マルシアに“51歳再婚”を決意させた50歳ドラマーの“決めゼリフ”

マルシア"51歳再婚"を決意か お相手は浜崎あゆみなどのバンドで活躍してきたドラマー

記事まとめ

  • 歌手のマルシア(51)が、50歳のドラマーの松本直樹との再婚を決意しているという
  • 松本は、氷川きよしや浜崎あゆみ、テゴマスなどのバンドで活躍してきたドラマー
  • モヒカンがトレードマークのイケメンで、マルシアとは10年以上の音楽仲間との噂も

マルシアに“51歳再婚”を決意させた50歳ドラマーの“決めゼリフ”

マルシアに“51歳再婚”を決意させた50歳ドラマーの“決めゼリフ”

マルシア

「今年の冬頃から、マルシアさんの家に男性が出入りするようになりました。彼女のベンツを彼が運転して出かけたり、二人で散歩したり。一緒に暮らしているようです」(近隣住民)

 歌手のマルシア(51)が、再婚を決意しているという。

◆ ◆ ◆

■再婚相手は50歳の売れっ子ドラマー

 お相手は、氷川きよしや岩城滉一、浜崎あゆみ、テゴマスなど有名アーティストのバンドで活躍してきたドラマーの松本直樹(50)。

「腕は一流なのに偉ぶったところがなく、フットワークが軽いと評判のドラマー。マルシアとは10年以上の付き合いで、彼女の後ろでドラムを担当し、音楽仲間として支えてきたのです」

 そう説明するのは、松本をよく知る男性。

「ロマンスグレーのモヒカンがトレードマークのイケメン。昔コックをやっていたそうで、料理上手の一面もある。昔からマルシアを『素敵な人だ』と言っていたけど、『アタックしてみろよ』と水を向けると『俺なんか相手にしてくれるわけないだろ』と笑っていた。それが、昨年のマルシアのデビュー30周年ライブをきっかけに、深い仲になったそうです」(同前)

 日系三世としてブラジルで生まれたマルシアは1986年に来日。89年に「ふりむけばヨコハマ」でデビューし、日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得。94年には俳優の大鶴義丹(52)と結婚、一女を授かるが、2004年に離婚した。

「マルシアは離婚した当初から『娘が大人になるまでは再婚しない』と話していたのですが、その娘も今年で23歳。娘は松本とも面識がありますが、彼の酒量の多さを案じ、交際に反対していた時期もあったと聞いています」(マルシアを知る音楽関係者)

■コロナ禍をきっかけに同棲

 娘は今年に入ってからマルシアの元を離れて独立、入れ替わるように松本が移り住んだのだという。

「松本は別の女性と同棲していたが、マルシアとの距離が縮まったことでその女性とは破局。当初はマルシアの自宅近くのマンションに住み、通い愛を育んでいたのですが、コロナ禍で不安を感じるマルシアの傍にいようと、同棲に至ったのです」(前出・知人男性)

■松本がマルシアに伝えた“決め台詞”

 記者がマルシアの自宅を訪ねると、既に表札には「松本」と書かれた白い紙が貼られていた。

「松本はキザでマメなタイプで、女性にモテる。彼女を欠かしたことはないけど、結婚歴はない」(同前)

 この知人によれば、そんな松本が昨年末、マルシアに“決め台詞”を吐いた。

「この手で君を守りたい」

 マルシアとの将来をしっかりと考えた上でのことだと知人は感じたという。

「『彼女と幸せになりたい。幸せにしたい』とも言っていました」(同前)

 マルシアの思いも、すでに決まっているようだ。

「マルシアは周囲に『彼と結婚したいと思っている』と漏らしています」(前出・関係者)

■2人に結婚の予定をたずねると……

 松本に結婚についてメールで問うたところ、「現在入籍の具体的な予定はなく、結婚の話もでておりません」としながらも、同棲については「事実です」と答えた。

 マルシアの所属事務所、ワタナベエンターテインメントは小誌の取材に対し、松本と同じ回答。

 12日、自宅前でマルシア本人にも声をかけたが、

「今は、何も話せない……」

 ドラマーと紡ぐ、新たな人生のドラマ。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年7月23日号)

関連記事(外部サイト)