30歳になったからこそ身にしみる『桜蘭高校ホスト部』のエンパワメント

30歳になったからこそ身にしみる『桜蘭高校ホスト部』のエンパワメント

『桜蘭高校ホスト部』(1)

 新型コロナウイルスによるステイホーム週間の影響もあってか、このところ、各社のサイトで、往年の人気漫画の全話無料キャンペーンが行われている。『三国志』(横山光輝)や『ONE PIECE』(尾田栄一郎)など、老若男女が注目するタイトルも色々あったが、私・ひらりさのように、少女漫画雑誌で育ちアラサーになった女たちが沸き立っているのが、白泉社「 マンガPark 」が次々に繰り出してきた、懐かしの女性向け漫画作品のラインナップだ。

■「白泉社と私」 ひときわ愛おしく思い出した作品

『動物のお医者さん』『ぼくの地球を守って』『彼氏彼女の事情』『赤ちゃんと僕』『天使禁猟区』『紅茶王子』――。

 どれも、雑誌「花とゆめ」「LaLa」に1990〜2000年代掲載され、少女たちの心を躍らせた大傑作たちだ。ものによっては時代性を感じるツッコミどころを持ちつつも、大人になった私たちの心にも染み入る感情描写とエンターテイメント性を持っていて、10代の自分がいかに、毎号の雑誌、単行本の発売に焦がれていたかをまざまざと思い出させてくれた。塾の授業後、『天禁』最終巻を一刻も早く手に入れたい私のため、駅からちょっと離れた文教堂書店まで自動車を飛ばしてくれたお母さん、本当にありがとう……。

 少年漫画や青年漫画に比べれば控えめであるものの、人気作品の巻数はそれなりにあり、ぶっとおしで読み続けても、絶妙に設定された無料期間に全巻読み終えるのは至難の業だ。また「これを読んだらあれのことも思い出して読みたくなっちゃったな〜」という連想ゲームも発生し、結局、ゴールデンウィーク中に、往年の花とゆめコミックスをKindleで何万円も買い込んでしまう事態となった。

 さて、そんな全話無料ラッシュでみんなが思い思いの「白泉社と私」を語るなか、私自身がひときわ愛おしく思い出した作品がある。

 それは『 桜蘭高校ホスト部(クラブ) 』(葉鳥ビスコ)だ。

 2002〜2010年まで「LaLa」で掲載された、先ほどあげた全話無料ラインナップの作品よりも、やや時代をくだった作品である。全18巻となる単行本の累計発行部数は1200万部をこえ、様々なメディアミックスもされていたので、「文春オンライン」読者の中でもご存知の方もいるかもしれない。

 舞台は、上流の令嬢子息ばかりが通う超お金持ち高校・私立桜蘭学院。その中でも選ばれし美麗男子たちが所属し、学園のお嬢様たちをもてなす「ホスト部(ぶ)」に、うっかり割ってしまった花瓶(800万円)の弁償をするため、貧乏庶民の特待生・藤岡ハルヒ(実は女)が入部する羽目になるところから始まるドタバタラブコメディだ。

■「男子の中に女子1人」ジャンルでも異色

 連載開始時、私は中高一貫女子校に入りたての13歳。「りぼん」「なかよし」「ちゃお」を経て、小学校高学年から隔週発売の「花とゆめ」を毎号購読していたが、中学受験が終わって時間にもおこづかいにも余裕ができたところで、少しお姉さん向けレーベルである月刊の「LaLa」も購読するようになった(ちなみにコミックスのレーベルはLaLa作品も「花とゆめコミックス」)。

 キレのあるギャグ、テンポのいいストーリー、華やかなイラストもさることながら、オタクとしての自意識が根付きだした中学生の好みにジャストフィットする、いい意味で誇張されたイケメンキャラクターたち。どれもツボにはまったが何より好きだったのは、6人のイケメン達それぞれとフラグを立てそうになりながらも、「自分って男とか女とかの意識が人より低いらしいんですよね」と言い放ち、どこまでも飄々とした態度で、指名客女子を増やしていくサバサバした主人公のハルヒだ。

「男子の中に女子が!」という建てつけ自体は、ホスト部以前から、少女漫画では人気のジャンルだった。白泉社作品でも、その手前に、ドラマ化もされた人気作『花ざかりの君たちへ』(中条比紗也)や、主人公が男装してモデルにチャレンジする『ネバギバ!』(武藤啓)などがあったし、逆に、女子生徒として役者を目指す男性キャラに女性主人公が協力する『Wジュリエット』(絵夢羅)という作品もあった。

 どれも、ジェンダーの撹乱によるハプニングと、キャラクター・ストーリーの魅力を持ち合わせた良作だけれど、そのあとにやってきた「ホスト部」が私にとってずば抜けた引力を持っていたのは、ひとえに「ハルヒは女であることをそれほど隠していない」という設定にあった。

■「女の子に騒がれるのは悪い気はしない事が判明しました」

 たしかに「ホスト部」という建てつけ自体は、巷のホストクラブよろしく「男性が女性をおもてなしする」体裁をとっており、部長である須王環は、ハルヒのことを「男だと思って」引き込む。しかし、ハルヒが女であることはすぐに明らかになるし、そもそも桜蘭学院は共学校なので、ハルヒの学生証には嘘偽りなく「女」と記載されている。

 ハルヒは、借金というきっかけはあるものの、かなえたい切実な目的があって周囲をだまそうと性別を偽るのではない。父親のお古の私服に、野暮ったいメガネ、ボサボサの短髪という、自分にとって飾らない姿でいたら男だと勘違いされ、その流れで「女の子に騒がれるのは悪い気はしない事が判明しました」と相当ライトな気持ちで、ホスト部の面々にまじるのだ。もちろんホスト部活動をするのでわざわざ女だとは公言しないのだが、「男らしく」するからではなく、ハルヒ本人のナチュラルなふるまいがホストとしての人気をも支えていくのである。

■ジェンダーを逆手にとった「ホスト部」の軽やかさ

 既存作品もそれぞれ大好きだったうえで、私にとっては、ジェンダーの撹乱で「男らしさ」「女らしさ」を相対化しつつも、最終的に恋愛が実るうえで「本来の性別に戻る」ことが強調されてしまう話運びよりも、ある意味では極めていい加減にジェンダーを逆手にとっている「ホスト部」の軽やかさが、とても救いになっていた。もちろん、自分が「ホスト部」を読んだタイミングが、自分の自意識形成の過程とぴったり合ったのもあるだろう。当時そこまで意識していたわけではなかったのだが、ハルヒこそが、世間と、それまで読んだ少女漫画によって無意識に培われていた「外面も内面もかわいくて一生懸命な女の子」像への憧れと、憧れることによる重荷を、だんだんと浄化してくれたのだと思う。まあその代わり、「身なりに気を使ってなくてもとにかくイケメンに囲まれてちやほやされたい」というしょうもない願望が発生したのだが……。

 同作のコンセプト全体を「神回」と言い切りたい気持ちもあるが、もう少し本特集にあわせて紹介したいのは、連載中に放送されたアニメ「ホスト部」の最終回だ。

■アニメ版の「オリジナルエンディング」

 私と同じようなひねくれたオタク女子の心をつかんだのか、連載開始後すぐ人気の出た「ホスト部」は、無事に巻を重ね、2006年に全26話のアニメが放送されることとなった。ハルヒ役は坂本真綾、環役は宮野真守、そして制作スタジオは『鋼の錬金術師』『僕のヒーローアカデミア』などでも知られるボンズという、非常に豪華なアニメ化で、構成・作画・演技のクオリティ、全てが素晴らしく、毎週本当に楽しみに観ることができた。いまだにオープニングテーマの「桜キッス」、エンディングテーマの「疾走」も口ずさめるレベルに愛している。

 とはいえ、やはり原作ファンにとって懸念だったのが、「最終回」の描き方だ。少女漫画はだいたい、原作がクライマックスを迎えていない中でアニメ化され、原作の展開をどこかで追い越してしまう。少年漫画と違って「アニメは原作のこの戦いでとりあえず区切り」みたいなこともしづらいので、アニメ化の際は必ずオリジナルのエンディングを生み出さねばならず、そこに制作サイドの技量が出る。過去好きだった作品のアニメ化があまりピンと来なかったことも多く、「ホスト部」についてもかなり警戒していたのだが、ボンズが描いた第26話 は、ファンの原作愛をしっかりとすくいとる、リスペクトと独創性にあふれたものだった。

■「女の子も王子様になれる」というメッセージ

 アニメのオリジナルエンディングの内容はこうだ。

 ホスト部では天真爛漫なキングとしてふるまう部長の須王環だが、実は彼は、正妻ではなかったフランス人の母のもとに生まれ、母から引き離されて日本に呼ばれ、跡取りになったという事情を持っていた。そんな彼のもとに、須王家の実質的権力者である祖母の差し金で、フランス有数の名家トネール家の令嬢が現れ、彼に婚姻を迫る。母の幸せ、ホスト部メンバーたちのことを考えた環は、ハルヒや仲間への気持ちをおさえて、彼女の提案に応じ、ホスト部を解散してフランスへと発つことに。年に一度の文化祭で大忙しの中、真実を知ったハルヒは、ホスト部の面々の協力を得て、ひとり馬車を駆って、環とエクレールが乗ったスポーツカーに追いつく。「戻ってきてほしい」「みんなホスト部が好きなんです」叫ぶハルヒに、心ゆれながらも踏み出せない環だったが、自分に手を差し出した結果バランスを崩して馬車から放り出されたハルヒを見て、思わず自分もハルヒに向かってジャンプ。ハルヒを抱きしめて、二人で川へと落下する。

「家にしばられた婚姻」というTHE・メロドラマな要素を取り入れながらも、それに振り回されるのは、女であるハルヒではなく、男の環。そして、「とらわれの姫君」となった環を助けたいと願い、行動するのは、ハルヒ……だけではなくて、ホスト部のメンバー全員。最終的には、ハルヒ側からの働きかけだけでなく、環自身が動いて、ハルヒとメンバーとの関係、自分の人生を選びとるというのが、このエンディングの構造だ。そこに盛り込まれた「女の子も王子様になれる」「男の子たちの中で、対等な仲間にもなれる」「誰かが救われるためには、最後は結局本人が選択しなければならない」というメッセージは、とても新鮮で力強くて、かつ、原作が当時ふんわりと内包していた魅力を本質的に汲み取って伝えるものだった。まだ原作ではそこまで進展していなかった環、ハルヒの関係を、恋愛に収斂させなかったのもよかった。

 このアニメ「ホスト部」最終回まで観たからこそ、私は、ハルヒという存在に、ここまでエンパワメントされたのだろうし、エンパワメントされたからこそ、世間のしがらみにとらわれない格好や暮らしをしていたいと心から思える、30歳の私がいるのだと思っている。まだ「エンパワメント」も「フェミニズム」も聞かないような、2006年のことだった。

■「同じクリエーターの作品を追いかける」沼への扉が開かれた

 ちなみに、このアニメ「ホスト部」監督の五十嵐卓哉、シリーズ構成・脚本の榎戸洋司は、1997年に放送され、やはり「王子様とお姫様」という固定観念からの解放を企図したテーマを持ったアニメ「少女革命ウテナ」でも、五十嵐は脚本・絵コンテ・演出(風山十五名義)、榎戸はシリーズ構成・脚本を担当している。私は「ウテナ」、ひいては監督の幾原邦彦がこの世に生み出した作品たちも本当に好きなのだが、実は「ウテナ」を観ようと思ったのは、アニメ「ホスト部」に衝撃を受けたからだった。各話の出来があまりに良かった「ホスト部」の考察や感想をあさるうちに「めっちゃ榎戸節だったよね」「ウテナにもあった演出」といったネットの感想を見つけ、関心を持ったのだ。「脚本家や監督が一貫して持っているメッセージ性に感銘を受け、同じクリエーターの他の作品も追いかける」沼への扉を開いてくれたのも、「ホスト部」だった。

■「ホスト部のみんなともっと会いたいよ〜!」となった方へ

 盛大に最終回のネタバレをしてしまったが、アニメ「ホスト部」は各回技巧が凝らされた、本当に素晴らしい作品で、オチを知っているかどうかに限らず楽しめる。私は「 Amazon Primeビデオ 」でレンタル課金して観返したが、「 U-NEXT 」では定額プランの範囲のようなので、ぜひ視聴してみてほしい。ちなみにここまで言及していなかったが、2011年に放送された川口春奈主演のドラマ版も、けっこう面白い。SNS炎上などのニュースを見かけることが多かったし、別にそのほかの出演作品を観ているわけではないのだけれども、なんとなく川口春奈さんを応援し続けているのは、あのドラマのよしみだ。

 そして原作はアニメとはさらに違ったエピソード、展開で大団円を迎えるので、ホスト部のみんなともっと会いたいよ〜! となった方は、そちらにも手を出してほしい。全話無料対象ではないが、「 マンガPark 」でも、フリーコインを使うことで読めるようになっている。は〜、この記事の原稿料が入ったら、全巻Kindleで買っちゃうか……。

(ひらりさ(劇団雌猫))

関連記事(外部サイト)