新人広報・三輪正義が“広報の先輩”つば九郎から教わった「仕事の極意」

新人広報・三輪正義が“広報の先輩”つば九郎から教わった「仕事の極意」

27年目「だいべてらん」のマスコットと筆者 ©三輪正義

 東京ヤクルトスワローズ広報部の三輪正義です。前回の登板で初めての敗戦を喫し、大変悔しい思いをしました。「調子に乗っていると足をすくわれるぞ」と現役時代はいつも自分を戒めていましたが、その気持ちを思い出しました。では、気を引き締めて参ります。

 悔しいといえば、チームはあれよあれよと最下位……投打が噛み合わなかったり、ケガ人も出たりと、暗いニュースばかり。そんなか、僕の古巣である独立リーグ「香川オリーブガイナーズ」に所属していた元阪神の歳内宏明投手が、わがスワローズと契約し、入団しました。初登板となった9月9日の2軍のベイスターズ戦では6回を被安打3、無失点と期待通りのピッチングを見せ、1軍に昇格。今日(9月16日)神宮のマウンドに上がり、最下位脱出の希望となろうとしています。しかも今日は「TOKYO燕プロジェクト」といって緑のユニフォームを着る日。香川のユニフォームも緑。緑に縁があるんでしょうから好投を期待しています。

 実は、香川の監督の近藤智勝さんは、僕が香川時代、二遊間を守りコンビを組んでいた先輩。その近藤さんから「歳内をよろしく。どんどんメディアに出してやってくれよ!」とさっそく連絡をもらいました。

 独立リーグというのはNPBとは違って、食事の用意もユニフォームの洗濯も自分でやらなければいけない厳しい環境。歳内投手もNPBとの違いに驚いたはずです。でも、そんな経験というのは、選手生活や今後の人生のプラスになるのではと思っています。独立リーグからNPB入りし、初のFA権を獲得した元選手としては、“ナントカ風”を吹かせたいところ。歳内投手にすかさず突撃し、スワローズのユニフォームに袖を通した気持ちや、その素顔を球団公式サイトの動画コンテンツ「FOCUS ON PLAYERS」でお届けできればと思っています。歳内投手、人見知りの僕ですが、ご協力お願いします!

■尊敬する仕事の先輩は27年目の「だいべてらん」

 上にあげたように、僕がいま力を注いでいる仕事に、公式サイトの「動画コンテンツ」の充実があります。パソコンと連動させた最新鋭のスマホを使って、さまざまな企画をひねり出していますが、煮詰まることもしばしば。そんなとき、僕は「広報の先輩」に相談に乗ってもらっています。

 その先輩とは、鳥なのに僕よりスマホを巧みに扱う、今年で27年目「だいべてらん」のマスコットです。

 野球離れが叫ばれるなか、スワローズでは小学生にボールの投げ方を教える教室を開いています。僕も小学校を訪問しては、体育の授業で子どもたちに「投げ方」をレクチャーする役を仰せつかっているのですが、このコロナ禍ですから、誰でもどこでもその授業が受けれるように「YouTubeを使った投げ方教室動画」を作ることになりました。

 この動画を作る際、どうしようかと悩み、いろいろとイメージしました。画面の中には元プロ野球選手のおっさん。投げ方を身振り手振り説明しているが、技術的なことに終始してたどたどしい。面白いこともさほど言っておらず、見ている子どもたちは飽きてしまう……「これはマズイ」。そう思ったとき、ポッと頭に浮かんだのはあの先輩の大きな顔です。

 オファーをすると先輩は動画出演を快諾してくれ、撮影に臨みました。投げ方教室にはマニュアルがあるのですが、僕がコーチ役となり、先輩にもそのとおりやってもらいます。「投げるときは目線を上げて。いいね、いいね、上手だね!」と褒めていると、地面にボールを思いっきり叩きつけてしまっている。「目線を下げちゃだめ! 話聞いてた?」とツッコむと正しくボールを投げます。これが実にいいテンポ。先輩がダメな例を見せ、僕が正しい方法を示す。画面は抜群の安定感。近日公開になるので、楽しみにしていていただきたいのですが、先輩が画面に映り込んだだけで「この企画は成立したな」と思っています。

 現役時代はクラブハウスを出て、球場へと続く荒木トンネルをくぐって、ライト側通路から神宮のグラウンドに出ると、そこでいつも待っていてくれる先輩とわちゃわちゃ絡むのが常でした。でもそれはほんの短い時間。まさか僕がユニフォームを脱いでから、長い時間を過ごし、なにかとお世話になるとは思いませんでした。

 先輩は押しも押されもせぬチームの顔。先輩が東京ヤクルトスワローズをアピールしてきたと言っても過言ではありません。SNSがこんなに盛んになる前から、地上波のテレビ番組に出て、朝から野球中継の宣伝をしたり、特番では、名だたるレジェンドをタジタジにさせるツッコミを入れていたり。現役時代も「そんな返しをするんだ……」と恐れつつも、勉強になるなと思って見ていたことを覚えています。全国放送のインパクトはすごいですね。僕の地元である山口の知り合いのおばちゃんもヤクルトスワローズのことはほとんど知らないのに、「つばちゃん」と先輩のことを呼んでいたほどです。

■つば九郎“先輩”を身近で見ていて驚かされたこと

 これが実に悔しいのですが、先輩は何をやっても不思議と許されます。特許庁は認めていないですが、「なにかしらの特許」を取得しているんです。その昔、広島のブラウン監督のマネをしてベースを投げたり、神宮球場の貴賓室で競馬新聞(しかも「競馬エイト」)を読んでいたり、社長同席のもと記者さんを集めて契約更改をしたり、ある意味やりたい放題です。巨人のマスコット・ジャビットがこんなことをやったら大変ですよね。

 オフには、筆談オンリーなのに、ドラゴンズのマスコット・ドアラとともに一流ホテルでディナーショーも開催していますよね。それも即完売。現役のときはショーで流すというコメントビデオを頼まれて協力しましたが「皆さん、毎年、結構な料金を払っていますが、騙されてませんか?」と真顔でカメラの向こうに訴えたほどです。

 でもそんな先輩を身近で見ていると、荒々しい言動や、やんちゃな仕草も相当計算されていることがわかります。先日、写真撮影に立ち会いましたが、淀みなく流れるようなポージングにも驚かされました。

 先輩は自分をどう見せたら見ている人に喜んでもらえるか、ということを知っています。棒立ちになってピクリとも動かなくても、イニングの合間に自身のヘルメットを上に投げ、被ろうとする「空中くるりんぱ」が一度も成功しなくても、それがウケることを知っている。

「空中くるりんぱ」なんて正直、一体何が面白いんだろう? と思っていました。毎試合毎試合失敗の繰り返し。でもやり続けると、そこに不思議と意味が生まれてくるんです。最初はまったく見向きもされなかったのに、今やテレビ中継ではスーパースローで「くるりんぱ」がリプレイされ、実況や解説者の方々が「どうやったらヘルメットが入るのか?」と議論するようになっている。それがひとつのコンテンツとして成立しているんですね。なんでもないことでもやり続けると、周囲が巻き込まれていき、それが大きくなっていく。持続の重要性と周囲を巻きこむ力、広報の仕事をしてみて、この難しさに気づかされました。

「0」が「1」になり、それが「2」、「10」そして「100」にも広がっていく。僕が「0」から「1」を生み出そうとウンウン唸っているのに、先輩はいとも簡単にその壁を越えていく。実際、僕が企画のタイトルで悩んでいたら、一瞬でキャッチーなタイトルをつけてくれたほどなんです。

 先輩は果たして悩んだり、くるりんぱ以外で失敗することはあるんでしょうか? 全部成功しているんなら、1回くらい失敗してよ、と正直思うこともあります。

 そう言えば、この文春野球コラムでも1万を超えるHITを集め「歴代最高記録」を樹立しているそうじゃないですか。僕は仕事ではまだ肩を並べられるようになっていませんが、せめてHIT数でも並べたらなぁと思います。

 はたして、つば九郎はどんなことを思って日々仕事をしているんでしょうか? あの大きな目に新人広報の僕の仕事はどう映っているのでしょうか? 顔色は窺えませんが、一度聞いてみたいとおもいます。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/39916 でHITボタンを押してください。

(三輪 正義)

関連記事(外部サイト)