《音声公開》「あゆの呪縛が抜けない」エイベックス松浦氏が語っていた「M」の真実 浜崎が浮気現場に鉢合わせ、TOKIO長瀬と……

エイベックス松浦勝人氏、浜崎あゆみとの恋愛を赤裸々に言及する音声か 文春報道

記事まとめ

  • ドラマ『M 愛すべき人がいて』の原作は浜崎あゆみと松浦勝人氏との恋模様が描かれた
  • 松浦氏が、浜崎との恋愛について言及する音声があると文春オンラインが報じている
  • 浜崎とTOKIOの長瀬智也の恋愛エピソードについても、松浦氏が語ったという

《音声公開》「あゆの呪縛が抜けない」エイベックス松浦氏が語っていた「M」の真実 浜崎が浮気現場に鉢合わせ、TOKIO長瀬と……

《音声公開》「あゆの呪縛が抜けない」エイベックス松浦氏が語っていた「M」の真実 浜崎が浮気現場に鉢合わせ、TOKIO長瀬と……

あゆと松浦のLINE

《ドラマでは明かされない「M」のリアル》エイベックス松浦氏は浜崎あゆみ母に「彼女とヤります」宣言 から続く

( 前編 はこちら)

 2020年6月13日から6週間ぶりに放送が再開する。ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)。コロナ禍で収録がストップしていたが、緊急事態宣言解除を受けて収録を再開した。

 同ドラマの原作は浜崎あゆみとエイベックスの松浦勝人代表取締役会長との恋模様を描いた同名小説だ。小説「M」にはマサ(松浦氏)とあゆ(浜崎)の出会いから、交際までの経緯、公私のすれ違いを経て別れに至るまでが浜崎の視点からセンチメンタルに描かれている。だが、どの部分が”事実”でどこからが“フィクション”なのかはいまだ明かされていない。

 しかしエイベックス元社員でライターのA子さんが、松浦氏の大麻使用疑惑や幻冬舎の編集者である箕輪厚介氏によるセクハラや原稿料未払いについて告発する際に提供した資料のなかに、松浦氏が自ら浜崎との恋愛について赤裸々に言及する音声が含まれていたのだ。

 前編( 《ドラマでは明かされない「M 」のリアル》エイベックス松浦氏は浜崎あゆみ母に「彼女とヤります」宣言 )では当時33歳の松浦氏が、19歳だった浜崎の母親に対して、肉体関係を持つことを宣言したことや、浜崎が松浦氏の“浮気現場”に鉢合わせしたエピソードを報じている。小説「M」では松浦氏から浜崎に別れを告げるのだが、松浦氏はA子さんのインタビューで、実際には浜崎から別れを告げられたと明かしている。

 そして破局後、松浦氏は《俺も結構本気で好きになっちゃってたからさ、女々しかったわけよ。ダメだなあと思って》《俺はすっごい後引きずって……そのあとハワイ行ってもずうっと引きずったし》と、浜崎への未練を長い間吹っ切れずにいたというのだ。

※【音声動画】は最後のページで公開しています

■松浦氏が自慢げに見せた浜崎とのLINE

 松浦氏は長い間、浜崎への未練を振り切れずにいたようだ。別れてから10年以上が経った2016年当時も浜崎の気持ちを試すような言動をし、そのたびに一喜一憂している。松浦氏は浜崎とのLINEメッセージのスクリーンショットをA子さんに自慢げに送ることもあった。

浜崎《マサ大好きだよー!!!!! 世界一大好き 死ぬまでずっとマサが一番だよー!》

松浦《ほんとかなぁ。 信じられないけどね》

浜崎《知ってるくせに》

松浦《知らない。》

浜崎《とか言ってー》

松浦《だって、呼んで来てくれたこと一度もないし》

浜崎《いくよっ》

松浦《嘘つき嫌い》

 A子さんがエイベックス社員だった頃には、浜崎と破局した直後の松浦氏の噂も耳にしている。Aさんはこう語っていた。

■浜崎への未練から松浦氏が起こしたある行動

「浜崎さんとの別れで精神的に病んでしまい、ハワイへ気分転換に行ったようです。当時、社内では『あゆと別れたあと毛布にくるまって起きれずに、仕事がままならない時期が1年くらいあった』という噂もありました。別れたことはかなり引きずっていたようです。松浦さんは、自分で自分のことを“女々しい”とよく言っていました。恋をすると没頭してしまい、何も見えなくなってしまうようです」

 松浦氏にとって浜崎はよほど大きな存在だったのだろう。破局直後には、浜崎への未練から松浦氏はこんな行動にも出ている。

松浦氏《「私出ていくから」っていって出ていかれて、(浜崎は)◯◯(都内高級マンション)泊まってて、酔っぱらってそこ行って俺ピンポンピンポンならして出ないと床で寝てたもん。そんくらい女々しかったよ》(2015年12月のインタビュー音声より)

松浦氏《俺がぐずぐずしてたけど、俺ぐずぐずすると結局自分があとですごいかわいそうな人間になるの(自分自身で)知ってるから》(2015年12月のインタビュー音声より)

 浮気をしていたのも、浜崎とは会えない寂しさからだったようだ。

A子さん《そこまで大好きな相手でも、浮気はするんだね》

松浦氏《それは別。だって忙しくて会えないんだもん》(2015年12月のインタビュー音声より)

■松浦氏の口から語られた、浜崎とTOKIO長瀬の恋愛

 しかし「女々しい」松浦氏を浜崎が顧みることはなかった。浜崎は破局直後からある男性と交際を始める。それがTOKIOの長瀬智也(41)だ。松浦氏は長瀬智也とのエピソードについても語っている。

■「ある日突然長瀬と付き合ってますって言われて」

松浦氏《しょうがねえもうハワイ行こうっていってハワイ行って、Dreamのプロデュースしてたけど全然面白くなくて。で、ハワイ1年半行って戻ってきたってまだあゆの呪縛が抜けないから、いろいろやってたけどある日突然長瀬と付き合ってますって言われて。まあそりゃそうだよなってそこに対しては別に何とも思わなかったんだけど。それで今度(長瀬と)別れるって話になって。別れるってなったらこっちが別れた風に(先に公表)しなきゃいけないから、こっちが先に新聞仕込んで別れたって出したらジャニーズが怒る怒る》(2015年12月のインタビュー音声より)

 松浦氏は「あゆの呪縛が抜けない」状態で浜崎に振り回されていたようだ。しかしプロデューサーとしての責任感からか、元恋人としての愛情からか、松浦氏は浜崎の世話を焼いていた。そうした辛い過去を冷静に語っていた松浦氏だが、声に喜色が混じることもあった。

松浦氏《(あゆが長瀬と)一緒のタトゥーを『変えたい』って言うから、でも落ちねえから、増やせって言ってあいつ本当に増やしたよ。基本的には俺の言うことはいまでも何でも聞く》(2015年12月のインタビュー音声より)

■エイベックス社内で囁かれていた“松浦案件”

 A子さんが書き上げた松浦氏の自伝本の初稿に《相手を想う純粋な気持ちが、愛が、大ヒットへの道になることがある。僕は、愛ほど強いプロデュースの方法を知らない》という一節があったと先述したが、松浦氏が“公私混同”したのは浜崎だけではない。松浦氏は浜崎の他にも人気グループのX子とデビュー直後の2005年頃から10年間交際していたこともインタビューで明かしているのだ。

松浦氏《10年間、今までに至るに(会社が)すごい保守的な体制を敷くなかにいた女がX子じゃん。もうどうでもいいやと。どうにでもなるだろ、どうにもなんないし。といいながらその間になんだかんだDVDつくったり一応プロジェクトやったり、なんかいろいろやってはいるんだよ。でもヒットっていうのは生まれてなくて、それで家帰ったらX子がいたから。はい、セックスセックスセックスセックス、でハマっていって、悪いことも話して》(2015年12月のインタビュー音声より)

 エイベックス関係者が語る。

「松浦さんが愛人をデビューさせたり、担当アーティストと恋愛関係になったりすることはよくありました。2005年頃から、別の事務所からエイベックスに移籍した人気歌手Y子と肉体関係になっています。Y子とはラスベガスに旅行へ行ったことで、当時の妻にバレたこともあったようです。今から数年前には、エイベックスからデビューしたあるガールズグループのリーダーZ子が松浦さんの彼女だった。付き合っていた期間は数カ月だったようですが、松浦さんと交際した後に突如リーダーに抜擢されたんです。『あれは“松浦案件”だから』と会社関係者の間で囁かれていた。結局そのグループは1年足らずで解散してしまいましたが……」

 エイベックスに事実関係について文書で確認をしたところ、期日までに回答はなかった。

 A子さんからの提供資料で明らかになったのは、「愛ほど強いプロデュースの方法を知らない」と豪語する売れっ子プロデューサーの虚しい現実であり、上場企業トップによる会社の私物化だった。

■【音声動画】「あゆの呪縛が抜けない」

 6月13日(土)22時から放送の「 文春オンラインTV 」では、本件について取材担当記者が詳しく解説する。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)