【ワースト30発表】「嫌いな女優」2020 アンケート結果発表 Part2

【ワースト30発表】「嫌いな女優」2020 アンケート結果発表 Part2

真木よう子 ©AFLO

【ワースト30発表】「嫌いな男優」2020 アンケート結果発表 Part2 から続く

 令和初となった「好きな俳優」「嫌いな俳優」アンケート。今回は2020年4月20日までの92日間の投票期間で、13歳から91歳までの幅広い年齢層から総回答数4668票(男性約39%、女性約61%)ものご投票をいただきました。

「 好きな男優 」「 好きな女優 」「 嫌いな男優 」「 嫌いな女優 」部門の上位15人まではそれぞれ別の記事ですでに発表されていますが、好評につき6月27日放送の「文春オンラインTV」では、各部門のベスト&ワースト30についても発表しました。

 では、「嫌いな女優」部門の上位にあがった30人をみていきましょう。

■27位 真木よう子(37)「台詞に温かみを感じない」

「珍しい個性の女優さんですが、台詞に温かみを感じないので共感しません」(女・69)

「セリフをしゃべらないとまだよいのですが……」(男・51)

「演技以前に何を言っているかわからない」(女・41)

「お芝居の評価が高いのだろうけれども、純粋に個人的意見だがどうしても“大根”に感じてしまう」(男・60)

■27位 松嶋菜々子(46)「どんな役を演じても同じに見える」

「見た目はきれいだけど……演技力はイマイチ。というか演技がずっとワンパターン。とんねるずと一緒にバラエティ出てた時が一番輝いてた」(男・54)

「どんな役を演じても全て同じ。自分を綺麗に見せる事だけ。役柄に研究が見られない」(女・75)

「偉そうだから」(男・42)

「気が強そう」(女・54)

「プライベートの顔と女優としての顔がダブり、好感が持てない」(男・67)

■27位 永野芽郁(20)「朝ドラの印象が強すぎる」

「朝ドラでの演技が受けつけなかった」(女・36)

「朝ドラも見ていたが、演技が上手いのか疑問。モタモタした話し方が好きじゃない」(女・26)

「朝ドラの印象が強すぎて役が消せないので、見ていられないです。ごめんなさい」(女・54)

「少し発声が高く、セリフが音痴に聞こえるから」(男・46)

「申し訳ないけど、美人設定の主演には合ってないと思う」(女・60)

「高い声で喚くだけの、ワンパターンな演技」(男・30)

■27位 浜辺美波(19)「垣間見えるあざとさ」

「最初は好きだったが、清純派を装い、彼氏いたことない発言や居眠りなど、童貞男子から好かれるようなあざとさが垣間みえるようになって印象が変わった」(男・21)

「あざとい」(女・21)

「底意地が悪いように見える」(男・51)

■23位 戸田恵梨香(31)「何を演じても本人が透けてみえる」

「少しひねくれてたり気が強かったりする役はいいけど、朝ドラ向きではないような気がします。『スカーレット』(NHK)はスルー」(女・60)

「本当はいい人なのかもしれないけど、私の中ではがさつで生意気で、性格が悪いイメージです」(女・55)

「下品。何を演じても本人が透けてみえる」(女・49)

「どこが良いのか分からない」(女・57)

「『演技が上手いでしょう』と見せびらかすような空気が見え隠れしている」(女・64)

「演技は上手だと思うけど、共演している俳優さんと毎回交際報道がある印象があってあまり……」(女・34)

■23位 天海祐希(52)「男前がすぎる」

「男前がすぎる」(男・50)

「エラそうに男を見くびる態度がイヤ。と言ってもこの人の出演するドラマは見ないからよくわからないけどイメージがそう見える。何様!? と言いたくなる」(女・72)

「何見ても同じに見える」(女・51)

「エセ庶民派ぶる。性格悪そう」(男・35)

「宝塚女優としての『上から目線』の演技が抜け切れていないから。期待された『トップナイフ』(日本テレビ系)でも、この演技がドラマの足を引っ張っている」(男・60)

「宝塚ファン時代から嫌いです」(男・39)

■23位 のん(26)「かわい子ぶってる」

「しっかりとした理由はないけれど大嫌いです」(女・63)

「絶対ぶりっ子」(女・17)

「演技が上手いと思えないし、かわい子ぶってるのがいやだ」(女・54)

「外見や声がなんとなく好きになれません」(女・55)

「昔バラエティで不思議ちゃんぶって天然発言したり、おどおどしていたのがどうも苦手」(女・34)

「『あまちゃん』(NHK)から進歩を感じることができません。テレビ以外で色々と活動されているようですが、もういいのではないですか」(男・66)

■23位 前田敦子(28)「自然さがない」

「面白みがない。どんな役を演じても、ぽっと出の新人が体当たりで頑張っているという印象。自然さがないので逆に目がいってしまい、ストーリーに集中できない」(女・49)

「何の才能があるのか分からない」(女・33)

「不自然で白々しい感じがする」(男・34)

「見ていてイライラしてしまうので……」(女・54)

「演技、声質ともに不快。女版・東出昌大」(男・31)

「女優気取りなので」(男・38)

「視聴者としての好みの問題もあるが、嫌いというより好きになれない」(男・24)

■21位 上白石萌音(22)「演技の幅がない」

「『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)での演技やキャラがあまり良くなかったから、嫌いになってしまった」(女・18)

「女優としてのオーラを感じない。演技力があるとは思えない」(女・41)

「演技力がない。幅の広い演技ができず、いつも演技が同じ。人間性は良さそうですが……」(女・58)

「演技が上手いかと言われると微妙だし、あのニコニコ笑顔やおっとりした喋り方、女性っぽさやいい子を前面に出されるとあざとく感じるというか……。上手く説明出来ないですが、どうも苦手」(女・30)

■21位 深田恭子(37)「20代の時と演技が変わらない」

「あの『小首傾げてキョトン顔』は、もはや伝統芸の域」(女・53)

「何をやっても一本調子」(男・70)

「笑顔が不自然」(男・34)

「お芝居が通り一遍で飽きる」(女・28)

「すごくしゃべり方も演技もべたべた女性を売りにしていて好きになれない。作っている感じがする」(女・53)

「以前は可愛くて好きでしたが、このところ、何か無理をしているように感じてしまい、嫌いというより『痛い……』という印象を受けてます」(女・49)

「20代の時と演技が変わらない」(女・48)

「あざとい感じが苦手です」(女・51)

■19位 高畑淳子(65)「どんな役でもぐいぐい押し付けてくる」

「女性従業員へ乱暴した息子の、非常に悪いイメージがつきまとう」(男・50)

「美人だが、かえって冷たさが表情に出る。ご子息の事件では辟易した。役柄はなんでもこなせそうだが、舞台女優にありがちな過剰な演技がしらけさせる」(男・65)

「うまいけど、顔で損している。うるさいおばさんが抜けない」(男・58)

「全てにおいて大味」(男・50)

「どんな役でもタカハタ節でぐいぐい押し付けてくる」(女・58)

「濃過ぎる感じ」(男・71)

「意地悪そうな顔なのに、仕事を選んで“良い人”の役しかやらない女優」(男・55)

「でしゃばり過ぎで、将来は泉ピン子なのでは」(女・50)

■19位 吉岡里帆(27)「あざとい雰囲気が苦手」

「映画『パラレルワールド・ラブストーリー』にも出演しましたが、演技がオーバーであざとい感じがするから」(男・37)

「どんぎつねのあざとい雰囲気そのものが苦手」(女・43)

「可愛いけど主演となると魅力がなくなってしまうし、ドラマではどうかなと思う」(女・28)

「きれいで透明感のある方なのですが、どこかわざとらしいというか、あざとさのようなものを感じてしまう雰囲気が苦手」(女・39)

「役のせいか必要以上にドラマに出過ぎのせいか分からないけど、CMで声を聞いたりドラマに出てきたりするだけで、嫌悪感を覚える」(女・50)

「芸能人の中で断トツで無理。スタイルも演技も全く華がない」(女・32)

「したたかなぶりっこ感が気持ち悪い」(女・28)

「あざとさが前面に出過ぎている」(女・35)

「演技力ゼロ。嫁さんだったら最高なんだけど……」(男・30)

■17位 菜々緒(31)「ストイックな感じが…」

「『4分間のマリーゴールド』(TBS系)では違和感しかなかった。ドSっぽい役しか合わないし演技の幅が狭い」(女・49)

「モデルだけやってた方がよい」(女・39)

「顔が怖い。声も強張っていて人工的なところが苦手。女優よりモデルの方が良いのでは、といつも感じる」(女・50)

「頑張ってる感じが見えるので、もう少し楽になってもいいんじゃないかなと……。ストイックな感じがテレビで見えてきて、こっちが疲れてしまいます」(女・45)

「キツそうで苦手」(男・27)

「顔が怖いので何をやっても悪女に見える」(女・65)

「綺麗でスタイルいいけど、あまり人間味を感じない」(男・30)

■17位 藤原紀香(48)「自分大好き感が鼻につく」

「いつも怪しげな商品に手を出して宣伝しているイメージ」(男・37)

「胸とか露出が多くてダメです」(男・48)

「自己アピールと若作りがイタい」(男・48)

「最近見かけないけど、派手すぎるし演技が下手」(女・78)

「演技が好きじゃない」(女・36)

「大物感を出しているから」(男・37)

「露出が多い。もう女優業は良い気がする」(女・39)

「キムタクの女性版。“芸能ムラ”の悪しきニオイが全身から漂っている。彼女が映るとチャンネルを変える」(男・68)

「自分大好き感が半端なく、それが鼻につく」(女・58)

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)