カクセイざい、ベトナムせんそう……「サザエさん」原作マンガに隠された「珍回」「幻の回」

カクセイざい、ベトナムせんそう……「サザエさん」原作マンガに隠された「珍回」「幻の回」

プロ野球・ヤクルト−DeNA/始球式を行う「サザエさん」 ©?時事通信社

「サザエさん45年ぶり再放送」というニュース。

「収録ストックなくなり17日から…オイルショックの影響以来2度目」(スポーツ報知5月10日)。新型コロナウイルスの影響ということだが、私はこの「再放送」がとても楽しみなのです。

■「使いまわしてください」と語った長谷川町子先生

 今年は作者・長谷川町子の生誕100周年。

「東京人」5月号の長谷川町子特集では「アニメ『サザエさん』制作秘話」として、アニメ版のスタート時から制作に携わる毛内節夫氏(株式会社エイケン相談役)のインタビューが載っている。

 毛内氏は1985年からプロデューサーになった。脚本陣も総入れ替えとなり、スタッフの多くは「新しいドラマを作るんだ!」と意気込んでいたという。

 しかし、

《長谷川先生は『今まで通りでいいんです』とおっしゃるんです。原作には限りがあることについても『使いまわしてください』と。『名人芸は何度繰り返してもよいものですから』というお話でした。》

 なので脚本陣には改めて過去の作品の脚本を読んでもらうところからはじめたという。すでにこの頃からアニメ版「サザエさん」は作者お墨付きの「名人芸」となっていたことがわかる。となれば2020年の今だって価値は変わらない。過去作を堪能するチャンスなのだ。

 ちなみに当時の脚本家のひとりには三谷幸喜氏もいて、1985年に放送された「ワカメの大変身」など4本を担当している。うっかり再放送されないだろうか。

 さて、今回は原作である「漫画」のサザエさんについて紹介したい。

■歯医者の待合室で読んだ『よりぬきサザエさん』

 新聞の四コマ漫画だった「サザエさん」は、戦後からの各時代が描かれている。時事ネタとして皮肉や風刺が効いていて楽しめる。

 私は子どものころに通っていた歯医者の待合室に『よりぬきサザエさん』が置かれていたので夢中で読んだ。アニメ版とはまた違うサザエさんの「原点」を知った。

 たとえば8巻の92P。カツオは勉強に集中できない。隣りの部屋にいるサザエと女性客のおしゃべりがうるさいからだ。カツオはふすまを開け「ベトナムせんそうのそもそものホッタンをごぞんじですか?」とだけ問いかけて閉める。シーンと静まる隣り部屋。「とうぶんおとなしいぞ」と机に向かうカツオ。

 これを読んだとき、カツオのやり手ぶりにも注目したが「ああ、ベトナム戦争ってなんか複雑だったんだな」と子ども心に印象深かった。ネタ元になっている社会の出来事を学ぶことができた。各時代の総理大臣ネタもしょっちゅう出てくる。

■「現代人はマスコミによわいなァ!」

 今の時代にも通じる作品もある。

 サザエが新聞を読みながら「小ばなをおさえて耳をひっぱると肝ぞうがつよくなるんだって」(原文ママ)とフネに言っている。なんとも珍妙なポーズだ。それを聞いたフネはクリーニング屋さんに教える。するとそこからどんどん広がっていき、しまいにはハイヤーの中で政治家らしき人もまったく同じポーズをしていた。

 それを街中で見かけたサザエは「現代人はマスコミによわいなァ!」と笑うのだ。「じゃあれウソなの!!」と隣で驚き呆れるカツオ。今でいうフェイクニュースである。この回(9巻69P)は今読んでも面白いし、時代を問わない普遍的なネタであることがわかる。

 時代の匂いといえば、漫画版を読んで気づくのが「押し売り」や「泥棒」の多さ。その一方で近所や地域のコミュニケーションが豊かで、仕切りがない時代があったということもわかる。日本の戦後史、文化史として一級の資料でもあると思う。

 その決定版が2年前に刊行された『おたからサザエさん』(朝日新聞出版)だ。

■カツオ大活躍の「サンマータイム」

「サザエさん」は1946年、福岡の地元紙だった夕刊フクニチで連載が始まり、49年から夕刊朝日新聞を経て朝日新聞(朝刊)に74年まで連載された。

『おたからサザエさん』では、単行本化の際に本人が没にした四コマ漫画696点を初収録。すべての作品に、新聞掲載日を明示している。現代の読者にはわかりにくいと思われる表現には注釈を付けた(朝日新聞2018年3月12日)。

 たとえば52年9月5日の作品(1巻収録)。

 朝、起きたばかりの波平がカツオに「またハミガキのフタがあけっぱなしだよ」「一つくらい言われない先にやったらどうだ?」と小言を言う。

 するとカツオは「ゆうべトケイをもとになおしといたよ」と目覚まし時計の話題をする。そして、

「サンマータイムおわったんでしょう?」

 急に慌て始める波平、フネ、マスオ、サザエ。やり手のカツオだけがサマータイム終了を忘れずにいたのだ。※当時は「サンマー」と表記することが多かった。

 サマータイムと言えば、2年前に五輪組織委員会の森喜朗会長が安倍首相に酷暑対策として導入を要請したことがあった。

 戦後に導入していたことが論議され《占領軍が導入した時は寝不足や残業増の元凶とされ、講和とともに廃止された》(毎日新聞「余録」2018年8月7日)などの指摘も出てきた。実は「サザエさん」を読めば当時の様子がリアルにわかったのだ。

■衝撃の「カクセイざいをくれたまえ」

 そして戦後の風景で何といっても仰天したのは52年12月8日の作品(2巻収録)である。

 1コマ目、薬局で年配の男性が「カクセイざいをくれたまえ」と言っている。ええええー!

 徹夜に備えて張り切っているらしいのだが、4コマ目でグーグー寝ている。薬局は間違えて睡眠剤を売ってしまったというオチ。さらにええええー!

 注釈を読むと、

《かつて、疲労回復や眠気覚ましの薬として、覚醒剤の一種である「ヒロポン」が巷の薬局で売られていた。「ヒロポン」は、1951(昭和26)年に制定された覚醒剤取締法によって、医療・研究以外の取り扱いが禁止された。》

 とあった。これもまた戦後の風景だったのだ。

 ただ、よく見ると作品が掲載された日付は「52年12月8日」。

 注釈には、《禁止後にこの四コマは描かれたため、掲載後「声」欄に読者からの指摘が届いた。》とも。「声」はサザエさんが連載されていた朝日新聞の投書欄のことなので今で言う炎上案件だったということか。このような「お宝」「幻」の作品も注釈付きで掲載されているのである。

 漫画の「サザエさん」はやっぱり日本の戦後史、文化史を学べる貴重な教科書だと思います。

(プチ鹿島)

関連記事(外部サイト)