「オリャ―!」ホークス尾形崇斗の飛躍は雄叫びとともに

「オリャ―!」ホークス尾形崇斗の飛躍は雄叫びとともに

昨秋からアピールし続けてきた尾形投手 ©上杉あずさ

 まだ背番号120だった3月15日、オープン戦の最終戦だった広島戦で先発を任されて4回1安打無失点。トータルで5試合に登板して11イニングを無失点に抑えた尾形崇斗投手は、そのデーゲームが終わって福岡に戻る新幹線の車内で、念願だった支配下登録の連絡を受けました。

 もう、この時には当初の3月20日からの開幕の延期が決まっていましたが、「僕は今日から開幕のつもりでやります。1球目から最高のパフォーマンスをしたい」とエンジン全開。チームの活動が自粛となった期間も気持ちを切らすことなく“開幕1軍”を目指して取り組んできました。そして、自粛明けの練習試合でも存在感を見せましたが、開幕メンバーの中に“尾形崇斗”の名前はありませんでした。

「めっちゃ悔しかったです……」

 そこがゴールではないとわかってはいるけれど、一つの通過点として目標としてきた“開幕1軍”。悔しくて悔しくて……その日は心底落ち込んだようです。でも、尾形投手はすぐにいつも通りのギラツキを取り戻していました。

「僕、あの日は世界で一番落ち込んでたと思うんですけど、次の日にはしっかり切り替えました。時間がもったいないので」

 落ち込むだけ落ち込んだら前を向く。尾形投手は投げっぷりの良さ同様、気持ちの面でもスイッチの切り替えは思い切りが良いのです。それができるのも、成功体験ならぬ“成長体験”があるからです。

 ケガでリハビリ組になった時、打たれて落ち込んだ時――「だけど、その度にちゃんと成長して帰ってこられたんです。悔しさが僕をもっと強くしてくれました」。

 だから今回も、より一層成長するチャンスだと受け止め、前を向くことができたと言います。やってきたことに胸を張れる尾形投手だからこその発言だと感じました。

■自分の目指すべき“究極”像

 尾形投手の取り組みについては、チームメイトやコーチ陣が皆、口を揃えて「ストイックだ」と言います。倉野信次ファーム投手統括コーチは、「自粛中の自主練習も光っていた。頑張っている姿を見てきたから、壁に当たっても乗り越えてくれる期待感がある」と取り組みを評価していました。ただ、「もう一つ足りない部分を2軍でやっていかないと」と課題も与えていました。

 尾形投手自身も悔しさだけでなく、冷静な目を持って現状を受け止めていました。開幕を2軍で迎え、今季の公式戦初登板となった6月21日のウエスタン・バファローズ戦では7回から登板し、2回を1安打無失点。3奪三振、1四球。だけど――。

「1軍で戦うには話にならない」

 決して悪くない結果でも、本人の自己評価は厳しいものでした。

「今までの自分なら、今日はナイスピッチングだったと満足していたかもしれません。だけど、細かいコースまでつけないと1軍では通用しない。突き詰めないと……」

“究極”を目指してきた尾形投手が1軍を知ったことで、自分の目指すべき“究極”像が具体的に見えてきたのかもしれません。この数か月で著しい成長を遂げてきました。

 ここまで遂げてきた成長は“育成魂”にも支えられていました。育成時代はテレビ越しに1軍の試合を見て「いいな〜。あそこで野球したいな〜」と羨みながら、悔しさを噛み締める日々でした。育成選手と支配下選手の壁をまざまざと見せつけられてきた2年間。1年目、ファン感謝祭前に行われる日本一パレードに育成選手は出られないと知り、2時間ドームでお留守番した悔しい思い出もあります。「支配下選手に負けてたまるか」とパレードが行われている間、ウエイトトレーニングに汗を流しました。晴れて支配下登録された今でも、1軍のマウンドに立っていても、当時抱いてきた想いが消えることはありません。

 千賀投手や甲斐捕手、牧原選手、二保投手らも育成出身。今ではチームを代表する選手たちですが、彼らも支配下選手と区別されてきた育成時代の話になると言葉に熱がこもります。育成での経験は、成長を支える大事な要素になっているのかもしれません。

■好投のカギを握っている“雄叫び”

 また、尾形投手の気持ちの強さは“雄叫び”にも表れています。投げ込む瞬間に「オリャー!」と雄叫びを上げる尾形投手。無観客の球場に響き渡る雄叫びが彼の代名詞にもなってきました。フォームのバランスやタイミングが合った時、強いボールを投げられている時に自然と声が出るのだそうです。つまり、雄叫びは調子のバロメーターなのです。

 ちなみに、尾形投手はその声をマウンド上だけでなく、自分の部屋でも張り上げているそうです。寮の自室にはカラオケがあり、気持ちを込めて思い切り歌うことでストレスを発散、声を出すことがリラックスに繋がっているようです。「部屋での目標はいかにリラックスするかなので、そういう意味では(カラオケは野球に)繋がっていると思います」。オンでもオフでも“雄叫び”が尾形投手の好投のカギを握っているようです。

 そして、初めての1軍昇格は思ったよりも早く巡ってきました。6月23日、初めて出場選手登録されると、その日にプロ初登板。1回を投げ、2つの三振を奪うも、押し出しを含む3四球3失点と結果を残せませんでした。そして、再び2軍へ――。

 でも大丈夫です。尾形投手には“成長体験”があります。ほろ苦デビューを肥やしに、さらにパワーアップしてくれるはずです。

 何事にも全力な尾形投手を取材していると「涙の数だけ強くなれるよ」と岡本真夜さんの歌声も聞こえてきそうです。アスファルトに咲く花のように、育成からの逆境を乗り越えて、強い花を咲かせてくれると信じています。次、1軍に呼ばれるときにはもっとスゴい雄叫びを聞かせてくれることでしょう。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/38675 でHITボタンを押してください。

(上杉 あずさ)

関連記事(外部サイト)