内田篤人“3月生まれのエリート”が活躍できた理由《東大論文「早生まれは不利》

内田篤人“3月生まれのエリート”が活躍できた理由《東大論文「早生まれは不利》

©iStock.com

 誕生月が1月から3月までの子供、いわゆる“早生まれ”は、同じ学年の4月や5月に生まれた子供に比べて1年近い成長差があるため、学業やスポーツの成績を同列で比較されると不利になる。その差は中学生くらいになると解消されるといわれてきたが、どうもそうではないらしい。

■誕生月でその後の人生に格差が生まれる

 東京大学大学院経済学研究科の山口慎太郎教授は、7月11日に公表した論文で、早生まれの不利は大人になっても続くとする研究結果を報告し、SNSで話題になっている。統計を取ると、3月生まれの人は、同学年の4月生まれの人に比べ、進学した高校の偏差値が4.5低く、大学進学率も低く、30代前半になった時点で所得が4%少なかったという。

 誕生月でその後の人生に格差が生まれる――。衝撃的な事実だが、その格差の固定化がより顕著に起きているのが、スポーツの世界だ。

■Jリーガーで1〜3月生まれは14.6%……プロ選手の誕生月の偏り

 早生まれの子供は体格的に不利になりがちで、特に幼少時のスポーツは体格差がもろに結果につながりやすい。スポーツ科学を専門とする横浜商科大学商学部・永野智久准教授はこう言う。

「サッカーや野球などの人気スポーツでは、幼稚園児・保育園児という年齢層から競技としての試合が始まりますが、低年齢化するほど月齢の相対的な差が大きくなります。極端に言うと、同学年の3月生まれと4月生まれでは小1と小2が一緒にかけっこするようなものです。そこで速い子を試合に出すようなことを繰り返していくと、早生まれの子たちはやる気を失い、どんどん淘汰されていく。

 早生まれの子の親も試合に出られないのに続けることに意味を見いだせず、子どもとスポーツとの距離をおくようになる。一方の遅生まれの子は試合に出て経験を積み、うまい子は上のチームに選抜されていいコーチに指導を受けるといった具合にスポーツ環境が二極化していくのです」

 サッカーや野球では小学生の段階から地域のリーグ戦が始まり、年代ごとに選抜されて国際大会が開かれるが、早生まれはこうしたエリートコースに乗りにくいというわけだ。その結果、何が起きているのかというと、プロ選手の誕生月の偏りである。

 永野准教授が、2020年に登録されたJリーガー(J1、J2、J3の出生地が国内)1606人を誕生月ごとに集計した結果が図1である。1年を4分割しているので、平均ラインは25%となるが、4〜6月生まれが32.8%であるのに対し、1〜3月生まれは14.6%と倍以上の開きがある。

■集団競技で偏りが生じやすい

 プロ野球選手でも同様に早生まれは少数派だ。日刊スポーツ(2019年1月17日付け「金メダリスト最多は1月生まれ 誕生月調べてみた」)の調査によると、4〜6月生まれが31.3%であるのに対して1〜3月生まれは18.2%と少ない。この記事によると、こうした偏りが起きるのは集団競技、チーム競技だという。11人とか9人とか、出場できる選手数に制限のある集団競技で偏りが生じやすいのだ。一方、個人競技が多い五輪の場合は、日本の金メダリストで一番多いのは1月生まれだという。

 早生まれのプロ選手が少ないのは日本に限らない。オランダ・アムステルダム大学の心理学者が、科学誌ネイチャーに投稿した論文によると、1991〜1992年シーズンに登録された英サッカー選手(プレミア、1〜3部)2777人を誕生月で4グループに分けたところ、6〜8月生まれの早生まれ選手(イギリスでは9月入学)は18.6%で、9〜11月生まれは36.7%だったという。ほぼ2倍である。

■内田篤人選手を発掘した「早生まれセレクション」とは

 日本サッカー協会では、この問題を十分に認識している。8月20日に、サッカー元日本代表の内田篤人選手が引退を発表したが、彼は3月27日生まれという早生まれで、2003年に日本サッカー協会が実施した「早生まれセレクション」で発掘された選手とされる。

 この早生まれセレクションとは何か。日本サッカー協会に訊いた。

「早生まれのプロ選手が少ない傾向にあることは認識していましたが、直接的なきっかけは、2004年のU-16アジア大会及び地区予選に出場する選手を選抜するためでした。学年でいえば中学3年生が主体になりますが、FIFAの年齢の区切りが1月1日で、高校1年の1〜3月生まれも出場できる。中3の場合は中学の部活で主力になっているので、全国大会などを視察すれば、優秀な選手を見つけられます。しかし、高1の場合は、高校に入ったばかりでまだ試合に出ていない可能性があるため、広く選抜しようとなったのです」(日本サッカー協会広報部)

 そこで、2003年に全国の強豪チームに声をかけて高1の早生まれ選手を募集し、全国5〜6カ所で「早生まれセレクション」の選考会を実施した。この選考会でスピードとセンスを認められ、いきなりU-16日本代表に選出されたのが内田選手だった。

「実は早生まれセレクションを実施したのは、この2003年の1回だけです。やめた理由は、その後、国体の年齢区分が1月1日基準に変わったことがひとつ。また、1回実施したことで全国の指導者に早生まれの選手が埋もれやすいことが周知されたからです」(同前)

■周知されたのに問題が解消されない裏に“大人の事情”

 ただ、周知されたといっても、Jリーガーの誕生月の偏りは相変わらずで、早生まれの不利は解消されていないように見える。

「早生まれの子とそうでない子では、中学生くらいだとまだ体格差が残っている。そのため早生まれの子が試合に出られなかったりして、プロを目指す以前のかなり早い段階で競技をやめてしまうことが多いようです。難しい問題だと思います」(同前)

 早生まれの才能ある選手を選抜しようにも、その前の段階で数が減ってしまっているようなのだ。

 指導者がみな、早生まれが不利なのを知っているのに、いつまでたってもこの問題が解消されない裏には、“大人の事情”があると永野准教授はいう。

「親とコーチの事情ですね。競技志向が低年齢化してきたため、試合に勝つことが目的になり、勝てるチームを作るという方向に進みがちになっている。低年齢ではボランティアのコーチが多いが、コーチが子どもたちのためにと言いつつも、自分への対価のためにも試合に臨んでいるため、勝つことを優先させてしまう。プロのコーチでも、10年後にその選手がどう成長したかが評価の対象になるかは明確でないので、週末の試合に勝つことが目標になってしまう」

 親にしても、トーナメントとなれば勝った負けたで一喜一憂するし、うちの子の方がうまいのに早生まれの子を配慮し試合に出して負けたとなれば、親の間で遺恨が残りかねない。

■FIFAランキング世界1位のベルギーで行われている制度

 この問題、解決策はあるのか。

「抜本的に改革するのであれば、たとえば、大会を開いても試合をするだけで順位を決めないとか、学年を誕生月で前半と後半に分けるとか、体格や体力に応じてチームを構成するなど、やり方はあると思います。

 小国のベルギーでは、限られたリソースを有効活用するため、低年齢の段階では誕生月で前期と後期に分ける二期制を取り入れ、早生まれの才能ある選手を取りこぼさないように気を配っている。後期組を“フューチャーズ”と呼ぶそうです。

 誕生月による影響に加え、生物学的にも子どもの成長には差があります。それを分かっている大人たちが、子どもたちの将来のためにも、まずは行動を起こすべきです」(永野准教授)

 ベルギーと言えば、日本は2018年ロシアW杯決勝トーナメントで対戦している。激闘の末、後半アディッショナルタイムに超高速カウンターで逆転された衝撃のシーンは、今も脳裏に焼き付いている。

 ベルギーの人口は約1100万人で日本の10分の1以下だが、最新のFIFAランキングは世界1位だ。世界最強の国がこういう制度を採用しているという事実に目を向けるべきではないか。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)