《写真公開》リモート出演で注目!「ジャニーズの私服」 King & Prince平野は“ヤンキーファッション”、Snow Man渡辺は“全身ハイブランド”、SixTONES京本は……

《写真公開》リモート出演で注目!「ジャニーズの私服」 King & Prince平野は“ヤンキーファッション”、Snow Man渡辺は“全身ハイブランド”、SixTONES京本は……

2019年8月11日、羽田空港の駐車場で挨拶を交わす橋海人(21・左)、神宮寺勇太(22) ©文藝春秋

 4月7日に出された緊急事態宣言。多くの人が外出自粛を余儀なくされ、リモートワークを取り入れる会社が急増した。そしてその影響は芸能界へも波及。大勢が参加するテレビ収録が中止になり、タレントが自宅から“リモート出演”する番組が増えている。

「この流れはジャニーズにも大きな影響を与えました。コロナウイルス対策期間中に社会貢献プロジェクト『Johnny's Smile Up!Project』の一環で、自宅でも楽しめるように様々な動画コンテンツの配信をスタート。私生活を見せることがほとんどなかったジャニーズタレントが自宅から私服で配信するケースもあり、ファンは大喜びしています」(スポーツ紙芸能記者)

 5月4日にはファンクラブ会員に向けてKing & Princeが動画を配信。同日にはYouTubeにも配信された。

「動画は『リモート de ゲーム』というタイトルで、キンプリのメンバーがオンラインチャットをしながらリモートでできるゲームを紹介していくという内容でした。『シンデレラガール“happy!!”最後に言えた人が勝ちゲーム』と称したゲームをメンバー同士で行っていました。キンプリのデビュー曲『シンデレラガール 』を歌うのですが、メンバーが歌詞を間違えることもあり、ファンからは微笑ましいというコメントが寄せられていました。1週間で250万回以上再生され、『Smile Up!Project』内でも人気の動画になっています」(同前)

■腕時計はロレックス、私服はGUCCI...派手好きな平野紫耀

 その動画で大きな話題を呼んだのが、平野紫耀(23)が身に着けていた腕時計だ。

「平野くんが身に着けていた腕時計が、高級ブランド『ロレックス』のデイトナという時計だったんです。デイトナはモデルによって値段が変わりますが、平野くんの腕時計は300万〜400万円はするモデルなんじゃないかと“特定”されていました。ファンからは『平野くんのロレックスすごい』という声も挙がっています。

 平野くんは普段の私服もブランドものばかりで、特にGUCCIが多い印象です。レッスンの時も上下で30万円はするGUCCIのジャージを着ています。LOUIS VUITTONのリュックを背負っていたこともありますよ。名古屋が地元の平野くんは派手な“ヤンキーファッション”が好きなようです」(ジャニーズ事務所関係者)

■服には頓着がない岸優太も腕時計はロレックス

 リモート配信でにわかに注目が集まっているジャニーズタレントの私服事情。しかしキンプリのリーダー岸優太(24)はファッションには興味がないようだ。

「岸くんのファッションでブランド物と言えるのはニューバランスのスニーカーくらいです(笑)。決してダサいというわけではないですが、服には本当に頓着がないようです。それよりも4月23日発売の『Tarzan 786号』で披露した筋肉バキバキの肉体を鍛えるほうに興味がある。あと岸くんは家族思いで一家の大黒柱になっていて、仕事をするかたわら兄妹の生活の面倒をみているんです。私服なんて二の次なんでしょうね。

 ただ腕時計だけはロレックスをしている時期がありました。しかも岸くんだけでなくキンプリ全員がロレックスをつけていた。グループ内で流行ったのか、誰かからプレゼントされたのか。どちらにせよ、さすが売れっ子ですよね」(同前)

■全身sacaiで揃えるSnow Man渡辺翔太

 King & Princeと同世代で、デビュー組としては最若手であるSnow Manにもハイブランドを好むメンバーがいる。

「Snow Manは若いメンバーも多く、自分のスタイルがあるというよりもブランドを重視しているイメージですね。なかでも渡辺翔太くん(27)は、GUCCIやBALENCIAGAなどハイブランドが好きで、sacaiという日本ブランドにハマって全身sacaiで揃えていたこともありました」(ジャニーズアイランド関係者)

 一方、Snow Manと同時デビューしたSixTONESは「全員が自分のスタイルを持っていて、オシャレ」なのだという。

■SixTONESは自分らしいファッションを確立

「SixTONESのジェシーくん(23)はクロムハーツなどのイカツめのアクセサリーが大好きで、海外で買った指輪は100万円をゆうに超えると聞いたことがあります。いつもジャラジャラと身に着けているので、総額を考えると怖ろしい額になりそうですよね……。

 特におしゃれなのは田中樹くん(24)でしょうか。基本はデニムに白Tシャツなのですが、ブランドに頼らず、シンプルに着こなしている。たまにつばの広い個性的なハットを被るのですが、自分のことがわかっているからかよく似合うんですよね。SixTONESは有名ブランドに頼るというより、自分らしいファッションを確立できているメンバーが多い」(同前)

■京本大我の愛車はプリウス

 俳優・京本政樹(61)を父に持つ京本大我(25)は特にブランドへのこだわりは薄いようだ。

「京本くんの20歳の誕生日に、政樹さんから車をプレゼントされたそうなんです。当初、政樹さんはフェラーリやランボルギーニなど超が付く高級車を候補に挙げていたのですが、京本くんは『プリウスで』と言い、実際に買ってもらったプリウスに乗っていた。おぼっちゃまだからこそ、大人になっても高級ブランドに憧れることはないのでしょうね。

 とはいえ、両グループメンバーが着ている服は10万、20万は当たり前に超える。若いのにさすがジャニーズだなと思います」(同前)

 思い思いにファッションを楽しむ若手ジャニーズタレントだが、ファッション関係者は「ジャニーズにはLDHのような事務所としてのファッションがない」と語る。

「LDHの所属タレントはファッション関係者との交流が深く、発売前に服を提供してもらったり購入したりしています。そのため発売後数秒で完売してしまうアイテムを着用していることも多い。だから人気ブランドSupremeのレアアイテムを着用していることも多いんです。

 先輩と後輩が身に着けるアイテムが被らないようにも気を使っていて、例えばGENERATIONSのメンバーがファッションブランドのプレスに『〇〇が欲しいです』と頼むと、『先輩が着ていたよ』と注意が入ることもある。彼らは懇意にしているファッションブランドとともに『LDHらしいファッション』を確立しているんです。だからLDHのファッションに憧れる男性ファンを獲得できているんでしょうね」(ファッション関係者)

■“ダサい”をセールスポイントにしてきたジャニーズタレントも

 一方ジャニーズは、私服選びは本人に任せきりだ。

「ジャニーズは私服を自分で買いに行くことが多い。キンプリやSixTONES、Snow Manの子たちは、レッスン終わりなどにみんなで表参道に買い物に行っていましたよ。だからファッションに興味のない子は興味がないままですし、よくわからないから有名ブランドで選ぶという子も多い。大人になっても私服がイマイチ……というジャニタレが多いのは、放任主義ゆえでしょうね」(女性週刊誌記者)

 しかしながら、ジャニーズには“ダサい”ことをセールスポイントにしてきたタレントもいる。

「元SMAPの中居正広(47)は2009年に発売した『私服だらけの中居正広増刊号〜輝いて〜』(扶桑社)で、芸人のツッコミコメントとともに自身の“ダサい”私服をおもしろおかしく紹介していました。人気を呼び、その後Part4まで発売されています。

 2008年から2013年まで放送されていたバラエティ番組『ひみつの嵐ちゃん!』(TBS系)では嵐の櫻井翔(38)も“ダサさ”を売りにしていました。メンバーがテーマに合わせて服をコーディネイトするコーナー『マネキンファイブ』でパーカーを重ね着する“ダブルパーカー”や全身迷彩柄のファッションを披露し、爆笑をさらっていた。“ダサさ”はファンの母性本能をくすぐりますから、ジャニーズのやり方も戦略として間違えてはいない」(同前)

? 5月22日21時からのライブ配信「 文春オンラインTV 」では、ジャニーズの私服について担当記者が詳しく説明する。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)