【「半沢直樹」嫌いなキャラアンケート】大和田、黒崎を猛追する花、そして頭取も登場!

【「半沢直樹」嫌いなキャラアンケート】大和田、黒崎を猛追する花、そして頭取も登場!

番組公式HPより

“出向帰り”半沢と“宿敵”大和田の「倍返し対決」に、なぜか渡真利が乱入! その決着は…【「半沢直樹」好きなキャラアンケート】 から続く

 現在、TBSで放送中の日曜劇場『半沢直樹』。2013年に放送された前作では、最終回で視聴率42.2%を記録すると、決めゼリフの「倍返し」は『2013 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)の大賞を受賞するなど、社会現象にもなりました。

 7年ぶりの放送となった今作でも勢いは衰えず、初回の視聴率は22.0%(関東)を記録。また、新型コロナの影響で撮影が間に合わず、9月6日(日)は『生放送!!半沢直樹の恩返し』と題して主演の堺雅人や香川照之らが出演。名シーンの裏話や視聴者からの質問に答える場面では、本編とは打って変わった和気あいあいとした雰囲気が視聴者のハートをつかみ、初回を超える22.2%(関東)の視聴率を記録しました。

こうした人気を受けて、「週刊文春」では「半沢直樹 好きなキャラ、嫌いなキャラ アンケート」と題して、アンケートを実施。290人の投票が寄せられました。

 まずは嫌いな部門の上位5人から!(4位が同点で2人いました)

■4位 中野渡謙(北大路欣也)

 半沢の働く東京中央銀行の頭取を務める中野渡。派閥の多い銀行内をまとめ上げるために腐心する一方、半沢に出向を命じたり、肝心なところでの優柔不断さが垣間見えたりと煮え切らない様子に苛立ちを募らせる視聴者も多いようです。

「一見、部下たちに理解を示し大岡裁きで場をまとめているように見えるがいつも後手後手な気がする。トップの人間なら様々な問題が明るみに出る前に対処するべきだと思う」(30歳)

「現時点での言動は、原作と多少の差が出ている。端的には、合併銀行の悲哀と責任が映し出されていない。『嫌い』の理由は、目前にしている部下の悪質・意図的な不正を見逃し、追及せず、の姿勢が繰り返されていること。これは、リーダーシップ不在の愚かな頭取であり、普通なら部下に見放されていくものだ。まあ、次回(第8回)で裏の理由が顕わになるのだろうが、現時点までなら、中間管理職でしかない半沢任せのお粗末なトップ」(45歳)

「欣也さんは好きですし、重厚感ある演技は本当にうまい。しかし、はっきりしてよ! わかってんの? この演技には本当にイライラで思うつぼです」(64歳)

「頭取なんだからもうちょっとしっかりしてほしい。悪いやつをそのまま放置しすぎ」(32歳)

「行内融和を第一に考えている東京中央銀行の頭取であり、派閥意識が強い行内の状況に頭を抱えています。半沢のバンカーとしての才能を高く評価しているものの、前作で半沢の出向を決定した張本人です。そのため、続編でも予期せぬ裏切りがあるのではないかと、彼の動向に注目せずにはいられません」(60歳)

■4位 白井亜希子(江口のりこ)

 帝国航空再建のため、私的諮問機関タスクフォースを創設し、トップダウンで半沢ら銀行に債権放棄を迫る国交大臣・白井亜希子。立場としては2009年のJAL再建にあたった当時の国交相である前原誠司・衆議院議員がモデルだが、キャスター出身の女性政治家ということで小池百合子・東京都知事や蓮舫・参議院議員がモデルなのではとも言われています。

「小池女史を連想させるキャラクター。こんな自分ファーストの政治家が、公的融資と称し公金を使って、企業、雇用、従業員の家庭、連なる中小企業をぶち壊す、こんな政治家を国会に送っている有権者に対する強烈なメッセージではないかと思っています」(70歳)

 また、今回の出演をきっかけにブレイクを果たした江口の演技力の高さが、白井を嫌いになってしまう理由にもなっているようで、

「江口のりこさんの演技があまりにも上手で、いやな悪役としての政治家を見事に演じている」(66歳)

「江口のりこさんは大好きな女優さんなのですが、このキャラは権力を利用して、なんで政治家になったのかを忘れているキャラとして描かれています。半沢花(上戸彩)が『キャスター時代は好きだったのになあ』というセリフから、権力を手にしたときに変わってしまう人間の哀しさも感じます。N国の立花孝志が、『国家議員という椅子は、こんな僕でも先生、先生と持ち上げられたら、偉くなったような気がする』と言っていたのを思い出しました」(59歳)

「政治家としてこの国に命を捧げているといいながら、その実、我が身の栄達や欲得を優先させるいかにも小物っぽい言動や行動がいけ好かない。江口のり子の演技がそれをうまく表現している」(61歳)

■3位 半沢花(上戸彩)

 キャラの濃い面々が多い中、作品に癒しをもたらしている半沢の妻・花。好きなキャラで4位にランクインするなど献身的に支える良妻のように見えますが、激務の夫を支える専業主婦の姿は時代にそぐわないという意見もあり、彼女の役どころに関しては賛否両論でした。

「結婚したら、いつまでもかわいいを売りに生きてはいけません。半沢さんは、仕事を家庭に持ち込まず、家には可愛い妻がいれば、癒されるの? んな訳ありませんから。このキャラ嫌いです」(65歳)

「銀行員の奥さんというのを抽象化した感じ。毒にも薬にもならないように思う」(37歳)

「妻の在りようが時代錯誤で、リアリティがありません」(74歳)

「原作には全く出番がないはずなのに毎回出てくるのが鬱陶しい」(50歳)

■2位 黒崎駿一(片岡愛之助)

 あるときは国税局統括官、またあるときは金融庁検査官として半沢の前に立ちはだかってきた黒崎。今作では「証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官の黒崎です! 異動したわよ」と再び立ちはだかった。

 ネチネチと半沢を追い込む姿は、視聴者にも反感を買ったようで……。

「嫌いだけど『直樹〜!』という言い方が面白いので登場すると目が離せません」(58歳)

「歌舞伎は好きで時々見に行き、らぶりんは大好きなんですが、今シリーズの黒崎はさすがにやり過ぎかと……。あんな上司がいたら、かなり怖い。今の時代、股間をつかむとか、パワハラもいいとこ。ゲイなのか、ストレートなのか(マリッジリングをはめているとネットで話題ですが)不明なところもモヤモヤします」(56歳)

「こんなやついるわけないと思うほどいやらしい話し方をする」(65歳)

「国家権力を笠に着て、おかま言葉で半沢に対して嫌みタラタラのキャラは、虫唾が走る。半沢に黒崎がやられるシーンが最もすっきりする」(61歳)

■1位 大和田暁(香川照之)

 半沢シリーズ最大の悪役が堂々の1位に。半沢と同じ東京中央銀行で働いているにもかかわらず、出世や地位のために半沢を妨害し、登場するたびに名言と“顔芸”で、視聴者にインパクトを残してきました。

「自分の保身と出世しか頭になく、風見鶏で損得勘定でしか人を見ないところ。会議でも何かと喚きたて、独壇場で自分が舞台の主役とでも言わんばかりのうるささ。狡猾な卑怯者なので」(47歳)

「絶対的な敵役だったのに、こんなに愛嬌をかもしだすようになってしまって、ずるい!」(51歳)

「憎たらしい役をこなすにはもってこいの人物像を描いていると思う。名役者!」(66歳)

「恩返しと言いながら半沢には協力的じゃなく何を考えているか分からない。自分の出世は考えているようで、半沢のことを陥れようと思っている」(61歳)

「とにかく憎たらしい名言がいっぱいです!!」(31歳)

「香川さんは大好きな役者ですが、この役はちょっときつ過ぎますね。香川さんの才能全開ですね。敵役である本キャラクターは嫌いですが、香川さんははまり役過ぎて困りますね」(67歳)

「鵺のように得体のしれない凄さ」(74歳)

 嫌いなキャラの1位、2位が好きなキャラでも上位にランクインする『半沢直樹』には、他にも魅力的な悪役が多く出演しています。『半沢直樹』も残り3話。悪役たちと半沢の対決もクライマックスに差し掛かり、目が離せません。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

関連記事(外部サイト)