「東京ラブストーリー」“魔性の女”関口さとみ役・有森也実が語る「放送されなかったカンチの子供」令和版リメイクで話題

「東京ラブストーリー」“魔性の女”関口さとみ役・有森也実が語る「放送されなかったカンチの子供」令和版リメイクで話題

有森也実さん ©文藝春秋

「永尾くんと三上くんの間に挟まれて、優柔不断な態度をとってしまう関口さとみという役は本当の私と違いすぎて、あまり好きなタイプの女性ではなかったですね(笑)。私は『悩むと時間がもったいない』って思って、前に進みたい性格なので。でも、やりがいのある面白い役でした」

 そう当時を振り返るのは、1991年に放送されたドラマ「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)で、関口さとみ役を演じた女優の有森也実(52)だ。

 放送日だった月曜の夜には若い女性が街から消えると言われ、最高視聴率32.3%を記録。小田和正が歌った主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」も258万枚を売り上げる大ヒットとなるなど、社会現象となった「月9」を代表する恋愛ドラマだ。

(全2回の1回目。 #2 を読む)

■リメイクの「令和版」も話題に

 物語の中心は4人。自由奔放な性格の赤名リカ(鈴木保奈美)、真っ直ぐだが過去を引きずりがちな“カンチ”こと永尾完治(織田裕二)、遊び人でモテ男の三上健一(江口洋介)、そして、男性の後を3歩下がって歩く古風な関口さとみだ。物語は愛媛の田舎から上京してきた高校の同級生たちが、大都会・東京で揉まれながら社会人として成長していく姿が描かれている。

 放送から29年――。その名作が今年、動画配信サイト(FOD、Amazon Prime Video)でリメイクされて、話題となっている。令和版ではリカ役を石橋静河、“カンチ”役を伊藤健太郎、三上役を清原翔、有森が演じた関口さとみは、E-girlsの石井杏奈が演じている。令和版「東京ラブストーリー」は、時代設定こそ変更されているが、リカの「カンチ、セックスしよ!」との衝撃的なセリフなどは引き継がれている。

 有森はこの新作にも目を通したという。

「前作は、地方出身の3人(永尾、三上、関口)に素朴な感じが漂っていましたけど、令和版はみんな洗練されてナチュラルですね。作品も時代の雰囲気を反映してサラッとしていて、いまの若い子たちも楽しめるように作られていると思います。

 リメイク版を見ていて感じたのは、コミュニケーションツールの違いです。私たちは、公衆電話、ポケベルの時代ですから、切なさの表現が今とは少し違うかな。帰宅して家の留守番電話聞いて初めて事態がわかるようなシーンが多いし、恋愛している男女のすれ違いによって感情が上書きされている時代でした。それが今は直接会わなくてもLINEやメール、携帯電話と、いろんなツールがある。今ならリカが海外に転勤しようが、SNSで探そうと思えばすぐに繋がれちゃうわけだし(笑)」

■「死んでしまえ」カミソリ入りの手紙も

 今でこそ、俳優としてビッグネームになった織田裕二、鈴木保奈美、江口洋介、そして有森也実の4人だが、91年当時は23歳だった有森をはじめ、みな20代の若手俳優だった。

「保奈美さんは知的な大人っぽい人。織田さんはとても真面目で、『この役、難しいよね』『読み合わせしようよ』と言い合って、2人で時間をみつけてはセット脇でセリフ合わせを何度もしました。江口さんは人懐っこくて、いつも現場の雰囲気を明るくしてくれる可愛らしい方でした」

 放送がスタートし、ドラマの人気が高まるにつれて、視聴者の中に現れたのが“アンチさとみ”だった。というのも、優柔不断なさとみは、自分を想うカンチの気持ちを知りながら三上と関係を持ち、最終的にはリカからカンチを奪う“魔性の女”。そのイメージが視聴者に定着したからだ。

「あの頃は、男女雇用機会均等法ができて、女性がバリバリ働くことが社会に浸透していった時期。だから、原作の柴門ふみさんの漫画では古風なさとみを主体として描かれていたものを、時代に合わせてドラマはキャリアウーマンのリカ目線で作られた。さとみよりもリカの描かれ方のほうがサバサバしていて、カッコイイなっていう憧れは、私にもずっとありました(笑)。だから、リカを応援したくなる人の気持ちも分かるんです」

 ドラマ終盤には、リカのところへ向かおうとするカンチの元に、さとみがお手製の「おでん」を持って現れ、「行かないで」と涙目で引き留める名シーンがある。結果さとみはカンチの略奪に成功。さとみは、世の女性からは“おでん女”と呼ばれて恨まれることになる。

「あのシーンの『いかないで』っていう気持ちは、さすがに私も腑に落ちているんです。だって欲しいものは欲しいですからね。(リカの元へ)行かせたくない気持ちは分かります。

 放送当時、いろいろな反響がありました。カンチのファンがリカとの恋を邪魔したことに怒って、事務所には『死んでしまえ』と書かれた手紙や、カミソリ入りの手紙が届きました。そういえば、あの頃、プライベートで新宿駅近くの地下通路を歩いていたら、石が飛んできたんですよ。『地下なのにどうして石が飛んでくるんだろう』って、最初思ったのを覚えています。誰が投げたのかもわからず仕舞いでしたが、さすがに身の危険を感じました。

 今でも、ドラマが再放送されると『やっぱり有森也実嫌い』『関口さとみムカつく!』って、ネットがザワつくんですよね(笑)。29年も経っていても、当時の感覚にタイムスリップできるって、すごいドラマですね」

■放送されなかった幻のシーンとは?

 最終回でさとみはカンチと結婚。リカはロサンゼルス支局へ転勤したが半年で退社して音信不通になっていたが、3年後に表参道でカンチ・さとみ夫婦と遭遇する。

 あのラストシーンには裏話があった。「当初は、放送された内容と違う設定で台本が作られていた」と、有森は打ち明ける。

「実はいただいていた台本には、永尾くんとさとみの間に子供がいたんです。ところが本番直前に子供がいない設定に変わった。リカに偶然会った永尾くんは、リカと2人きりでしばらくビルの屋上で話すんですが、さすがに子供を置いて元カノと2人だけで話すのは違和感があるからかな? それとも続編を考えてのことなのか? といろいろ考えましたが、真相は未だにわかりません」

 ドラマでは、最終的にカンチを選んださとみ。放送から29年経ったいま、有森也実としては、対照的な性格のカンチ、三上のどちらを選ぶのだろうか。本人に聞いてみると意外な答えが返ってきた。

「どっちだろうなあ……。三上くんだったら、さとみと永尾くんが結婚しても受け入れてくれそうですけど、さとみが三上くんと結婚したら、永尾くんはずっとさとみのことを引きずりそうな気がします。だから結局はどうしたって、三角形の中での選択肢を考えていくと、『やっぱり永尾くんと結婚したほうが収まりがいい』と考えたと思います。

 最近、織田さんと保奈美さんが出演中のドラマ『SUITS』(フジテレビ系)を見ていた友達が、『ドラマを見ているとついつい、織田さんが家に帰ったら、さとみちゃんが手料理作って待っているんじゃないか、とか考えちゃうんだよね』と冗談で言っていました。30年近く経っても、“関口さとみ”の印象は未だに根強いんだなあって、びっくりしちゃいました。さとみのおかげで演じることの楽しみを覚えることができた、本当に大切な作品でした」

《独立初インタビュー》女優歴37年の有森也実が語る「引退を考えた」崖っぷちの過去と「結婚願望」 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)