やっと訪れた“春の決戦”、永瀬拓矢叡王の盤側には8本のバナナが置かれていた

やっと訪れた“春の決戦”、永瀬拓矢叡王の盤側には8本のバナナが置かれていた

叡王戦公式サイトより

 遅い春がやってきた。

 将棋界にとって、名人戦、そして叡王戦の開幕は春の訪れを告げる合図だ。

■ようやく花開いた若者たちによる頂上決戦、第5期叡王戦

 通常4月から開催される予定だった両タイトル戦の番勝負は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて予定の変更を余儀なくされていた。

 タイトル戦序列3位、叡王戦。

 故・米長邦雄永世棋聖の「将棋はみんなで観たほうがおもしろい」という思いの通り、観戦者がワイワイとコメントを打ち込んだり、食事や対局風景に思いを馳せたり、今の将棋観戦のスタイルを確立し、「観る将棋ファン」増加のきっかけを作った「将棋電王戦」を源流とするビッグタイトルである。

 公式タイトル戦として昇格されてからまだ3年目だが、クラウドファンディングで運営費を募ると目標額を大きく上回る1400万円以上が集まるなど、ファンから強く愛されている棋戦だ。その存在感は他の棋戦に後れを取らない。

 そしていま、誰よりも長く春を待ち望み、ようやく花開いた若者二人による頂上決戦――第5期叡王戦が始まろうとしていた。

 6月21日午前10時。天気は晴れ。目の前に広がる太平洋の潮騒が気持ちよく、浜辺を散策する人も見られる。

 対局会場となった静岡県の今井荘は、かのレジェンド・羽生善治九段が七冠独占をかけて谷川浩司九段に挑んだ王将戦が開催されたこともある、将棋界とは縁深い高級旅館である。新型コロナウイルスの影響で休館となっていたが、叡王戦のために貸切で営業を行っていた。

 タイトル保持者・永瀬拓矢叡王が駒箱を開き、ゆっくりと駒を並べていく。初防衛の舞台で並べる一文字駒の「王」。見慣れたその文字は、いま彼の目にどう映っているだろうか。盤側にはいままで彼を支え続けてきたバナナが8本並んでいる。八冠目の新しいタイトルとなった叡王戦を暗喩する本数なのだろうか?

 一方、将棋界の最高位に座する豊島将之竜王・名人は、挑戦者として「玉」を並べる。わずか2日前、将棋の街・天童で名人戦第2局を戦った際には上座で駒を並べたばかりの彼は、一体どんな思いで「玉」に触れたのだろうか? 盤側には名人戦から連れてきたであろうおやつが並んでいる。チョコレートの箱の少しヨレた形から、ハードスケジュールの中で戦っている様子がうかがえる。

■「定刻となりましたので、永瀬叡王の先手番ではじめてください」

 すべての駒を並べ、対局開始まで静寂の中に浸る。これから始まる戦いに備えて精神を統一する。僅かに布が擦れる音、空調の音、それ以外は何も聞こえない。

「定刻となりましたので、永瀬叡王の先手番ではじめてください」

 静寂を破る立会人の声。第5期叡王戦七番勝負第1局、二人の戦いが始まった。

■本来ならばワイワイ検討するのだが

 控室には立会人、中継ブログ担当記者が控えている。いつもなら対局を見届けにプロ棋士が何人もやってきてワイワイにぎやかに局面を検討するのなのだが、今日は昨今の情勢を鑑みて最低限の人しか来ていない。

 対局開始を見届けた立会人の青野照市九段が、控室に映し出された盤面を観ながら「早繰り銀かあ。昔はよく見たんだけどねえ」と担当記者に話しかける。

■一手、また一手とものすごい速度で手が進む

 青野九段は「元祖中年の星」と言える棋士である。羽生世代がA級を占めて世代交代が行われていく中、47歳で10年ぶりにA級へ復帰したり、還暦を超えてもなおB級2組に長く留まるなど活躍した。桐山清澄九段に次いで、現役では2番目の年長棋士だ。研究家としても知られ、「青野流」と名の付いた作戦もある。現在は出身地である静岡などでの立会人を務めており、ファンからは「とるいち」「ブルーノ」の別名で親しまれている。

 そんな大御所が「最近の角換わりは新しい感覚でね……」と非常に興味深い話をしている時、対局室では一手、また一手とものすごい速度で手が進んでいた。あまりにも速い。ほとんど一手に1分もかけていない。その指し手に前例はあったものの、そこから離れ未知の世界へ身を投じてからも二人の速度が落ちる様子はまったくない。お互い居玉のまま派手に駒が舞い、先手玉の近くで大駒が成る。

 目まぐるしい手の応酬に、棋譜コメントでも「相早繰り銀でこのスピードはちょっと見たことがない」と記されていたほどだ。もしかして、二人とも持ち時間が5時間だということを忘れているんじゃないだろうか?

 あまりのスピードにヒヤヒヤするのも束の間、56手を迎えたあたりからようやく進行がゆっくりしてきた。ここまではお互い研究範囲内で、これからじっくり時間をかけて戦っていこうということか。

「深海に潜ったね」と青野九段はぽつりと言った。盤の海は深い。それは目の前に広がる太平洋よりもはるかに深いのだろう。

■多くの別名を持つ永瀬叡王

 現在27歳の永瀬叡王は、王座のタイトルも保持している二冠だ。

「軍曹」「バナ永瀬」「根絶やし流」「千日手マニア」――彼には多くの別名がある。

「将棋は才能ではなく努力」という持論のもと、「根性」「不倒」の文字を掲げ、膨大な時間を将棋に捧げ結果を出してきた。それこそが彼の持論を証明する手段であり、そして将棋への愛の表現なのである。時に「将棋に感情は必要ない」と声高に語る彼だが、その実誰よりも人間の感情を理解した勝負術を発揮することもある。

 聞くところによれば、普段の研究では、人間相手のVS(実戦形式の練習将棋)を大事にしているという。外出自粛の時期もオンラインであの藤井聡太七段と研究を続けていたそうだ。

 しかしそうした勝負に徹する姿とは裏腹に、ファンの前での物腰は柔らかく、子供には優しい。そして実家のラーメン店を営む父親へのリスペクトもよく知られており、そのストイックさと情熱を愛するファンは少なくない。彼の別名の多さは、強さと個性を象徴しているだけでなく、多くのファンに愛されている証でもある。

■棋界の頂点に君臨する超天才、豊島竜王・名人

 挑戦者、豊島竜王・名人。現在30歳の押しも押されもせぬ最強の棋士である。

 かつて対局相手の佐藤紳哉七段が「豊島? 強いよね。序盤中盤終盤、隙がないと思うよ」と発したネタは非常に有名だが、その強さはネタではない。史上最年少の小学3年生で奨励会に入会し、近年では人との研究をやめAIを活用した結果、史上4人目の竜王・名人として棋界の頂点に君臨する超天才。普段表情が少なく、あまり喋らない性格から私生活はほとんど謎に包まれていた。

 そんな彼のニックネームは「きゅん」「とよぴー」「とよしー」等、永瀬叡王と比べるとかなり可愛らしい。それは豊島竜王・名人の童顔がその原因であるだろう。びっくりするくらいまったく年を取らない人なのである。彼が30歳の誕生日を迎えた時、多くのファンがその衝撃と時間経過の速さに膝から崩れ落ちたほどだ。

「アクシデント王」の異名も持っていて、対局相手が遅刻して不戦勝となったり、タイトル戦の真っ最中にホテルの避難訓練がはじまってしまったり、盤上にアイスコーヒーがぶちまけられてしまったりと不幸な話題が多い。

 そんな不幸属性持ちのクールな童顔が時折見せる笑顔はどこか小動物的で、自分の呼び名について「お手柔らかにとは思いますけど……」と言いつつも「楽しんでいただけたら」とその笑顔で答えたという。なるほどファンがそう呼びたくなる気持ちもわかるというものだ。

 人間とAI、努力と天才、軍曹と小動物――まるで漫画のキャラクターのように対照的だ。一方で共通点もある。叡王戦の前身である「将棋電王戦」で将棋ソフトを相手に勝利を挙げた数少ない棋士なのだ。それほどまでの力を持ちながらも、羽生世代の厚い壁に長年タイトル獲得を阻まれてきた。しかし、今は互いに二冠を保持するトップ棋士。

 まさにこの叡王戦は、やっと訪れた春の中行われる新世代の戦いと言えるだろう。

■大量の食事を注文――永瀬流の勝負術

 さてタイトル戦のお楽しみといえばご当地の食事、俗にいう「将棋めし」だ。

 対局者の注文から局面や意気込みや精神面を推測する、観る将棋ファンにはおなじみのコンテンツでもある。

 特に永瀬叡王は前期の食事注文で視聴者のド肝を抜いた前歴がある。台北で行われた第1局では、「食事を大量に注文する」という盤外戦術を見せたのだ。永瀬叡王はもともと食事については小食で、サイドメニューを大量に摂る傾向があった。バナナがその一例である。これはつまり、当時叡王であった高見泰地七段が自他ともに認める「プロの観る将」、つまり将棋界の動きやファンの声に誰よりも敏感であることを逆手に取った作戦であると考えられていた。

 その意外な注文に驚いたのはファンだけではないだろう。自分の保持するタイトルで話題を挑戦者にさらわれた高見七段は、自身の良さを発揮できないままストレートでタイトルを奪取されてしまった。当然食事が直接的な敗因ではないが、彼の動揺が永瀬叡王に対抗するような食事注文にも表れていたのは明らかで、「これが永瀬流の勝負術か」と感心するとともに恐怖を覚えた。

 そんなエピソードを持つ叡王戦、今回は一体どんな注文がなされるのか……? ちょっとした緊張感が漂う。

■正統派なメニューの選択に「意外だな」

 だが実際に注文されたのは、両対局者ともに静岡の名産、うな丼であった。

 豊島竜王・名人はサラダの追加注文という変化があるものの、ごく正統派なメニューの選択にほっと胸を撫でおろす反面、「意外だな」というのが率直な感想だった。

 豊島竜王・名人についてはタイトル戦でうなぎを注文することは何度かあったし、インタビューでは「訪れた土地の名産を食べています」と語っていたこともある。採用時の勝率が高いことで有名なカツカレーが選択肢にあったものの、多忙を極めている身であるし、激しい戦いになることを見据えてうな丼で精をつけようという注文には「なるほど」と素直に頷ける。

 しかし永瀬叡王はどうだろうか? もともとうなぎの採用率は高かったものの、前期叡王戦で好きになったという海鮮丼の選択肢もあっただろう。なにより前回のような相手を惑わす二手指しではない。

 ここから永瀬叡王について深読みしてみよう。

 前期叡王戦での食事をめぐる心理戦は、かつて大山康晴十五世名人が「局面がいいと食欲が出てくる」と語り、自身のキャラクターを作り上げ振舞うことで対局相手に盤外から圧力をかけていたのではないか……という話を想起させた。しかし、今回はそれをしなかった。つまり、永瀬叡王は豊島竜王・名人に対してそういった揺さぶりが効かない相手であるという判断をしたのだろう。ならば盤外に意識を向けるよりは平常心で対局に臨むほうが良い。徹底して勝負に辛い将棋軍曹の判断は、果たして凶と出るか吉と出るか……。

■天体までもが叡王戦に絡んでくる

 そんな深読みのはかどる昼食休憩が明け、対局が再開。午前中のスピードが嘘のようにゆっくりと手が進んでいく。

 攻めたり受けたりでどんどん盛り上がってくる先手陣に対し、後手は徹底して受けに回り「攻めてこい」と誘う。しかし、そうしているうちに局面は永瀬叡王の駒が五段目まで盛り上がり、豊島竜王・名人の駒を圧迫しているように見えていた。

 ちょうどそのころ、世間では部分日食が話題になっていた。太陽の前を月が横切り、光を遮る。台湾では金環日食が観測されたという。

――対局開始前、主催社のドワンゴ関係者がこっそり教えてくれたことがある。

「叡王戦の裏テーマは月なんです。月下推敲というか、人間の叡智をイメージして……」

 そのため叡王戦には月をモチーフにしたデザインがこっそりちりばめられているという。まさかここで天体までもが叡王戦に絡んでくるとは……。ならばこの対照的な二人を、永瀬叡王を「月」、豊島竜王・名人を「太陽」に喩えることができるだろう。

 月の叡王は、太陽たる竜王・名人を盤上で見事喰らうことができるだろうか。

 局面は永瀬叡王の▲1五歩を合図にいよいよ戦いが始まった。が、ここで夕食休憩の時間となった。太陽を喰らいつくすにはまず体力が必要だ。本格的な戦いの前にめしは不可欠である。

■夕食は豪華な「将棋ミニ会席」

 夕食は初めから「将棋ミニ会席」と決まっていた。会席は旅館を象徴する食事である。写真撮影用に並べられた料理に関係者一同は「おおっ」と声を上げた。

 なんとも華やかである。旬の食材、地元の名産、そして海の幸をふんだんに使った豪華な料理がずらりと並ぶ。「ミニって何だったかな?」と考えてしまうほどのフルコースぶりだ。

 今井荘の女将さんは「休憩時間が30分と短いので、食べきれるかが心配で……」と語っていたが、事前にうかがっていたメニューよりも種類が多いのは気のせいだろうか? とにかく、この叡王戦のために旅館を開け、そしてあらんかぎりのもてなしを見せてくれた今井荘には感謝しかない。自粛が明け、通常営業になった日にはぜひ将棋ファンの方々も今井荘へ遊びに行ってほしい。

■20時20分、千日手が成立

 対局再開。しかし局面はもう永瀬叡王がはっきり優勢に見えていた。

 豊島竜王・名人も指せる手を失っているのか、不利ゆえの長考に沈んでいるように見えた。スタッフは終局に備えはじめ、控室はなんともいえない静けさに包まれていた。

「あ?あーっ!!」

 102手目、豊島竜王・名人が指した△7六との手を見て、突然中継記者が立ち上がり絶叫した。「どうしました?」と尋ねると「千日手! 千日手の筋入ってる!!」と半狂乱状態になっている。「いや、先手優勢だし相手にしないでしょ。さすがに……」と関係者一同は話していたが、そんなの知ったこっちゃないと局面は千日手の順をたどりはじめた。

「ああ〜、うそお〜!」

 中継記者が今にも死にそうな声をあげている。

 1回。2回。と金と飛車が同じ動きを繰り返す。

 3回。そして4回目。

 20時20分、千日手が成立した。スタッフが走って対局室へ向う。

■「まさか本当にやるとは」

 この時のことを中継記者氏に尋ねると「いや、千日手の筋は見えていましたけど、まさか本当にやるとは思わなかった」。記録係の熊谷俊紀二段にたずねてもほぼ同じ回答だ。ニコニコ生放送でも屋敷伸之九段が「いくら将棋が好きでもこれを千日手にするのはもったいない」と解説していた。

 実は昼食休憩のとき、ドワンゴ関係者が「念のために……」と千日手が成立したときのための準備をしていた。「フラグにならないといいですねえ」などと談笑していたが、こんな漫画のように見事伏線回収されるとは思わなかった。しかし、よく考えてみれば予兆はあったのだ。

 永瀬叡王が千日手マニアであることは前述したが、タイトル戦でも千日手を成立させたことがあった。前例は第87期棋聖戦と第67期王座戦、どちらも第1局だ。うち王座戦は今回と同じく相早繰り銀であった。

 相早繰り銀、相うな丼のがっちり合った呼吸から千日手という展開は読むべきだっただろうか? もう何が何だかわからない。

 ドタバタしながら全員で規定を確認し、対局再開は20時50分からとなった。

■永瀬叡王はバナナを頬張っていた

 並べた駒を片付け、一礼し豊島竜王・名人はすぐに離席した。劣勢の局面を千日手で拾えてほっとしているだろうか。指し直しがはじまるまでの時間少しでも休みたいだろう。一方の永瀬叡王はしばらく盤の前から離れず、優勢の局面をチャラにしたことを何とも思っていないような顔でバナナを頬張っていた。

「これはもう趣味だね」と、千日手の局面を並べながら青野九段は呟いた。趣味なら仕方ないだろう。これは2人のための対局なのだから。

 何かが起こる叡王戦、まだまだ我々の想像を絶する展開を見せることになるとは、誰も知る由もなかった。

写真=松本渚

軍曹の「千日手」めぐる駆け引き、ニコ生も控室も大いに盛り上がった へ続く

(松本 渚)

関連記事(外部サイト)