当時の子供達のトラウマ「ノストラダムスの大予言」。あのマンガ・特撮番組も影響を受けていた!

当時の子供達のトラウマ「ノストラダムスの大予言」。あのマンガ・特撮番組も影響を受けていた!

五島勉さん。© 文藝春秋

 昭和42年生まれの筆者にとっては終生忘れられないキーワードのひとつ、『ノストラダムスの大予言』の作者、五島勉さんが去る6月16日に亡くなっていた。享年90。死因は誤嚥性肺炎だった。

 16世紀のフランスの医師・占星術師のミシェル・ノストラダムスの四行詩と散文体の序文から成る百詩篇集(ミシェル・ノストラダムス師の予言集)を「諸世紀」として紹介し、解説したこの本は、1973年11月25日に祥伝社より刊行されるや一大ベストセラーとなった。わずか3か月で約100万部(あくまでも公称)売れたというのだから、出版不況の今となっては夢のような話だ。

■1974年、日本は猫も杓子もノストラダムスだった

 本書は“ノンフィクション”の表記は特になく、五島さんによる小説、あるいはフェイクドキュメンタリー的側面を有していたが、発表当時はかなりのリアリティを伴って一大センセーショナルを巻き起こした。“世紀末”、“終末”という言葉を普遍化させたのもこの作品だろう。翌’74年、早くも東宝系にて映画化・公開された。

 それには追い風があって、’73年12月29日に同じ東宝系で公開された小松左京原作の『日本沈没』が大ヒットを記録し、ちょうどその後継を探していた矢先だった。さすがに沈没したばかりの日本を再浮上させたり、第二の日本をでっち上げてまた沈没させる訳にもいかない。いわゆる“破滅・パニック”路線を続けたかった東宝にとって、『ノストラダムスの大予言』の大ヒットは渡りに船だった。間髪入れず映画が公開されたこともあり、『ノストラダムスの大予言』と“世紀末ブーム”は過熱した。

 子供の頃に、この本を読んだり、この本の特集や転載記事、あるいはテレビ・ワイドショーのネタ、そして映画などを観て、トラウマになった方々も多い……というか筆者もそのひとりな訳でして。

 ここではその大ブームぶりを、同時代に『ノストラダムスの大予言』に影響を受けた作品群の幾つかをご紹介することで、検証してみよう。

■映画『ノストラダムスの大予言』の衝撃の内容

 まずは先述の本書の映画化から。公開は’74年の8月3日というから、じつに発売後、わずか9か月で公開まで至っているのがすごい。併映は『ルパン三世』の初の実写映画化作品『ルパン三世 念力珍作戦』で、こちらも微妙にオカルト題材合わせなのが面白い。


 映画はもちろん『ノストラダムスの大予言』の記述をベースにしているのだが、名優・丹波哲郎演じる主人公で環境学者の西山良玄が、先祖代々(幕末から)、ノストラダムスの「諸世紀」を研究している家系という設定。良玄は人類の環境開発及びその破壊が人類自身の滅亡を招くと提唱するが、逆に非難を浴びてしまう始末。だが、彼の不安は的中し、太平洋上の海面が凍り、エジプトで降雪。さらに成層圏に滞留した放射線がニューギニアに降り注ぎ、動植物が巨大化。食人鬼と化した原住民が調査隊に襲いかかる……! 巨大化したナメクジなども出現するが、これが結構カワイイ。

 個人的なみどころは2つ。良玄が、由美かおる演じるひとり娘のまり子と、黒沢年男演じる婚約者の中川明に「時に、済んだかな?」と、食後に婚前交渉について笑顔で聞くシーン。当時は父親と観に行っており、なんともバツが悪かったが、今観直すと、丹波節炸裂で非常に心に突き刺さる。もうひとつは、世紀末というか人類滅亡に至る怪事件のひとつに、“開発大臣が木に登り、「どんぐりころころ」を歌い出す”というシーンがあって「そうか、大臣が木に登るようになったらこの国はオシマイなんだ……」と思った次第。

 この映画、当時は文部省推薦だったが、これまで一度も映像ソフト化されていない。ラスト近くに登場する、“核戦争後の新人類”がその理由との説もあるが真偽は不明。’74年度の邦画興収第2位という立派な成績が大ヒットを証明していよう。今一番、観直したい映画だ。Blu-ray化、熱望!

■『仮面ライダー』や『マジンガーZ』にも登場したノストラダムスの兄弟!?

 さて、ノストラダムス・ブームは時の『仮面ライダー』にも影響を与えた。’74年放送のシリーズ第3弾『仮面ライダーX』第13話のサブタイトルはズバリ「ゴッドラダムスの大予言!」。日本転覆を狙う国際秘密結社GOD機関の怪人・ユリシーズが変身した予言者・ゴッドラダムスが、予言によって人心を惑わし、その隙に電話ボックスに仕込んだ殺人ガスで東京全滅を図るというもの。もちろん最後は、仮面ライダーXの活躍でユリシーズは倒されるのだが、以来筆者はノストラダムスと聞くと、パブロフの犬的にゴッドラダムスを思い出してしまう。


 同年放送の『ウルトラマンレオ』の主題歌の歌詞(作詞は阿久悠!)にも「何かの予言があたる時 何かが終りを告げる時」との一節があり、『ノストラダムスの大予言』の影響下にあることは明白だろう。

 また、巨大ロボットアニメの雄『マジンガーZ』(’72〜’74年)にもノストラダムスは活きている。『マジンガーZ』の劇場映画第2作『マジンガーZ対暗黒大将軍』(’74年)には、謎の予言者が登場する。銀の長髪に老人の顔、白いひげを蓄え、茶色い装束に身を包み、木の杖を手にした、見るからに怪し気なその人物は、のっけから「まもなくこの世の終わりが来る……」と主人公の兜甲児らに予言した。なんのことはない、その人物こそ、?死んだと思われていた甲児の実の父親・兜剣造博士で、新たな敵・ミケーネ帝国の出現を暗に伝えていたのだ。甲児が操縦するマジンガーZが大ピンチと見るや、すかさず自身が開発したマジンガー2号機 = グレートマジンガーを出撃させるという用意周到さで、子供達は救世主グレートマジンガーのかっこよさにシビれたものだった。

 驚いたのは、「お前は弾丸となって空を飛ぶだろう」という予言。ギャグ担当キャラのボスボロットが、マジンガーZを助けるため、両足にミサイルをくっ付けて空を飛び、ピンチに駆けつけるシーンを言い当てたものだが、この急場凌ぎの現場の苦肉の策までなぜわかったのだろう? これこそ驚異の予言、と、子供心にびっくりしたものだ(普通、そんなことまで読めないでしょ?)。

■藤子・F・不二雄と水木しげるが描いた『大予言』2編

 漫画の世界にもノストラダムスは多大なる影響を及ぼした。『ドラえもん』(’69年〜)で有名な藤子・F・不二雄が’76年に「S-Fマガジン」(早川書房)5月号で発表した作品がズバリ『大予言』!

 その主人公の名前がノストルタンマで、最近、師匠で高名な占い師の田呂都先生がすっかり表舞台に登場しなくなり、ひとり塞ぎ込んでいる。きっととんでもない未来が見えたに違いない……と思ったタンマが、田呂都先生を訪ねると、ポンと投げ出されたのが最近の新聞や週刊誌の記事を切り抜いたスクラップブック。

「これが何か?」という表情を浮かべたタンマのリアクションに先生はひどく脅える。曰く、“ごく普通に新聞や週刊誌に[人類滅亡]と掲載される日常に誰も恐怖しない。その事自体が恐い”と。それに慣れっこになっている人々を田呂都先生は恐れ、最後に孫を抱き「おまえにはもう予知してあげる未来もないんだよ」と吐いて幕を閉じる。“真に恐いのは、民衆の鈍感さと無関心”という真理を痛烈な風刺と皮肉たっぷりに描いたこの作品は、数ある藤子・F・不二雄のSF短編中でも、傑作中の傑作に数えられることだろう。

『ゲゲゲの鬼太郎』(’65年〜)で有名な水木しげるも後年、ノストラダムスを題材にした作品を発表している。’93〜94年に描き下ろした『悪魔くん ノストラダムス大予言』(初出・辰巳出版/現在は講談社「水木しげる漫画大全集」に所収)という作品で、水木作品の人気キャラ・悪魔くんが、悪魔メフィストの力でノストラダムスの時代にタイムスリップ。その予言を直接聞き、1999年の人類の滅亡を防ぐために活躍する……という内容で、『ノストラダムスの大予言』の内容を分かりやすく解説しており、ある意味、映画以上に原本寄りの構成となっていた。五島先生もこの作品はいたく気に入られており、生前、絶賛されていた。

 以降も、真田広之・織田あきら主演のSF特撮ドラマ『宇宙からのメッセージ 銀河大戦』(’78年)第25話に“ダム・ノストラの予言”が登場したり、『仮面ライダースーパー1』(’80年)第18話にヤッタラダマスという怪人が登場したり、『ルパン三世』シリーズの映画第5作で『くたばれ! ノストラダムス』(’95年)が公開されたり、「週刊少年マガジン」(講談社)の人気シリーズ『MMR マガジンミステリー調査班』(’90〜’99年)でも大々的に採り上げられたりと、その後継は跡を絶たなかったが、当の1999年、地球に恐怖の大王・アンゴルモア(このネーミングがまた“いかにも”で秀逸!)が出現しなかったことで、一旦は終息する。

■大予言はつづくよ どこまでも……

 だが、五島さんは生前、「ノストラダムスの大予言は多少、時期がずれた」とも語られていたそうで、そうなると2000年以降にも日本や世界を襲った数々の大事件に思いが及び……やはり一生、五島勉とノストラダムスの影響からは逃れられない、自身の性(さが)を痛感してしまう次第。

 五島先生、恐怖の大王の脅威が及ばない世界で、ひと足お先にゆっくりとお休みください。

(岩佐 陽一)

関連記事(外部サイト)