“出向帰り”半沢と“宿敵”大和田の「倍返し対決」に、なぜか渡真利が乱入! その決着は…【「半沢直樹」好きなキャラアンケート】

“出向帰り”半沢と“宿敵”大和田の「倍返し対決」に、なぜか渡真利が乱入! その決着は…【「半沢直樹」好きなキャラアンケート】

番組公式HPより

 現在、TBSで放送中の日曜劇場『半沢直樹』。13年に放送された前作では、最終回で視聴率42.2%を記録すると、決めゼリフの「倍返し」は『2013 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)の大賞を受賞するなど、社会現象にもなりました。

 7年ぶりの放送となった今作でも勢いは衰えず、初回の視聴率は22.0%(関東)を記録。また、新型コロナの影響で撮影が間に合わず、9月6日(日)は『生放送!!半沢直樹の恩返し』と題して主演の堺雅人や香川照之らが出演。名シーンの裏話や視聴者からの質問に答える場面では、本編とは打って変わった和気あいあいとした雰囲気が視聴者のハートをつかみ、初回を超える22.2%(関東)の視聴率を記録しました。

 こうした人気を受けて、「週刊文春」では「半沢直樹 好きなキャラ、嫌いなキャラ アンケート」と題して、アンケートを実施。290人の投票が寄せられました。

 では、好きな部門の上位5人を見ていきましょう。

■5位 黒崎駿一(片岡愛之助)

 前作では国税局統括官、金融庁検査官という立場で半沢と対峙。「オネエ言葉」で半沢をねちっこく責めたてる。ドラマの制作発表記者会見で片岡は「オネエに磨きをかけて頑張っています」と話し、今回の対決も見物の一つでした。

「金融庁検査官のいやらしい部分がよく出ている。権力を握った人間はこうなるという見本。反面教師的ではあるが人間らしい」(37歳)

「ラブリン素敵すぎる。いつか仮面ライダーや戦隊の悪の大幹部やってほしいと思ったら、すでに映画・仮面ライダーで悪役やってたんですね……」(39歳)

「オネエ言葉でタマ握りという独特痛烈キャラで、半沢に闘志を燃やしながら、実は好きなの?という感じの設定が面白い。半沢が銀行に戻ったと知った時の表情、嬉しさ。俄然やる気を出してテンション上げ上げで、金融庁検査を始めるという宣言からやり直す可愛いさ。色っぽいし、かっこいい」(60歳)

■4位 半沢花(上戸彩)

 会社ではあらゆる相手と対決する半沢を支える内助の功。劇中でも「花ちゃん」と呼ばれ、半沢の心を癒す存在であることは間違いない。

「ドラマ『半沢直樹』の中で、唯一ホッとできるキャラクター。直樹との会話に、やさしさと心遣いが感じられるが、肝心なところでグッドジョブを行う、芯の強さがある。本当は、直樹より大物なのではないかと思わせる、ミステリアスな感じがするのも魅力的である」(61歳)

「おっさんかつ濃いキャラばかりの登場人物の中で、一服の清涼剤のような役割を果たしている。ストーリーにはあまり関係ないが、花ちゃんが出ることにより、ドラマの緩急が際立ち、半沢のキャラにも深みが出るし、何よりあんな嫁さんがいたらいいなあと心から思います」(56歳)

「半沢が真剣に立ち向かえるのも妻の花さんの気配りと飾らない言い方があってのものだと感じます」(64歳)

■3位 渡真利忍(及川光博)

“銀行一の情報通”として陰ながら半沢をサポートする渡真利。半沢とは入行同期で、腹を割って話せる数少ない味方の一人です。

 先日の生放送では視聴者からの「半沢のために情報収集しすぎ!渡真利の仕事は大丈夫なの?」という質問に対し、「都市伝説では(渡真利は)もう半沢君にしか見えていない存在。フェアリー(妖精)なんじゃないか」と話し、スタジオの爆笑を誘いました。

「一見、冷たくスマートな印象なのに、誰よりも友情を大切にし、多方面に人脈を持ち情報を集められるコミュニケーション能力の高さ。有能でチャーミングな渡真利がいるから、半沢も倍返し出来るんだと思ってます!」(45歳)

「ただの同期なのに、半沢直樹に見返りを求めず、助ける無欲の人だから」(46歳)

「客観的な立場からの、安定のアシスト。情報通はどの会社にも存在するが、派閥に属さず、エリートの職務にあり、ここまで上層部情報に通暁するのはなかなか至難かと。その意味では、エキセントリックな半沢以上のスーパーサラリーマン」(45歳)

「情報通で半沢を助けて、いつも優しくて素敵だけど、もしかして裏がある?という雰囲気がちらっとしているところ」(52歳)

「シーズン1の最初は、本当は嫌な奴?と思ったけれど、そうではなかった。ミッチーらしさが良く出ている」(55歳)

■2位 大和田暁(香川照之)

 半沢の宿敵である大和田。前作では取締役たちの前で半沢に土下座をするという屈辱も味わったが、今回ではタッグを組む場面もあります。登場するたびに名言を残す大和田ですが、先日の生放送ではそれらが生まれた経緯を明かし、共演者らを驚かせていました。

「最初は何だこいつ?と思ったのですが、ただの悪人じゃなくきちんと損得を考えたうえで色々立ちまわっていて、半沢ほどの正義っぷりもなく、姑息さがあり人間臭くていいじゃないかと感情移入できた」(37歳)

「元々、香川照之という役者が好きだから。しかし香川が大和田を演じると、香川本人ではなく大和田という人間像がキチンとドラマの中で浮かび上がって面白くなるのがもっと大きな理由だ。全編を通じて悪役だが、主人公の半沢と通じる場面もあり、半沢ほどではないもののジェットコースターのような波乱も体験する人間として非常に面白みのある役柄である」(54歳)

「嫌なヤツなのに憎めない。この人がいるかいないかで面白さが変わります。伊佐山泰二(市川猿之助)とともに顔芸が過ぎるきらいはありますが、ここまで突き抜けた演技だと一周回って面白く見えます」(30歳)

「敵役なんだけど、今回は半沢と共闘して、もっと強大な敵を倒すところが痛快。頭取愛が強いので、頭取のためならなんでもしようとしているところが憎めなくなってくる」(59歳)

「前回は本当に憎たらしい役回りでしたが、今回は半沢と手を組んだりして、敵なのか味方なのかよくわからないところ。そして、主役を食う名台詞の数々。『施されたら施し返す、恩返しです』とか『おしまいDEATH!』『死んでも嫌だね〜!』などなど。合わせて、香川さんの顔芸が面白くて、毎回目が離せません!」(56歳)

「香川照之の演技は大袈裟でも、見事にハマってしまう演技力と雰囲気が素晴らしい。無言でも目や表情は勿論、息の吐き方まで演技にしてしまう秀逸さ。歌舞伎役者だけに間の取り方も絶妙だから、堺もつられて良い間を取れる」(58歳)

「圧倒的な存在感がある。『嫌だね!』と半沢の申し出を拒絶する遣り取りは、子供じみた味もあり、キャラクターの底知れぬ感じがよく出ている」(57歳)

■1位 半沢直樹(堺雅人)

 言わずもがなの物語の主役。前作の最後に子会社への出向を命じられ、一時はどうなるかと思われた半沢ですが、その姿は変わることなく、再び東京中央銀行に帰ってきました。

 半沢を演じる堺は、制作発表会見で「ようやく帰ってきました。すごいカロリーの詰まった作品。壮大な物語がようやく始まった感じです」と感慨に耽るなど、7年分温めた思いの強さが感じられました。

「大和田さんと悩みましたが、やはり主役はこの人。個性的な悪役陣を、穏やかそうでいて物申す時は切れ味たっぷりに相手を斬っていくあの長ゼリフは堺雅人さんならでは」(48歳)

「銀行から子会社にとばされても、くさらずに頑張る姿が好きです」(70歳)

「一昔前までは、勧善懲悪が日本人の道徳の基本であったと思う。しかし、昨今はその体系が根本から崩れ、自分さえ、あるいは自分の周りさえよければいいという、自分たちファーストがまかり通っている。それをよしと思わぬ、主人公・半沢直樹は立ち上がる。途中経過では、さんざん不利な面も多いし、虐げられるが、最後は逆転ホームラン倍返しの顛末。戦略、戦術の勝利なのだろう。心地よく溜飲が下がる視聴者の待望の瞬間だ。決して間違ったことをやってない主人公(庶民の代表ともいえるが)、弱者の立場を痛いほど知っているキャラクターに視聴者は共感・納得する。こういう人に企業経営を任せたい」(68歳)

「組織や権力におもねることなく、身をもって不正を果敢に正していくところ。また友情に厚く、部下や仲間の美点をきちんと理解し、大切に伸ばしていくところ。(前シリーズで、滝藤賢一演じる)近藤の裏切りを許すシーンには胸が熱くなった。人がついていく人というのは、自分の保身を第一になどしないことがよくわかる」(47歳)

「やっぱり主役!不屈の精神と入念な下調べ、万全の準備で敵と戦うバンカーの鑑!」(57歳)

「現代の水戸黄門である」(64歳)

 また、8位にランクインした谷川幸代を演じる西田尚美については、幾度も仕事をともにしている映画監督の矢口史靖氏がこうコメントを寄せてくれました。

「演技に対して肩の力が抜けていて、 “絵の具のノリがいいキャンバス”という感じ。美人なのにそこら辺にいる普通の人の役でも、珍妙な人の役でも奇をてらわず自然体で出来る。目立ちたい、綺麗に見られたいという欲がないのでしょう。『ひみつの花園』(97年公開の矢口監督作品)では高所のロッククライミングや競泳のエキスパートの役でしたが、実際には本人は何もできず、体当たりで全て演じ切った」

また、アンケートでもこんな声が寄せられています。

「あの小さなガッツポーズに感動した」(59歳)

「当初、半沢に非協力的で政府側の雰囲気が漂っていたが、最強の悪役が味方になる」(71歳)

『半沢直樹』も残すところあと3話。最後の最後まで「倍返し」が待ち構えている。先日の生放送で監督の福澤克雄氏は白井国交相の秘書・笠松茂樹を演じるアンジャッシュ・児嶋一哉について「笠松は最終回で非常に大きな役どころ」と予告しました。

 前作同様、大どんでん返しが待っているかもしれない。

【「半沢直樹」嫌いなキャラアンケート】大和田、黒崎を猛追する花、そして頭取も登場! へ続く

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

関連記事(外部サイト)