「あなたが選ぶ少年マンガ ベスト1は?」結果発表……「鬼滅の刃」は7位、2位は「スラムダンク」、では1位は?

「あなたが選ぶ少年マンガ ベスト1は?」結果発表……「鬼滅の刃」は7位、2位は「スラムダンク」、では1位は?

「あなたが選ぶ少年マンガ ベスト1は?」結果発表……「鬼滅の刃」は7位、2位は「スラムダンク」、では1位は?の画像

 2019年4月から放送されたアニメで人気に火がつき、少年マンガの歴史を塗り替える大ヒットで話題になっている作品がある。累計発行部数8000万部を突破している『鬼滅の刃』だ。

 大正時代を舞台に、家族を「鬼」に殺された少年・竈門炭治郎が、唯一生き残りながらも鬼化してしまった妹・竈門禰?豆子を人間に戻すために戦う姿を描く。少年マンガではあるが、その支持層は小学生から中高年までの男女と幅広く、椿鬼奴、DAIGO、叶姉妹など多くの著名人が作中の登場人物のコスプレするなど、芸能界での注目度も高く、その影響力を示している。

 ひさびさに『ONE PIECE』を“超える”マンガが出てきたと聞いて、この自粛期間に『鬼滅の刃』を一気読みした『ONE PIECE』世代、『ドラゴンボール』世代の方々も多いのではないだろうか?

 そこで、文春オンラインでは「<アンケート>あなたが選ぶ『少年マンガ』ベスト1は?」を実施。6日間で“少年漫画世代”の40代を中心に、482人の投票が集まった。早速、その結果を紹介していこう( #2では?39歳の小島よしおが語る「なぜドラゴンボール世代の僕が『鬼滅の刃』にハマったのか」を公開中です )。

※なお1人につき、3作品を選び〔1位3点、2位2点、3位1点〕、合計得点で計算している。

 では、ベスト10を具体的な理由とともに見ていく。

【10位 北斗の拳(原作:武論尊 作画:原哲也・週刊少年ジャンプ) 60点】

 核戦争で荒廃した世紀末の世界を舞台に、伝説の暗殺拳“北斗神拳”の伝承者・ケンシロウを描いたハードボイルドアクション漫画。掲載期間は1983年から1988年。

「ラオウとジュウザの最期には小学生ながら感動した。『我が生涯に一片の悔いなし』自分もそんな人生を送りたい」(43・男性)
「生死をかけた戦いの中で倒した相手を『強敵(トモ)』と呼び、『本当の強者とは哀しみを知る者だ』という作品テーマがとても魅力的でした」(43・男性)

【9位 ドカベン(水島新司・週刊少年チャンピオン) 65点】

 神奈川県の明訓高校野球部に所属する主人公の「ドカベン」こと山田太郎と、その仲間たちによる高校野球での活躍を描く。掲載期間は1972年から1981年。

「野球のルールもドカベンで覚えました」(49・女性)
「野球を甲子園からこれほど丁寧に描ききった作品はないと思います。スポーツ漫画の傑作!」(57・男性)

【8位 巨人の星(原作:梶原一騎 作画:川崎のぼる・週刊少年マガジン) 77点】

 巨人軍の三塁手だった父に、小さい頃から野球の英才教育をされてきた主人公・星飛雄馬を描く野球漫画。掲載期間は1966年から1971年。

「不朽の名作であり、忘れようがなく心の奥底に刻まれています」(69・男性)
「従来の少年漫画の常識を塗り替えた画期的な作品。評価は分かれるでしょうが、時代を変えた作品だと思う」(66・男性)

 注目された『鬼滅の刃』は7位でランクイン。中高年がハマる理由とはなんだろうか。掲載期間は2016年から2020年5月。

【7位 鬼滅の刃(吾峠呼世晴・週刊少年ジャンプ) 92点】

「主人公の炭治郎をはじめ、周りのキャラクターも個性的なので見ていて飽きない」(47・男性)
「児童館で働いています。子どもたちが毎日のように主題歌を歌ったり、キャラクターの絵を描いたりしていて、『そんなに面白いの?』と不思議に思っていました。試しにアニメを見てみたら、第1話から面白すぎてどハマり。3日で完走しました! その後、漫画も全巻購入し、毎日『鬼滅の刃』を見ています」(21・女性)
「鬼殺隊だけでなく敵側の鬼にも悲しい過去があることを丁寧に描いているので、物語に深みがある」(64・女性)
「勧められて読みましたが、子供と一緒にどハマりしました。優しさ、潔さ、正義、みたいなものが押しつけでなく描かれていて、いつも感動します。子供達にも安心して読ませられる」(47・女性)
「家族を殺して妹を鬼にした鬼を絶滅させ、妹を人間に戻すために辛い修行と死闘を繰り広げる炭治郎の姿に心打たれない人なんていますか?」(48・女性)

 では、大ヒットの『鬼滅の刃』を超えた6作品を振り返る。

【6位 あしたのジョー(原作:高森朝雄 画:ちばてつや・週刊少年マガジン) 103点】

 天涯孤独の青年・矢吹丈が、元ボクサーの丹下段平との出会いをきっかけにボクシングの才能に目覚めていく。社会的反響が大きく、主人公のライバルにして人気キャラクター・力石徹が作中で死んだときには、実際に葬儀が行われた。掲載期間は1968年から1973年。

「矢吹丈のストイックな生き様に惚れ込んだ」(62・男性)
「激しいボクシングシーン、ライバル・力石の壮絶な減量など、ボクサーの過酷さと凄さを教えてくれた漫画です」(54・女性)
「強くなるための理想として憧れていました」(65・男性)
「単なる根性論ではなく、人情味あふれるスポーツマンガの王道。ラストのリングでの打ち合いシーンは印象的」(73・男性)

【5位 名探偵コナン(青山剛昌・週刊少年サンデー) 108点】

 謎の組織によって少年化されてしまった、高校生探偵・工藤新一が江戸川コナンとして組織の行方を追うミステリー推理漫画。その人気は漫画のみならず、毎年公開されるアニメ作品の劇場版は2019年まで7年連続で興行収入記録を更新している。1994年から現在まで連載中。

「最初は子どもと一緒に何気なく見るアニメでしたが、気づけば謎解きに参加して、私の方がどハマりしていました(笑)」(35・女性)
「大人でもハマれる骨太なミステリーにいつも夢中になっています」(60・男性)
「私は安室透さん推しです!」(24・女性)
「新一と蘭ちゃんのもどかしい恋模様が……少女漫画よりもキュンキュンします」(27・女性)

【3位タイ こちら葛飾区亀有公園前派出所(秋本治・週刊少年ジャンプ) 138点】

 破天荒な警察官・両津勘吉と、葛飾区亀有公園前派出所に勤務する同僚たちによる日常を描く。2016年、『週刊少年ジャンプ』での連載を終え、単行本は全200巻。これはギネスにも「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」として認定されている。掲載期間は1976年から2016年。

「コロナ禍の現在、最も復活して欲しい作品です。この混乱を両さんに一刀両断して欲しい」(28・男性)
「昔に描かれたのに、なぜか今の状況に対する苦言・提言を表すセリフが多い」(48・男性)
「漫画版『男はつらいよ』。笑いとペーソスあふれる秀作」(57・男性)
「社会の状況や景色をタイムリーに色濃く反映した漫画でした」(72・男性)
「主人公が貪欲な不良警察官で、ドジで憎めない。周りの登場人物もキャラが濃い」(60・女性)
「秋本先生の細かい設定や作り込みにいつも驚かされていました」(48・女性)

【3位タイ ONE PIECE(尾田栄一郎・週刊少年ジャンプ) 138点】

 海賊王を目指す青年・ルフィとその仲間たちによる、ひとつなぎの大秘宝・ワンピースを巡る冒険物語。現在まで、週刊少年ジャンプ連載作品の中で、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に次ぐ長期連載となっている。また単行本の国内累計発行部数は日本の漫画史上最多の3億9000万部で、全世界では最新96巻で4億7000万部を突破している。1997年から現在まで連載中。

「最近、長年の連載で張り巡らされた伏線が回収され始めて、物語の緻密さに脱帽している。結末が気になりすぎて読まずにはいられない」(32・女性)
「20年を超える長期連載にもかかわらず、一度もダレることなく冒険を描き続けている」(52・男性)
「読めば読むほど前に戻って読み返したくなる。所々の物語で登場する社会風刺的な要素も面白い」(43・女性)
「シャボンディ諸島で、天竜人をぶん殴ったルフィが泣くほどカッコ良かったです」(28・女性)
「一見、天然で何も考えてないように見えるルフィだけど、いつも心に芯を持ってブレない性格がこれ以上にない最強の主人公です」(37・男性)

【2位 SLAM DUNK(井上雄彦・週刊少年ジャンプ) 140点】

 不良青年・桜木花道が高校バスケットボールを通して成長していくストーリー。当時はその絶大な影響力からバスケットボールを始める若者が急増したとも言われている。掲載期間は1990年から1996年。

「笑いあり、真剣勝負ありのスポコンの王道だと思う」(46・男性)
「まさにスポーツマンガの最高頂点を極めた作品で、金字塔と言える。説明とか理由はもう不要でしょう」(46・男性)
「流川楓君に憧れて、毎日公園でシュートやドリブルの練習をしたり、ランニングをして体力作りをしていました」(34・女性)
「高校でバスケを始める人が増えました」(39・女性)
「桜木、三井、流川、赤木といった一人ひとりのキャラクターの個性が強いのに、対照的に、安西先生が癒し系なのも素敵。この漫画を通してバスケが好きになりました」(35・女性)

 作中でのセリフも印象深い。

「『諦めたらそこで試合終了だよ』。安西先生のこの言葉が人生の教訓になっている」(48・男性)
「三井が泣きながら『安西先生、バスケがしたいです』と言う、あのシーンが目に浮かびます」(44・女性)

【1位 ドラゴンボール(鳥山明・週刊少年ジャンプ) 238点】
( #2では 小島よしおが語る「なぜドラゴンボール世代の僕が『鬼滅の刃』にハマったのか」を公開中です )

 238票と過半数近くの票を獲得して堂々1位となったのは、週刊少年ジャンプにて1984年から連載されていた『ドラゴンボール』だった。

 7つ全てを集めるとどんな願いも叶えられる“ドラゴンボール ”と、孫悟空の冒険物語でこれまで様々なアンケートで1位を獲得してきた。

 “ドラゴンボール世代”からは熱いコメントが集まった。

「子ども達の世界が“週刊少年ジャンプの発売日を中心に回っていた”という時代があって、なかでも『ドラゴンボール 』はその中心的な存在だった」(38・男性)
「アクション、アドベンチャーというカテゴリでは少年マンガの金字塔。今後もこの漫画を超えるものは出てこないと思う」(52・男性)
「現在の少年マンガの原型はここから始まっている気がする」(42・男性)
「僕ら世代の男にとって、共通言語のような趣きがある」(40・男性)
「ジャンプの掲げる『友情・努力・勝利』を体現していて、毎週ワクワクしながら読んでいました」(43・男性)

 印象的な場面を挙げてくれる人も。また、ファンならではの“あるある”体験も……。

「超サイヤ人に覚醒するシーンは、何度読んでも鳥肌が立ちます」(37・女性)
「天下一武道会のシリーズが大好きでした」(29・男性)
「かめはめ波はたくさんモノマネ練習もしました」(40・女性)
「かめはめ波や太陽拳など、今考えれば絶対にできない技も修行をすればできるようになる! と修行(?)という名の遊びをしていました」(45・男性)
「海外の学校に転校した時、何も話せなくてつらかった私に同級生たちが『カメハメハー』と話しかけてくれて、打ち解けることができました。私にとって、恩人のような漫画です」(42・女性)

39歳の小島よしおが語る「なぜドラゴンボール世代の僕が『鬼滅の刃』にハマったのか」 へ続く

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)