お参りしたらタイガース躍進……廣田神社“必勝祈願”に行ってみた

お参りしたらタイガース躍進……廣田神社“必勝祈願”に行ってみた

廣田神社 ©市川いずみ

 クローゼットで眠っていたノースリーブをようやく身に着けた。太陽の光が恋しかった。傘を開かなかった日は何日あっただろう。長い長い梅雨だった。振り返ればタイガースの梅雨もものすごく長かった。梅雨入りは開幕日の6月19日。晴れていた空は徐々に雲がかかり7回には傘を開かざるをえなくなった。翌日には11点を奪われる土砂降り。待ちに待った開幕だったが、ワクワクした気分は開幕と同時に不安に変わった。

 ほぼ1か月間のロードで始まった今シーズン。もしかすると傘を関西に置いたまま遠征に出掛けていたのかもしれない。それほど攻撃という雨を浴び続けた。6月は10試合でわずか2勝。“It’s 勝(笑) Time!”を掲げたものの勝利も掴めなければ、もちろん選手や首脳陣、ファンの笑顔もない。7月に入り、4日5日の広島戦でようやく連勝したものの翌日から3日連続で雨天中止。いい流れをなかなか引き寄せることができなかった。

■必勝祈願のために廣田神社を訪れてみた

 そもそも私自身がとんでもない雨女である。毎年2月に訪れる沖縄キャンプでは、5年連続私が沖縄入りした日は雨。那覇空港に降り立った時は晴れていたものの宜野座村にある球場に到着すると土砂降りなんてこともあった。今春はまさにレンタカーを北へ走らせている途中に雨が降り出した。球場に到着するとグラウンドでの練習は打ち切られ、選手たちは屋内に場所を移していた。私の雨女ぶりは周知されていて、姿を見つけた福留選手がウェイトルームから顔をのぞかせ「おいっ!」と空を指さしたほどだ。2018年は甲子園での雨天中止の試合が多くあったがそのほぼ全てが私リポーター担当日であった。

 青柳晃洋投手の登板日も雨で流れることが多い。先日は傘を手にする青柳投手のイラストがあしらわれた「雨柳さんタオル」も発売された。今では笑ってこのタオルを手にすることができるのだが(雨柳さんもチーム状態も梅雨も明けたから)、6月はチームの梅雨も私の雨女も青柳投手の雨男も笑えない状態だった。

「そういえば!」

 毎年タイガースは開幕前に、兵庫県西宮市にある廣田神社を参拝する。これは球団創設時から続いている恒例行事だが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で参拝が中止となっていた。そもそも廣田神社には勝運の神が祀られていると言われていて、タイガースは毎年必勝祈願に訪れていたのだ。「必勝祈願ができなかったからなかなか勝てないのかもしれない……」いてもたってもいられなくなり、廣田神社を訪れることにした。

■優勝祈願のご利益は……

 この日も大雨。しかし、最寄りのバス停で降りた途端に雨は上がり薄日が差してきた。お参りをする前からいい気分である。緑に囲まれた綺麗な参道が迎えてくれ、手水舎の前には大きな球団のロゴマーク。縁の深い神社であることをすぐに感じた。

 すると虎柄の巾着袋を手にした男性が境内に。声をかけてみると愛知県から参拝に来たというタイガースファンの方だった。「スマホケースもタイガース、矢野監督の勝負パンツ、赤パンツも穿いています!」という熱さ。優勝祈願をされたあと甲子園で観戦するとのことで「私も今から優勝祈願しますんで大丈夫です! 楽しんできてください!」と束の間の同志との時間を終えた。

 そのあとしっかりお参り。

・タイガース優勝
・私の雨女と青柳投手の雨男の厄除け
・本厄の私自身の厄除け

 3つ目は完全に欲張ってしまった。

 最後はタイガース絵馬をしっかり納めて任務完了。絵馬はしっかり“予祝絵馬”にした。

 さぁ、優勝祈願のご利益は……

 なんと参拝した日にタイガースは最下位脱出。7月は14勝8敗2分けと一気に借金を返済した。長い長い梅雨が明けて一気に夏がやってきた。しかし急激に気温が上がったこともあってか、今度は早くも夏バテ気味のタイガース。負けが込んできたらまた廣田神社にお邪魔します。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/39261 でHITボタンを押してください。

(市川 いずみ)

関連記事(外部サイト)