『かくしごと』大槻ケンヂ、『ハクション大魔王』奥田民生……アニソンで見せた対照的な個性――近田春夫の考えるヒット

『かくしごと』大槻ケンヂ、『ハクション大魔王』奥田民生……アニソンで見せた対照的な個性――近田春夫の考えるヒット

絵=安斎 肇

『愛がゆえゆえ』(大槻ケンヂとめぐろ川たんていじむしょ)/『サテスハクション』(奥田民生)

 奥田民生に大槻ケンヂと、クセの強い男たちが、こぞって申し合わせたかのように、アニメもののリリースである。

 アニメというと子供相手の商売とばかり思っていた私だったが、担当の若者によれば、今や支持層の高齢化も進み、丁度この二人あたりの年回りのロックミュージシャンに憧憬を抱く世代がアニメをしっかりと支えているのだとか。

 大槻ケンヂなどは既に'07年より『さよなら絶望先生』OP曲等々、色々歌ってきていたんだそうだが忘れていた。

『愛がゆえゆえ』もその同じ原作者の『かくしごと』とのコラボ企画らしい。ちなみに、表記にある、めぐろ川たんていじむしょは、アニメ登場の女の子たちとのことだ。

 一方の奥田民生もどうやらアニメ経験者のようである。

 聴き比べて、感じたことを率直に書いていこうかと思う。先ず二者は、アプローチからして、まったく別物だった。

 大槻ケンヂには、むしろその特異なキャラクターは封印して、といったらよろしいか、あくまで技術職的な部分での手堅い仕事に徹しているような印象を受けるのに対し、奥田民生は、アニメに向けてというよりは、まず本人としてのアイデンティティを前面に押し出した、相変わらずのマイペースぶりだ。如何にもな“らしい”作りといえる。

 奥田民生といえば、'60年代の有名なポップスやロックを焼き直ししては、別の文脈の音楽に無理やり昇華させてしまうような“ワザ”が、一種芸風として尊ばれているとも思うのだが、今回の歌い出しは、モロ『バットマン』だ。このあっけらかんぶりには、なかなか他の人間の追随を許さぬものがある。相変わらずの人を食った制作態度に、思わず、ホントに懲りねーヤツだなぁと、笑ってしまった。

 とはいえ、エレキギターのワイルドな音色を中心に据えたサウンドプロダクションにはお馴染み感も強く、新鮮味はそれほどないかもしれぬ。

 そういった意味では、大槻ケンヂ。これは一聴しただけでは誰だとは絶対に分かるまい。かつてかの筋肉少女帯であった、そのまがまがしき面影を彷彿とさせるような要素は一切なく、まるでどこかのおじさんが、声優と一緒にアニソンを楽しそうに歌っているとでもいった“お茶の間向け”な風情なのだ。意外性に絞っての話ならば、軍配はこちら側に上がるだろう。

 共通点は、どちらの歌詞にも、語呂合わせ的なコトバ遊びの着想が見られるところだ。だが、面白いことにその味わいは大分異なる。いってみれば奥田民生には、勢いに任せたようなフィジカルなスピード感があり、大槻ケンヂの、いかにも考え抜かれた跡の見てとれる、職業作詞家的ともいえる作風とは、まさに対照的な趣なのである。

 とにかくこの、ほぼ同い年の、そして個性溢るる二人が、アニメというプラットフォーム上にそれぞれの現在を遺憾なく発揮してみせてくれた。皆さまにもそこは是非聴き比べていただきたいのである。

ちかだはるお/1951年東京都生まれ。ミュージシャン。現在、バンド「活躍中」や、DJのOMBとのユニット「LUNASUN」で活動中。近著に『考えるヒット テーマはジャニーズ』(スモール出版)。近作にソロアルバム『超冗談だから』、ベストアルバム『近田春夫ベスト〜世界で一番いけない男』(ともにビクター)がある。

(近田 春夫/週刊文春 2020年7月9日号)

関連記事(外部サイト)