でも『受け取らなかったら相手にされなくなってしまうかもしれない』という恐怖が勝ってしまいました。『何かあっても松浦さんが守ってくれる』という盲信もあったと思います。そして言われるがままに少しだけ舐めました。ツルツルしていて味のないオブラートのようでした」

 その後、十数分が経ってもA子さんの体に変化は起きなかった。

「すると松浦さんは『こいつ強いんじゃないか?』と不満そうに言って、名刺サイズのカードを差し出してきました。そして『こういう風にするとバレないんだ』とニヤッと笑った。そこにさっきの茶色いシートが貼り付けてありました。さっきは何も起こらなかったので恐怖心が薄れ、今回は舌の上でゆっくり溶かしながら、しばらくは音楽を楽しんでいました。そうしたら20分後くらいから、経験したことのない体の不調が次々と襲ってきたんです」

 A子さんは当時の体の異変を詳細に記憶しているという。

「突然、目がぐるぐる、チカチカして視界が狭くなりました。広いVVIP席にいるのに、狭いところに閉じ込められたような感覚に陥り、まっすぐに歩けない。トイレがすぐそばにあるのに、50メートルくらい遠くにあるように見えました。そしてなぜか『お腹が出てるんじゃないか』というコンプレックスがどんどん大きくなっていって、不安に押しつぶされそうになりました」

■松浦氏は「大麻を凝縮したやつだよ」

 A子さんは混乱し、松浦氏に茶色のシートが何だったのかを聞いた。

「『さっきのシートは何?』とおそるおそる聞きました。すると『大麻を凝縮したやつだよ』って言うんです。『シートにすると密輸するときもバレにくい』とも言っていました」

 松浦氏は、困惑するA子さんの様子を見て満足そうにしていたという。

「松浦さんから『お前、目がおかしいから』とサングラスをかけるように言われ、サングラスをかけた状態で、ソファで横になっていました。遠くの方で、芸能事務所の方が『A子、どうしたんですか?』と松浦さんに尋ねているのが聞こえました。松浦さんは『こいつに“アレ”やってやったんだよ』と楽しげに答えていた。その後、引きずられるように、誰かにエイベックスの社用車へ連れて行かれました」

■身体の異変を自分にメールしておいたが、記述は“ラリって”いた

 A子さんは途切れそうになる意識のなか、ライターとして、身に起こった異変をメールに記し、自分宛てに送って記録している。だが、記述は明らかに“ラリって”いる。

《からだにとしまこめらされかのに バカ反対だやとあるあまれさ でもとまこまてめいくのかファン 不安 社長いいひお》(2016年9月17日午後6時53分)

《くるまに避難 みつかつまたら たいへん》(2016年9月17日午後6時54分)

《マリファナ効き目時間で検索》(2016年9月17日午後7時5分)

《音の聞こえる速度は一緒なのに時間がたつのがおそくなる》(2016年9月17日午後8時3分)

《これでセックスすると飛ぶと聞いた。ほんとかー?》(2016年9月17日午後8時4分)

「ライター業をしていましたから、この経験が執筆に役立つことがあるかもしれないと思って記録し続けました。でも音楽を楽しむどころではなくなって、エイベックスの社用車でずっと休んでいました。ウルトラが終わって、ベロベロに酔っ払った松浦さんら何人かが車に乗り込んできたのをうっすら覚えています。自宅まで送ってもらって、その日は解散しました」

 A子さんの自分宛てメールには《ちょっとしょっく》、《(松浦氏は)不良すぎるけどそれでもいいや信用してる》という記述も残っていた。

 この一件があった数日後、A子さんは松浦氏の自宅に招かれた。

「その頃はまだ茶色いシートの効き目が残っていました。二日酔いのようになりながら、『辛いなあ、いつ終わるのかなあ』と考えていたら、松浦さんの女友達のB子さんから『今から社長の家に来て』と連絡があったんです。倦怠感の残った体で、松浦さんの家に向かいました」

 着いたのは港区内の高級レジデンス。その一室で、松浦氏とB子さんが“タバコのようなもの”を吸いながら待っていた。

「松浦さんにシートが効きすぎて辛かったという話をしたら、松浦さんも『あんなに効くとは思わなかった』と笑いながら驚いていました。『もう二度とやりたくない』と言うと、松浦さんは自分が吸っているものが大麻だと明かしたうえで、私にも吸うように勧めてきたんです」

 A子さんは「タバコも吸ったことないのに無理です」と断ったが、松浦氏は構わずこう話した。

「『シートは強かったかもしれないけど、紙巻きなら吸う量も調整できるし気持ちよくなるよ』と勧められました。『呼吸法を教えてやるから』と言って、その時は半ば強引に大麻を吸わされました」

■松浦氏に言われて“大麻酩酊”の場面を自撮りしたA子さん

 この日、大麻を吸ったA子さんを撮影した動画がある。音楽が鳴り響く暗い部屋で、白い服を着たA子さんが〈もう目がしんどいよー〉と話している。それに対して〈酔っぱらうとそんなんになっちゃうの? 目が〉という松浦氏の声も記録されている。A子さん曰く、「松浦さんも大麻を吸っていた」ためか、音声を確認すると、松浦氏は呂律の回らない口調で話しかけている。

「松浦さんに『目がおかしい。自撮りして確かめてみろ』と言われて撮った動画です。この動画を撮ったときは社長も大麻を吸っていました。正直、紙巻きで吸う大麻はシートとは全然違って、リラックスした気持ちになれました」

 松浦氏らが当たり前のように大麻を吸っている姿を見ているうちに、A子さんの罪の意識は薄らいでいった。

「それからは毎週のように松浦さんと大麻を吸いました。当時、松浦さんは春から夏にかけて、週末になると自宅近くにあるレストランのテラスで朝食を食べていました。そこへ『寂しいから来い』とよく誘われるようになりました。社長は朝からワインを飲んで酔っていましたが、私はお酒が飲めないのでジュース。朝食を楽しんだあとは、そのまま社長の家に行ってゲームをしたり大麻を吸ったりして、ダラダラ過ごすのが毎週の恒例になりました。大麻は寝室にある金庫の中に隠されていました」

■「ラッシュ」も使用。松浦氏は《いまからはっぱしてえっちしよ!》

 その期間は2016年10月頃から約2カ月ほど。A子さんは「ちょうど松浦さんの“クスリ周期”と重なっていたんです」と説明する。

「松浦さんは『毎年9月のウルトラからハメを外す期間が始まるんだ』と言っていました。10月1日が松浦さんの誕生日なのですが、いろいろな人に祝われるので1カ月くらい誕生日パーティが続くんです。年末年始には毎年恒例のハワイ旅行があるのですが、それが終わるまで日常的に違法薬物を摂取する日々が続くんです。

 ただ年が明けると、6月の株主総会までは薬物を控えているようでした。株主総会前の松浦さんはいちばん神経質で、突然『金庫の中身を全部捨てた』と、“大麻断ち”の連絡がくることもありました。でも、株主総会が終わってウルトラの季節になると、また羽目を外して大麻を吸っていた」

 A子さんも、そんな松浦氏の生活スタイルにだんだんと侵されていった。

「違法薬物である『ラッシュ』も、2016年10月頃に松浦さんに勧められてB子さんと一緒に2回くらい吸いました。瓶のふたを開けて、片方の鼻から吸うんです。松浦さんは『これでセックスすると“飛べる”んだよ』と言っていました。でも大麻に至っては『(吸いすぎて)体が慣れてしまった』『睡眠薬ではもう寝られないから、大麻が早く合法になればいいのに』としょっちゅう言っていました」

 松浦氏はA子さんにこんなLINEメッセージを送ってくることもあった。

《もうアホになってる(笑)》(2016年9月24日)
《いまからはっぱしてえっちしよ!》(2016年10月1日)

「当時、松浦さんは大麻で酩酊した状態を“アホになる”と言っていました。大麻のことは、人前で堂々と言えないので睡眠薬である“デパス”という隠語で表現していました。松浦さんと肉体関係はありませんでしたが、『呼べばすぐにくる女』の一人ではあったと思います」

( 第3部 に続く)

【CEO退任へ】〈早くやれや〉エイベックス松浦会長との“大麻漬け”のハワイ旅行 白亜の大豪邸での「証拠音声」公開 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)