『ビューティフルライフ』で「唯一引退を考えた」…女優人生「何をやっても常盤貴子」な理由

『ビューティフルライフ』で「唯一引退を考えた」…女優人生「何をやっても常盤貴子」な理由

常盤貴子 ©AFLO

 90年代後半から00年代前半に出演したドラマが次々と大ヒットを記録し、「連ドラの女王」の異名を持つ常盤貴子が、ここにきて再ブレイクの兆しを見せている。うまく肩の力を抜いた自然体な様子で、ドラマ、映画だけでなくバラエティ番組やSNSで今また脚光を浴びている。

 現在公開中の大林宣彦監督の遺作『海辺の映画館 キネマの玉手箱』でも、移動劇団「桜隊」の看板女優・園井恵子をはじめ6役を見事に演じた。

『愛していると言ってくれ』(TBS系/1995年)や『ビューティフルライフ〜ふたりでいた日々〜』(TBS系/2000年)といった社会現象化するほど大ヒットしたドラマはもちろん、『真昼の月』(TBS系/1996年)、『カバチタレ!』(フジテレビ系/2001年)、『ロング・ラブレター〜漂流教室』(フジテレビ系/2002年)といったほかの常盤貴子主演作もリアルタイムで視聴していた筆者が、なぜ再び彼女が求められるようになったのか考えた。

◆ ◆ ◆

■女優人生で唯一引退を考えたシーン

 常盤貴子は連続ドラマから離れていた時期もあったが、昨年は『ビューティフルライフ』以来、19年ぶりにTBS日曜9時のドラマ『グッドワイフ』に主演で返り咲く。今年5月31日からは4週に渡って『愛していると言ってくれ 2020年特別版』が再放送され、今観ても色褪せぬ作品の抒情的なストーリーや、常盤貴子の初々しくも芯の通った演技がツイッターなどで大きな話題になった。

 一方、7月23日に出演した『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)では見事な存在感を放ち、番組出演者や視聴者をざわつかせた。最終回で最高視聴率41.3%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)を叩き出した恋愛ドラマ『ビューティフルライフ』で常盤貴子演じる杏子が、余命宣告を受けて真冬の湖で入水自殺しようとするシーンで女優人生で唯一引退を考えたと語り、「寒すぎた」というシンプルな理由をざっくばらんにぶっちゃけて、笑いを誘ったのだ。

■“養生テープに見えるバングル”に「イヒヒっ」

 番組出演時、常盤貴子が身に着けていた緑バングルが養生テープに似ていたことから、 “養生テープに見えるバングル”が話題に。すると放送翌日、今度は常盤貴子が自身のインスタグラムで、本物の養生テープを右腕にはめた写真とともに「#イヒヒっ(^^)」と投稿。ネット上のイジりに恥じるでもスルーするでもなく、まさかの常盤貴子本人が明るく乗っかる形で切り返したわけである。

?

■演じる役の根底にあるのは“明るく健気で強い”女性像

 彼女の再ブレイクに繋がる魅力を一言でいえば、木村拓哉が「何をやってもキムタク」と言われたように、常盤貴子も「何をやっても常盤貴子」だったからだと思うのだ。20年前に『ビューティフルライフ』でダブル主演を果たしたふたりには共通点があると感じる。

「何をやってもキムタク」とは演技が一本調子で、どの役を演じても“素のキムタク”がセリフを発しているように聞こえる――というネガティブなニュアンスを持って語られることが多い。けれど筆者は、木村拓哉のことを純粋に男としてカッコいい人だと思っているし、嫌みとして使われることもある「何をやってもキムタク」というフレーズを、誉め言葉として用いている。

 確かに木村拓哉は演技の幅が広いとは言えないかもしれないが、下手なわけではなく、自然体の演技はむしろかなり上手い。そして、画面に映った時に視聴者を惹きつける唯一無二の存在感。その圧倒的なカリスマ性があれば演技の幅など必要ないのだ。

 常盤貴子もまた然り。「何をやっても常盤貴子」なのである。彼女の演技、演じる役の根底には“明るく健気で強い”女性像がある。

『愛していると言ってくれ』で演じた女優の卵、『ビューティフルライフ』では難病に侵され車椅子生活を送る図書館司書、『真昼の月』のトラウマを抱えた女性、『グッドワイフ』の弁護士など、演じる役の肩書や境遇は当然バラバラ。もちろん作品によって悲しんだり落ち込んだり苦しんだりするシーンもあるが、ベースとなる性格は総じて“明るく健気で強い”。良い意味で記号的なのである。

■『愛していると言ってくれ』で訴えた「同情じゃない! 私は、あなたが好きだから!」

 例えば常盤貴子演じる紘子と、豊川悦司演じる聴覚障害を持つ画家・晃次との純愛を描いた『愛していると言ってくれ』では、3話ラストでこんなシーンがある。

 晃次とコミュニケーションを取りたいと考え、一から必死に手話を覚えた紘子。街中や電車の中でも紘子は屈託のない笑顔を見せながら、手話を使い晃次との会話を楽しんでいた。だが晃次は、手話で会話する様子を周囲の人々がもの珍しそうに見ている視線に気づいており、電車を降りた後、手話を続ける紘子の手を制止するのだ。

 晃次は手話で「君まで、耳が聞こえないと思われる」、「気にしないのは、君は本当は耳が聞こえるからだよ」と伝えてしまう。そんな晃次の思いを知り、紘子は怒気さえも帯びた表情で毅然とこう訴え返すのである。

「そんなに……そんなに違うの!? 聞こえるのと、聞こえないのと、私とあなたと、そんなに違うの!? だったら私は、もっとあなたをわかりたい、知りたい!」

 さらに晃次が「ぼくは君の好奇心やセンチメンタルの道具じゃない。ぼくの火傷の跡も、君には関係ない」と伝えると、

「そういう意味じゃない……好奇心じゃない……同情じゃない! ?私は、あなたが好きだから! 好きだから!」

 と、紘子は晃次への想いを吐露。晃次は紘子が純粋な気持ちで好意を持ってくれていることに胸打たれ、涙する紘子を抱擁。抱きしめ合う紘子と晃次……紘子の健気さと芯の強さが晃次の心を動かし、気持ちを通じ合わせたのである。

?

■『ビューティフルライフ』の「柊二。私の人生のスペシャル」

 一方、木村拓哉演じる売れっ子美容師・柊二と、常盤貴子演じる杏子が亡くなるまでの愛の日々を描いた『ビューティフルライフ』の最終話では、“明るく健気で強い”演技の真骨頂を見せていた。

 杏子の部屋でしんみり語り合う杏子と柊二。自身の死期が近いことを悟っている杏子は微笑みながら、病気になってから、常に死を意識するとともに日常のかけがえのなさを感じていたと気丈に告げる。

「きれいな景色だったりとか、気持ちいい風だったりとか、両親がクリスマスに買ってきてくれたクリスマスケーキのね、ろうそくの灯がきれいに揺れるのとか。でもさすが神様。最後にすごく素敵なことあった」

 柊二が「なに?」と問うと、「柊二。私の人生のスペシャル」と満面の笑みを柊二に向けるのだった。

 そして、最終話後半でいよいよ杏子が亡くなる瞬間。病院に運ばれる救急車の車内で、弱々しくも晴れ晴れとした笑顔で柊二に「いろいろ……ごめんね……ありがとう」と伝え、息を引き取るのだった。最期まで“明るく健気で強い”演技で視聴者の涙腺を崩壊させたのである。

■マンネリを通り越した安定感と安心感

「何をやっても○○」という演技を長年貫き通すと、マンネリを通り越して視聴者に安定感と安心感を与え、どんな役柄の作品でもハイレベルで成立させられるパワーを持つようになると思う。

 余談だが、篠原涼子、米倉涼子、天海祐希などの同世代主演級女優たちの役というと、“強い女”のイメージがまず浮かぶ。彼女たちに “明るさ”はあるが、“健気さ”というファクターはかなり薄い。そのため“明るく健気で強い女”をバランスよく演じられるところに常盤貴子のオリジナリティがある。

 コロナ禍で『愛していると言ってくれ』の再放送を契機に、初めて常盤貴子の魅力を知った人も多かっただろう。インスタの新たな使い手として、“素の常盤貴子”にもますます注目が集まっていくはずだ。

(堺屋 大地)

関連記事(外部サイト)