なぜ人々は「崇徳院の怨霊」を恐れ、おどろしい物語で伝え続けてきたのか

なぜ人々は「崇徳院の怨霊」を恐れ、おどろしい物語で伝え続けてきたのか

©iStock.com

日本最大級の怨霊・崇徳院が「まったく特異である」その決定的な違いとは から続く

 古来、この国は疫病の流行や天変地異に幾度となく見舞われた。さまざまな「災厄」は人間の側では制御しえない。人びとはそうした災いを、荒々しい怨霊が引き起こす「祟り」と考えたのである。

 怨霊や「祟り神」の気持ちを鎮めるためには、特別なことがおこなわれた。また残された人びとが伝える「物語」が必要であった。

 日本史上最大級の怨霊、崇徳院をめぐる物語から見える、日本人の心の奥に潜むものとは――。(全2回の2回目/ #1 へ)

※本稿は、小松和彦著『 神になった日本人 』(中公新書ラクレ)の一部を、再編集したものです。

◆◆◆

 怨霊発生の温床は、「亡くなった者は自分を怨んでいるだろう。その恨みの深さゆえに、なんらかの方法で復讐しようと、怨みをはらそうとしているだろう。あの世から災厄を送りつけてやりたいと思っているだろう」という勝者側の思いのなかにある。つまり怨霊は、勝者=加害者側の「負い目」「後ろめたさ」「弱み」の念のなかに、あるいは敗者の非業の死に同情する人びとの心のなかに生まれてくるのである。勝者側やその近辺に生じた災厄や不幸を、非業の死を遂げた者の霊の仕業だと判断したとき、怨霊の「祟り」が発生することになる。崇徳上皇の場合も同様であった。

■「崇徳上皇の怨霊の仕業ではないか」

 保元3年(1158)、後白河天皇は嫡子・守仁親王(二条天皇)に帝位を譲り、院政を敷いた。もちろん崇徳上皇が流罪先でまだ生きているときにはその生霊を恐れることはなく、崇徳上皇が亡くなってもしばらくはその死霊を恐れることはなかった。また、巷間で怨霊のことが噂されることもなかったようである。

 ところが、崇徳上皇が亡くなって10年ほどたった頃から、その名が囁かれる事件が発生しはじめる。すなわち、安元3年(1177)の大火(太郎焼亡)や翌年の大火(次郎焼亡)をはじめとして相次ぐ災厄の発生を、人びとは崇徳上皇の怨霊の仕業ではないかと噂しあうようになったのである。

 いつの世でも、こうした噂や社会不安はたちまち社会にゆきわたるものである。その事態を後白河法皇も深刻に受け止めざるを得ず、崇徳上皇の霊の供養をおこなうことになった。安元3年、保元の乱で敗死した藤原頼長を正一位に復し、それまでは「讃岐院」と呼ばれていた崇徳上皇に初めて「崇徳」の号を追贈した。これ以後、崇徳上皇を「崇徳院」と呼ぶようになったのである。

 さらに、讃岐の崇徳上皇の墓所を「山陵」と称して天皇陵として扱うようになり、その周囲に塀をめぐらして清浄を保ち、陵を守る者を配置した。さらに寿永2年(1183)には、崇徳上皇の遺子・元性法印(がんしょうほういん)のもとに天下滅亡を呪詛した血書経があることが判明したので、その供養をおこない、翌元暦元年には、ついに崇徳上皇と頼長の霊を祀った「霊社」(神社)を保元の乱の戦場となった白河北殿跡に建立するに至った。その「霊社」はのちに粟田口に移された。当初、この「霊社」は、崇徳院粟田宮と言われて独立した神社であったが、賀茂川のたびたびの水害で、東山粟田口の粟田神社へ移されたとされている。

さまざまな物語が生み出された「崇徳上皇の祟り」

 しかし、崇徳上皇の怨霊はなかなか鎮まってはくれなかった。建久二年(1191)、後白河法皇が病になったときも崇徳上皇の祟りとみなされ、その結果、讃岐の陵のすぐ近くに崇徳上皇の怨霊を鎮めるために「頓証寺」が建立された。これが現在も白峯寺内にある頓証寺殿である。

 平氏も崇徳上皇の祟りを恐れ、白峯陵に平時忠らを送って鎮魂の祈願をおこなっている。おそらくは清盛の死や平氏の滅亡、源氏政権の誕生も、崇徳上皇の祟りがもたらしたものだという噂が流れたのではなかろか。

 後白河法皇や平氏がおこなった、崇徳上皇と頼長の怨霊鎮めのための活動をふまえて、やがてさまざまな物語が生み出されることになった。例えば、その先駆となった『保元物語』のなかでは、崇徳上皇の後白河政権への呪詛の様子が、次のように語られている。

 崇徳上皇は、乱を起こして多くの犠牲者を出したことを大いに反省し、指先から血を流して3年がかりで書写した五部大乗経を、京都の石清水八幡宮に奉納しようとした。ところが、後白河上皇(当時)の側近である藤原信西入道に拒まれた。怒った崇徳上皇は、その経を地獄・餓鬼・畜生の三悪道に投げ込み、その力をもって日本一の大魔縁(人心を惑乱してさまざまな災厄を引き起こす天狗)となり、「皇を取って民となし、民を皇となさん」と、舌を噛み切った血で大乗経に呪詛の誓いの言葉を書き付けて、海に投げ入れた――。

■「柩から血がこぼれ出て、石を真っ赤に染めた」

 また『源平盛衰記』は、亡くなった崇徳上皇の白峰への埋葬の様子を、次のように描いている。

 都から白峰の山に崇徳上皇を葬るようにとの命令が下り、崇徳上皇の遺体を運んでいる途中、一天にわかにかき曇り、雷音鳴り渡り、激しい雨となった。人びとが柩(ひつぎ)を石の上に降ろして雨が上がるのを待っていたところ、柩から血がこぼれ出て、石を真っ赤に染めた――。

 もうこのあたりから、崇徳上皇は生前から死後怨霊となって復讐しようと思っていたという伝承が流布し、その臨終の際のすさまじい様子が巷間でも語られていたのである。

■名だたる怨霊たちが天下を大乱に導くために……

 崇徳上皇の怨霊=大魔縁のイメージは、時代が下るにつれて肥大化していった。鎌倉幕府の滅亡から南北朝の争乱を描いた『太平記』(14世紀後半成立か)のなかでは、崇徳上皇は天狗の巣窟である愛宕山に集結する日本の天狗の棟梁として語られるようになる。

 京都見物にやってきた羽黒山の雲景(うんけい)という山伏が、道で知り合った老山伏に愛宕山に案内される。愛宕山の仏閣に感心していると、老山伏はさらに「せっかくここまで来られたのだから、愛宕山の秘所もお見せしましょう」と言って、本堂の裏の座主(ざす)の僧坊と思われるところに案内した。なかに入った雲景は、恐ろしい光景を目にすることになる。そこにはたくさんの人たちが集まっていた。老山伏の説明によれば、そこにいるのは悲運の前世を送らざるを得なかった帝や高僧、武将たちであった。最上座に座っている金の鵄(とび)が崇徳上皇、その脇に控えているのが源為朝、その左右には配所の淡路から逃亡する際に没した「淡路の廃帝」こと淳仁天皇、桓武天皇が帝位を手にする過程で除かれた井上内親王、さらには後醍醐天皇、敗者の側に立った僧の玄ム、真済などの面々で、いま天下を大乱に導くための密議をしている真っ最中であった――。

 興味深いことに、崇徳上皇はこの時代になると、黄金に輝く「天狗の棟梁」となっていたのである。

 崇徳上皇怨霊伝説はその後も語り継がれる。能の「松山天狗」は、崇徳上皇を弔うために西行がその墓陵を訪ねるという趣向である。西行の前に崇徳上皇が現れ、二人は再会を喜ぶが、崇徳上皇は往事を思い出すにつれて怒りの姿に変わり、怨霊としての正体を現す。しかし白峰の天狗たちに慰められて機嫌を直して去っていく。

 西行は鳥羽法皇の北面の武士であり、崇徳上皇とも交流があった。西行が妻子を捨てて放浪の歌人となった背景に、鳥羽法皇と崇徳上皇との対立、その側近たちの対立が影響していたことも考えられる。もし武士のままでいれば保元の乱に巻き込まれていたかもしれないのである。そうした経緯があったからこそ、後世の人びとが、能のなかに西行と崇徳上皇を呼び出して再会させたのではなかろうか。

■失われた王朝時代への郷愁が生み出した

 それにしても、なぜこれほどまでに崇徳上皇の怨霊が脚光を浴び続けたのだろうか。

 おそらく人びとのなかに、崇徳上皇が生まれたことで貴族政治が終焉し、武家政権が誕生することになったという思いがあったからであろう。もし鳥羽上皇の皇后であった待賢門院璋子が白河法皇と密通しなかったら、崇徳上皇は生まれなかった。崇徳上皇が生まれなかったら、保元の乱は起こらず、貴族政治がなお続き、平安の世も続いただろうという失われた王朝時代への郷愁が、崇徳上皇を呼び出し続けたのではなかろうか。

(小松 和彦)

関連記事(外部サイト)